【歴史】日本史のトリビアが知りたい!できればあんまり有名じゃないの てんこもり。


powered by てんこもり。

【歴史】日本史のトリビアが知りたい!できればあんまり有名じゃないの

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

木戸孝允は毛利元就の子孫

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
山本八重は山本勘助の子孫






6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

前田慶次の本名は
前田慶次郎利益


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

今の日本人 「仏より神のが偉いんじゃね?」
鎌倉時代 「神より仏だわ」

渡会家行が伊勢神道を説いてから神>仏と日本人は思うようになった


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

吉田松陰の一人称は僕


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>10
花魁の一人称はアチキ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

東郷平八郎は若い頃イケメン


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

生類憐れみの礼には
捨て子や中絶が減った正の側面もある


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

伊達正宗は高野豆腐を研究開発した

あと日本史とずれるかもだけどSWのダースベイダーの黒い鎧?は正宗の甲冑がモデル


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

法隆寺夢殿救世観音像の後光は後頭部に釘で打ち付けられていて聖徳太子の呪いがかかってるとか


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

まぁ諸説あるけど
日本は1905年から2006年までモンテネグロと戦争していた


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>19
日露戦争で交戦したことになってたんだっけ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>23
そう
なぜかポーツマス条約に居合わせなかったからなし崩しで戦争続行
2006年で正式な終戦が執り行われるまで百年近く戦争してることになったという珍事


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

四条天皇
イタズラしようと滑る石を道にばらまいたら自分が滑って怪我して死亡。


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

伊勢神宮が伊勢市にあるのは当時一番日の出が早い場所(かつ神社を建てられる場所)が
伊勢市だと考えられていたので、太陽神である天照大神を奉るのに良いとされた

そして草薙の剣が収められている熱田神宮が
当時の戦線の最東端でそこより東は「何かよく知らん未開の地」扱いだった


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

藤原広嗣は超絶イケメンリア充だったが性格はうんこだった


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

天草の乱では内通者1人以外3万7千人皆殺し
手柄を立てるために生首を半分にかち割ったりしてた。


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>27
島原の乱の時の幕府ってかなり残虐だよな。あそこまで殲滅する必要あったんだろうか


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>28
かなりてこずったからなあ。見せしめ的な意味があったのかも。
めちゃくちゃ厳しい年貢の取り立てしててそれが乱の原因だったらしいけど、その取り立てを指示してた藩の偉い人は江戸時代で唯一斬首に処せられた武士らしい。


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

有名な話だとは思うけど名君として有名な上杉鷹山は忠臣蔵の吉良上野介の曾孫にあたる


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>29
上杉家は吉良家から養子とってるんだっけ
でも一応鷹山にはほんの少し景勝の血も入ってるはず


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

高野山では今なお空海は禅定し続けているとされている


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

応仁の乱で戦った細川(京兆家)と山名
その子孫は大坂の陣で同じ豊臣軍として一緒に戦った


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

土方歳三の歳三は「としぞう」なのか「さいぞう」なのか実は分かっていない。

司馬が勝手に「トシ」って言いだして定着しちゃった。


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>36
佐久間象山も「しょうざん」なのか「ぞうざん」なのか謎だよな
あと浅井も。あざいなのかあさいなのか


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

大久保利通の父親の落とし種の子孫がトイレの神様


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

板垣退助の最後の言葉は板垣死すともではなく
痛い医者を呼んでくれ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>40
最期じゃねえ
ちなみに後日板垣は襲撃した犯人を許した


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>41
ちっ

犬養の最後は話せばわかる話せばわかる


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

安重根に殺された伊藤博文最期の言葉は
相手が朝鮮人だと知って
「俺を撃つとはバカなやつめ」

朝鮮併合に反対だったんだよな


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>43
安重根はインテリ崩れの明治天皇信者だった


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

子孫祖先に関しては江戸期に相当捏造が発覚したからなあ
また婚姻や容姿縁組でグチャグチャだし
その流れでいうと創価学会のかつての大物の北条某は家柄は北条早雲家で血統は伊達政宗系


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>46
その点、島津家は凄いよな。他家から養子とってないから、今の島津家当主はれっきとした鎌倉時代以来の島津家の子孫だし


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>62
黒田や蜂須賀に謝りなさい
ちなみにその島津の息子はわざわざ八戸南部まで養子にいったよな
実際は在江戸の息子だからずっと江戸にいたんだろうけど


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

木戸孝允
新撰組に捕まりそうになったときウンコをするふりをしながら無事逃げ切った


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

聖徳太子は実在しなかった説ってどのくらい有力なんだろう


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>51
一般に言われてるような人物像ではないにしても
実在はしただろう
功績が数人の物を一人として扱ってるだけで


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>53
実在しなかった前提の泰がドラマやったら面白そうだなぁ
当時の人がどんな風に「聖徳太子」の人物像を作っていったか、とか


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>57
あのあたりの歴史は日本書紀とかで書かれてる物だから
勝者の歴史の典型
蘇我氏の時代を悪とするためにその前の時代を神聖化されたんだろう
藤原不比等とかが関わってるそうだが


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

信長の鉄砲三段打ちも桶狭間の奇襲も創作


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>56
明智光秀「敵は本能寺にあり!」←これも創作らしい


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>63
実際は実行寸前まで兵士には黙秘してたらしいね
まぁ正直に行ったら大半は逃げるから当然の措置だけど


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

一向一揆で有名な浄土真宗は、実は教団が率先したわけではなく門徒衆の政府への不満で勃発した
あまりの勢力の為に教団では静められなかったのが事実で、実際に門徒衆には豪族や権力者がいて、でかくなりすぎた教団は小回りがきかず抑止できなくなくっていただけ

天皇家と大谷家は血縁であり、いまだに国から政治利用される立場でもある


開祖である親鸞は親鸞以前の仏教教団が政治と繋がっているのを知っていたのと、組織は腐敗すると解っていたので教団は組織していない
浄土真宗は親鸞没後に組織化されたのが事実


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

武田信玄は死ぬ間際に息子たちにいざとなったら上杉謙信を頼れといった。


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

井上馨は幕末期に刺客に襲撃され全身膾切りにされ重傷を負い50針以上縫う手術により命を取り留めているが
五寸釘ほどもある針で縫わなければならないほどの有様だったとか


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

文永の役の時に神風が吹いて日本が有利になった、というのはガセ
神風は元の撤退中に起こった


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>71
元の一番の敗因は馬上戦闘が得意だったのに馬を連れてきていなかったことなんだと聞いた


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

井上馨の聞多時代
英国公使館焼き討ち際、火を直接つけた井上は炎が燃え上がるのをきちんと確認してから逃げた
共にいた伊藤博文はつけると直ぐに逃げた


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

本能寺襲った兵士が残した話の中で「家康が本能寺にいるからそれを討て」と命令されてたってのがあるとか
信長を討てという命令を発せず末端の部下を騙してた可能性もある


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

一番最近まで生きていた幕末の志士は田中光顕
元土佐藩士で、1939年に96歳で死去
龍馬や高杉晋作にも会ってる


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>76
明治維新の71年後まで生きてたって凄いよな


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

藤原家関係で何かない?


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>85
伊勢神宮のトップは藤原家の子孫


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>90
二条か九条か
どこの子孫なのか気になるから調べてみるわ

>>91
道長なら普通に良いそうなんだがwww


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

縄文時代の人口は大体9:1で東日本のほうが圧倒的に多い


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>87
三内丸山遺跡とか凄いもんな
青森があんなに発展してたなんて
奥州藤原氏の時代は岩手が発展してたし


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>92
田舎と都会の差が著しくなったのはここ100年ぐらいの間
東北だったら特に東京に人口を吸い取られて衰退しているんだろう


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

元寇の文永の役で元軍を追い返したあとに「報復に今度はこっちから攻め込んでやろうぜ」と朝鮮半島に攻め込む計画が立てられ準備を進めていたが
防塁も完成してないのに出兵なんてできないでしょという感じで計画倒れになり取りやめになった


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸生まれ最後の首相は鈴木貫太郎

帝国議会で倒閣だなんたらで大荒れしてた時に煙草すって新聞読んでた。
ルーズベルトが死んだ際に敵ながら天晴れ的なニュアンスのメッセージ発信して、無茶苦茶に罵ったヒトラーと対比された。
戦争が集結したあとにもう軍人が政治に関わってはいけないといった。

東京大学出身初の首相は鳩山由紀夫(それ以前は東京帝国大学)


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>103
鈴木貫太郎って何気に日露戦争でも活躍してるんだよな。秋山真之と同い年だし
そんな老人が終戦工作を成功させた総理ってのが日本史の面白いところだわ


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

喜連川藩という、なんか幕府から特別扱いを受けた藩があった


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>105
あれだろ?新田義貞の子孫だから、南朝の功臣ってことだろ?


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>112
足利の子孫だったはずだ

と思ってggってきたらそうだったんだけど
未だに存続してるんだなこの家
どんな特権階級よ


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

「東海林」と書いて「しょうじ」さんと読む苗字は
昔「東海林」さんが荘司の役職に就いて役職の読みがそのまま姓の読み方に定着してしまったから


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

西郷隆盛の愛人のあだ名は「豚姫」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

信長は総大将でありながら前線で戦ってた


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

戦国時代に馬に乗って闘うという慣習は無い


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>120
これは間違い
イエズス会士日本通信とか当時の宣教師の記録にいくらでも馬上戦闘がでてくる


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

秀吉は晩年信長の幻影を見て失禁したらしい


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

県庁所在地が県名と一致してないのは官軍じゃなかったから
ってのは本当?


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>128
司馬遼太郎が本に書いてたな


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

法隆寺には建設当時に書かれたちんちんの落書きがある


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

法隆寺の落書きで思い出した

修学旅行生の落書きが問題になったが、
遥か昔から巡礼者はお堂などに月日・出身・名前などの落書きをしていた
お札を釘で打ち付けたりもしていた
今となってはそれも貴重な史料


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

落書きと言えば、アンコールワットに武士が書いた落書きがあるらしい


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

郡山八幡神社から発見された木片に書かれた
「凄いケチな施主で焼酎一つおごってくれねえ、すげえがっかりした」
という文章

これが日本で最も古い焼酎が存在したことを示す資料


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>138
どこですかそれ?鹿児島県大口市?


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>150
サンクス。今は伊佐市なのね。


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

空海「大学つまんね」

空海「やーめた」

空海「ちょっと自分探しの旅に出てくる」

悪意ある今風の言い方をすればこんな感じ


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

連合国勝利の立役者でインパール作戦(ジンギスカン作戦)大失敗でよく知られる牟田口廉也
彼が戦後開いたお店の名前は「ジンギスカンハウス」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>142
煽りすぎだろwwww


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

小説家の森鴎外は
日露戦争で何万人って被害者を出した張本人


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

靖国ができた理由の一つに、駿河に帰れなくなった赤心隊に参加した浅間神社の神官の
受け皿というのがある。


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>149
靖国神社には坂本龍馬や吉田松蔭たちが奉られてるってマジなの?


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>157
マジだよ
西郷さんは祀られてない


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

硫黄島の戦いで戦死したロス5輪金メダリストバロン西(馬術‐現在まで日本の馬術競技唯一のメダル)
は有名だが同時にロス五輪水泳100m自由形銀メダリストの選手も戦死している


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

日本の指名手配写真制度を確立した江藤新平だが
自分がその第1号になり後に検挙され首チョンパされた


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>153
夜中に江藤のWiki見てたら晒し首出てきてトラウマになったわ


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

ワシントンDCの桜を工事のため切り落とす計画があったが
地元民はこの日本から贈られてきた桜の樹をこよなく愛し
自分の体を幹にしばりつけるなどして抗議したため、工事は中止になった

ということが、太平洋戦争真っ最中に起こった


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

山川の日本史用語集に載ってる中で一番長い語は
「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>159
吉野作造の論文名だっけ


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>163 うん
桜田門外の変(1860年3月24日)は季節外れの大雪のおかげで成功した


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

北海道のアイヌは義経を神として信仰していた


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

斎藤道三は一代で国盗りをしたのではなく親子二代でやった
みたいな話を聞いたことあるようなないような


162: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06

油売りをやってたのは斉藤道三の父親らしいな
国を盗ったのも父親とか


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

風船爆弾は実戦で使用された兵器として史上最長の距離を記録した兵器であり史上唯一大陸間攻撃を成功させた兵器でもある


172: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06

>>171
わが母校が日本有数の風船爆弾の生産地だった


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>172
M大学かー
生田にある資料館見てみ おもろいぞ


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

風船おじさんは兵器ではない


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

伊藤博文は志士時代、勝手な思い込みで人を殺したことがある
暗殺されたのは、『 群書類従 』で有名な塙保己一の子の塙次郎


177: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15)

立花道雪、宗茂の家臣小野鎮幸の子孫はオノ・ヨーコ
蒲池鑑盛の子孫は松田聖子


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

大日本帝国陸軍謹製のコンドームの名前は突撃一番
突撃した挙句包囲殲滅で縁起が悪いような気がするのだが…


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

加山雄三は岩倉具視の子孫

これ知った時なぜか爆笑してしまった


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>182
加山雄三のお母さんの小桜葉子の旧姓が岩倉なんだよな


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

日本の家系で天皇家は最長だと思われるが
出雲国造(千家・北島)も同じくらい古い


185: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06

森蘭丸の他、森可成の子2名が本能寺で死んだ


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代に農民の子供を無礼討ちにした結果その父親に復讐で射殺された大名がいた


194: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06

>>192
誰?


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>194
松平斉宣。ソースは記録が曖昧なんだけど現場になった尾張徳川家と何らかのゴタゴタはあったらしい


216: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06

>>205
ほんとだ
映画の十三人の刺客の元ネタだったんだな


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

牛肉は文明開化以前から密かに流通していた


206: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15)

>>195
すき焼きの語源は、死んだ牛を山の中でひっそり解体して
農具のスキで焼いて食ってたから
よく食肉やってたのは被差別部落の水飲み百姓だけとか言うけど
普通の農民もこっそり食ってた


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

生麦事件は言葉の分からない外国人が大名行列を横切ろうとして無礼な奴めと斬り殺された事件だと描かれることが多いが
実際は馬に乗ったまま行列の中に逆走状態で突っ込み大名駕籠のすぐ近くまで行ったところで「あれこれひょっとしてヤバくね?」と気が付き引き返そうとしたところで
ついに藩士たちが抜刀し斬りかかり1人が逃げ遅れ斬り殺された事件である


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>203
ってことはけっこうギリギリまで見逃してくれてたんだな


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

家康のおじいちゃんのおじいちゃんは家康が2歳の時まで生きてた


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>204
松平長親だな。松平家は子供できるの早すぎだわ


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

戦前、広島と岡山は大学誘致をめぐって陳情団が国会前で乱闘、流血沙汰を起こした。
折衷案として広島に文理大、岡山に医大を作って喧嘩を落ち着かせた。

そのあと、帝国大学の誘致でも大喧嘩。
「中国帝国大学」をどっちかに作る話になったけど
終戦で全部うやむやになった。


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

肉じゃがって東郷さんが料理人にシチュー作ってくれって頼まれて出来た失敗作だっけ


219: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15)

>>211
さよう
イギリス留学中に食べたビーフシチューの味が忘れられなくて
もう一度食べたくて調理師に作るように指示した
調理師「えっとびぃふしちゅうって何ですか?」

平八郎「お前知らねーの?牛肉をじゃがいもとか人参とかと一緒に煮込んだやつだよ」

調理師「はぁ・・・分かりました(ザックリした説明だなぁ)」

調理師「(でも味付けどうすんだろ・・・えぇい分かるか!だし汁とかみりん使っとけ)」

調理師「はい、できました」

平八郎「いやお前、これビーフシチューじゃねーし!・・・でもまぁこれも美味いな」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

昔の日本の在来種の馬はポニーくらいだったが時代考証に厳しい映画でもあえて無視されている事実


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>212
ポニーの定義がたしか肩までの高さが150センチ以下くらいの馬と規定されてる大雑把なもの
在来種馬は戦国時代ころには体高が四尺以上、つまり120センチ以上が基準で140センチあれば巨馬と見なされた
サラブレッドが160から170センチくらいだから小柄と言ったら小柄だが今でも高級軍馬種は130~140センチくらいの体高でまあ軍馬はちっちゃいもんよ

そして未だに時代劇でサラブレッドが使われ在来種が使われないのは見栄えの良さや飼育数の少なさもあるが
昔から時代劇の撮影に協力してくれたとある団体との協力関係がゴニョゴニョという噂も、ね


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

ルソーよりも先に社会主義を説いた日本人がいる
名前は忘れたけど確か本業は医者で死後に家族が見つけた日記だかに書いてあったらしい


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>218
東北のポルポトこと安藤昌益先生のことですねわかります


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>221
そうそれ!鎖国解禁後にどっかの国の人が見てオーマイガーってなったらしいね


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

日露戦争あたりの軍人って何であんなにダンディーなんだろう…


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>220
日露戦争の時代は魅力的な人物多くて困るわ
俺は児玉源太郎とか秋山真之が好き
軍人以外も、漱石とか鴎外とか偉人多すぎる


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>227
は、鴎外クズやん


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

小豆島の寒霞渓は明治時代の儒学者がカッコつけてめいめいしたが
地元民は餡掛けのイントネーションで言うのでかっこ悪い
愛媛は可愛い女の子という意味だが案外萌えない


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

第11代将軍徳川家斉は子づくり性治に励み水戸徳川家を除く
御三家・御三卿に家斉の弟や甥、もしくは実子を養子入りさせ一橋家による徳川掌握を図った

だが彼の死後一橋家の血は途絶え水戸徳川家から養子を迎えることになった
それがのちの15代将軍徳川慶喜である


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>226
斉昭も子沢山だったよな
会津の松平容保の養子も斉昭の子だし


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>231
つくりもつくったり53人


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

鎌倉時代の珍事件

とある武士が領地に帰っている間にその舅が武士の妻(=娘)を襲おうとした
しかし丁度その時武士は帰宅し、現場を見られた舅は自害した
武士は妻の親不幸(=父の願いを受け入れなかった)が原因だとして離縁(!?)し、出家して舅を弔った

『吾妻鏡』建長二年廿四日条


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代の蕎麦はゆでない。蒸してた


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>242
さらには現代のように麺の形をしておらず、中華料理の刀削麺のような見た目だったらしいね

徳川慶喜が居なかったら現代に存在しなかった企業を調べるとすごい事になるらしい


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

長宗我部氏は明治時代になって再興している
元親の弟の子孫らしい


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>245
長曽我部の祖先は中国の皇帝だったとか聞いたことあるわ


279: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15)

>>270
秦氏の系列ってだけじゃないかな
秦氏ってのがよく分からん連中だから、まぁ色々言われるよね


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸城後(=皇居)からは人柱らしき人骨が大量に見つかった


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>249
普通に墓地だろ


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

前の方にも出てるけど、森蘭丸の兄貴(森長可)は色々ヤバい。
基本的に人質は取ったら最大限に活用したあと、後腐れないようにぶっ殺して始末。
川中島(長野)を拝領した時は反対勢力をこの手で脅して殺して恨みを買った。

森蘭丸の弟、森忠政もすごい。
長可が戦死してから川中島を拝領したけど、
「兄貴の敵!」とばかりに大虐殺、「はりつけ大名」の異名をとる。
美作(岡山)に移封されるとき、「ヤツが来る!」ってだけで一揆が起きかけた。


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

森兄弟ヤバすぎワロタwwwwwwwwwwww


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

森鴎外は医者としてクズ
脚気の細菌説を奴は唱えていてそれを北里柴三郎が否定したら顔真っ赤にしてキレる
必死に北里のことをディスって派閥を使って北里を無職においこむ、結局北里があってた


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>272
医者としてっつううか個人としてアレというか・・・
議論になると、正誤の問題より、
「相手を打ち負かせるかどうか」に熱くなり、
しょっちゅう人格攻撃をしたり、作品で相手を貶めたり。

文学者としてはサロンを開いたり、後進を育てたり
結構やってたんだが・・・


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>282
なんだ俺たちと変わんないじゃん


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代の吉原に、
言い寄る男をことごとく追い返して
処女のまま死んだ遊女がいたらしい。


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>274
処女厨が聞いたら奇声あげて喜びそうな話だが
実際問題、客とらなかったら死ぬやろ


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>286
吉原の高級遊女ははある程度仲良くなるだけでもお金をもらえるから。

というか「あの子のはじめては俺がもらう!」ってノリでみんな金突っ込んで
身体を売らなくても稼げたらしい。


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

倶梨伽羅峠の戦いで有名な旭将軍・源義仲
彼の父・義賢は一度失脚するも当時の権力者・藤原頼長のホモ相手を務めることで復活した
義賢は恐らく日本で最初にタチであることを記録された人物である
不本意ながらネコを務めた頼長の感想は「最初はむかついたけど中々悪くなかった」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>278
わろた
大河悪左府は衝撃的だったが更なる上を行くホモエピソードがあるのかよ


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

百姓の妻を強姦しようとしたところを夫の百姓に目撃され殴りかかられ
抜刀し腕を切り落とし領内に連れて行き口封じをしようとしたが発覚
他家の足軽からも「ようレイパー」「ねえ百姓の味ってどんなんだった?」などとコケにされ左遷、隠居するハメになった大名がいた


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>283
誰?


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>288
譜代大名井上正甫


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>297
一つ愉快な知恵が増えました。ありがとう。


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

明治時代の神仏分離政策によって廃仏毀釈運動が起き仏教界(寺)は大ダメージを被ったが、
神道も神道で政府の意図する形に合わせられたため、神社もけっこうなダメージをくった


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

浅野内匠頭と吉良上野介の刃傷騒動は喧嘩両成敗なんて決まりはなく単に切りつけた方だけが処分されるのが普通
朝廷の接待役だった浅野内匠頭が使者がやってきた当日だったかに事件を起こしたため綱吉激怒で即切腹にされただけという


323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>312
関係ないけど、浅野内匠頭の有名な辞世の句は後世の創作らしいな
なんか悲しいわ


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

薩摩には牛屎(うしくそ)氏という強烈な名前の武家がかつて存在していた


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代、仇討ちは正当な権利として認められていたことは知られているが、
本当にやろうと思うと手続きとかがくそめんどくさかった


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>326
お家再興をかけた仇討ちの場合、本懐を遂げるまで地元に帰れなかった
って聞いたけどほんとなんだろかー

法で仇討ち禁止になったのは明治になってからというのもすごいな


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

戦国時代の農民はかなり強かった
本来の支配者の治安維持能力が失われてるから当然っちゃ当然なんだけど、農民は武装して自衛手段を有してた
なので税の取り立てに来た武士を脅したり、実力で追い返したり、村同士で水利権を巡って小競り合いを起こすこともしばしば
おまけにピリピリしてるもんだから盗人なんて自分たちで捕まえたら即処刑
これには支配者のほうが「ないわーあいつらマジ怖いわ頭おかしいんじゃない」と愚痴をこぼす程だった


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>332
そもそもその頃って農民=武士だし
武士と農民が分離されたのは刀狩以降、というか刀狩が両者の分離を目的としていた


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>336
織田家の兵農分離と土佐の一領具足とかはよく聞くけど、
実際全国的に見ると農民の戦闘力ってどれくらいのもんだったんだろ?
最低限の自衛能力持ってるように見えて、でもあっさり乱捕りでめためたにされちゃったりしててよく分かんねえ・・・


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代は農民だろうが武士だろうが読み書きが出来た
世界的に見てもこんなの日本だけ


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

長篠の戦い最終決戦において、織田・徳川連合軍は、柵や堀を駆使した現代でいう所の野戦築城と呼ばれる非常に頑強な陣地を築いており、対する武田軍はそこに寡兵で正面から突っ込んでいる


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

島崎藤村は教え子に手を出して女学校の教師を辞めた。


368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>357
まじかよ


369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>357
今だったら変態教師だな


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

織田信長に徹底的に殺し尽くされて「この皆殺しの風景を見せてやりたいね♪」とまで言われた
朝倉市の一乗谷は今「何も残ってないから逆に想像力が掻き立てられるでしょ」と逆切れの観光アピールをしている


367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>358
逆切れというか、まさにその通りの場所だよ。


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>367
うん、車で30分ぐらいだから知ってる
夏は蛍が見られていいね


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

大日本帝国憲法は一度盗まれた


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

戦国時代、世界の銃の半分を日本が持ってた

同時代だけど、○○軍何十万っていうじゃん?
あれ結構すごいことなんだよ
西洋で同じ時代、「千人集まれば超大軍」って言われてたのに
日本は余裕で云十万単位の兵を集めて戦争させてたって


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>364
そのさらに数百年前に15万の大軍で日本海を渡ってきた元の恐ろしさ
しかも撤退時に10万人置き去りにして、全部鎌倉武士の餌食になってるし


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>364
1万超える戦はあっても十万超える戦は最末期、北条攻めや関が原くらい
十万未満の戦なら世界史的にはざら


371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

草薙の剣は盗まれたことがある


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>371
動機が神様パワーで俺の国を強くしようと思ったで
犯人はチョンっていうね


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代のお祭りの時の露店に数学の問題解いて商品ゲットみたいなのがあった
小学生くらいのガキが普通に微積を解いてたくらいだから当時の教育はかなりのものだと思う


382: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15)

>>372
あぁ聞いたことあるわ
西洋数学とは違うやり方で、町民が微分積分やってたんだろ
当てたらなんかもらえる
テレビで見たわ


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

最終戦争論で有名な石原莞爾は猛烈な日蓮信者
最終戦争論の中で日蓮は最終戦争を予言していたとか言ってる


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>376
宮沢賢治もだな。田中智学に傾倒してたんだっけか


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代にタイで軍事顧問になって軍を率いて戦ってた人物がいる


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

島崎藤村は出身県が長野県から岐阜県に変わってしまっている(長野県山口村が越境合併をして岐阜県中津川市に編入された為)

近代の歴史上に残る人物でのこの例は多分この人しかいない


395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

蘭学者シーボルトの娘、楠本イネ。
娘が一人いるが、医学の先生にレ○プされて出来た子との説が有力。


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

記録に残ってる中で日本で最も早く野球の始球式を投げたのは大隈重信
投げた球は大きく逸れたが、大隈先生の球をボールにしたら失礼だと打者はあえて空振りした
始球式でわざと空振りする慣習はここから始まる


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

カレーに関するトリビア教えてくれ
東郷がイギリスから持ち帰ってきたらしいのは知ってる


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>404
明治時代のカレーにはカエルが入ってるものがあった


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>404
もともとはスープのようにゆるゆるだったけど、船の上で食うからってどろどろになったらしい


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>404
最古のカレーの具材には長ネギとカエルが載ってた


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

ジョン万次郎という名前は井伏鱒二の作品でそう呼ばれてそれが有名になったから

本名は浜岡万次郎


430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>422
中浜万次郎じゃね?


424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

俺は坂上田村麻呂の子孫
割とマジ


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>424
俺は天忍日命とかいう一憲兵神さまの子孫


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>424
伊達政宗の妻も確か坂上田村麻呂の子孫だよな


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸初期に、スペインの貴族にメキシコで売られた日本人奴隷の記録が残ってる。


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

生類憐れみの礼のおかげで日本の犬食文化は途絶えた


433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>429
薩摩には残ったでごわす


435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>433
薩摩は、来るべき戦争に備えて人工的に方言を作ることで暗号通信を目論んでる戦闘民族だから……


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

サンドウィッチマンの伊達は伊達氏の子孫
(嫡流とは伊達政宗の3代前ぐらいで分岐)


440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

東京という言葉は江戸時代にはすでに使われている


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

もう消滅してしまった珍苗字

曾歩々々
正親町三条
上沼田下沼田沼田
平平
木曾木野小路
精力
古糞


447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

「おろしや国酔夢譚」で有名な大黒屋平太夫。
アリューリャンで彼を助けたロシア人たちは
船に載ってた財宝(加賀前田家の荷物)を見て
「この人達は日本の大富豪御一行に違いない!」と誤解して
全力下心で接待した。

平太夫自身それに勘付いて、それに乗って、
ロシアにいる間ハッタリをつき通した。


453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

土方歳三は現・松坂屋に勤めていた


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

有名だけど、吉田松陰を教育した人物と乃木希典を教育した人物は同じ


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

平賀源内はライターの原型ともいえるモノやダッチワイフの原型みたいなのを作っていた


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>466
触手のギミックとかついてたら面白いが


473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>467
当時から張形(ディルド)はあったからマジで作ってそうで怖い。


470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

新井白石は邪馬台国近畿説を唱えていたが後に九州説を支持した


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

明治の開国期、日本の春画を見てそのエロスとクオリティに驚嘆し、
「こりゃすげえ、ぜひ国に持って帰るべ」
と買いあさったけど、いざ国に持って帰ったら
「なんじゃこのけしからんものは!没収没収焼却焼却!」
と相成って涙にくれた英国紳士は数多い。


483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>482
一方のフランスであった


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

西郷従道に一度首相をやって見ては?と言ったが「朝敵の親戚ですから」と断った


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>484
「元首の敵の一族の者」なのに生きてる
西洋だったらまず一族もろとも皆殺しだったな


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>484
親戚もなにも弟だがな


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>486
弟ではなく親戚と言う所から従道の心の機微が読み取れる


488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

児島惟謙はよく司法の独立を守ったと言ってるが、自分の主張を下の裁判官に言わせた形なので厳密にいえば自分で裁判官の判断の独立を侵害している


491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>488
山田顕義とか西郷も裁判官に圧力かけてたし、それに対抗するにはああするしかなかったろ
しかも圧力の種類も違う
政府「法律なんてどうでもいいから死刑にしろ!」
児島「きちんと法律を運用しろ!」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>491
ああするしかないにしても種類が違うとしても歴史的な結果としてそういう側面も持っちゃってるんだからしょうがない

まあ、児島が悪いとは言わんけども


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

ハゲたら丁髷を結えないため引退しなければいけなかったが
カツラを使ってしのごうとしていた武士もいる


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代、「藩」「藩主」「藩士」「脱藩」という言葉は一般的には使われてなかった

ちなみに「幕府」という言葉を中央政庁の意味で使い始めたのは江戸中期以降
室町将軍も鎌倉将軍も自分らの組織が「幕府」だとは思ってなかった


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

西郷さんはキンタマが超でかかった
西南戦争で戦死者確認しようとしても西郷は部下に首を隠させてるからできなかった
で、超でかいキンタマを目印にして確認したとかなんとか

真偽は知らん


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>507
本当だよ。病気だけどね


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

大正時代に初めて日本にトマトが入ってきたが、
あまりにもクソまずかったので、味をごまかすために大量に砂糖をかけて食った


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

そもそもトマトって観賞用じゃなかった?


519: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15)

>>516
観賞用だったけど余りの貧困で飢え死にしそうな奴が食べたら問題なかったから食べられるようになった


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

信長の弟・織田長益は本能寺の変の時に信長の長男は切腹させ自分は逃げた腰抜け
あまりの腰抜けぶりに今日の子供達に「人ではないよ」と童謡でバカにされる
なんだかんだあって後に利休の高弟となり有楽斎如庵と改名し
関ヶ原以降は徳川より江戸にある屋敷を拝領した
その有楽斎の屋敷あとの周辺が今でいう東京・有楽町である


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

家康の六男、松平忠輝は92歳までいきた
彼が死んだ1683年の将軍は4代家綱


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

明治以前の一世一代時代前の○○天皇みたいな天皇の諡は死後につけられるけど
生前から自分で決めちゃってた天皇も少数だけどいる
後鳥羽天皇と後醍醐天皇で共に天皇とは思えない強烈なキャラの持ち主


528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>525
後醍醐天皇はすげえよ
あんなアグレッシブな天皇はいやすぎww


533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

服部半蔵さんは、家康の前に現れた曲者を
頭から股間まで兜割で真っ二つに切り捨てたという記録が残っている


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

天武天皇の年齢はなぜか日本書紀に書かれていない
なんか怪しいよな


541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

平安時代は行の発音はみんなパ行だった
らしい


543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸時代の人は右手と右足、左手と左足がでる歩き方をしていて明治の近代的な軍隊の訓練などで矯正された


545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>543
それは聞いたことある
農民とかは両手を挙げながら走ってたとかなんとか


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

>>545
全員がナンバ歩きをしていたわけじゃないし、江戸などの町で主流だっただけなんだよな
和服にはボタンやホックが無いので手足同じ方を同時に出した方が合わせがくずれないんだよな


554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

江戸では町人は一ヶ月のうち七日も働けば暮らして行くのに十分な金を得たらしい


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

武田信玄と上杉謙信は一度も対面したことがないので
お互いの顔を知らなかった

まあ、この時代では普通のことだけど


574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

キリシタン大名としてよく名前のあがる大友宗麟の趣味は女遊び
女好きすぎて家臣の嫁を寝取るほど
キリスト教的には他人の嫁に手を出すのは御法度のはずだが知ったことじゃない
そしてキリシタン的には離婚はいけないはずだが宗教の違いから嫁と別れてる


577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

平安時代に中国から送られた3匹の猫は白、黒、虎縞
この3匹が交配して生まれたのが三毛猫


578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

榎本武揚は富山に落ちた隕石(隕鉄)から大刀二振、小刀三振の
日本刀を打たせ流星刀と名付けた
ちなみに、その隕石の発見者はそうと知らず漬け物石にしてたw

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯51075
第二次世界大戦の終戦時、徹底抗戦派によるクーデター未遂があった
♯51079
最近判明した事だと昭和天皇はローマ法皇に終戦の仲介を頼む為に手紙を出していた
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク