【恋愛】忘れられないSEX てんこもり。


powered by てんこもり。

【恋愛】忘れられないSEX

1 名前: エメラルド 投稿日: 2000/09/13(水) 04:56

思い出すと涙が出そうになるSEX、
今まで出一番気持ち良かったSEX…、

みんなの「忘れられないSEX」を教えてくれ。


18 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/14(木) 01:43

初めて彼女の部屋でHしたとき。しかも彼女の実家。さらに母上様ご在宅。
彼女の部屋で遊んでたら、なんとなく良い感じになっちゃって、彼女のベッドで
抱き合いました。ネットリとしたフェラをしてもらい、一回目発射。
挿入する段になって、「コンドーム無いんだけど…」と彼女。
でも既に我慢なんか出来そうになかったのでそのまま入れた。
彼女のがあえぎ出したので、口を押さえながら猛烈ピストン。
彼女と同時にいった。お腹に出した。
若かった高一の夏休み。


20 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/14(木) 01:57

別れ話のあと、
最後の思い出に、と思ってしたSEX。
二人とも、泣きながらした。


37 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/15(金) 01:21

ちょうど去年の今ごろ、一人暮ししてて、夜にどしてもさみしくなって、
半べそかいて彼に電話した。もう夜の1時をまわっていたんだけど、
「今からいくよ」って言って一時間後には車で来てくれた。
次の日会社だったのに…。嬉しくて嬉しくて、大泣きした。
そのままシャワーも浴びずに彼をベッドに引っ張り込んで
今までにないほど甘いセックスをした。あまり口でしてあげたこと
なかったけど、この時はスゴク自然にできた。自分で自分が興奮してるのが
よくわかった。しばらくして彼を迎え入れた時、初めて彼に
「愛してる…」って言った。それまでは「大好き」とかしか言ったことなかった。
2~3回彼がゆっくり動いたら頭の中かが真っ白になって、腰がガクガクして
いった。嬉しい気持ちとあそこの快感で彼が果てるまでに5回くらいはいった。
SEXってこんなに気持ち良くて、こんなに幸せなもんなんだって、
その時初めて知った。


28 名前: :奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/14(木) 20:04

学生の時に別れた彼女との最終H。
俺の部屋で別れ話(切り出したのは彼女。俺は未練タラタラ)の後、
抱き締め合いながら、最後にお別れセックスを・・という雰囲気に。
次に生まれ変わったら今度は・・など物凄いセリフを口走ってた俺。
その前に、と彼女がトイレに立った数秒後、俺にも突然猛烈な
尿意が・・・

しかしこの場面で交代にトイレに行った後、さあ始めようか、では
余りにも間抜けだと思った俺は咄嗟に部屋の窓(2階)を10cm
程開けた。数秒後、そこからチ○ポを外に突き出し、極上の放尿
気分を味わっている俺。と、突然メルヘンチックなトーンの声で
「なにあれっっ、へんたいっ?へんたいっ?」という言葉が突き刺さって
きた。

そう、隣の新築ビルの2階に入居する会社のОL3人くらいが下見
に来てた(多分)らしいのだ。動揺しながらも膀胱の筋肉をフル稼働
させ、排尿を終了するとカーテンを閉めきり彼女がトイレから出てくる
のを、何も無かったようにエセ貴公子ヅラで待っていた俺・・

その後のセックスなんだけど、元来チキンハートの俺は先程の動揺で
急性インポになってしまい、気はあせるんだけど上手くいかない。
すると、それまでの約1年マグロ状態だった彼女がフェラ、パイズリ
乳首攻め・・と突然凄い攻撃を繰り出した。まあ、そのおかげで最後
までいけたんだけど。後で聞くと、以前の男に相当仕込まれていたんだ
けど俺にはカマトトぶって隠していたらしい。それまでの清楚な姿は
微塵も無かった・・

2重の意味で忘れられないセックス。
まあ、おかげでなんかさっぱりした気分で別れられました。。。


42 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/15(金) 01:50

遠距離恋愛してる彼女に2ヶ月ぶりで会ったときにしたセックス。
彼女19歳で、やっぱまだ若いので体が飢えてしまうのでしょう。
時間をかけて全身をくまなく愛撫して、入れました。
すると、「ずっとこうして欲しかったの・・・」と言って
大粒の涙を流しました。若くて遊びたい盛りなのに、
ボクの事を待ってるせいで、さみしんだなぁと思うと
なんかジ~ンとして、感動しました。今でも彼女とはラブラブです。



43 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/15(金) 01:51

高2の時、修学旅行で行った京都のバスガイドさんに一目惚れした。
今だと、大塚寧々に似た超美人。
バス会社の寮の住所を訊いて、1年以上文通をしてた。(恥)
いろんな相談とかもして、俺の誕生日にはプレゼントを送って
くれたりして擬似恋愛状態だった。(と、童貞の俺は思ってた)
まあ、彼氏はいたんだろうけど。

受験の時、俺は駄目元で、京都の大学も受験した。(本命は都内の
学校だった)京都で泊まるホテルも教えて、手紙で食事でもしよう
と伝えてたんだけど、その晩寮に電話しても彼女は不在。
意気消沈しながらも、まあ、こんなもんか、と早々に寝た。

次の日、試験の出来が悪く、ちょっとがっかりしながらホテルに
帰ってくるとロビーに彼女の姿が!!!

「ごめん、昨日急に昔の友達から呼び出されて・・・」(今思うと
男関係だったんだろうけど)
「これ○○くんの為に買って本当は昨日渡そうと思ったんだ・・」
受験のお守り(らしい)をくれた。

食事した後、俺の泊まってた部屋で、童貞を捨てた。もし、京都の
学校に受かったら付きあってくれと訊いたら、うん、と答えた。
至福の時だった。

京都の大学には落ちた。
もっと勉強しとけば良かったと死ぬほど後悔した。
その後俺も東京での遊びが楽しくなり、なんとなく音信不通に
なった。

今でも切ないよお。(泣)
(ちなみに、彼女の発言は全部京都弁でした)


44 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/09/15(金) 01:59

彼と大喧嘩をして2ヶ月間連絡を絶った。
私としては自分から謝るつもりなんて全くなかったし、
(謝るくらいなら死んだ方がマシだとすら思ってた)
彼がいなくても全然平気じゃん!なんて思ってた。
そんなある日、彼が突然家に来て・・・玄関を開けて彼の顔を見た瞬間に
ボロボロボロボロ涙が出てきて「ごめんなさい、ごめんなさい!」って
何度も謝りながら彼に抱きついてた。そしたら彼が激しいキスをしてきて
何が何だかわかんなくなるくらい気持ちよくなっちゃって、
キスだけなのに、本当に気絶するかと思うくらい気持ちよかった。
で、その後いきなり立ちバック。入れられた瞬間子宮がキュゥ~ンってなった。
鳥肌も立ちまくり。腰も脚もガクガクだった。思い出すだけで濡れてくる~。


49 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/15(金) 03:06

ボクには中学一年からの女友達がいます。もうかれこれ10年来の友人です。
去年の暮れに一ヶ月ぶりくらいに会って一緒にショッピングに出かけました。
夜、ベトナム料理を食べに行った帰り、車の中で「もう知り合って10年くらい
になるねー」とか言って話してました。するとK子が
「私ね、たいがいY宏が何考えてるかとか分かるよ」って言ってきたので、
「ボクだって大体分かる」って言いました。そして「でも、K子の男関係とかは
あんまり知らないんだよな」と言いました。するとK子も「私もY宏の彼女のこと
はあんまり知らないなぁ」と言いました。確かにお互いにそう言うことについては
避けてきたところがあって、なんとなく触れにくいことだったのです。

その後、K子はウチに来て一緒に酒を飲みながらビデオを見たんですけど、
酒が入ってたせいもあるとは思います。「なんだかお互いのこと、実はあんまり
よく知らないね、私達…」と言ってK子はボクにもたれかかってきました。
ボクはなんだかK子のことが急に愛しくなってしまい、K子にキスしたのです。
K子は全然抵抗しませんでした。そのままK子に重なり、彼女の服を脱がして
いきました。「なんか照れくさいね」とK子は言ました。初めて見るK子の
裸はまぶしいくらい真っ白でした。ボクはその時になってやっと、自分はK子のことを
女性としても好きなんだと言うことに気付きました。ボクはスゴク興奮しました。

キスをし、胸をやさしくなで、腰から下腹部までキスをしながらおりていくと、
K子はショーツの上からでも分かるくらい濡れてました。ショーツを脱がして
彼女の中に入りました。2分も持たなかったと思います。彼女の中に出しました。
「あ~、中に出しちゃったね」といってK子はにっこりと笑いました。
スゴイ量が出ました。あんなに出たのは初体験以来かも…。

その後も友達づきあいなんですけど、体の関係はないです。良い友達です。
多分、ボクもK子も一度きりの関係だってことが分かってたんだと思います。
刹那的なSEXだったので、忘れられません。でも、切ない、良い思いでです。


64 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/17(日) 02:07

大学の教授の秘書としたSEX。
なんで大学教授の秘書なんかやってんのか理解できんくらい
美人で、ずっとあこがれてた。しゃべるようなって、だんだん
親しくなってきたので、思いきってメールアドレス渡したら
その日の晩にはメール来てて、「晩ご飯でも行こっか」だって。
もちろんOKで、フレンチ行って、帰りに「ウチでコーヒーでも
どうですか、なんならお酒でもいいけど」って下宿に誘った。
彼女も「行く行く!」ってはしゃぎ気味で、スゴイうれしかった。

結局ウチでお酒飲んでるうちにダンダン盛り上がって、「初めて
見たときから憧れてたんです」とか言ってチョットした告白をしたら、
彼女もラブラブモードになってボクに寄りかかって来た。

もう我慢できなくって、キスした。彼女の服を半分くらい脱がして
やさしく愛撫すると、「ア、ああ…」とメチャクチャ可愛い声で
あえぎ出した。パンツの上からでも分かるくらい濡れてて、
「入れていい?」と聞くと「ゴムある?」と聞いてきた。
ない! 「ないんだけど…」と言うと「そっか…。でもこのままじゃ
辛いでしょ? 口でしてあげよっか?」と言ってフェラしてくれました。

憧れてた女性が自分のモノを舐めてくれてると思うと異常に興奮して
すぐ出してしまいました。彼女は「ン~」と言いながら全部飲んでくれました。
「イッパイでたね。若いなぁ」と言われた時はなんだか照れくさいけど
うれしかったです。


69 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/17(日) 12:33

中学の同窓会があって当時の彼女が来てた。(大学4年の時)
中学の時はキスぐらいまでしかできなかったけど、無邪気に
高校卒業したら結婚しよう、なんてふざけて言ってた。
(初めてつきあったからね・・ケツの穴痒い・・)

7年ぶりにあった彼女は、同僚の男と3ヵ月後に結婚するらしく
同窓会でみんなに祝福されてた。俺もその時は本当に嬉しく思って
祝ってあげた。

昔の彼女なんだから送ってあげなよー、って皆に言われて帰りに
俺が車で送ってく事になった。
最初たわいも無い話をしてたんだけど、会話が途切れた時に彼女が
「結婚できなかったね」と(ふざけて?)言った時に、突然目の前の
壁が崩れちゃったような気持ちになって、彼女の結婚を祝福してた
自分がどこかに消えてった。中学の時の自分が悔しがってた。

その後話した事は良く覚えていないけど、車をラブホに廻しても
彼女は嫌がらなかった。

青臭くて人に話せないけど、今でも思い出に残ってる。


73 名前: ヘルスは卒業したけれど 投稿日: 2000/09/17(日) 23:20

もうウン年前の事、割と入れ揚げてた娘のいた新宿某ヘルスに通ってた。今は本○当たり前として名が通っている同店が、まだマトモだった時の話です。
何度も指名していた事もあり、親密になりつつあったN嬢とB1への階段降りて行く途中で、遊びの終わった客がコンパニオンと腕組んで上がって来た。俺らは壁際に寄ってやり過ごす。んで、個室でシャワー使ってベッドでゴロリと横になったらN嬢がしばらく添い寝。細い声で「さっき階段ですれ違った男の人、以前は私のお馴染みサンだったんだ。なんか他の子と遊んでるの知っちゃうと、ヤッパ寂しいもんだねー…」とポツリ。「俺はそんな事しないヨ」というと「ありがと」の一言。フェラ始めてイザ普段通りのプレイかと思いきや、「・…して…」と言われて。頭ン中パニック。生フェラが売りで、スキンも常備してない店だからそのまま合体。
隣の部屋に気配を気付かれないよう、自分で口を塞いで堪えてるその姿にコーフンしまくり、抜いて外に出そうとしたら「いいの、そのまま…」という事で。
成り行きとはいえどうしよう、とビビっていたら、彼女の方から「ゴメンね。怒った?」と潤んだ目で聞かれ、何も言えなかったわさ。
彼女としては色々複雑な心境だったんだろうが、俺にしても何となく懐かしい出来事。その数週間後に彼女は辞めていた。


81 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/18(月) 04:33

昔つきあってた彼女。
もともとナンパで知り合ったんだけど、学費を稼ぐためにクラブで働いてた。
夜彼女の部屋に泊まって、起きるとお客さんから彼女の携帯に電話がよくかかってきた。
休みの日だと「ドライブにいこうよ」とか誘われることが多いみたいで、その度俺は不安そうに彼女を見てた。
でもそんな表情をみるたび彼女は、お客さんと話しながら俺のことを、ぎゅっと抱きしめてくれた。
そのままつながったこともある。
そのとき彼女が一番いとおしく感じ、もっと信頼しなきゃとも思った。


86 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/18(月) 16:09

初体験のSEX。
自分の部屋で、予め買ってあった安コンドームを使ってした。
すごいなあ、こんなに気持ち良いものなのか!と思いながら
射精して、抜いたらそれもその筈、ゴムやぶれてた。(彼女が
充分濡れてないのに入れようとしたのと、1ダース500円
くらいの安物だったせいだと思う)

妊娠しちゃったらどうしよう!入学したばっかりなのに大学
生活お先真っ暗か?と彼女に次の生理が来るまで気が気じゃ
無かった。

まあ、結局大丈夫だったんだけど、それ以来女性以上にゴム
には慎重になりました。
でも、とっても気持ち良かった。


89 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/19(火) 02:26
一昨年の暮れに、オレと友人の女の子2人の合計3人で飲みに行った時。女の子の方は、
とある企業の先輩・後輩同士でOLさん。2人とも美人さん。後輩の方がオレ好み。エライ可愛いのに、
どう言う訳か彼無し(のはず)。

みんな調子に乗って飲みすぎて終電逃して帰れなくなって仕方ないからタクシーで帰ろうって事になった。
でも女の子2人はタクシーで3千円くらいで帰れるけど、オレの方はタクシーなんか使っちゃったら余裕で
3万くらいかかるので、後輩の方の女の子の家に泊めてもらうことにした。先輩の方は「悪いことしないで
よね! 可愛い後輩なんだから!」と言って帰っていった。

後輩の子の家に行く途中のコンビニで下着だけ買って、彼女の部屋に着いたらとりあえずシャワーを借りた。
彼女もシャワーを終わって出て来て、「ウチ、来客用の布団が無いのよね。でも、フローリングで寝ると
寒いし…」と言うので、チャンスと思って「一緒に寝よっか」と言ってみた。彼女の方も「いいよ」って
言ってくれて、こんな可愛いこと寝ちゃっていいのかなぁ、とか思いながら一緒にベッドにもぐりこんで
電気を消した。

しばらく肩がくっつくくらいで並んで色々話していると、不意に彼女が悲しそうな声でしゃべり出した。
「毎晩仕事から帰ってきて一人でここで寝るでしょ? するとね、たまにだけど人肌恋しくなる時って
あるのよ。別にHなこととかそんなんじゃなくて。色々頑張って仕事して、それなりに自由に暮らしてるけど、
人の温もりって、懐かしくて切ないね」

なんかオレ、そういう時って女の子にどうしてあげたら良いのか分からなくって、でも何かしなくちゃいけない
と思って、「元気出せよ。今日は一人じゃないんだし」って言って彼女の手を握った。冷え性なのか彼女の手は
冷たくて、その冷たさがなぜかオレを悲しい気持ちにさせ、オレは彼女の方に向き直って彼女を抱きしめた。
彼女もオレの背中に手を回してきた。オレは「おやすみ」と言って彼女のおでこにキスをした。

結局彼女には何も出来なくって、オレって情けないなぁ、って思ったけど、今となっては何もしなくて良かった
と思ってる。そのせいでなんかちょっと温かい気持ちを知ったし、女の子に優しくするってどういう事なのか
少しだけ分かった気がしたから。切ない思い出です。


90 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/19(火) 20:39

えーと、俺も、やってない思い出なんだけど。

25歳位の時、実家に帰省した際に本屋で幼馴染の○美と出くわした。
俺の母から、○美が前年に交通事故で新婚の夫を亡くし、実家に戻ったが
殆ど外出もしなくなったのを聞いていたので、最初声を掛けるのをためらった。

○美とは家が30m位の近さで、幼稚園、小学校、中学までずっと一緒だった。
存在が近すぎて思春期になってもまったく恋愛の対象にはならなかったが、
勉強もスポーツも誰よりも優秀で、そこそこ美人な割には性格も良く男にも
女にも人気のある○美は理想的な女の子だった。とても眩しくてカッコ良かった。
そんな○美と仲が良いのは自慢だった。(情けねえ

久し振りに話した○美は心配をよそに昔ながらの明るさで、なんかふっきれた
様子だった。その後地元で有名な寿司屋(回転・・)で昼飯を喰ったんだけど、
その際も「誰かいい男いたら紹介してよ!」など元気だったので一安心。
昔話をしてケラケラ笑ってた。立ち直りが早いのもこいつの特徴だったな、
なんて勝手に解釈してた。

そろそろ帰ろう、という事になり○美を車の助手席に乗せたままタバコを買いに
行き、3分程して戻ってくると、助手席で○美がうつむいてる。(ん?寿司が
あたった?)と思い顔を覗き込んだ。

泣いてる!!!!!

「どうした!どうしたんだよ!」と言っても、「なんでもない!なんでもない
よお!!」と泣きじゃくる○美。夫の事を思い出しちゃったのは察しがついた
んだけど、掛けてあげる言葉が見つからなかった。

その時、子供の時から俺には大きな存在だった彼女がとても小さく、愛しく思えて
思わず彼女を抱きしめてた。キスもしなかったけど、ずっと、ずっとそうしてた。

その後地元で再婚して幸せにやってるという話を母から聞きました。(その相手が
ウチの実家の商売敵というオチ付き・・彼女の笑顔で繁盛してるらしい・・・)

あの時やっちゃえばよかったな~という思い出ははたくさんあるけど、そうじゃ
ない、忘れない思い出です。


96 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/20(水) 04:46

高一の時に初めて付き合った同い年の人と、大学4年の夏休みに再会した。
場所は、地元の音楽ホール。
二人とも元吹奏楽部で、半年くらいで別れた後、どちらも都心の別々の大学に入学して、
どこで何してるかも分からない者同志ってくらい、疎遠になってたのに、
何となく実家に帰って、地元の吹奏楽の大会があるのを知って何となく見に行ったら、再会した。
それから二人でご飯食べに行って、ちょっとだけ飲んで、手をつなぎながらホテルに行って、
Hした。
付き合ってた時はキスまでしかできなかったんだけど、その時のHはすごく彼が
優しくしてくれて、私ももう全部をゆだねて、感じまくった。

で、私も彼も、恋人がいる同士だったので、連絡先を交換する事もなく、
次の日「元気でね」って別れました。あのHは、多分一生忘れない気がする。


104 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/20(水) 20:01

学生の時の彼女と別れた日の事はたまに思い出す。卒業式の後の日曜日の事。

元々彼女に告白されて始まった付き合いだったので、いつも自分の方が精神的に
優位に立っていて良いんだという勘違いが、当時の俺にあった。また、以前に
経験した我儘な女性との付き合い方に疲れていた事もあり、俺に対して奉仕的な
までに優しく接してくれる彼女に甘え、時にぞんざいに扱ったりしてた。彼女が
電話をくれても面倒ですぐ切ったり、友人達の前ではわざと冷たい態度をしたり、
セックスで無理な行為を強要したり・・・
彼女が困ったりするのを見て楽しんでた。(いやな性格だ・・)
でも彼女は俺に会うといつも嬉しそうにしてくれたんだ。

長女で一人っ子の彼女は卒業したら実家に戻るという親との約束で東京の学校に
来てた。実家は結構良家で、将来婿養子をもらうのも暗黙の了解らしい。俺も
長男だし、そんな事より就職先の配属先が全国のどこになるかわからない状況
だったので、自然と、別れようという話に。割り切った気分で、配属先にいい女
いるかな~、なんて考えてた。

いよいよ彼女が仙台の実家へ帰る日になり、上野駅まで見送りに行ったんだけど
その日も食事しながらドライに「何年位したら見合いすんの?」なんて聞いてた。

その時彼女が寂しそうに「きっと、もう会えないね・・」って言ったんだ。

え・・もう、会えないのか?そりゃ会えないよな・・一生?多分・・会え・・
急に頭の中がグルグルしてきて、心臓がバクバク鳴り出した。時計を見ると
出発まであと一時間しか無い!

急に彼女の事が一番大切な事に気付き、どうしても抱きたくなった。全身で
ブルブル震えながら彼女の手を引いて、ホテルに。「今まで冷たくして
ごめんな!」など言いながら、ギリギリの気持ちで抱きあった。その時も彼女は
新幹線に遅れて迷惑な筈なのにいつものように嬉しそうにしてくれた。
本当に、ずっとこのままでいたい、と思った。

結局俺の配属先は名古屋で、二度と会うことはありませんでした。
2年後に彼女から「結婚しました」の葉書をもらいました。
今でも上野に行くとよみがえってくる思い出です。


113 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/21(木) 01:32

前の彼女とのおもひで。
正直言って付き合い初めの頃は「まだ童貞だ」というコンプレックスもあり、
今思うとそんなに好きというわけでもなかったのかもしれない。
要するに「したい」という気持ちがあってというのも否めない。
その子はおれの初めての人だった。
でも見栄を張って初めてじゃないそぶりをしてずっと嘘を通した。
初体験の遅いおれはそれまでに溜めて溜めた知識をフル動員して彼女とセクスした。
そのうちにいろんなことも分かりだして今までイったことがなかったという彼女をイかせることができるにようにもなった。
でも「おれは彼女にとっては何人目かの男」
彼女が以前の彼氏の話をするたびに弱いおれは密かに傷ついた。
そのうちにだんだんと彼女としかヤったことのない自分がくやしくなってきた。
それが間違った方向に向いてたのは自分でもよくわかった。
それでもなんだかそのことがくやしかった。
過去なんだからしょうがないんだけど、それでもふっきれなかった。
そして違う女の子に告白されたおれは新しい子を選んでしまった。
別れを告げた数日後、前の彼女が電話で泣きながら「抱いて!」と言った。
でも「うん」とは言えなかった。そしておれも泣いた。
そこで気付いた。
おれはその子のことがとても好きだったんだ!
だから過去もくやしかったんだ!と。
自分のしたことにひどく後悔した。
でもまじめに好きだったぶん、そんないい加減なことはできないと思った。
その後も合わせる顔がなく連絡は途絶えていった。
今でもふと思い出す。
いつもケンカの後は「仲直りしたらHもできるね」って言ってセクスしたけど、
結局最後のセクスはできなかった。
今でもその子のことは忘れられません。
きっと一生忘れられません。


121 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/21(木) 02:11

私の体験を書かせてください。
私がまだ高校3年だったとき、スポーツ雑誌に載っていた高校生に一目ぼれしました。
彼は大阪で、私は神奈川。
どうしてもお友達になりたかったので、大阪や京都の大学を受験したけど、結局東京の大学に
行くことになってしまった。
それでも諦めきれなかった私は、大学のリーグ戦で東京に来るたびに会場に足を運び、
何とかは話せるくらいまでになれた。
でも次は電話で話したいとか、付き合いたいとか、あとからあとから欲が出てきて、
勇気を出して告白してみた。結果はだめだった。
でもこのまま電話ではなしたいと言われ、今は彼女よりもリーグ戦に集中したいとのこと
(彼は一年生からレギュラーだった。)
とても真面目な人でかつやさしい人で苦し紛れのいいわけには聞こえなかったので、
試合を見に行ったときや電話で話す関係が3年続いた。
でも私の中ではいつのまにか本気で好きになってしまい、もういてもたっても
いられなくてとうとう大阪に行ってしまった。
彼は非常に驚いていたけど、喜んでくれた。練習で忙しいのに大阪や京都に
連れて行ってくれて、涙が出るほど嬉しかった。
もう、これでほんとに諦めなきゃという思いと、諦めたくない思いで
ごちゃごちゃになってしまい、あろうことか一度でいいから抱いてくださいと
お願いしてしまった。どうしても最初は彼としたかった。
彼はしばらく黙ってたけど、私のお願いを聞いてくれた。
すんごくやさしいセックスだった。
本当にずっとこのままでいたかった。
結局彼とは微妙な関係になってしまい、連絡を取るのも気まずくなってしまい、
それっきりになってしまった。
お互い就職してしまったのでもう会えないけど、いまだにその彼とのことが忘れられない。


134 名前: 81 投稿日: 2000/09/21(木) 04:38

今の彼女とはじめてセックスした時の話。
彼女はもういい年でいわゆる適齢期も過ぎているんだけど、恋愛に対しては引っ込み思案らしく、どうもデートをしていてもそういうことに慣れていないようだった。
付き合いはじめるとすぐにしたくなるものだが、もうちょっとデートしてからとか考えてしまい、キスさえできないまま1ヵ月半が過ぎた。
ある日夕食がてらお酒を飲み、いざ帰ろうとすると「頭が痛い」と彼女が言う。
もう終電間近だし、かといっていきなりどこかに泊まるのにも抵抗があったので、「帰れる?」と聞くと首を横に振る。
じゃあ、ということでホテル以外の泊まれるところ、といってもカラオケとかに行った。
彼女は「うるさいところはイヤだ」と言い、じゃあ喫茶店は?と聞いても、「それもイヤ」という。
静かに横になれるということで、結局ホテルに入ることに。
ベットで静かに寝ている彼女を見ながら、「今日は何もしないでおこうな」と一人決心した。
しばらくたって横をみるとぴたっと彼女がくっついている。とまどいながらも俺はキスをした。
そうすると彼女は背中に手を回してきて抱きついてくる。ためらったが「いいの?」と聞くと静かにうなずく。
挿入しようとすると「イタイ…」と言う彼女。まさかと思って聞くと俺がはじめてだということ。
結局彼女があまりに痛がるのでその日はセックスは中断し、話をした。
彼女はレイプされそうになったことがあり、男性恐怖症な部分があったので今まで経験がなかったらしい。
処女であることの焦りはなかったけど、どうやったら結ばれるのかわからず、飲めないお酒を飲んで俺にホテルまで連れて行ってもらえるように仕向けたとのこと。
経験がないのに無理をしている彼女を見て無償にいじらしく、また無理をさせてしまった自分がちょっと情けなく感じた。


153 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/23(土) 10:56

セフレのことを好きになっちゃった。
でも、向こうには彼女がいるし、セフレも私一人じゃなかったみたいだった。
私が恋愛感情を持ってしまった時点で関係を清算しなければ・・・・と思いつつ
電話がかかってくるとどんな夜中でもどうしても会ってしまってた。
そのまま1年くらい経過してしまったんだけど
『次で最後にしようと』ようやく決心がついた2日後くらいに彼から電話が・・・。
始めようと宣言して始めた関係じゃないだけに
終りにするのにも宣言なんて要らないなって思いながら
もう会わないであろう彼に今までにないくらい一生懸命フェラした。
しみじみ『上手いよねぇ』って誉められてすごく嬉しかった反面
私にはこれしか与えてあげられるものがないっていう劣等感ですごく悲しくもあった。
彼は『フェラで逝った事がない』ってずっと言ってたけど
本当は私達の関係が始まってすぐの頃一度私が逝かせた事があった。
そんな事も忘れてるんだなぁって思いながら絶対逝かせようと思ってフェラした。
いつもはある程度フェラしたら入れるように言う彼だけど
この日は珍しくずっとフェラさせてくれた。
我慢汁があまり出ない人だったけどこの日はだんだんいっぱい出始めて逝かせれるなって確信してた。
そのうち『このまま逝ってもいい?』って彼が聞き始めて
『飲んでくれる?』とも聞いてきた。私は全てに『いいよ』って返事をしてまもなく
彼が口の中で逝った。
そのあと彼の精子を飲んだ口なのに今でにないくらい長くて優しいキスをしてくれて
私にはそれが『最後なんだ』って物語ってるようで悲しかったけど決心もついた。

決心通り彼とはそれで最後にしたけど最後のキスでの彼のまつげや
唇が離れた後のものすごく満足しきった顔が忘れられない。


188 名前: 無名選手@投げたらアカん! 投稿日: 2000/09/26(火) 03:27

彼の就職で遠距離恋愛になって
彼が向こうで寂しいからって女を作って
一方的に別れてくれと言われて納得が行かなかった私は
話し合いをするために夏休みに家に来てもらった。
「ごめん」しか言わない彼。
話し合いをするとか言っておきながらなにも言葉が出ない私。
家の窓から見える花火を見ながら
なんとなくそういう雰囲気になって
昔のように心底愛しくて好きで好きでたまらないなんていうSEXが
できるはずもなく「もう、別れるんやね」と思いながら
大して気持ち良くもないSEXをした。

次の日、私の20歳の誕生日にきっちり別れた。
スーパーとかで仲良く買い物している学生を見るたびに私も寂しかったけど
彼はやりたかった仕事頑張ってんねんもん、我慢せなって思っててんで。

(若かったなー、と思いつつあの人くらい好きになれる人が
未だに現れていないのが悲しい。)


194 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/26(火) 22:58

ありきたりですか初めてのときですね

21も過ぎて童貞だった私に念願の彼女が出来ました。
彼女とはもうずいぶん長い付き合いでずっと友達だったのですが
色々、マンガ的な事件が発生したりしている内に
お互いが必要だと感じるようになったのか
自然に恋人として付き合うようになりました。

しかし、今までは平気で下ネタを言い合う中だったのが
却って恥ずかしいのかなかなか、
セックスするには至りませんでした。
一回は、チャンスがあったのですが
こちらは童貞向こうも処女うまく行きませんでした。
そもそもが、よく自分を卑下する娘だったので
それで、ますます自分に自身を無くした様です
或いは、友達に知られるのは恥ずかしいと言い続けた
私の愛を信じてくれなかったのかもしれません。
そんな、彼女を思いやることも出来ない私は
会う度にセックスしようセックスしようとまくし立てるばかりでした。

「もう、疲れました」
そう切り出されたのは、確かクリスマスのちょっと前くらいの
とても寒い日でした。
実際にはそんなに寒い日じゃなかったのかもしれませんが
その時私は一瞬凍り付き、
次の瞬間彼女に抱き着いてキスしようとしていました。
でも、その日はいつもと違いかたくなに顔を
背けられさせてくれませんでした。
その時になって漸く自分は振られたんだなって実感が沸いてきました。

そのまま飲み屋に行って浴びるほど酒を飲みました。
それから、女の先輩を呼び出して愚痴を垂れました。
どうでもいいような慰めを聞かされたようなことを覚えています。
そのまま、終電もなくなり
すっかり、無気力になっていた私は先輩に引っ張られてホテルへ
先輩はつまらない童貞のマグロ君によくあわせてくれたと感心しました。
翌日は風邪をひいて寝込んでしまいました。
風邪が直ったら彼女を忘れるために
バイトや学業に今まで以上に打ち込みました。
不思議なこと涙もろい私ではあるのですが最後まで
泣くことはありませんでした。

今、思い返してみるとあの体験は何だったんだろうかなって思います。
おかげで、童貞らしい焦りもなくなり今の彼女とは
うまくやって行く事が出来るようになりましたが、
自分が誰とでもセックスできるような軽薄に男に思えてなりません


203 名前: シャドウ 投稿日: 2000/09/27(水) 18:21

もう10年も前の話だけど・・・。
1年の期限付きで海外出張をした。
新しい人間関係が新鮮で、長年つき合ってた彼女への連絡も忘れがち。
仕事場では金髪美女との火の出るようなアバンチュールもあり、竜宮城の浦島太郎状態だった。
何食わぬ顔で帰国したら彼女が「好きな人が出来たから別れて」と言う。
「終わるときはあっさりしたもんだな」と思いながら
さめた気持ちで砂をかむような最後のセックスをした。
その後俺は地方支社の管理職として栄転し、彼女からは時々近況を知らせる手紙が来た。
「もう別れたんだから連絡するな!」と電話し、彼女は「ゴメン」と誤った。
やがて彼女から地元の資産家へ嫁いだ事を知らせる葉書が届いたが、
「カネにころんだ汚い女だ」と軽蔑しただけだった。
それから1年、引っ越しの荷物整理で彼女からの手紙を読み直し、
便せんに涙の後が沢山付いていることに初めて気づいた。
共通の知人に「何考えてんだろうな」と笑いながら話したら、
「おまえの海外出張中、あの子の父親に末期癌がみつかり、医療費で借金がかさんだ。
親の面倒を見るために、転勤族のおまえとは結婚できなかったんだよ」と聞かされた。
その話を裏付けるように、彼女の父親が死亡した。
俺は手紙を抱きしめて泣いた。


222 名前: SOFT TOFU 投稿日: 2000/09/28(木) 02:42

203を読んで、なにか通じるものを感じたので。
わりと似た話ですが、最近のことです。
-------------------
女は嘘つきだ。
本当のことをしゃべらない
好きな相手ならなおさらだ。
いいときはいいが、203みたいに問題が起こったら、それを
抱え込もうとする。
僕の婚約者もそうだ。
遊び人どおしの、互いに散々放蕩したあげくの出会いだった。
それぞれの遊び相手を次々に切りながら、高校生?のような
熱愛を半年育んだ。それぞれの遊び人っぷりに反発しながら
惹かれあってどうしようもなかった。
そしてその子は自分が癌だとわかった。
致命的なものではないが、結婚はムリだといわれた。
僕はそれでも結婚したかったが、その子は姿を消した。
住所を隠し、携帯も解約し、一人入院・手術。
5年後生存率60%程度だそうだ。
手術直前に海外駐在の僕のところに電話があった。
赤ん坊の時以来、初めて泣いた。
その子は、もし少しでも手がかりを残せば、僕がきっと
探してしまうだろうことを知っていた。そして自分も
それを待ってしまうだろうことを知っていた。
「もし完全に良くなればまた連絡するかも。でも連絡なくても
探さないでね。愛してます」
電話は切れた。
好きだの愛だのが嫌いで口にしたこともない2人だったが、
その子がどれだけ深く本気だったかを思い知らされた。

もう1ヶ月以上経つが、なんの連絡も無い。
死んでしまってるのかもしれない。
もし連絡できる手段が残っていたら、調べてしまい、
また泣いてしまったかもしれない。

それでも突き放されっぱなしよりはいいと、その時は思ったが
話して状況が良くなるのでないかぎり女はしゃべろうとしない。
それまでは一緒に死ぬとかいうのを大馬鹿だと軽蔑してたが
そんな気分になった。
まあ、ぴんぴん元気になってまた放蕩しているのかもしれないが。
もちろんそのほうがずっと良い。


227 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/28(木) 06:53

今でも忘れられない女人がいます。その子とは5年くらいつきあった。
俺は地方の会社に就職したのを気に、2人の関係がおかしくなっていった。
いやおかしくなっていったのではなく俺がおかしくした。

その子のことは2年程の片思いの末やっと彼女にできた初めての女性。
キスもセックスも全てがはじめてだった。

遠距離で仕事ばっかり夢中になり、ろくに電話もいれなかった。
遠距離後2年で別れた。やっぱり遠距離はだめだななんて強がっていた。
一番大事な人を自分の勝手で失ってしまった。

今でも彼女が夢にでてきて、「もう一度やりなおそっ」て微笑んでくる。

あぁ涙が浮かんでくる。もう書けません。ごめんなさい。


230 名前: シャドウ 投稿日: 2000/09/28(木) 13:07

しんみりムードを持ち込んじゃったみたいなんで、
お詫びも兼ねて性的興奮度がMAXだった初体験の話を書くわ。

俺は当時、団地住まいの14歳(中2)、相手は隣の奥さん(22歳)。
家族ぐるみの付き合いでかわいがってもらってたから、
ダメ元で「友達の中でボクだけキスの経験がないから教えて」と
頼んだら、「子供のくせに・・・」って笑いながら最後まで行っちゃった。

中間試験が終わった後だったから、平日の午後。
彼女は子供をお昼寝させて、うちの部屋(両親共稼ぎで留守、俺は一人っ子)
に来てくれた。
おそるおそるキスしたら舌を入れてきた。ピンコ立ちになった。
胸に手を置いても何も言わないので、「女の人のあそこがどうなってるか
知りたいから、さわってもいい?」と聞いたら、「いいよ」。
ジーパンのウエストから「よっこいしょ」と手を入れたけど、
ツルツルしててよくわかんない。パンストの上からさわってたんだね。
彼女は俺の手を取ってパンストの中に導いてくれた。
ジョリッとした陰毛のむこうにぬるぬるした割れ目があった。
「世の中にこんなに柔らかい物があるのか」と感動した。
女の人は興奮すると目が潤むという事実に、この時初めて気が付いた。
長くなったのでいったん切って、続きを書くよ。
ちなみに彼女は若い頃の水沢アキに良く似てた。
気さくで優しい人だった。


243 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/29(金) 01:31

学生の時、先輩の彼女(自分と同級生)と寝た日の思い出です。
その彼女は自分と同級生で、ちょうど先輩が就職活動で忙しかった
時期に、同じサークルの同学年6人でよく遊んでいました。
自分も彼女の事はずっと気になってたんだけど、先輩の彼女である以上
迂闊な事はできないので、そんなそぶりはみせないでいました。
その時期、彼女とは夜中にくだらない事で電話したり、彼女の先輩に
対する愚痴を聞いてあげたりする、そんな付き合いでした。でも、
先輩が忙しく、そんな事が増えるうちにそれまで抑えていた自分の
気持ちが少しずつルーズになってたのかもしれません。

ある晩、いつものように夜中に電話してて先輩の愚痴を言いながら
彼女が電話口で泣き出した時に、自分の心の堰が切れてしまいました。
「おい!そんな毎日毎日メソメソして・・お前らしくないよ!!」
そう言った直後に自分でも訳が分からないまま原チャリにまたがって
彼女の部屋に向かいました。

突然の自分の訪問に、「こんな時間に何しに来たのよー。おかしいん
じゃないのー!?」と、竹中直人の、笑いながら怒る人みたいな顔で
ドアを開けてくれた彼女。(古いですね、すいません。)「うるさいよ!
お前が元気出たら俺だって早く帰りたいんだよ」としか言えない自分
でした。

その後、彼女の入れてくれた紅茶を飲んで、二人でほとんど無言のまま、
なんかのドラマのビデオを観て、なんとなくキスをして、彼女を
抱きました。服を脱がせてるとき彼女が「○藤(自分の名)って結構
いいとこあるじゃん・・」と言ってくれました。

なんとなく予想はしていましたが、その後はお互いを過剰に意識する
ようになり、自分も先輩から彼女を完全に奪う自身と勇気が無く、
夜中の電話も徐々に無くなりました。先輩にも彼女にも悪く思われたくない
という中途半端な狡猾さが、彼女を自分から遠ざけたのかもしれません。

先輩との関係は続いていたようですが、その後彼女はサークルを辞めて、
授業で見かける程度の関係になりました。
今彼女と会ったら笑って話せるかもしれない、自分にとって精一杯の
出来事でした。


245 名前: abero 投稿日: 2000/09/29(金) 04:56

一人暮らしの彼女の家に1ヶ月ぶりに泊まりに行った時。忘れられぬー。
彼女はその日,「私の家にくるといつも喧嘩になるんだから。」って言ってました。
「俺はそうは思わないけどな」そういって久しぶりに二人の時間を過ごしてました。
だけど,その日もやっぱり喧嘩になる。いつもの事かって軽く考えてたら,
その日は違ってました。彼女の涙がぜんっぜん止まらない。

自分は抱きしめてアイシテルなんてだいっ嫌いなほうだけど,その時ばかりは
彼女が泣き止むまで抱きしめてキスして,ごめんって何回も言ったよ。
そんで,そのあと,彼女とSEXしました。久しぶりってこともあったけどかなり燃え
たってことは覚えてます。他愛のない喧嘩だったけど,仲直りのあとだったしね。

彼女とはその時遠距離恋愛中。SEXの後に泣きながら,
「ずっと一緒にいたいのに」とすごく小さな声でいったのを今でも鮮明に覚えて
います。彼女が寂しさのあまり漏らした一言,だと思っています。

いまだに彼女との関係は200km超で続いています。あんま泣かせないように
しないとねー。


247 名前: 8段 投稿日: 2000/09/29(金) 12:08

俺の忘れられないSEXは、はじめていった時のかな。

俺が童貞を捨てたのが19で、その時はいけなかった。
そりゃね、酒も飲んでてはじめてならいかんわな、とか思ってたけど
その後どんな女の子としても全然いかない。
結局何人とやったかわかんないとこまでいってから、
もういいやって遊ぶの止めた。
それから暫くしてから後輩と付き合うことになって
してみたけどやっぱりいかなかった。
それこそ人間として何かおかしいんじゃないのか俺、って思った。
めちゃくちゃ悩んだ。
どうしようか悩んでる時に別の後輩から「抱いてくれ」と言われた。
一瞬迷ったものの、これでいかなきゃ俺もう女の子と付き合えないな
とか思いながらその子とことに至った。
合計4時間超の行為の末、ついに俺の人生において
「SEXでいく」という経験が出来た。
なんかすげー気持ちよかった。

結局、相手のことをどれだけ思ってるかによって
いくとか気持ちいいとかが大きく変わってくることに気付いた。
なんかね、「抱いてくれ」って言ってきた子のこと、好きだったみたい。

で、はじめていった夜からもう数年たってる訳ですが
現在俺は、俺をいかせてくれた、俺が何よりも大好きな子と
一緒にいます。けっこ幸せ。


254 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/30(土) 01:26

ダンナとのSEX。
10代で付合いはじめてから10年一緒にいるけれど、
SEXの相性が悪いのか、私は一度もイッたことが無かった。
4年程前から、色んな事が重なって、険悪な仲になってしまい、
顔も見るのも嫌だし、常に「離婚」を口にしてたっけ。
もちろんSEXなんて半年に一度ぐらい。(日曜の朝、寝ぼけてみたいな感じで)
で、そうこうしているうちに、ダンナにたくさん浮気されてて、
セルレ作られて、家出もSEXされていたと分かった時、
自力で立っていられないぐらいに落ち込んだ。
本当は、それぐらいダンナの事を愛していたって事にやっと気付いたのです。
ダンナもはじめて「守らなきゃ」と思ったらしく、
数年ぶりにぐっと肩を抱きしめてもらった。
ダンナがこんなに頼れる人ってことも、大袈裟じゃなく、知らなかった。
その日のSEXで、10年目にして初めてイクことができました。
付き合い出した頃よりも、はじめてのSEXの時よりも、
切ない気持ちになるなんて。。。


255 名前: zen 投稿日: 2000/09/30(土) 01:33

初めてのセックス。やっぱり忘れらんないよね。
僕は高校卒業してすぐ親友だった子と。その子はまたまた僕の親友と
付き合ってたんだけど,遠恋になるからってふられた直後だったのさ。
それで,その子が相談したい,って家にきたのがきっかけだった。

最初はゴムがない,ってこともあって挿入もなしにすぐ終わり。で,
2,3日後にもう一回して,やっとちゃんとしたセックスになった。
後で聞いたらその時が彼女も初体験だったそうだ。my親友の彼氏は
何してたんだか・・・

その後僕も進学先が決まり,やっぱり中途半端はいけないな,別れよう,
とか軽く考えて,別れ話を切り出したのさ。そしたら予想外の反応。
すこーしだけ寂しそうに笑って,「私はまたフラレルのね」って言った。

その笑顔がほんと凄い寂しそうで今でも胸が詰まります。んで結局まだ
付き合ってたりして。


257 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/09/30(土) 02:53

初エッチから4、5回目くらいのHが忘れられない・・・。
それまではずっと目をつぶってしてたんだけど、正常位の時なんとなく目を開けたら、彼がすごく気持ちよさそうな顔しててなんか感激した。
ちょっと一悶着あったときに彼が泣いてしまって、涙を舐めてあげてたらそのままHになっちゃったのも忘れられないかな。
泣きながらでも、なんかものすごく愛情が伝わって幸せだった。
そんな彼とも今は倦怠期・・・。
でもこのスレ読んでたら初心を忘れちゃいかんなと思った。
また幸せなHが出来るようにしなくちゃ。


269 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/01(日) 02:29

2年ぐらい前の話
初めての彼女で俺は童貞相手も処女、やっぱりやりたいさかりだったから
会うたびにSEXしまくってた。
そのうちに普通のSEXじゃ物足りなくなってきていろんなプレイをやるようになってた
やっぱりAVとか見まくってたせいかSEXの知識がかなり偏ってたんだと思う
女はみんなこうすると気持ちいいにきまってるみたいなかんじで・・。
別れる少し前の最後のSEXでは彼女は声も出さずただ寝ているだけだった
俺は馬鹿だったからなんかこういうのも興奮するとかって一人で喜んでた
快楽に夢中でまったく相手のことを見ていなかった

1ヶ月後、携帯のメールにごめん別れて・・ってはいってた
ごめんなんていれる必要なんてなかったのに、後から彼女のやさしさを思い出して
めちゃめちゃ後悔した
何日かは彼女のことを思い出して泣いていた、勝手な男だと思う
SEXなんてしなければよかったって思った
彼女にはその後やさしい彼氏ができたらしい、幸せになってほしい
勝手だけど俺にはそう願うしかできなかった。
ちょっと昔の苦い思い出でした。


270 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/01(日) 02:37

元彼と別れた後にしたH。別れた後も好きで片思いだった。
ある日元彼の家に遊びに行った時何となくそんな雰囲気になってHした。
気持ちが私に無いことは分かってたけど、好きだったから・・・。
でも付き合ってた頃のHと全然違った。ただ行為そのものだけがある
感だった。終わった後「最近たまってるみたいなんだよな。お前も
SEXしたかったんだろ?」私がまだ好きだという事を知ってる
はずなのに・・・。もう私に愛情は無い事をひしひしと感じた。
愛情のないSEXに意味が無いことを初めて知った。
それからも時々会ってSEXした。やりたいだけなんだって
分かってたけど少しでも繋がりがあることが嬉しかった。
ある時何故か、つきあってた頃の様なSEXをした時があった。
キスもいっぱいしてくれて優しく抱きしめてくれた。
あの頃に戻った様な錯覚に陥りそうだった。泣きながら抱きしめたけど
彼は気付いてないようだった。

その8日後、彼が片思いしてた彼女とつきあい始めて私たちの
関係は自然に終わった。


276 名前: keiki 投稿日: 2000/10/01(日) 13:09


僕が23歳の時の話。相手も同い年で同じ職場でした。彼女はサラサラの髪
で横顔の肌が透き通る様に綺麗でした。彼女を食事に誘い時間が遅くなった
ので彼女の住んでるレディスマンションに泊めてもらう事になりました。
部屋の中は思ったよりも狭くでもきちんと整理されて居心地よさそうでした。

なんとなくお互い無口になりその部屋で初めて彼女とキスしました。それから
立ったまま彼女の服を脱がせて彼女の体が窓からうっすらと入る光越しに見え
ました。染み1つない完璧な体でした。細い体の割に豊かな胸の先には、真っ白
な胸の膨らみから徐々に薄いグラデーションがかかって小ぶりな可愛い乳首が
ありそれを唇に含むと声は出さないけど身をよじらせました。それから僕も裸
になり二人でいつも彼女の寝ている窓際のベッドに入った。そのベッドの中は
彼女と同じ甘い香りにつつまれて柔らかく暖かさに包まれていた。

そのベッドの中でお互い裸で抱き合ってるだけでも気持ちが良かった。彼女
の柔らかい胸が僕の胸に当たり彼女の下腹部の柔らかい毛が僕のお臍の当たり
に当たっていた。それからしばらくの間軽くキスしたり胸を触ったり抱き寄せ
て体を密着させたりした後、僕はゆっくりと彼女の中に入っていった。入れた
後も動かさないで抱き合っていると僕にはほんとに二人の体が溶け合って1つ
になったような錯覚に陥って意識は朦朧として殆どナチュラルハイの状態に
なっていった。それからゆっくりと動かし始めると下腹部から猛烈な快感が押
し寄せてきた。その快感は動かす毎に増していき彼女の小さな声の
「いきそう・・・」と言う声と同時に僕もいきました。終わった後も入れた
ままでしばらくじっとしたままでいるとそのまま死んだ様に寝てしまった。朝
になり目を開けると彼女が微笑みながら僕の髪を撫でてくれていた・・・それから随分の月日がたちましたがあの日のようなセックスは経験できていま
せんし、これからもきっとないでしょうね。ああ懐かしい・・・・・


283 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/02(月) 18:13

10数年前の、高校時代からつき合っていた彼女との話です。
彼女は家庭の事情で、二十歳の頃から一日でも早く私と結婚
して独立したいと言い続けていました。
もちろん当時、私は大学生で就職してから結婚しようと言いながら
過ごしていました。
でもいざ、就職すると当然のようにもっと経験を積んでから、一人前
になってからと、私は結婚への決断をできずにいました。
それから数年、互いの気持ちにすれ違いを感じ初めて、会う間隔が
少しづつ開いてきて3ヶ月ほど経ったある日、友人から彼女が結婚した
ことを聞きました。
その時は長くつき合っていた彼女の気持ちに答えられなかった悲しい
思いの私と、結局、結婚に踏みきれずにいて、結論を出さなくて済んで
少しほっとした思いの二人の私がいました。
それから、約1ヶ月後彼女から会ってくれとの電話が有りました。
日時を決め、彼女から会う時にはあのお揃いのシャツを着てくれと
たのまれ、複雑な気持ちのまま会いました。
待ち合わせ場所には互いの車で来て、私の車でデータをしましたが
彼女は、こちらが、拍子抜けするくらい明るくて、以前の仲が良かった
頃のように振る舞っていました。
よく行っていたデートコースを回り、夕方もう帰ろうと互いの車に別れ、
車を出すとずっと彼女が後ろからついてくるのです。
車を止めて中を覗くと彼女は泣いてハンドルにしがみついていました。
私の顔を見ると更に泣き続け、泣きながらいつも行っていたあのホテル
に連れて行ってと言われ、出会ってから8年目の最後のSEXをしました。
その後、彼女とは一度も会っていませんが、いつまでも心の奥にしまっ
ている大切な思い出です。


292 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/03(火) 01:19

もう5年も前の話。
会社に片思いの先輩がいた。一目惚れ。
好きになったときには彼女がいた。
彼女の有無なんて関係無しで好きになったけど、しばらくしてから別れたという。
3年つき合って彼女にプロポーズしたら、
『あなたの収入じゃ結婚できない』と言われフラれたそうだ。

その後しばらく彼は自暴自棄になっていた。
飲めないお酒を毎晩飲み歩き、そのたびに思い出話をする。
私の気持ちなんて知らない彼は、私を頻繁に飲みに誘った。
その思い出話を聞きながら、
『本当に彼女が好きだったんだ』って切なくなる反面、
『私が彼を支えてあげられたら...』って思っていた。

そんな日がしばらく続いたある夜、
終電が無くなるまでふたりで飲んでしまった。
タクシーで帰ろうとしたら、『泊まってけば?』と彼。
私は自分の気持ちを押さえきれず、そのまま彼の部屋へ行った。
自分勝手なセックス。
彼女のことを忘れられずにいる彼に抱かれ、
その夜はとても悲しく切ない気持ちと嬉しい気持ちが交互にやってきた。

罪悪感からなのか、次の日から彼は私を避けた。
彼女の代わり、それでも良かったのに。
でももう、私には彼しか見えなかった。

1か月ほどしたある日、会社に出勤すると彼がいない。
聞いてみると風邪を引いて40℃の高熱が出て休んだという。

仕事が終わった後、コンビニや薬局でいろいろ買い込んで彼の家に行った。
いざ部屋の呼び鈴を押そうにも、指が震えて押せない。
あの夜以来の、彼の部屋。
避けられているという現実が私を邪魔した。
薬や体温計、おかゆやオレンジジュースが入った袋を彼の部屋の前に置き、
私はそこから立ち去った。
近くのボックスから彼へ電話をかけた。
私からの電話にビックリした様子の彼に、
淡々と『玄関にあるもの使ってね』とだけ言って切った。

数日後、まだ欠勤している彼から電話がかかってきた。
『今すぐ、家に来てくれないか。』
そう言われて、私はすぐ彼の部屋に向かった。
彼の部屋で待っていたものは、彼からの告白。
『ありがとう。これからずっと俺の側にいて欲しい』と言われ、私は大粒の涙を流した。
まだ微熱がある、少し熱い彼の身体に抱かれた。前に抱かれたときと全然違い、
とてもやさしいキスから始まり、全身を指と舌でくまなく愛撫され、
『愛されている』という実感の中で私は激しく、何度もイッた。


もう別れてしまいましたが私の忘れられないセックスです。
今は元気にしてるかな...


295 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/03(火) 04:41

入社してすぐに同期の男の子を好きになった。彼にも彼女がいて、彼氏がいた。
お互いその事には触れずに仲良くなり、その年の夏に私は抱かれた。
嬉しかった。彼氏より好きになってた。
でも、結ばれた後も私に「付き合おう」って言ってはくれなかった。
彼との関係がある間は、彼氏とは音信不通状態だったけど
私は彼氏を完全に切ることが出来なかった。
私達は周りから見たらまるで恋人の様だったけど、付き合ってはいなかった。
セフレだったか?と聞かれれば、違うと答えたい。
ただ、そんな状態が冬の終わりまで続いて2月、私の誕生日。
食事と買い物に誘ってくれた。
だんだん相手の心が離れてるのって、なんとなく分るよね。
「ホテル行こ」って、私から誘いました。
これが最後になるんだろうなぁ、って思ったから。
その何日後、会社の草野球の応援に行ったら、
彼は会社の女の子を新車の助手席に乗せて私の前に現れた。
「あの2人付き合ってるんだね」誰かが言った。
ああ、あのセックスはやっぱり義理だったんだね。涙がジャンジャン出た。


314 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/03(火) 17:03

上手く書けるかわからないけど、私も書かせて下さい。

すっごいすっごいすっごい好きで自分を見失って
溺れるほど好きだった人との最後のエッチが忘れられません。

付き合い始めて1年くらいは本当に仲良しだったけど
1年半くらいたったあたりから何となく何かが噛み合わなくなってきてました。
彼もその微妙な不安定な関係と私のだらしなさに嫌気が差したみたいで
私といても楽しくなさそうでした。エッチもあまりしなくなってました。
大きな喧嘩をした次のデートの日に、もうダメなのかなぁとか
私も薄々気づいていたんだけどどうしても彼を失いたくなくし
何とか振り向いてもらおうと思って手を変え品を変え彼を楽しませようとしてました。
そしたら急に彼が、私の上に覆い被さって来ました。
今思えばただただ排泄する、みたいなセックスでした。
でも私は「まだ大丈夫、まだ大丈夫なんだ」と勘違い、
っていうか無理にでも言い聞かせるみたいな気持ちで泣くほど嬉しかった。
彼はきっと気付いてなかったけど、
喘いでんだか泣いてんだか自分でもわかんなかったです。

で、その彼にその日の帰り家まで送ってもらってる車の中で
また些細なことで喧嘩してしまいそのまま喧嘩別れになってしまいました。
別れてから一年半くらいは、とにかく毎日忙しく働いて
誰のことも好きになれなかったけど最近やっと優しい彼氏ができましたが、
先日元彼との共通の友人に彼が結婚した事を聞き久しぶりに号泣してしまいました。

あああ、もうすぐ、仲良かった頃に「結婚しようね」と約束した
元彼の24歳の誕生日がやってきます。憂鬱・・・です。


317 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/03(火) 19:47

軽い気持ちで付き合い始めた彼。
すごく好きだったわけじゃなかった。

セックスの場所は彼の部屋。
ある日、彼の部屋に遊びに行ったら
疲れた顔して風邪気味だと言う。
寝室で寝ないで居間のソファで寝てるんだって言う。
どうして?と聞くと照れくさそうに、
寝室には私の香水の残り香があって、その香りを
嗅ぐと会いたくてたまらなくなるって。
そしてその香りがなくなっちゃうのが嫌で寝室は使ってないとのこと。

それを聞いたらもう愛しくてたまらなくなってそのまま押し倒しちゃいました。
自分のことをそんなに想ってくれてるんだと思うと
相手のすること全てが気持ち良くて今までにない最高のセックスができた。
そして軽い気持ちだったのが本気になっちゃいました。

純愛板向けだったかな?


336 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/05(木) 12:06

19歳の時、36歳の彼氏との初H。
彼は落ち着いた、「大人の男」っていう感じの人で、とても好きだった。
36歳にして独身、バリバリ仕事してて、お金も持ってる。
雑誌のお部屋紹介にも載ったことがあるという、
おしゃれな彼の部屋に連れて行かれた。
何もわからないまま、全裸でベッドに寝かされる私…。
怖いのと期待で、ぎゅっと目をつぶったままでいた。
なにやらゴソゴソと動く彼の気配。
「頭上げて」の命令口調に頭を少し上げると、
突然、つぶっていた目の前がさらに暗く…
あれ!?目隠し…???
彼が私の体を抱き起こす。されるがままに半身起こすと、
私の両腕をとって背後にまわし、なにやら手首と胸を縛っている。
「え~~~っ!ちょっとまてぇぇえ!」…と思いつつも言えない!嫌われたくない!
また彼がどこかに行った。音からして、バスルームに行った模様だ。
しばらくして戻ってきて、なにされるのかちょい不安で待ってると、
今度は股間に塗りたくられる泡の感触。
そしてかみそりの刃が…そう、陰毛全部剃られた!
処女と一緒に陰毛も失った。
その彼とは、その後もしばらく付き合ったけど、忘れられない初Hだった。
(すべて実話)


346 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/06(金) 06:30

大学1年の時にそういう関係になってしまった、
高2(当時)の子。
と言っても飲み過ぎで逝けなかったんですが。
しかもお互い彼氏彼女持ち。

本当にカワイイ子で(もちろん中身も)、
もう何年も経つのに、彼女がいる時でも
いない今でも毎日一回は絶対考えてしまう。
飲み過ぎでいけなかったのに、しかも一回だけの関係なのに。
その頃は向こうも好きだって言ってくれたのに(泣)
僕はいまだに本当に好きなんです。

タバコの煙をはき出す時の口を見て、思わずキスしてしまった事や、
彼氏から褒められたと言ってた腰の動きや、もうその日の事は
全部覚えてます。あの日がもう一回来るならどうなってもいいってぐらい
戻りたいです。

今は彼女引っ越して彼氏と同棲してます。
そこに遊びに行った帰りの気持ちは、忘れません。

この気持ちをどうにかして書きたかったんですが、
なんかよくわからない文になってしまいました。
説明下手でごめんなさい。


360 名前: 30代オトコ 投稿日: 2000/10/07(土) 22:57

大学生の時につき合ってた彼女。互いに初めて同士だったから最初全然うまくいかなくて
どんなに力入れてもインサートできない時が続いた。
ある日突然彼女の中にスルッと、本当に簡単に入ってようやく結ばれることができた。
3カ月近くかかったかなぁ。

ここまではまだ前フリ。

それからはスムーズにできるようになったんだけど、
ふたりとも実家だったから場所にはちょっと困っててね。
平日はキャンパスで会えてもKissくらいしかできず、若いから悶々状態。
車の免許を取ってようやく、ドライブなんかの時に愛し合うチャンスが…。

12月のある夜、彼女を自宅まで送っていく途中、別れるのが名残り惜しくて
工事中のバイパス道路に車を止めて初めてカーセックスというものをした。
すごくヤリづらかったんで、結構時間かかった。冬なのに大汗かいて。
終わった後にきまり悪く起きあがると、ガラス全面が結露状態になっていて外が見えない状態。
ハンカチか何かで水滴を拭うと、なんと…雪が降り始めていて、外は一面銀世界!
マヌケな話だけれど、なんかふたりとも感動したんだな。
彼女がちょっと照れたのか、「クリスマスも近いね」って囁いた。
今でもその小声を憶えている…。

その後オレは大学を中退したんで時間が全く合わなくなり、
彼女とも自然と疎遠になることに。
今じゃ彼女は2児の母。オレは独身のまま。
もう10年以上昔のことになるんだなぁ(遠い眼)。


367 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/08(日) 03:22

もう十年くらい前、大学時代の話なんだけど、
知り合いで気になる子がいた。っていうか俺が一方的に片思いになってた女の子。
その子に初めて電話した夜、
「えー!○○(俺ね)さん?なんで○○さんが電話くれるの?」
ってものすごく喜んでくれて、その夜、すぐドライブに行こうってことになった。
急な展開で、あまりにもうまくいくんで俺もびっくりしたけど、
聞けば、付き合っている彼氏はいるんだけど、実はもう1年も前からずっと俺に
あこがれてたって言ってくれて、俺も舞い上がっちゃった。
で、ドライブしてたんだけど、その夜はお互いずっと一緒に居たいねって
話になって、その子は俺のアパートに泊まることになった。

お互いあこがれてた人と両想いだったっていうんで、アパートにつくなり堰を切った
ように求め合った。もうむさぼりあうみたいな感じで、お互いが全身をなめ尽くし、
何度も何度もセックスした。セックス終わったらまたキスして、キスしてたら
全身に舌が這っていって、回復して、またセックス。寝て、目がさめたらまたキス
して、またセックス。お互いの体で知らないところはないくらいなめ尽くした。
気が付いたら3日間もたってて、もう竜宮城にいった浦島太郎のような気持ちで、
猛烈に気持ちのいいセックスだった。

で、3日たって、さすがにお互い学校とかアルバイトとか現実に戻らなきゃ、
ってなったときに、彼女の彼氏の話に触れないわけには行かなくなってきた。
彼氏の話になると、彼女が急に泣き出した。こうして彼を裏切っている自分が
なんてひどいことしてるんだろうって、罪悪感にとらわれ始めたんだな。
この3日間、お互い夢のような時だったんだけど、彼女には、彼氏と別れて俺と
つきあうか、彼氏と今のまま付き合いを続けるのか(ちなみにそのとき、彼女と
彼氏は順調だったそうだ)、選択しなきゃならなくなったんだ。
もともと毎日彼と電話で話してたそうで、3日間も連絡とれなくて心配してる
に違いないって。(今みたいにケータイ普及してなかったもんで^_^;)

んで、その後いろいろあったけど、結局その子とは別れちゃった。
だって、しばらく待ったけど、彼氏と別れられないんだって。
好きなのは俺だけど、彼氏を裏切るっていうひどいことをしている
んだから、自分もなにか罰があるべきだ、って。だから俺とは
付き合えないって。

最後に、一度だけ抱いて欲しいって言われて、
また俺の部屋でセックスした。
その最後のセックスは、一度だけだったけど、
お互い泣きながら愛し合った。
翌日、別れた。

長くなっちゃった。つい、思い出してしまって・・・。(^^ゞ


380 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/09(月) 04:18

6年前、当時飲み友達の会社の同僚(25歳、女性)の結婚が決まって、
おめでとうパーティーをなぜか二人でしかも新居で
(その当時はまだ住んでいなかった)やったとき、
彼女が泣きながら
「ホントは君と結婚したかった」
と言いながら服を脱いでいって、僕に抱きついてきた。
で、ベッドでSEX。
何か僕も泣いたっけなあ。
・・・でも、今考えると、ベッド、旦那さんが使う前に
使っちゃって申し訳ないなあ。


404 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/11(水) 01:27

彼に仕事を教え、一緒に仕事を組んだりして他の同僚と変わりなく接してきた。
変わりなくと言うのは表面上のこと。本当はいつのまにか特別だった、すごく。

彼の指先、彼の背中、彼の声、全て私は好きだった。視線が彼を追わないように
他の同僚達に、そして彼本人に知られないように必死だった。彼も普通に接してくれた。
そんな私の必死の努力を知ってか知らずか、会社で飲みに行っては、彼は
よく私の隣に座ってくれた。膝や肘がぶつかる度、彼の顔が近づく度、私は
よく心臓が壊れる思いをした。

2年前、友人が独立し、凄く迷ったが、それを手伝う為退職することに…。
私の送別会では、いつもの様に彼が隣に座り、やはり私は心臓が壊れる思い(笑
会がお開きになり、帰りに彼が「送る」と一言。二人でゆっくり歩いていると、
彼の手が私の手を強く握りしめた。不覚にも涙。そのまま二人ホテルへ…。

二人ともただ無言で部屋に入り、促されるままバスルームへ。
泣きながらシャワーを浴びている私を彼は抱きしめ、キスし、立っていられなく
なるくらい愛撫し、SEX。ベッドに入ってやっと彼が泣いているのに気づき
彼の頭を抱きしめまた泣いた。お互いを何度も何度も激しく求め合って疲れて眠り
翌朝、お互いの腫れた目を笑いあい、優しくまた求め合った。

駅で彼は自分の部屋に、そして私は夫の待つ部屋へと別れた。

夫には何の不満はないけど、今でも恋と言うには切ない想い、そしてあの一夜の
出来事を思い出すと胸が締め付けられ泣きたくなる。


431 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/12(木) 19:28

高校2年の夏、彼がドンヨリした声で電話してきて
「オレ、親父の転勤で遠くへいかなきゃならない」って言ったんです。
すぐに彼の家にかけつけたんですが(家は近い)
お互い無言でためいきばかり。そこで思いつめた私は
「すぐに戻るから待っててね」と言い残し家に戻り
シャワーをあびて下着も新品に取り替えました。
それまでチューはしてたんですが、それ以上はいけない事の
ように思っていたので拒んでいたんです。
でも、もう会えないんなら私のすべてを忘れてほしくなかったので
発作的にそれ以上をしよう!と思ったのでした。
彼の家に戻って、もう泣きながら「お願いだから・・」と
私の方から服を脱ぎました。彼は「ありがとう」って言って
チューしてくれました。初めは泣きながら触りあっていたんですけど
なにしろ二人ともはじめてなので、どこをどうしたらわかりませんでした。
結局その日は本当の意味の「それ以上」の事は出来ずに帰宅しました。
次の日、すっかりヤル気の彼とバイクに乗ってちょっと遠くのラブホ
へ行って、「それ以上」の事ができました。
でもものすごく痛かったんだけど、私はこの人のものに
なれたんだってすごくうれしかった。
涙がとまりませんでした。でももうすぐ会えなくなっちゃうので
いつまでも一緒にいたかった。行為自体はよく覚えていないんですが
お互いが一つになれた事への充実感で一杯でした。
そして、結局彼の父親は単身赴任になり、彼は残りました。
そしてそして、今でも毎日私と一緒にいます。
このスレを読んでその頃の気持ちに戻れました。
人間すぐ忘れるものなんですねぇ。
また彼にやさしく接する事ができそうです。
ありがとうございました。


553 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/20(金) 13:16

昔付き合っていた、本気で結婚するつもりでいた彼女との最初と最後のセックス。

彼女とは、就職先の合同研修で席が隣り。とても可愛い子で、クラスの最年少だったが試験トップ合格の
才女でもあり、性格も◎。信じられないくらい、完璧な子で、大半の男は彼女に目を付けていました。
研修中に仲良くなり、その後それぞれの職場へ行った後彼女から研修クラスの飲み会で男側幹事になって
欲しいとの連絡が入り、二人で会うことに。色々店を物色した時にラブホのパーティルームでやろうか?
って提案したら、そんな所があるんですかと興味深そうに聞いてきたので、ウキウキしつつ手頃なのを
見繕ってご入店。彼女は入ったことが無かったらしく、物珍しげにきょろきょろしていた。部屋に入って
早速カラオケスタート!が、彼女は無防備にもベットに横になりながら歌っていたモンで、つい、俺も横
に寝っ転がって一緒に歌いました。何とか、いい雰囲気にと、少しずつ間合いを詰め、彼女の体に触れて
いき、なんとか髪を撫でるところまでこぎ着けた。
俺は歌うのを止めて、彼女を引き寄せておでこにキスしつつ体を触っていたら、いきなり俺の手を振り解
いて風呂場に行ってしまった。失敗か?と思っていると、彼女がバスタオル1枚で戻ってきて「汗、
ひくまでこのままでも良い?」と聞いてきたのでうん、うんと頷きながら俺もシャワーを浴びに行った。
その間も彼女は熱唱していたんで、誘っているのかどうかちょっと怪しかった。が、若さも手伝い、バス
ルームから直行の勢いで彼女を抱きしめ、「いい?」って聞いてみた。そうしたら、「私ね、後悔したく
ないから言っちゃうけど○木さんのこと好き。でも、彼女居るんでしょ。だから、これっきりだよね?」
って、涙を溜めながら告白された。その頃の彼女より好きになっていた俺は、1も2もなく、「別れる!」
ときっぱり宣言したが、彼女は驚いたように「ダメ!」と言って、俺のことを怒り始めた。
それまでハイテンションだった俺も急に冷めてしばらく無言だったが、突然彼女が自分の事を語り始めた。
「私ね、ホントはね、レイプされたことがあるの。だから、今まで男の人は怖くてダメだった。でも、
研修終わってから○木さんに会いたい気持ちに気づいて、好きなんだって思ったの。でも、彼女と別れて
欲しいとか思っていないし、私、できるかどうかも分からないから、そんな女と続けられ無いでしょう?」
って聞いた時に、本当に彼女がいじらしくなってしまい、夢中で彼女を抱きしめ、キスした。舌を使うこと
も知らないらしく、唇を割って舌をねじ入れた時には驚いたようで、体が震えていたが全て任せるつもりで
いたのか抵抗もせず必死で答えようとしてきた。俺はそれがまた嬉しくて、できるだけ優しくしてやろうと
思った。
Eカップの胸は、マジで顔が埋められた。乳首を舐めたら「あっ」って声をだし大きくのけ反った
のでバスタオルが外れ、部屋の明かりが全部点いたままで、彼女のヌードを見た。服の上からでも十分、
予想できた事だったが本当にスタイルが良かった。すでに我慢汁が出ていた俺は彼女をベットに寝かせて
大きく足を開かせた。・・・今考えると、ちっとも優しくなかったな。その頃は既に、獣だったからなぁ。
まあ、それで、足の方から彼女の顔を見たら泣いていたんだよね。「まずったっ!」って思って、慌てて
キスしながら「嫌なら無理しなくていいんだよ」なんてフォローを入れてみた。彼女は両手で顔を覆いな
がら「違うの。私、普通かな?変じゃない?」って小さな声で聞いてきた。その時まで、すっかり頭から
飛んでいた彼女の告白を思い出した。そうだった。彼女、初体験はレイプされて・・・と言ってたっけ。
しみじみまずいなぁと思いながら「ちっとも変じゃないよ。綺麗だよ」と出来るだけ優しく言った。彼女は
「ごめんなさい。泣いているのは、本当に○木さんが嫌だからじゃ無いの。私と、してもらえる?」って聞
いてきたんだよね。なんかさ、嬉しくって。答えがわりに、彼女のあそこにキスしました。乳首と一緒で、
淡いピンク色。栗は小さめだったが反応は良かった。かなり濡れていたので、指を浅く入れてみた。彼女が
「あっ!」って驚いたような声を出したので、「指。感じてるよ」って濡れている指を彼女の前に出して見せ
たら、彼女は真っ赤になって目を丸くしていた。「ね、あの、私のって、ダメなの?」と、また聞き返して
きたので「そんなこと無いよ。すごく締まりが良い。入れて良い?」と聞きながら彼女の栗をヌルヌルしました。
「うん。でも」と、彼女が言いよどんだんで気づいたが、ゴムを付けて無かったんだよね。なんか、すっかり
舞い上がっていて、まるっきり童貞のようで恥ずかしかった。彼女の中にゆっくり入っていったけど、殆ど
処女同然だった。でも「処女じゃないから、好きなようにしていいからね。○木さんに気持ち良くなって欲しい」
って言われて泣けてきた。彼女がどんなに負い目に感じていたのかが良く分かった。そのせいで今まで彼氏も
作れなかったんだろう。始めはゆっくり我慢して反応を見ていたが、そのうちに理性がぶっ飛んで激しくやって
しまった。思い切り深く挿入してしまい、彼女に「痛い!」と悲鳴を挙げられるまで、獣だった。そんなダメチン
だったが、彼女は俺の方ばかり気にし、終わった後にありがとうとまで言ってくれた。結局、始めから3回もして
しまい、最後は風呂場でフェラまでさせてしまった。・・・獣だ・・・。


575 名前: 長レスでごめんね 投稿日: 2000/10/21(土) 04:18

初詣。駅で待ち合わせして、はにかみながら「あけましておめでとう」を言った。
神社へ行く途中「さむいねぇ」ってちょっと肩をすくめながら手を合わせると、彼が
「手袋ぐらいして来いよ」って私の手を取って自分のコートのポケットにいれてくれた。
(なんだかその時の彼の優しさがすごくうれしかったなぁ。)
お参りをすませて、おみくじをひいて、微笑ましいひとときを過ごした。

神社の帰りに「俺の学校、あそこだよ、よって行こうか?」と彼が言うので、
「いいの?よって行けるんだったら行きたい!」って返事した。
相変わらずポケットの中で手をつないで、ぐるっと校舎の外側を回った頃、
「ここが部室。寒いから少し暖まって行こう」そういって彼が部室にいれてくれた。
プレハブのバスケ部室は汚くって、ちょっと臭かったんだけど、これからおきる
ことにちょっと期待していた(キスしてくれるんじゃないかなぁ、ぐらいにね)

ストーブの前で、なんか目を合わせられなくって、赤く燃えるのを見つめながら
二人でしゃがんでドキドキしながら途切れ途切れの会話していたら、
急に彼が、「キス…していい?」って。うなずくと、静かにキス。
今度は見つめあってキス。彼の舌が入ってきて身を硬くしたら、抱き上げられて
テーブルの上に押し倒された。その時、頭の中は(えぇっ?まさかここで?
ヒニンは?ぱんつ、どれはいてきたっけ?背中の雑誌が邪魔だなetc…)

彼の苦しそうなキスは私の首筋から胸元に動き、手は胸を探る。
私の手はどうしたら良いのか宙を泳いでたんだけど、彼の手が足の間に
滑り込んできたとき、自然に彼の背中をつかまえていた。
ショーツの中に手を入れられたとき、自分の身体が勝手にびくんびくんと動いた。
「ねぇ、いいかな…俺もう我慢できないよ」と彼。私といえば、彼が触っているところに
言葉も出ないくらい感じていて、うん、うんと首をたてに振り必死にしがみ付いてるだけ。

彼が入ってきたとき、痛くてのけぞって逃げようとすると、彼は、私の頭を抱え
激しく動き始めた。おまけに背中にあった雑誌の角が、彼が動くたびすごく痛いのに
足を肩に担いで深く入ってこようとする。
した事ない格好で足までつって、思わず「痛いっ!いたたたっ!やめてーーっ、
ちょっとまってぇーー」って言っているのに、ケダモノ状態の彼はやめてくれなかった。
で、彼は最後まで満足したらしいけど、私は死ぬ思いだった。
あっちもこっちもそっちも痛くって涙が出た。
彼は私の涙にいたく感激した様子で「やさしく出来なくてごめんな」と言い、抱きしめた。

「セックスの痛みよりも、背中の本と足がつったので痛くって泣いた」とは言えず
その時は、なによりも終わってくれたことだけでほっとした。
帰りはあそこの痛みと、足のつった痛みで歩いて帰るのがつらかった。
セックスに対して夢見ていた高校生時代、現実を思い知らされた日だった。

『SEXすると足がつる』スレ見て懐かしく思い出しました。


579 名前: 244 投稿日: 2000/10/21(土) 12:59

俺の忘れられないSEXは、中3の初体験かな。
先輩Jが卒業して半年後、仲間10人集まったら彼女も来てた。
彼女の家は金持ちで、大きい家なのでそこに集まる事が多くなった。
そして2ヶ月くらいたった時みんな用事があるとかで、夜中の3時には2人きりになった。
ソファーにもたれてビデオを見てると、Jの頭が俺の肩に・・・。
寝顔がとてもかわいく、俺はどうしてもJの胸を触りたくなり、そっとシャツの上から手をのせた。
Jの胸はちょうど俺の手からはみ出るくらいの大きさで、予想より大きかった。
Jは俺の手に気付いた。
「ご・ごめん・・・。でも俺ずっと先輩のこと好きでした。」
俺は、告ってしまった。するとJは、うなずいて俺の首に手を回してきた。
ゾクッて体に電気が走り、しばらく動くことができなかった。
Jはやさしくキスをしてくれた。俺は、だんだん緊張が解けJの胸を揉んでいた。
そして、指先で乳首をクリクリしたとき、Jは体を反らし「あっ」と声を漏らした。
俺は乳首を舐めながら、手をだんだん下にずらしていき、とうとうあそこに。
なんだか分からないまま、服を脱がし胸から下までキスをしながら舐めるように
舌を転がした。Jは、体をくねくねと動かしていたが、それを見る余裕もなく・・・。
俺の大きくなったものを入れた。なかなか上手く入らずあせっていると、Jが俺のモノを持って
入れてくれた。それから、腰を振りまくって出そうになったので、抜いて外に出した。けれど、
上手くふき取れず、俺はJに拭き取られるのをずっと眺めてた。それを見てると、またモノが元気になり
その姿を見たJは少し笑って何も言わずに、口に含んで上下に動かしてくれた。
俺は、Jの口頭部を押さえ自然に腰を動かしていた。そしてJが口から話した瞬間ビュっと発射し、
Jの胸の辺りに飛び散った。俺は「ごめんな」というと、Jは「ううん」と下を向いたまま首を振った。
さっきの積極的なJとの違いに戸惑いながらも、嬉しくなってぎゅっと抱きしめた。
そして、一緒に風呂に入った。    


580 名前: 長くてごめんね 投稿日: 2000/10/21(土) 13:56

すっごく好きな人がいたんだけど、彼は1年後に渡米が
決まっていて、私が告白した時にそれを理由に断られた。
でも、やっぱりすごく好きで、好きで、どうしようもなくて
2ヶ月悩んでから、彼にまた「一緒にいられるのが残り
10ヶ月でもいいから一緒にいたい」と言って付き合う事
になった。だけど、その時に2人で「遠距離でお互いを締め付け
あってダメになるなら・・・」ということで、彼の渡米の時に別れる
事を話し合った。

最後の2ヶ月は辛くて、苦しくて、1日が過ぎるのがたまらなくて
一人で彼の事を考えるとノイローゼになりかけた。涙もこれ以上
出ないっていうくらい泣き尽くした。彼と会ってる時は笑顔でいたい
と決めてたぶん、一人で影で泣いてばかりだった。

私から告白したし、彼は好きとか言ってくれなかったから、そこまで
思われていないんだろうなとも思ってたけど、それでもいいから
彼の側にいたかった。とうとう、渡米の前日、彼とSEXしている時、
涙がこぼれてきて止まらなかったけど、私はそれを一所懸命隠した。

渡米の日、空港に見送りに行って人目も気にせずボロボロ泣く
私を見て、彼が「俺、お前にあんまり優しくなかったな。
お前が辛そうなのわかってたから、あんまり優しくできなかった。
俺のこと本当に大切にしてくれてありがとう。何よりもかけがえ
のないお前が、幸せになることを願ってるから」と涙をこぼしながら
言ってくれた。「帰って来た時、お互いにまだ好きだったら
もう一度今度はちゃんと付き合おう」と。

今年の春、彼からハガキが届いて、そこには「7月14日に帰国
することになった」と書いてあった。2年ぶりに会える彼を思って
日が経つのが待ち遠しかった。だけど、直前の7月12日。
彼がアメリカで交通事故で死亡したと、彼の母親から連絡があった。

27の若さで死んでしまった彼。彼から来た最初で最後の手紙が
目に入るのが辛くて、でも捨てられなくて、アルバムの最後の所に
はさんで押入れにしまった。今でもまだ気持ちに整理がつかないまま
だし、最後のSEXを思うと、彼の指とか、肩とか、思い出すと目頭が
あつくなる。。。


594 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/22(日) 02:12

セックスというか、セックス中の一つの行為、なんですけど。

むかしむかし。
彼がセックス中に首のあたりを顔いっぱいでこするような動作をしたんです。
なんか愛撫って言うより、気持良いタオルに顔をゴシゴシってやるみたいな。
その時は別になんと言う事もなくて「くすぐったいぞーやめろー」とか言ってたんですが。
その人と別れてしばらくたったある冬の日に、ホームで電車待ちながらボーっとしてたら
そのごしごしされた感覚がいきなりよみがえってきて、
他にも抱かれた時の記憶がフラッシュバックみたいになって、
息が出来ないくらい心臓がばくばく言って、パニックになってしまい、しばらく呆然としてました。
その人とはセフレみたいな感じだったし別れ際もあっさりしたもんだったので、
別に切れた事を何とも思っていないつもりだったのですが(あの頃あたしは強かった)、
そのごしごしってする行為がすごく嬉しくて、そうしてくれる彼がすごく好きで、
ホントはすごく寂しくて、でもそう言えなくて、ずっと強がってきたのかなあとか、
色々考え出して悲しくなりました。

触覚とか、匂いとかの記憶って結構つらいです。急に思い出すから。

長い上にエロくないのでsage…


758 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/26(木) 04:12

じゃあ書いてみる。。
15歳(高1)から21歳まで付き合った彼がいました。
双方の親公認だったし、この人と結婚するのかなぁなんて思ってた。

大学4回生の夏にとある歌手のコンサートを2人で観に行ったんだけど、
会場がすごく遠くて疲れちゃったので「どこかホテルでも泊まっていこ」と言ったの。
だけど何故か彼が「いや、電車で帰ろう」って頑なに言ってて。。
その場で別れ話を切り出されてしまった。
突然のことで何かの冗談かと思ったけど、彼は本気でした。
他に好きな人が出来たから~って。私はプラットホームで人目も気にせず
わんわん泣いちゃった。でも、これでサヨナラなんだなんて実感湧かなかった。

(すごい情けないけど)最後に抱いて欲しいって懇願して抱いてもらった。
抱かれながらもすごい悲しくて悲しくて、ずっと泣いてた。
セックスが終わっちゃったら彼とも本当に終わりだと思えて、数回抱いてもらった。

翌朝ホテルから出ると、彼が「あ~すっごいいい天気だね」っていつもの調子で
喋るので、昨日の別れ話は夢だったんじゃないか?と思ったけど夢じゃなかった。
最寄りの駅まで送ってもらい、そこで別れた。それ以来彼とは会ってないです。

彼は今頃どうしてるのかな…と思う時がたまにあります。
そういう時は、必ず別れた日のことも思い出してちょっと切なくなる。
ちなみに私は去年結婚しました。
長くてゴメン。


789 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/27(金) 08:32

3年間、同棲してた彼が、いました。3年間の間、何事も、なかった
わけじゃないけど、その中には、私が、彼のことを好きっていう
気持ちが、すごく大きかったし、きっと向こうもそうだったと
思うので、やってこれたんだと思います。彼は、私と付き合う前は、
けっこう遊び人でした。
だから、いっしょにやっていても、時々、あぁ、この人は、
私じゃない誰かでも、きっとできてしまう人なんだなぁ。
と、寂しくなったりしました。実際、付き合ってるときに、
彼が、浮気もしたことが、あるので、なおさら、そういった
思いは、心のどこかで消えなかったんだと思います。

お互い忙しくて、いっしょに住んでても、
あまり、話す時間などが、減ってきてもともと、ぶっきらぼうな、
方だった彼が、ますます、冷たくなったように私には、感じられていました。
そんな中、たまたま、夏休みで、1ヶ月帰省してるときに、知り合いの先輩に
会いました。ちょうど、私は、彼との間で、寂しかった部分が、
埋められていくように、先輩の優しいちょっとした言葉に、
心が、揺れかけていました。(先輩とは何もしてませんが。)
しかし、彼が、いない中で違う異性と接してみて、改めて
私にとって、彼の大切さも、実感したりしていました。
しかし、かえってきて、しばらくして、その帰省したときに、
出会った彼への揺れた気持ちを、書いた日記を、
偶然にも、彼に見られてしまい、彼は、私を信じることが、
できなくなってしまった。と言って、別れたいという意思を、
私に言ってきました。
その日記を、読んで、彼の私への気持ちは、なんだか、
一気に冷めてしまったようです。
私は、失ってみて、彼の私の中での大きさに改めて気付きました。
最後に、一度だけ、抱いてほしいと頼んで、抱いてもらいました。
彼も、私が、帰省してて、誰ともしてなかったので、久しぶりのSEX
だったはずです。しかし、「なんだか、好きな人では、ないと
できないよ」と言って、途中でやめてしまったのです。
私は、本当にせつない気持ちになりました。私は、心のどこかでは、いつも
彼に疑念を、持っていたのに彼は、いつのまにか、本当に
信じれる私だけを、見てくれてる人になっていたのです。
それを、自らの過ちで、壊してしまった私。。。
後悔しても、後悔しても、しきれません。
もう、どれだけ泣いたかわからないけど、まだ、思い出すと、
涙が、出て止まりません。

すいません。。。こんな話を、最後まで書いてしまって。
長くなってしまいました。。(汗)


806 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/28(土) 02:56

昔勤めていた会社ですごい仲の良い同僚の男の子がいた。
当時、私も彼も23で既婚同志。
私の家は夫婦仲うまくいってたけど、(子供はナシ)
彼の家は奥さんとあんまりうまくいってなかった。(できちゃった婚だった)
ある日、仕事や彼の家の愚痴なんかを聞きながら仕事帰りに飲んでいたら、
彼が「会社に忘れ物したから、取りに戻る。」って言い出した。
終電まではまだ時間あったし、まだもうちょっと飲みたいなぁ~と
思ってたので、彼に付き合って会社まで一緒に戻った。
忘れ物を持って、外に出ようと電気を消した時、誰もいないオフィスで、
彼が急に抱きついてきた。
私が「どうしたの?」って聞いたら
「俺、もっと早くお前に会ってたら、お前と結婚したかったなぁ」と彼は呟いた。
私は旦那と別れる気もなかったし、彼に特別な恋愛感情を持ってた
わけでもなかったけど、その時は妙に彼を愛おしく感じた。
だから、慰める気持ちで、彼とはそこで一回だけSEXした。
してる最中も、終わった後も、彼が愛しかった。かわいくて、しょうがなかった。
でも、今現在お互いに離婚もしてないし、時々メールでおしゃべりくらいはする。
もう、彼とSEXすることはないと思うけど、
何故か忘れられないSEXだなぁ...。

長くてごめんなさい。


825 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/29(日) 02:01

才色兼備で社会人の彼女とつきあっていた。
彼女は常に自分自身を高めようと、普段から色んな勉強をしていた。
俺はそんな前向きに頑張る彼女が大好きだった。

つきあいだして3年が過ぎたある日のデートの帰りに彼女が
「実は海外支社で魅力的なポジションが空いていて、社内で募集して
いるの。選考は世界規模で行われるので、かなり難関だと思うけど
頑張って応募してみようかと思う。」と言った。今から考えると彼女は
その時不安で俺に引き止めて欲しかったのかもしれないが、俺は彼女の
海外志向を知っていたし、何よりひたむきに努力する彼女を応援した
かったので「おう、しっかり頑張れよ。」と言ってしまった。

数ヵ月後、またもやデート帰りの車内で彼女から「実は社内選考で
選ばれて2ヵ月後に海外駐在することになったの」と告げられた。
俺はちょっと驚いたが深く考えずに「おめでとう、努力が実を結んだね!しっかり
頑張ってくるんだよ。」と彼女を祝ってあげた。彼女とはしばらく
会えなくなるけど今後二度と会えない訳でもないと思っていたし、
まず彼女の飛躍を喜びたかったので特に悲しまなかった。

彼女の出発の前日、最後のデートをしていた。
夜、俺の車で彼女を家まで送る道中に「あぁ、もう会えなくなるんだな」
としみじみ想っていると、突然彼女との今までの楽しかった数々の
思い出が走馬灯の様に頭をよぎり、猛烈に寂しくなって堰を切った様に
涙が出てきて止まらなくなった。フロントガラスが曇って見えなくなって
きたので車を路肩に停めた。この時点になってやっと俺はこんなにも
彼女が好きなのだと理解したのだ。彼女は何が起こったのか分からず、
「どうしたの?」と尋ねたが、俺の涙のわけを知るや否や彼女も
泣き出し、「あなたが泣くから私も泣いちゃったでしょ」と言い、
うつむいて小さく照れ笑いをしていた。

俺はそんな彼女をとても愛おしく思い、彼女を家に送らずにホテルで
激しく求め合った。もう会えないのかと思うと寂しくて
たまらなくなり、号泣しながら何度も何度もお互いに愛し合った。

翌朝、空港の出国ゲートへ向かう彼女は晴れ晴れとした表情だった。
俺は泣きたい位、寂しい気持ちでいっぱいだったが俺が悲しむと
彼女も悲しむので俺はつとめて明るく彼女を見送った。

彼女は今、新天地で精一杯頑張っている。
彼女の活躍をメールで読むたびに俺も頑張らなければと思い、
俺もひたむきに頑張っている。

今度彼女が帰国したら会えるのか分からないけど、海外駐在で
自分を高めている彼女に遜色ないくらいに俺も男を磨いて
彼女を待っている。


899 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/31(火) 20:47

セフレの男が、長年付き合ってた彼女と結婚することになり、その前に
「最後に逢おう」と言って、彼女の留守中に、二人の住む家に泊まった。
その夜は、今でも忘れられない。

彼とは高校時代からの友達で、ずっと仲よかったけど関係を持ちはじめたのは
1年くらい前からだった。冗談ではよく「一度くらいやろうよ」と言ってたけど
私は彼が友達としてではなく好きだったから、いつもはぐらかしていた。

卒業して3年たってから逢った。もう彼は今の彼女と同棲してて、やがては
結婚するだろうという感じだった。彼は私としたかった、と言い、私もホントは
したかったんだってその時はじめて言った。
その夜、私の部屋でセックスした。今まで聞いたことないような彼の声が
何とも言えず優しかった。
「お前って、エッチの時はこんな可愛いのな」と言う言葉がはずかしくて
でも、とてもうれしくて、切なかった。

そんな関係ももう終わるのか、と思うととてもつらかった。
しかも彼の都合で外出できないため、わざわざ二人の家に行くのが嫌だった。

二人の写真や、彼女の書いたメモ、化粧品。
自分のしらない空間。

何よりも二人がいつも一緒に寝てるところでするというのが一番嫌だった。

でも、そんな気持ちとは逆でその日のセックスは本当に、自分でも恥ずかしい
くらいに感じてしまった。抱き合いながら「ホントはアンタがずっと好きだった」
と言うと、「うん、分かってたけどね」と言って笑っていた。
性格悪いなぁ、この男、と思ったら「オレもお前が好きだったんだよ」なんて
言った。嘘だったと思うけど、純粋に、私を喜ばせようとしてるのかな、と思えて
嬉しかった。

それから1ヶ月後、彼は結婚した。あっという間に子供も出来た。

もう、あんなふうに切ない気持ちのセックスはできないだろうなぁ...。
遊ばれていると分かっていても、とても好きだった。

長文ごめん。




ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯33923
完全におっさんの妄想やん…
♯33924
死にたくなった・・・
♯33925
うんしつこい
♯33926
……。
♯33927
どうしてだれも2000年ってとこに突っ込まない
♯33928
11年前とかどこでこんなの見つけてきたの
♯33930
胸が痛くなってきた。 ちゃんとしなきゃ彼女に振られるな 頑張ろう
♯33931
みんな爆発しろ
♯33933
11年前のスレか
みんな今ごろ何してんのかね
相変わらず2chやってるんだろうな
♯33938
去年の4月頃、となりにある家族が越してきて、母と娘一人が朝早く挨拶にしにきた。
眠かったからはいはいどうもとあいづちだけしてさっさと寝ようと思ったら
その娘が意外に可愛く、眠気が少しすっとんだんだ。
どうやら10才で明日から近所の小学校に通うらしい。
その日はヘンなおせんべい貰って帰ってもらったけど、あの子のことを思い出すとボッキが止まらなかった。

次の日、夜遅くまでゲームやってて午後まで寝てたんだけど、突然ピンポーンと音が鳴る
誰だろと思って開けてみたら、昨日来た母の娘が一人で立っている。
え?と戸惑いながらも、どうしたの?と聞くと、どうやら鍵を無くしてしまったらしい。
よわったな・・・とりあえずあがる?と聞いて娘をあがらせる。
すると突然娘が俺を押し倒し、泣きついてきた。戸惑俺だったがここは男らしさをみせ
寂しかったのかい?とキザ台詞を吐くと、父がいなくてずっとさびしい想いをしていたらしく
彼女は感極まって
「わたしをモミクチャにしてー!」
♯33939
今の20代は相手に対しての心からの期待が低いらしいから、ここまで濃厚になること自体がかなり希少じゃないか
♯33940
もげろ
♯33943
>>69
>昔の彼女なんだから送ってあげなよー、って皆に言われて帰りに

これだけは解せない、本当に解せない
婚約者の気持ち全く考えてない
♯33946
いつのスレだよ
♯33950
まとめ記事と投稿コメの温度差。ワロタ
♯33964
なんかいいスレだった
♯33987
もげろ
♯34050
何か…えろい体験をしてるってこと、心から好きだと思える人に出会えたこと、二重の意味で良いなあ…
♯34727
別れた人がほとんどなのね。
寂しいなあ。今でも愛し合ってる、ってのが読みたかった。
♯36519
高2から付き合い始めたカレ。お互いまだ経験なしだった。私の一目ぼれから始まったがなんだかんだ付き合いも長く続いた。もちろんその中でHを試みるも、痛さが半端なく彼が気遣ってくれてなかなか最後までいけなかった。そうこうしているうちにお互い大学進学で離ればなれに。結局あまり会えないしHも最後まで行くことなく、彼から別れを告げられた。私は彼のことが忘れられなかった。実際今でも忘れられないけど(笑)。彼には別れてから1か月後すでに新しい彼女ができていた。しばらくたってまたたまに連絡をとるようになった。ごはんにも何回か行ったかな。学生の間はお互いにとってちょっと特別な友達という感じだった。そして彼も地元で就職し、ご飯に行く機会も増えた。その時もまだ彼女いたけどね。でも2人でごはん行くのを楽しみに仕事頑張ろうって思うほど2人の時間は幸せだった。あるとき車の中でしゃべっているとだんだんいい感じに。彼は今カノと私との葛藤に苦しんでいたが、しばらくして彼からキスしてきた。久しぶりのドキドキ感。なにかを思い出したように何回も何回も甘いキス。お互いに強く抱きしめあった。そこからは止まらないよね。その時初めて最後までいけた。高校時代から数年、実際浮気にはなるけど私は好きだったから泣いちゃうほど嬉しかった。そのあとも彼がぎゅっとしてくれて。一度だけラブホにも連れてかれた。いままでにないくらい超絶甘い時間で、初めて気持ちいいって思えたHだった。自分でもびっくりするほど喘いだ気がする。まあ、私の思いもむなしくセフレで終わってしまったが。
♯46083
これちょっと興奮するんだけど全部嘘なんだろうな
♯46084
いつのだよ
♯46085
最初の2つだけ見てキモすぎてギブアップ。官能小説とか書く奴も読む奴も理解できなかったけど、こーゆー人達なんだなぁ…と、思いました、29歳の共働き主婦。
♯46086
クソどもが
♯46087
長い
♯46088
なんでこんなブクマされてんだよ
♯46090
彼女いるし、恋愛やセッ○スに飢えていてひがんでいるという感情は全くないのだが、
こんな大量の他人の馴れ初め記事とかうざいわww
♯46092
はぁ…全員死なねぇかな
♯46093
13年も前のスレかよスゲーな。
♯46094
久しぶりに見たな、これ
どこのまとめサイトでも使いまわしやってるんだな
♯46095
これ全部おっさんだろ
♯46097
ダラダラと長文だこと…
♯46098
なんか切なくなりました

コメントとの温度差にも切なくなりました
♯46100
古いな
♯46102
アイドル級の美人と知り合いになって、付き合ってるわけじゃないんだけど、たまにデートできる仲になった
10歳以上年下だし、会えばいつもおごり、その日も俺の誕生日だというのに俺のおごりという有様
でも当日は横浜のインターコンチ予約してて、誘ってダメなら一人でふて寝するつもりだった
夕方「実はインターコンチ予約してるんだ」って言ったら「え、ほんと、泊まりたい!」って、なんのためらいもなく言った
まあその夜のエロかったこと
当然のように生でやらせてくれて、イってしばらくしたらすぐにフェラして立たせてくれる
俺も興奮してたこともあって朝までに中で8回、口でも1回イった
やれたのはあとにも先にもそのひと晩だけだったけど、かわいい妻子がいる今でもあの夜を思い出してヌいてるくらい
♯46104
思いのほか良スレ
♯46122
オッサン臭炸裂しすぎわろたwww
♯46345
44の彼氏「ああやりてー、久しぶりにあいつでだすか」
♯46464
♯46090
同じくww
♯46740
良えHと悪いHが有るんやな。
悪いHをされた方は、
次のHが幸せなHに成る事を
願っています。
♯52040
既婚同士好きで、抱き合いはしたが、確かに家庭を壊す気にはならなかった。
でも、彼女の臭い、舌の絡め具合、膣の締め付け方、
カリの舐め方、逝く時の声は、どれもこれも魅力があった。
愚か者だよ。
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク