【文学】三島由紀夫の噂&名言 てんこもり。


powered by てんこもり。

【文学】三島由紀夫の噂&名言

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/24(土) 23:23:33

要望が多数あったので立てました。
 
15: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/28(水) 17:30:00
『剣と寒紅』読んだけど、読まなきゃよかったーって後悔した。 
亡くなった人の秘め事を公にするのはちとずるい気がした。 
でも興味があったから読んだんだけどさ。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/29(木) 13:10:04
三島由紀夫の恋人(女性)だった人を発見 
すでに老女ですけれど 
凛としていました 
どんな交渉があったのか 
興味あるのですが 
話して下さいよ 
随分と昔のことですよ

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/29(木) 14:42:10
>>20 
結婚前に4年付き合っていた、10歳くらい年下の人のことかな 

本当はその女性と結婚するつもりだったと、三島由紀夫の友人の著書で読んだことあるよ

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/29(木) 13:55:22
三島が女に恋なんぞする訳が無い!!!



8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/27(火) 23:32:17
ご子息はイケメンよ

848: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/06/06(日) 12:59:22
息子さんは銀座で宝石関係のお店やってるらしい 
娘さんのことは聞いたことも無い
 

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/29(木) 14:59:09
女性ともいろいろあったし、友人が25歳くらいで童貞という相談をうけて、 
「ずいぶん物持ちのいい男だ」と馬鹿にしてたよね。 
童貞の正しい捨て方を伝授したそうです。
25: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/29(木) 15:15:35

美輪明宏に聞いた方が早い


31: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/02(日) 00:07:05

三島由紀夫の自刃直後、川端康成はいち早く現場に駆けた。
そして、警察の現場検証の際、中に入ることを許された川端は三島の壮絶な最期の姿を見てしまう。
あとから駆けつけた石原慎太郎は中に入らなかったが、川端が中にいることを警察から聞いた。
その後ノイローゼになっていった川端は
「ああ、ほら、そこに三島君がいる」と奇妙な言動をするようになる。
石原は、川端が三島の断たれた首を見たときの衝撃の深さを知った。


32: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/02(日) 00:07:58

三島の自刃から約一年半後の昭和47年4月16日、川端康成はふらっと自宅を出て逗子の別荘のへ向かう。
そして、仕事場として使っていた逗子市の逗子マリーナマンション417号室で、ガス管をくわえて自殺しているところを発見される。遺書はなかった。


45: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/05(水) 02:36:51

こないだ山中湖にある三島由紀夫博物館行ってきたよ。
入館料300円?ぐらいで安くお得です。


46: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/05(水) 21:45:08

安いね

観光がてらに行こうかな


49: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/07(金) 17:47:44

そうそう、確か丸山明宏とダンスした時に「あら三島さん、パッドだらけなのねw」って言われて、
ショックでボディビル始めたんじゃなかったっけ。
そんで『身体を鍛えると精神も云々』と宣うセンセイに、安部譲二が「モテたいだけじゃねぇか!」
って言ったら黙っちゃった、とか読んだことがある。


50: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/07(金) 19:29:07

へ~
コンプをバネに立派な体にできたんだ
たいしたもんだ


51: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/07(金) 22:38:55

石原新太郎が三島に会ったときに「思ってたよりずいぶん小さいんですねぇ」
って言ったらしいが、それも本人には相当ショックだったのかも。


53: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/07(金) 23:54:45

>>51
そのときから慎太郎は無礼者だったんだな


60: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 00:21:30

三島由紀夫って英語の発音がイギリス訛りなんだよね


61: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 01:19:47

いや、日本なまりだろw


62: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 09:23:03

三島由紀夫は英語よりドイツ語が得意


63: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 10:47:13

ヒトラーについて語る三島由紀夫

ところでね、彼がやったことは世界中の人が知ってる。だけど彼が本当は何者だったのか誰も知っちゃいない。
ナチの独裁者、第二次世界大戦の最大戦犯、アウシュビッツの虐殺者、悪魔...。これがいままでのヒトラーだけど、本当はそれどころじゃない。彼の本当の恐ろしさは別のところにある。
それは彼がある途方もない秘密を知っていたことだ。人類が結局どうなるかっていう秘密だ。彼は未来を見通す目を持っていて、それを通じてその途方もない未来の秘密に到達しちゃった。


64: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 11:01:44

だから五島君、もし君が10年後でも20年後でも、ヒトラーをやる機会があったら、そこのところをよく掘り下げてみることだ。もし君にいくらかでも追求能力があればとんでもないことが見つかるぜ。
本当の人類の未来が見つかる。やつの見通していた世界の未来、地球と宇宙の未来、愛や死や生命の未来、生活や産業の未来、日本と日本の周辺の未来...。
なにしろ「我が闘争」の中にさえ、やつは未来の日本や東アジアのことをずばり見通して書いているくらいだから。まだ30代かそこらで、やつはそれは鋭い洞察力を持っていたことになる。


65: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 22:54:05

ドイツ語もしゃべれたなんて知らなかった


66: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/10(月) 23:48:57

>>65
ドナルド・キーンがドイツで講演したときに、おじいさんが立ち上がって
「私は平岡公威くん(三島の本名)の先生だった(ドイツ語の)、平岡くんが一番だった」とキーンに言ったそうだ。


74: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/13(木) 23:27:16

本当の天才とは、簡単には説明することのできない能力の持ち主のことだ。
シェイクスピアは天才だった。モーツァルトも、レオナルド・ダヴィンチも、紫式部も天才だった。
私がこれまでに出会ったすべての人々のなかで、「この人は天才だ」と思った人は二人しかいない。一人は中国文学および日本文学の偉大な翻訳家であったアーサー・ウェイリーである。
…中略…
そして、私の出会ったもう一人の天才が三島由紀夫である。

ドナルド・キーン


96: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/17(月) 11:27:12

昭和2年
芥川龍之介
「ぼんやりとした不安」という言葉を遺し、自殺。

昭和23年
太宰治
「日本の文化がさらにまた一つ堕落しそうな気配を見たのだ」
「こんな具合じゃ仕様がない。(中略)戦争時代がまだよかったなんて事になると、みじめなものだ。」
「私はこの時流にもまたついて行けない。」
という言葉を遺し、入水自殺。

昭和45年
三島由紀夫
「日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。
それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである。」
という言葉を遺し、割腹自殺。


97: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/17(月) 23:08:01

>>96
芥川氏と太宰氏はドッベルゲンガ-になって自殺したんじゃなかったっけ?


98: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/18(火) 01:20:08

芥川はドッペルゲンガーを見たんだよ

三島の自決の後は
後追い自殺者がたくさんいたそうだ


111: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/23(日) 16:34:08

ハラキリにおいて死は消滅する。死という人間的諸条件を、ある人間の意志が、自由に否定する行為であるからだ。
ハラキリにおいては、より高き倫理価値が自己に対する超越のかたちによって、死に対する克服のかたちによって肯定されているからである。

三島にとっては死は行動として一つの強烈な現実性を持っていた。日本の偉大な伝統と、儀式とによる死。
それでも異常なことだが、西欧ではローマ人的なこの死とロマンティックな自殺とを、混同するに至っている。
西欧のロマン主義者は、決してこのような方法では自殺しなかった。どのような文明も、死を祭儀的行為として提議してはいないのである。
ある意味では日本の武士道精神がそれを提議した。

アンドレ・マルロオ


112: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/25(火) 20:14:51

「薔薇刑」の基本的テーマは「生と死」「エロスとタナトス」であり、それは三島由紀夫を被写体とするところの私の主観的ドキュメンタリー作品である。
そこで理解してもらいことは、三島氏は自分を「被写体」と呼び、最初から最後まで完全に「被写体」に徹してくれた。
だからハリウッドの映画監督がつくった映画「MISHIMA」の中で私らしい写真家が登場するが、
そこで画面上のMISHIMAがカメラをかまえる写真家に向かってカメラの位置を変えるように手で指示するシーンがでてくるが、あんなことは絶対になかったし、ありえないことだ。

細江英公


115: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/27(木) 23:54:48

>>112
へ~~


113: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/25(火) 20:15:45

三島さんは文字通り「誠実の人」であった。その点だけは、身近に彼を知り、そして生き残った自分の責任として、きちんと後世に伝えておかなければならない。
その三島さんが、あえて選んだ死に様であるのなら、それは真摯に考え抜いた結果であったはずであり、そこには止むに止まれぬ理由が存在したに違いないのである。
であるから、私がまず強調しておきたいのは、事件直後から多くのメディアによって宣伝されてきたような「スキャンダル」として三島さんの死を扱うようなことは、実にもって愚劣なことであるということである。

細江英公


114: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/26(水) 22:31:10

三島由紀夫が死ぬ前に赤いバラの花束を持ってきてくれたという何の証拠もない美輪明宏の自慢話は誇張か嘘話


116: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/28(金) 06:10:35

>>114
花屋のレシート記録は財布にないのか?


117: 可愛い奥様 投稿日:2007/12/29(土) 11:38:37

>>114
楽屋に200本ぐらいのバラを抱えてやってきて、「もう来ないから」と言うので
何で?って美輪さんが聞いたら「もう、きれいだったよとか心にもない
お世辞をいいたくないからなあ」と憎まれ口をたたいてたって話は、
誇張か嘘話なの?ありそうな話だと思ったんだけど。


119: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/29(土) 17:44:16

三島っておかまだったんでしょ


121: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/30(日) 12:33:33

>>119
おかまはおかまを好きにならないから、おかまではない

866: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2010/07/10(土) 14:50:27
三島由紀夫の男色相手で有名な人は何人ぐらい居ますか? 
実例を挙げて教えて下さ~い。

867: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2010/07/10(土) 20:26:35
>>866 
そもそも、三島は青春期には両性愛傾向があったのは事実のようですが、本当の意味で 
肉体的にも体験を伴った同性愛者というには根拠が薄いので、同性愛者とは言えないと思います。 
しいていうなら、福島次郎という三島由紀夫のストーカーだった小説家志望の人が、 
三島の奥さんや弟が死んだのを見計らって、自分が愛人だったかのような売名本を 
出しただけですから、もしそれが本当だとしたら、福島次郎一人だけですね。 
読んだ感想としては、三島に相手にされなかった彼の妄想と願望が入り交じった創作だと 
感じましたけど。 

ちなみに美輪明宏は、自分と三島由紀夫は友人関係だと言ってます。
 

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/04(金) 17:07:32

左翼人の私も右翼人の三島の「行動」には、かなり衝撃を受けたことも事実なのであって、これを匿す気にはならないからである。
そして衝撃を受けなかった人はどんな人なのかと思ったりもするのだが、「行動」といい「芸術」といっても、所詮人間はおなじなのかも知れない。
しかも三島と私とはイデオロギーが全くちがっているのに、どこか類似性、相似性があるような気がして、それが私自身気になるのである。

三島由紀夫こそはあきらかに、永井荷風や谷崎潤一郎やあるいは川端康成の耽美主義の系譜とその路線に沿いながら、しかし明確な知性をもって、またその美的知性の故に、
その路線の最終駅に到着しながら、それをなんらかの形で社会的行動におきかえようとした努力家であり勇気ある誠実者ではなかったのだろうか。

山岸外史


133: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/07(月) 01:21:07

>>128
へ~


154: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/02/03(日) 11:29:15

僕は詩人だ。一皮剥けば俗人だ。もう一皮剥けば詩人だ。もう一皮剥けば俗人だ。もう一皮剥けば詩人だ。
ぼくはどこまで剥いても芯のない玉葱だ。

三島由紀夫


159: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/02/12(火) 14:46:42

三島由紀夫「伊沢さんは保田与重郎さんが好きですか、嫌いですか?」

伊沢甲子麿「保田さんは私の尊敬する人物です。
…戦後、保田さんを右翼だとか軍国主義だとか言って非難するものがありますが、私はそのような意見とは真向から戦っています。
保田さんは立派な日本人であり文豪です。」

三島「私は保田さんをほめる人は大好きだし悪く言う人は大嫌いなのです。今、伊沢さんが言われたことで貴方を信頼できる方だと思いました。」

当時、三島氏は大蔵省の若手エリート官僚であった。
…三島氏は天才的な作家であり東大法学部出身の最優秀の官僚でありながら、いささかも驕りたかぶるところがない謙虚な人柄であった。
そして義理と人情にあつい人であるということがわかったのである。

伊沢甲子麿


160: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/02/12(火) 14:47:50

三島氏の要望により私は歴史と教育に関する話をいろいろとするに至った。
特に歴史では明治維新の志士について。中でも吉田松陰や真木和泉守の精神思想を何度も望まれて話した。
…三島氏は松陰や真木和泉守の話を私が始めると、和室であったため座布団をのけて正座してしまうのだった。
…その外では西郷隆盛の西南の役の話や、また尊皇派の反対の佐幕派の人物である近藤勇や土方歳三の話も何度となく望まれて語った次第である。
特に近藤勇は三島氏の祖母の祖父である永井尚志が近藤勇とは心を許し合った友人であったため、深く敬愛の情を寄せていた様である。

伊沢甲子麿


180: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/03/02(日) 11:47:41

「奔馬」には、1876年に叛乱を起した武士たちの集団自殺が描かれており、彼らの行動は勲を感奮興起させたものであった。
この血と臓腑の信ずべからざる大氾濫は私たちを恐怖させるとともに、あらゆる勇敢なスペクタクルのように興奮させもする。
この男たちが闘うことを決意する前に行った、あの神道の儀式の簡素な純粋性のようなものが、この目を覆わしむ
流血の光景の上にもまだ漂っていて、叛乱の武士たちを追跡する官軍の兵隊たちも、できるだけゆっくりした足どりで山にのぼって、彼らを静かに死なせてやろうと思うほどなのである。

マルグリット・ユルスナール


181: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/03/02(日) 11:48:15

勲はといえば、彼はその自殺に幾分か失敗する。
しかし三島は、それ自体うかがい知りえぬ肉体的苦痛の領域に天才的な直感をはたらかせて、この叛逆の若者に、彼にとってはあまりに遅く来るであろう昇る日輪の等価物をあたえてやったのだ。
腹に突き立てられた小刀の電撃的な苦痛こそ、火の球の等価物である。それは彼の内部で赤い日輪のような輝きを放射するのである。

マルグリット・ユルスナール


201: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/03/27(木) 13:23:11

三島由紀夫が中国へ抗議声明を出した文化大革命について

文化大革命(ぶんかだいかくめい)は、中華人民共和国で1960年代後半から1970年代前半まで続いた政治・社会・思想・文化の全般にわたる改革運動。
プロレタリア文化大革命ともいう。はじめ毛沢東指示のもと林彪が主導、劉少奇からの政権奪権が目的であり、その死後は四人組に率いられて
毛沢東思想に基く独自の社会主義国家建設を目指したが、実質は中国共産党指導部における大規模な武力を伴う権力闘争であり、
指導部に煽動された暴力的な大衆運動によって、当初は事業家などの資本家層が、さらに学者、医者、などの知識人等が弾圧の対象となった。
しかしその後、弾圧の対象は中国共産党員も弾圧の対象となり、多くの人材や文化財などが被害を受けた。期間中の死亡者、行方不明者の数は
数百万人とも数千万人とも言われ、事実上の自国民のホロコースト状態であったと言っても過言ではない。
またこの革命の芽はカンボジア内戦へ飛び火し、クメールルージュの自国民の大量虐殺と密接な関係がある。

当時の抗議声明文が載ってるサイト
http://dogma.at.webry.info


203: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/03/28(金) 18:17:52

三島の人生と小説
どっちに興味がある?


204: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/03/29(土) 15:28:15

>>203
どっちかというと、人生かな


210: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/01(火) 02:16:22

三島由紀夫は部落民の血統だと聞いたことがあるけど
どうやら事実らしいな。


211: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/01(火) 10:15:10

>>210
そんな事実は全くありません


216: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/01(火) 11:08:10

>>211 正田美智子(後の皇后)とお見合いしてるからね ありえない


215: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/01(火) 11:08:07

ウィキペディアに「三島は非人の家系だ」
と書いてあったのを読んだ憶えがあるぞ。


217: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/01(火) 16:06:33

>>215
書いてないよ
私が持っている本には、三島由紀夫の祖父の父親、平岡太吉は裕福な地主兼農家とあるよ
それより前も塩物屋や農家です
結婚するときに杉山家が三島の家系を調査してます


224: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/10(木) 12:06:30

三島由紀夫の娘の紀子さんと、皇太子の浩宮さまは学習院で同級生だったらしいよ
結婚してたら面白かったのにね


232: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/12(土) 15:39:05

彼(三島)の感性は非凡なだけでなく時に大変ユニークで、常人の追随しかねる点があったけれども、人間としての器量は大きかった。
思えば、不良少年の親分を夢みるだけのことはあった。

三谷信


233: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/12(土) 15:39:46

…初等科六年の時のことである。元気一杯で悪戯ばかりしている仲間が、三島に
「おいアオジロ―彼の綽名―お前の睾丸もやっぱりアオジロだろうな」と揶揄った。
三島はサッとズボンの前ボタンをあけて一物を取り出し、
「おい、見ろ見ろ」とその悪戯坊主に迫った。それは、揶揄った側がたじろく程の迫力であった。
また濃紺の制服のズボンをバックにした一物は、その頃の彼の貧弱な体に比べて意外と大きかった。

三谷信


238: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/15(火) 16:07:13

ドナルド・キーンが自死直前の三島から聞いた奇談

学習院の制服を着た少年がどうしても、と三島に面会を求めてきた。
三島は数分だけ、と約束させた上で自宅門前まで出た。
少年は三島に「先生はいつ死ぬのですか?」と問うた。
三島は驚き、言葉を返すことができなかった。

その少年とは清顕だったのだろうか。


239: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/17(木) 12:34:08

>>238
ドッペルゲンガー、過去の自分だったんじゃないかな


242: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/17(木) 22:59:09

学習院の高等部在学中の三島のノートに
「松ケ枝に降る春の雪」という文章が書かれていたのが見つかった。
春の雪の構想は高校生の頃から持っていたとしたら驚きだ。


249: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/28(月) 13:23:28

78年12月に単独来日した際にジャンは、「なぜ日本はこんなアメリカ・ナイズされているのか、日本の若者は眠っているのか」と怒りまくったという逸話があり、
「米国資本の市場戦略は安逸な快楽を与え、人々の感性を鈍らせることから始まっている。それはヨーロッパの伝統的な明晰さにとって第一の敵といえるが、
日本人もそれに毒されている自分たちを自覚し民族の知的遺産である伝統、それは魂(スピリット)といっていいが、それを救出しなければならない。」と誌面にメッセージを残しています。


251: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/30(水) 12:21:44

三島由紀夫の鋭い批評眼は文学のみならず、映画批評にも影響を与えたようですが、
三島は、公開当初批評家たちから完全無視されていた「総長賭博」(脚本:笠原和夫)を映画芸術の誌面上で絶賛し、当時やくざ物映画を冷遇視していた映画評論家たちの認識を一変させました。
笠原はその後、ヒット作「仁義なき戦い」の脚本も書いた訳ですが、この作品の影響を受けた海外映画監督には、マーティン・スコセッジやタランティーノ等がいます。
三島の「総長賭博」の批評がなければ、「タクシードライバー」も「キルビル」も生まれなかったかもしれません。


252: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 17:09:17

へ~


257: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/08(木) 23:37:05

三島「君はとっても優秀な人間だが5%の欠点が君をダメにしているよ」
美輪「5%の、欠点って?」
三島「俺に惚れないことだ・・・」


284: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/10(火) 15:05:12

>>257
これは女を口説くときに使えそうなセリフだね


258: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/10(土) 12:59:08

すごいな三島
どんだけ自分をいい男だと思って高い位置においてるんだ?
文筆家としては超一流だが、容姿はそれほどでもないのにな


264: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/11(日) 23:05:57

>>258
いや、個人的には三島は男としてはかなりいいと思うよ
今と男の価値観が違って昔は、三島や三船や加山雄三みたいなのがいいとされたんだよ


271: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/13(火) 12:51:24

あの人(三島)は、ほんとうに純粋で赤ちゃんみたいにきれいな魂の持ち主だったんですよ。

「日本少年」とか「少年倶楽部」で育った時代なんですよね。
少年というのは凛々しくて、潔く清くて、正しくて、優しくて、思いやりがあって、親孝行だという「少年倶楽部」の世界そのまま律儀に全部、細胞の中までにしみこませて、そのまま死んじゃった人なのね。
普通、中年になったら、世俗的な手垢がついてきて、小ずるくなったり、いろいろするじゃないですか。
それに全然染まらなかった不思議な人でしたよ。

美輪明宏


274: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/19(月) 16:19:40

三島由紀夫「空飛ぶ円盤信じますか。」

江戸川乱歩「ぼくは確証をうるまで信じない方です。心霊現象なんかでもおなじですね。」

三島「ぼくは絶対に信じる。」

芥川比呂志「この間『朝日ジュニア』からアンケートが来たけれども、人工衛星がまわっている世界だから、空飛ぶ円盤だってありそうな気がする。」

江戸川「そういう比論では信じられない。現実に確かめなくては。」

三島「ぼくは頭から信じちゃう。そして、ぼくはお化けはきっといると思うの。(笑)」

山村正夫「心霊実験も信じますか。」

三島「信じますね。」


296: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/19(木) 23:58:59

飲み会では三島はすぐ帰ってたらしいね


297: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/20(金) 10:52:39

毎日規則正しく時間を決めて、夜から朝にかけて書斎で執筆してたそうです。


312: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/07(月) 16:34:32

三島先生が亡くなった時、僕はやむにやまれぬ気持ちで日本刀を抜いて、号泣した。

鶴田浩二


313: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/08(火) 15:40:46

鶴田浩二「昭和維新ですね、今は。」

三島由紀夫「うん、昭和維新。いざというときは、オレはやるよ。」

鶴田「三島さん、そのときは電話一本かけてくださいよ。軍刀もって、ぼくもかけつけるから。」

三島「ワッハッハッハッ、きみはやっぱり、オレの思ったとおりの男だったな。」

「週刊プレイボーイ昭和44年7月8日号」(三島由紀夫映画論集成・所蔵)より


314: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/10(木) 16:52:33

三島由紀夫は、古典「ダフニスとクロエ」を下敷きに日本の島を舞台にした純愛物語を構想していましたが、
最終的に三重県鳥羽市沖の神島を『潮騒』の舞台に選んだ理由を三島は、神島が日本で唯一パチンコ店がない島だったからと、大蔵省同期の長岡寛に語っています。
神島の島民たちは初め三島を、病気療養のために島に来ている人と勘違いし、
「あの青びょうたんみたいな顔の男は誰やろ?体が悪くて養生しに来とるのか」と言ったそうです。
島民たちに島の話を聞きながら、熱心にメモをとっていた痩せた白い肌の三島の姿は、屈強な島の男達を見慣れている島の女性たちにはかなり珍しかったようです。


315: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/10(木) 16:53:26

三島は『潮騒』執筆中、泊まっていた漁業組合長の寺田宗一さん(故人)夫妻を
「おやじ、おふくろ」と呼びながら、一家団欒の食事を一緒にとっていたので、
三島事件のとき寺田さんに「あんたのとこの息子さん、えらいことをして亡くなったなあ」と言う島民もいたそうです。
晩年、三島からもらったサイン入りの潮騒初版本の破れかけた表紙を大事そうに撫でながら、宗一さんは三島との思い出を、訪ねてくる三島ファンに語っていたと、寺田家の嫁のこまつさん(74歳)が回想しています。
ちなみに、宗一さんの息子の和弥さんが『潮騒』の信治のモデルといわれています。


334: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/08/19(火) 14:02:28

彼(川端康成)は、確かにこの受賞(ノーベル文学賞)に値した。
それでも今もって私は、どういうわけでスウェーデン・アカデミーが三島でなく川端に賞を与えたのか不思議でしようがない。
1970年5月、私はコペンハーゲンの友人の家に夕食に招待された。同席した客の一人は、私が1957年の国際ペンクラブ大会の時に東京で会った人物だった。
日本で数週間を過ごしたお陰で、どうやら彼は日本文学の権威として名声を得たようだった。

ドナルド・キーン
「私と20世紀のクロニクル」より


335: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/08/19(火) 14:03:17

ノーベル賞委員会は、選考の際に彼の意見を求めた。その時のことを思い出して、居合わせた客たちに彼はこう言ったのだった。「私が、川端に賞を取らせたのだ」と。
この人物は政治的に極めて保守的な見解の持主で、三島は比較的若いため過激派に違いないと判断した。
そこで彼は三島の受賞に強く反対し、川端を強く推した結果、委員会を承服させたというのだ。
本当に、そんなことがあったのだろうか。三島が左翼の過激派と思われたせいで賞を逸したなんて、あまりにも馬鹿げている。
私は、そのことを三島に話さずにはいられなかった。三島は、笑わなかった。

ドナルド・キーン
「私と20世紀のクロニクル」より


336: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/08/19(火) 14:06:47

東京に着いたのは1月24日の三島の葬式の直前で、私は弔辞を述べることを引き受けた。ところが、私の親しい友人三人は葬式に出席してはいけないと言う。
私が弔辞を述べることで、三島の右翼思想を擁護しているように取られてはまずいと言うのだった。
最終的に彼らの説得に応じたが、それ以来私は、自分がもっと勇気を示さなかったことを何度も後悔した。
私は三島夫人を訪問した。三島の写真がある祭壇に、私は彼に捧げた自分の翻訳『仮名手本忠臣蔵』を置いた。
その本には、下田で会った時に三島自身がこの浄瑠璃から選んだ次の一節が題辞として揚げられていた。

国治まつてよき武士の忠も武勇も隠るるに
たとへば星の昼見へず、夜は乱れて顕はるる

ドナルド・キーン
「私と20世紀のクロニクル」より


436: 名無しさん@お腹いっぱい 投稿日:2009/06/02(火) 01:55:56

「見出された恋」読んだ方、面白かったですか?
文章が難解だって噂で聞いたんで


437: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/02(火) 11:01:17

難解ってほどでもないですよ。
文章も優雅で、三島と満佐子さんのことが描かれていて興味深かったよ。満佐子さんにフラれた三島が気の毒でした。


448: 名無しさん@お腹いっぱい 投稿日:2009/06/03(水) 00:34:47

>>437
ありがとうございます。
早速、これから注文します。


541: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/08(土) 20:47:03

三島由紀夫は南朝の血筋を担ぐと周囲の人間にいってたそうですね。

誰か貴種をみつけたんだろうか?


542: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/12(水) 00:53:53

>>541
それは初耳です。


548: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/19(水) 15:42:28

三島さんて自分が生まれる時の記憶があるって言ってましたね。
産湯の盥の鋼の線を覚えてるとか。
生きていたらもっと面白い文章が拝見できたかも。
残念です。


550: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/28(金) 06:29:04

>>548
黒澤も赤ん坊時代の記憶があるって自伝に書いてるな。
女中が自分を背負ったまま小便したらしいw
でも赤ん坊の頃って視力はあっても情報を統括する神経がないから実はほとんど見えてないらしいね。
そういうのって後付けで記憶が作られてるんだろうな。


549: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/23(日) 11:10:36

「おめこ」を「交接」と書くことが許されるのは三島先生だけ
「交接」を「こうぜつ」と読むのは麻生総理だけ


655: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 08:50:47

三島由紀夫の兄弟は何人いたの?

実弟の孫とかいう平岡なんとか(下の名前忘れた)の本が出てるよね。


656: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 11:20:03

平岡あみ、だった。

母親(三島の姪)も詩人なんだね。
平岡淳子
http://plaza.rakuten.co.jp/nf40s/diary/200509200000/

Wikiで読みたい、平岡あみ。  だれか書かないかなあ

現在、私が知ってる事。
平岡あみ。 三島由紀夫実弟の孫娘。 あれ?これくらいか。


657: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 15:50:01

>>656
へ~、はじめて知った。詩を読んでみたいなあ。


678: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/31(日) 13:18:50

芸能界では宇多田ヒカル、ユーミンなどが三島ファンらしいけど、
他には、どんな人が居る?

このスレで既出だった場合は、リンクよろしく。


679: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/31(日) 22:34:34

>>678
及川光博、松井秀喜、佐藤江梨子が三島愛読してるって聞いたことあるよ。

海外ではビョーク、ジャン・ジャック・バーネル、デヴィッド・シルビアン、デヴィッド・ボウイ、ミック・ジャガー、コッポラ…など多数。


682: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/01(月) 17:24:26

レスどうも。

ミック・ジャガーが三島の、どの本読んだか気になる。
「地獄の黙示録」と「豊穣の海」は私の中では結びついてなかった。意外。


783: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/19(月) 02:08:55

これ本当?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2008/01/11(金) 01:17:28
美輪さん主体で関わっている作品は
寺山だと青森県のせむし男、毛皮のマリー。
三島だと禁色という小説に美輪さんをモデルに登場させているし
舞台では卒塔婆小町(三島由紀夫)、葵の上(これも三島だったかな?)
黒とかげ←この字は変換正しくないです;ゴメン
(江戸川乱歩原作、舞台用に三島由紀夫が作り直し
後に美輪さん主演で映画も作られた)


784: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/19(月) 11:52:54

>>783
禁色には美輪モデルはないと思います。
それ以外は大体あってると思いますが、三島戯曲は、特に美輪さんを主体(最初に美輪さんありきで、美輪さんを主人公に想定して)書き上げたものではないですよ。
後から、はまり役になったという結果的なものです。黒蜥蜴の映画に関しては美輪ありきの美輪主体だと思います。


787: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/21(水) 20:03:19

美輪が家に坊さんを入れようとしたら、首のない霊が云々

三島さんは5年くらいで成仏したとかしないとか


788: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/21(水) 22:52:39

なんか怖い話だ


789: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/22(木) 00:17:50

思いついたまま適当に言ってるんじゃないの?
あの大風呂敷爺さん


790: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/22(木) 00:49:13

婆じゃないの


791: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/22(木) 01:34:55

紫の履歴書では三島を先生と呼んで、ステージを見に来てくれると感激し、
どんな本を読めばいいか尋ねたり、意見を求めたり、まさに師と仰いでる。
でも最近は「私のお友達の三島さん」とは対等に言いたいことを言い合う仲だったとさ。
本当かどうかわかんないようなエピソードが年々増えていって、
ひとり噂板三島スレ状態の美輪。


827: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/11(火) 14:57:53

曾おばあさんが水戸徳川家出身だっけ?


828: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/11(火) 15:24:29

松平家だよ。祖母の祖父は永井尚志。 


843: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/26(水) 13:23:48

>>828
永井尚志は旗本だね


永井 尚志(ながい なおゆき)は、幕末旗本三島由紀夫の父方の高祖父にあたる。名前の読みは「なおむね」とも。

文化13年(1816年11月3日三河奥殿藩の第5代藩主・松平乗尹とその側室の間に生まれた。幼名を岩之丞、号を介堂といった。父の晩年に生まれた息子で、すでに家督は養子の乗羨に譲っていたことから、25歳の頃に旗本の永井尚徳の養子となった。

嘉永6年(1853年)、目付として幕府から登用される。安政元年(1854年)には長崎海軍伝習所の総監理(所長)として長崎に赴き、長崎製鉄所の創設に着手するなど活躍した。安政5年(1858年)にそれまでの功績を賞されて呼び戻され、岩瀬忠震と共に外国奉行に任じられた。そしてロシアイギリスフランスとの交渉を務め、通商条約調印を行なった。その功績で軍艦奉行に転進したが、直後の将軍後継者争いで一橋慶喜を支持する一橋派に組したため、南紀派大老井伊直弼によって罷免され、失脚した。 


829: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/11(火) 16:24:42

その松平家は水戸の分家だよね


830: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/11(火) 17:24:12

このお方?切腹してるね。
松平頼徳 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E9%A0%BC%E5%BE%B3


834: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/12(水) 15:06:24

>>830
たしか天狗党関連で切腹したんだよね


836: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/13(木) 00:02:24

>>834
三島由紀夫はその先祖の転生かもね


853: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/06/11(金) 03:36:47

昨日三島さんが行きつけだった旅館に行ってきました


854: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/06/13(日) 14:26:14

>>853
温泉ですか?


855: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/06/13(日) 22:42:54

>>854
そうです

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/15(金) 11:52:36
電気の世の中が蛍光電灯の世の中になつて、人間は影を失なひ、血色を失なつた。 
蛍光灯の下では美人も幽霊のやうに見える。近代生活のビジネスに疲れ果てた幽霊の男女が、蛍光灯の下で、 
あまり美味しくもなささうな色の料理を食べてゐるのは、文明の劇画である。 
そこで、はうばうのレストランでは、蝋燭が用ひられだした。磨硝子(すりガラス)の円筒形のなかに蝋燭を 
点したのが卓上に置かれる。すると、白い卓布の上にアット・ホームな円光がゑがかれ、そこに顔をさし出した 
女は、周囲の暗い喧騒のなかから静かに浮彫のやうに浮き出して見え、ほんの一寸した微笑、ほんの一寸した 
目の煌めきまでがいきいきと見える。情緒生活の照明では、今日も蝋燭に如くものはないらしい。 
そこで今度は古来の提灯(ちやうちん)がかへり見られる番であらう。 

三島由紀夫「蝋燭の灯」より

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/15(金) 11:53:05
…私の幼年時代はむろん電気の時代だつたが、提灯はまだ生活の一部に生きてゐた。内玄関の鴨居には、 
家紋をつけた大小長短の提灯が埃まみれの箱に納められてかかつてゐた。火事や変事の場合は、それらが一家の 
避難所の目じるしになるのであつた。 
提灯行列は軍国主義花やかなりし時代の唯一の俳句的景物であつたが、岐阜提灯のさびしさが今日では、生活の中の 
季節感に残された唯一のものであらう。盆のころには、地方によつては、まだ盆灯籠が用ひられてゐるだらうが、 
都会では灯籠といへば、石灯籠か回はり灯籠で、提灯との縁はうすくなつた。 
「大塔宮曦鎧」といふ芝居があつて、その身替り音頭の場面には、たしか美しい抒情的な切子(きりこ)灯籠が 
一役買つてゐた。切子灯籠は、歳時記を見ると、切子とも言ひ、灯籠の枠を四角の角を落とした切子形に作り、 
薄い白紙で張り、灯籠の下の四辺には模様などを透し切りにした長い白紙を下げたもの、と書いてある。 
江戸時代の庶民の発明した紙のシャンデリアである。 

三島由紀夫「蝋燭の灯」より

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/15(金) 16:06:38
素晴らしい

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/16(土) 11:18:45
バレーはただバレーであればよい。雲のやうに美しく、風のやうにさはやかであればよい。人間の姿態の最上の 
美しい瞬間の羅列であればよい。人間が神の姿に近づく証明であればよい。古典バレーもモダン・バレーもあるものか。 
(中略) 
しかし芸術として、バレーは燦然たる技術を要求する。姿態美はすでに得られた。あとは日本の各種の 
古典芸能の名手に匹敵するほどの、高度の技術を獲得すれば、それでよい。ただ、バレーのハンディキャップは、 
西洋の芸能の例に洩れず「老境に入つて技神に入る」といふやうなことが望めないことであり、若いうちに 
電光石火、最高の美と技術に達しなければならぬといふ点で、却つて伝統と一般水準の 
問題が重く肩にかかつてゐるといふ点である。 

三島由紀夫「スター・ダンサーの競演によるバレエ特別公演プログラム」より

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/16(土) 20:00:05
名言だ

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/18(月) 10:45:32
西郷さん。 
明治の政治家で、今もなほ「さん」づけで呼ばれてゐる人は、貴方一人です。その時代に時めいた権力主義者たちは、 
同時代人からは畏敬の目で見られたかもしれないが、後代の人たちから何らなつかしく敬慕されることがありません。 
あなたは賊として死んだが、すべての日本人は、あなたをもつとも代表的な日本人として見てゐます。(中略) 
あなたの心の美しさが、夜明けの光りのやうに、私の中ではつきりしてくる時が来ました。時代といふよりも、 
年齢のせゐかもしれません。とはいへそれは、日本人の中にひそむもつとも危険な要素と結びついた美しさです。 
この美しさをみとめるとき、われわれは否応なしに、ヨーロッパ的知性を否定せざるをえないでせう。 

三島由紀夫「銅像との対話――西郷隆盛」より

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/18(月) 10:46:45
あなたは涙を知つてをり、力を知つてをり、力の空しさを知つてをり、理想の脆さを知つてゐました。それから、 
責任とは何か、人の信にこたへるとは何か、といふことを知つてゐました。知つてゐて、行ひました。 
この銅像の持つてゐる或るユーモラスなものは、あなたの悲劇の巨大を逆に証明するやうな気がします。 
……………………。 

三島君。 
おいどんはそんな偉物ではごわせん。人並みの人間でごわす。敬天愛人は凡人の道でごわす。あんたにもそれが 
わかりかけてきたのではごわせんか? 

三島由紀夫「銅像との対話――西郷隆盛」より

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/18(月) 21:51:57
今度借りてきて読もう

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/24(日) 10:55:44
今の時代はますます複雑になって、新聞を読んでも、テレビを見ても、真相はつかめない。 
そういうときに何があるかといえば、自分で見にいくほかないんだよ。 


いま筋の通ったことをいえば、みんな右翼といわれる。だいたい、“右”というのは、 
ヨーロッパのことばでは“正しい”という意味なんだから。(笑) 

三島由紀夫 
鶴田浩二との対談「刺客と組長――男の盟約」より 


客観的に滑稽であってもいいと思うんだ。しかし主観的に滑稽だと思ったら、人間負けだよ、 
そういうことだけは絶対やっちゃいかんと思う。 

三島由紀夫 
いいだももとの対談「政治行為の象徴性について」より

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/24(日) 15:51:44
かっこいい

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/27(水) 00:11:00
一番長い経過を要する仕事を今日始めて、そしてあしたはだね、三年先のことを始める 
というのが、ぼくは一番現実的な考えだと思うね。 


ぼくは文化というものはね、変な比喩だが、金とおんなじことだと思う。とにかく、 
あぶないときにどっかに置いておかなければ、いつもこわされちゃう。こんなもろい、 
こんなものはない。僕はいわば文化の金本位制論者だ。 
日本では、昔から金について一番もろくて弱かった独占資本的財閥、戦前のそういう 
連中はね、どんなインテリよりもぼくは、実際に敏感だったと思いますよ。それは昭和の 
歴史を見てもよくわかりますがね。文化人というのはいつものんきなんだが、資本家が 
金をこわがるように、どうして文化人は文化というものの、もろさ、弱さ、はかなさ、 
というものを感じないんだろうかね。 

三島由紀夫 
福田恆存との対談「文武両道と死の哲学」より

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/27(水) 00:12:03
いまでもぼくは、文化というものは、ほんとにどんな弱い女よりもか弱く、どんな 
破れやすい布よりも破れやすい、もう手にそうっと持ってにゃならんのだと思いますね。 
そっからすべてものの危機感がくるんだし、それで、そのためには自分のからだを 
投げ出してもいいと思うしね。 


文化がどんなに変様されて、歪曲されても、生きのびるほど強いもんだということは結果論です。 

三島由紀夫 
福田恆存との対談「文武両道と死の哲学」より

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/27(水) 00:13:08
天皇はあらゆる近代化、あらゆる工業化によるフラストレーションの最後の救世主として、 
そこにいなけりゃならない。それをいまから準備していなければならない。それは 
アンティエゴイズムであり、アンティ近代化であり、アンティ工業化であるけど、決して 
古き土地制度の復活でもなければ、農本主義でもない。(中略) 
天皇というのは、国家のエゴイズム、国民のエゴイズムというものの、一番反極のところに 
あるべきだ。そういう意味で、天皇は尊いんだから、天皇が自由を縛られてもしかたがない。 
その根元にあるのは、とにかく「お祭」だ、ということです。天皇がなすべきことは、 
お祭、お祭、お祭、お祭、――それだけだ。これがぼくの天皇論の概略です。 

三島由紀夫 
福田恆存との対談「文武両道と死の哲学」より

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/27(水) 00:14:00
エリザベスは、亭主が自分の部屋に電話を引いたり、テレビをつけたり、ボタンを押すと 
飛び上がる椅子をつけたりするのに、自分は、まだ十八世紀のお茶の作法で、百メートル 
先から女官たちが手から手へつないだお茶を持って来て、冷えたお茶を飲んでいる。 
自分の部屋には電話がない。ぼくは、そういうことが天皇制だろうと思うんです。 
日本の皇室がその点でわれわれを納得させる存在理由は日ましに稀薄になっている。 
つまりわれわれが近代化の中でこれだけ苦しんで、どこかでお茶を十八世紀の作法で 
飲んでいる人がいなければ、世界は崩壊するんだよ。 


世界の行く果てには、福祉国家の荒廃、社会主義国家の嘘しかないとなれば、何がほしいだろう。 
それはカソリックならカソリックかもしれない。だけど、日本の天皇というのはいいですよ。 
頑張ってれば世界的なモデルケースになれると思う。それが八紘一宇だと思うんだよ。 

三島由紀夫 
福田恆存との対談「文武両道と死の哲学」より

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/10/27(水) 20:16:33
素晴らしい

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:27:45
革命は行動である。行動は死と隣り合はせになることが多いから、ひとたび書斎の思索を 
離れて行動の世界に入るときに、人が死を前にしたニヒリズムと偶然の僥倖を頼む 
ミスティシズムとの虜にならざるを得ないのは人間性の自然である。 


「帰太虚」とは太虚に帰するの意であるが、大塩(平八郎)は太虚といふものこそ 
万物創造の源であり、また善と悪とを良知によつて弁別し得る最後のものであり、ここに 
至つて人々の行動は生死を超越した正義そのものに帰着すると主張した。彼は一つの譬喩を 
持ち出して、たとへば壷が毀(こは)されると壷を満たしてゐた空虚はそのまま太虚に 
帰するやうなものである、といつた。壷を人間の肉体とすれば、壷の中の空虚、すなはち 
肉体に包まれた思想がもし良知に至つて真の太虚に達してゐるならば、その壷すなはち 
肉体が毀されようと、瞬間にして永遠に偏在する太虚に帰することができるのである。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:29:58
その太虚はさつきも言つたやうに良知の極致と考へられてゐるが、現代風にいへば 
能動的ニヒリズムの根元と考へてよいだらう。 
…仏教の空観と陽明学の太虚を比べると、万物が涅槃の中に溶け込む空と、その万物の 
創造の母体であり行動の源泉である空虚とは、一見反対のやうであるが、いつたん悟達に 
達してまた現世へ戻つてきて衆生済度の行動に出なければならぬと教へる大乗仏教の教へには 
この仏教の空観と陽明学の太虚をつなぐものがおぼろげに暗示されてゐる。ベトナムにおける 
抗議僧の焼身自殺は大乗仏教から説明されるが、また陽明学的な行動ともいふことが 
できるのである。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:32:33
陽明学には、アポロン的な理性の持ち主には理解しがたいデモーニッシュな要素がある。 
ラショナリズムに立てこもらうとする人は、この狂熱を避けて通る。 


われわれは天といへば青空のことだと思つてゐるが、こればかりが天ではなくて、石の間に 
ひそむ空虚、あるひは生えてゐる竹の中にひそんでゐる空虚もまつたく同じ天であり、 
太虚の一つである。この太虚は植物、無機物ばかりではなく、人間の肉体の中にも口や 
耳を通じてひそんでゐる。われわれが持つてゐる小さな虚も、聖人の持つてゐる虚と 
異なるところはない。もし、誰であつても心から欲を打ち払つて太虚に帰すれば、天がすでに 
その心に宿つてゐるのである。誰でも聖人の地位に達しようと欲して達し得ないことはない。 


「聖人は即ち言あるの太虚にして、太虚は即ち言はざるの聖人なり」 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:35:10
太虚に帰すべき方法としては、真心をつくし誠をつくして情欲を一掃し、そこへ入つていく 
ほかはない。形のあるものはすべて滅び、すべて動揺する。大きな山でさへ地震によつて 
ゆすぶられる。何故なら形があるからである。しかし、地震は太虚を動かすことはできない。 
これでわかるやうに心が太虚に帰するときに、初めて真の「不動」を語ることができるのである。 
すなはち、太虚は永遠不滅であり不動である。 
心がすでに太虚に帰するときは、いかなる行動も善悪を超脱して真の良知に達し、天の 
正義と一致するのである。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

108: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:37:47
その太虚とは何であるか。人の心は太虚と同じであり、心と太虚とは二つのものではない。 
また、心の外にある虚は、すなはちわが心の本体である。かくて、その太虚は世界の実在である。 
この説は世界の実在はすなはちわれであるといふ点で、ウパニシャッドのアートマンと 
はなはだ相近づいてくる。 
大塩平八郎はその「洗心洞剳記」にもいふやうに、「身の死するを恨みずして心の死するを 
恨む」といふことをつねに主張してゐた。この主張から大塩の過激な行動が一直線に出てきたと 
思はれるのである。心がすでに太虚に帰すれば、肉体は死んでも滅びないものがある。 
だから、肉体の死ぬのを恐れず心の死ぬのを恐れるのである。心が本当に死なないことを 
知つてゐるならば、この世に恐ろしいものは何一つない。決心が動揺することは絶対ない。 
そのときわれわれは天命を知るのだ、と大塩は言つた。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

109: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:43:27
われわれは心の死にやすい時代に生きてゐる。しかも平均年齢は年々延びていき、ともすると 
日本には、平八郎とは反対に、「心の死するを恐れず、ただただ身の死するを恐れる」 
といふ人が無数にふえていくことが想像される。肉体の延命は精神の延命と同一に 
論じられないのである。われわれの戦後民主主義が立脚してゐる人命尊重のヒューマニズムは、 
ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問はないのである。 
社会は肉体の安全を保障するが、魂の安全を保障しはしない。心の死ぬことを恐れず、 
肉体の死ぬことばかり恐れてゐる人で日本中が占められてゐるならば、無事安泰であり 
平和である。しかし、そこに肉体の生死をものともせず、ただ心の死んでいくことを 
恐れる人があるからこそ、この社会には緊張が生じ、革新の意欲が底流することになるのである。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

110: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:45:55
死を恐れるのは生まれてからのちに生ずる情であつて、肉体があればこそ死を恐れるの心が 
生じる。そして死を恐れないのは生まれる前の性質であつて、肉体を離れるとき初めて 
この死の性質をみることができる。したがつて、人は死を恐れるといふ気持のうちに 
死を恐れないといふ真理を発見しなければならない。それは人間がその生前の本性に 
帰ることである。 


ひたすら聖人に及ばざることのみを考へてゐるところからは、決して行動のエネルギーは 
湧いてはこない。同一化とは、自分の中の空虚を巨人の中の空虚と同一視することであり、 
自分の得たニヒリズムをもつと巨大なニヒリズムと同一化することである。 


何故日本人はムダを承知の政治行動をやるのであるか。しかし、もし真にニヒリズムを 
経過した行動ならば、その行動の効果がムダであつてももはや驚くに足りない。陽明学的な 
行動原理が日本人の心の中に潜む限り、これから先も、西欧人にはまつたくうかがひ 
知られぬやうな不思議な政治的事象が、日本に次々と起ることは予言してもよい。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

111: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/03(水) 23:53:04
日本が貿易立国によつて進まねばならない島国といふ特性を有しながらも、アジアの 
一環に属することによつて西欧化に対する最後の抵抗を試みるならば、それは精神による 
抵抗でなければならないはずである。 
精神の抵抗は反体制運動であると否とを問はず、日本の中に浸潤してゐる西欧化の弊害を 
革正することによつてしか、最終的に成就されない道である。そのとき革新思想が 
どのやうな形で西欧化に妥協するかによつて、無限にその政治的有効性の方向に引きずられて 
いくことは、戦後の歴史が無惨に証明した如くである。われわれはこの陽明学といふ 
忘れられた行動哲学にかへることによつて、もう一度、精神と政治の対立状況における 
精神の闘ひの方法を、深く探究しなほす必要があるのではあるまいか。 

三島由紀夫「革命哲学としての陽明学」より

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/06(土) 14:19:20
かっこいい

193: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/29(月) 11:15:44
天地の混沌がわかたれてのちも懸橋はひとつ残つた。さうしてその懸橋は永くつづいて日本民族の上に永遠に 
跨(またが)つてゐる。これが神(かん)ながらの道である。こと程さ様に神ながらの道は、日本人の 
「いのち」の力が必然的に齎(もたら)した「まこと」の展開である。(中略) 
神ながらの道に於ては神の世界への進出は、飛躍を伴はぬのである。そして地上の発展そのものがすでに神の 
世界への「向上」となつてゐるのである。かるが故に「神ながらの道」は地上と高天原との懸橋であり得るのである。 
神ながらの道の根本理念であるところの「まことごゝろ」は人間本然のものでありながら日本人に於て最も 
顕著に見られる。それは豊葦原之邦(とよあしはらのくに)の創造の精神である。この「土」の創造は一点の 
私心もない純粋な「まことごゝろ」を以てなされた。 

平岡公威(三島由紀夫)16歳「惟神(かんながら)之道」より

194: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/29(月) 11:17:23
「まことごゝろ」は又、古事記を貫ぬき万葉を貫ぬく精神である。鏡――天照大神(あまてらすおほみかみ)に 
依つて象徴せられた精神である。すべての向上の土台たり得べき、強固にして美くしい「信ずる心」であり 
「道を践(ふ)む心」である。虚心のうちにあはされた澎湃(はうはい)たる積極的なる心である。かゝる 
積極と消極との融合がかもしだしたたぐひない「まことごゝろ」は、又わが国独特の愛国主義をつくり出した。 
それは「忠」であつた。忠は積極のきはまりの白熱した宗教的心情であると同時に、虚心に通ずる消極の 
きはまりであつた。 
かゝる「忠」の精神が「神ながらの道」をよびだし、又「神ながらの道」が忠をよびだすのである。かくて 
神ながらの道はすべての道のうちで最も雄大な、且つ最も純粋な宗教思想であり国家精神であつて、かくの如く 
宗教と国家との合一した例は、わが国に於てはじめて見られるのである。 

平岡公威(三島由紀夫)16歳「惟神(かんながら)之道」より

195: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/29(月) 13:25:41
僕らは嘗て在つたもの凡てを肯定する。そこに僕らの革命がはじまるのだ。僕らの肯定は諦観ではない。 
僕らの肯定には残酷さがある。――僕らの数へ切れない喪失が正当を主張するなら、嘗ての凡ゆる獲得も亦 
正当である筈だ。なぜなら歴史に於ける蓋然性の正義の主張は歴史の必然性の範疇をのがれることができないから。 
僕らはもう過渡期といふ言葉を信じない。一体その過渡期をよぎつてどこの彼岸へ僕らは達するといふのか。 
僕らは止められてゐる。僕らの刻々の態度決定はもはや単なる模索ではない。時空の凡ゆる制約が、僕らの目には 
可能性の仮装としかみえない。僕らの形成の全条件、僕らをがんじがらめにしてゐる凡ての歴史的条件、―― 
そこに僕らはたえず僕らを無窮の星空へ放逐しようとする矛盾せる熱情を読むのである。決定されてゐるが故に 
僕らの可能性は無限であり、止められてゐるが故に僕らの飛翔は永遠である。 

平岡公威(三島由紀夫)21歳「わが世代の革命」より

196: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/29(月) 20:11:06
名文だ

203: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/03(金) 22:18:57
良スレ

206: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/04(土) 19:41:24
吉田松陰が「狂」といふことを盛んに言ひ出したのは晩年ですが、やはり松陰の時代にも、全てをシニカルに 
見てわらひ飛ばすやうな江戸末期の民衆の世界があつたわけで、とにかく毎日が楽しければよく、明日のことなど 
考へる必要がないではないか、お国なんかどうなつてもよいといふやうな民衆の心理的基調があつた。 
さういふ基本的メンタリティがあつたわけです。さういふ状況の中で、松陰は、孤立して狂つてゐるのでは 
ないかと疑はれるほど精神が先鋭化していくのを自覚したに違ひない。そして、松陰が異常に孤立した、 
自分一人しかゐない、自分が狂人だと思つた段階から明治維新は動き出したわけです。 

三島由紀夫「『孤立』ノススメ 六、松陰は狂はなければならなかつたといふことについて」より

210: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/07(火) 10:16:51
悲劇というのは、必然性と不可避性をもって破滅へ進んでゆく以外、何もない。人間が自分の負ったもの、 
自分に負わされたもの、そういうもの全部しょって、不可避性と必然性に向かって進んでゆく。ところが現実生活は、 
必然性と不可避性をほとんど避けた形で進行している。偶然性と可避性といいますか、そうして今の柔構造の 
社会では、とくにそういうような、ハプニングと、それから、可避性といいますか、こうしなくてもいいんだ 
ということ、そういうことで全部、実生活が規制されてしまう。 
そうするとわれわれも、ある程度、その法則に則って生活しなくては生きられないわけですから。それで来週の 
水曜日、帝国ホテルで会うということについても、ある程度、迂回作戦をとりながら、その現実に到達するために 
努力する。ところが、芸術では、そんなことする必要はまったくないのですから、来週の水曜日、会えないところへ 
しぼればいいわけですよね。ぼくにとっては、そういう世界が絶対、必要なのです。それがなければぼくは、 
生きられない。 

三島由紀夫 
三好行雄との対談「三島文学の背景」より

223: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/10(金) 14:52:46
遊び、娯楽、といふものは、むやみと新らしい刺戟を求めることでもなく、阿片常習者のやうな中毒症状を 
呈することでもなく、お金を湯水のやうに使ふことでもなく、日なたぼつこでも、昼寝でも、昼飯でも、 
散歩でも、現在自分のやつてゐることを最高に享楽する精神であり才能であらう。(中略) 
プロ野球見物と庭の水まきと、どつちが現在の自分にとつてもつともたのしいか、といふことに、自分の本当の 
判断を働らかすことが、遊び上手の秘訣であらう。世間の流行におくれまいとか、話題をのがさぬやうにとか、 
「お隣りが行くから家も」とか、「人が面白いと言つたから」とか、……さういふ理由で遊びを追求するのは、 
人のための遊びであつて、自分のための娯楽ではないのである。 

三島由紀夫「社会料理三島亭 折詰料理『日本人の娯楽』」より

224: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/10(金) 19:56:30
良いね

231: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/14(火) 13:03:16
三島面白いな 
俺みたいな教養の無い中卒でも面白いと思える 
教養よりも感受性に訴える部分が大きい人かな

232: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/14(火) 17:25:29
>>231 
イメージよりも意外とユーモアのあるエッセイがありますね。

242: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/17(金) 23:30:18
私は日本のクリスマスといふのは、日本にすつかり土着した、宗教臭のない、しかもハイカラなお祭なのだと 
思つてゐる。オミコシをかついであばれまはる町内のお祭は、今日ではもう、ごく一部の人のたのしみになつて 
しまつた。ミコシをかつぐ若い衆も年々少なくなり、しかもどこの町内でも、ミコシかつぎが愚連隊に占領される 
おそれがあるので、折角のオミコシを出さないところもふえて来た。 
こんな町内のお祭以外には、紀元節も天長節も失つた民衆は、文化の日だのコドモの日だのといふ官製の 
舌足らずの祭日を祝ふ気にはなれない。そこで全然官製臭のない唯一のお祭であるクリスマスをたのしむやうに 
なつたのはもつともである。 

三島由紀夫「社会料理三島亭 七面鳥料理『クリスマス』」より

252: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/26(日) 20:46:35
西洋人の生活は、見かけ以上にしきたりに縛られてゐる。その点では日本以上である。その上、生活における 
様式の統一といふことを重んじる。手術室のメスみたいなナイフを使はうと思へば、まづ家全体を手術室風に 
デザインしなければならん。コタツに足をつつこんで、メス式ナイフで、トンカツをちよん切るなんて器用な 
ことは、西洋人にはできない。(中略) 
貧乏して裏長屋に住んでゐる詩人が、タバコだけは英国タバコを吸ふ。これが日本式ゼイタクであり、西洋への 
あこがれといふダンディズムである。裏長屋ならシンセイを吸ふはうが、様式的統一に忠実であり、かつ 
美的であるといふことが、どうしてもわからないのである。 

三島由紀夫「社会料理三島亭 アメリカ料理『グッド・デザイン』」より

253: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/12/28(火) 03:35:06
かわいい

337: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/02/28(月) 12:02:41.40
生きてゐる芸術家とは、どういふ姿になることが、もつとも好ましく望ましいか。 
私は或る作家の作品を決して読まない。それは、その作家がきらひだからではない。その作家の作品を軽んずる 
からではない。それとは反対に、私は彼の作家としての良心を敬重してをり、作品を書く態度のきびしさを 
尊敬し、作品の示す芸のこまやかさと芸格の高さにいつも感服してゐる。それなのに、私は彼の作品を読まうと 
しないのである。 
何故かといふのに、私が読まなくても、彼は円熟した立派な作品を書きつづけてゐることがわかりきつてゐる 
からである。さういふ作品が彼を囲んで、ますます彼の芸境を高めてゐることを知つてゐるからである。 
さうなつた作家は、すでに名園である。いはば仙洞御所の御庭である。行かなくても、そこへ行けば、その美に 
搏たれることがわかつてをり、見なくても、そこにその疑ひやうのない美が存在してゐることがわかつてゐるからだ。 
だが、私は、自分の作品の、未完成、雑駁を百も承知でゐながら、生きてゐるあひだは、決してさういふ千古の 
名園のやうな作家になりたいとは望まないのである。 

三島由紀夫「『仙洞御所』序文」より

338: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/02/28(月) 14:01:22.67
なるほど

340: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/08(火) 17:34:11.10
若い世代は、代々、その特有な時代病を看板にして次々と登場して来たのであつた。彼らは一生のうちには必ず 
癒つて行つた。(と言つても、カルシウムの摂取で病竃を固めてしまつただけのことだが)しかしここに不治の病を 
持つた一世代が登場したとしたら、事態はおそらく今までの繰り返しではすまないだらう。その不治の病の名は 
「健康」と言ふのであつた。 
(中略) 
われわれの世代を「傷ついた世代」と呼ぶことは誤りである。虚無のどす黒い膿をしたたらす傷口が精神の上に 
与へられるためには、もうすこし退屈な時代に生きなければならない。退屈がなければ、心の傷痍は存在しない。 
戦争は決して私たちに精神の傷を与へはしなかつた。 
のみならず私たちの皮膚を強靭にした。面の皮もだが、おしなべて私たちの皮膚だけを強靭にした。傷つかぬ魂が 
強靭な皮膚に包まれてゐるのである。不死身に似てゐる。 

三島由紀夫「重症者の兇器」より

371: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/18(金) 19:59:29.95
三島由紀夫が今の日本を見たらどう思うのだろう

372: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/21(月) 12:05:14.76
>>371 
自衛隊の空母など、緊急災害時にも必要な自国の備えが、戦後60年以上たっても十分備わってないことに驚いているんじゃないでしょうか。

373: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/21(月) 21:41:42.95
親が子を殺したり、動機不明の衝動殺人が発生したり 
政治も右も左もなくてコロコロ総理変わったり 
男が女社会に負けて草食男子になるとか、もうすでに予見してたからね 

自衛隊の現状も予想の範囲内だったと思うよ
 

952: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/06/26(日) 08:32:35.30

伝説の人

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯51545
こじらせてんなあ……
♯51546
100年後には石原も美和も何も残らない。三島だけは残る。だからまあなに言われててもどうでもいいやん。
♯51547
こんなキチガイ推奨せんと精神保てん今の日本ってなんやねん
もう女全員殺して滅べや
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク