あらゆる物をAV風に紹介するスッドレ てんこもり。


powered by てんこもり。

あらゆる物をAV風に紹介するスッドレ

1: 名無し職人

我慢出来ない!私のナカから掻き出して!~耳そうじ陵辱編~

5: すなふきん
おま○○から飛び散る汁と熱気!身体と身体のエクスタシーコミニュケーション!! 
~浅草・三社祭のすべて~ 

おまつり・・・なわけね。

7: すなふきん
秘肉から滴り落ちる肉汁に貴女も悦楽の溜息! 

~幻の黒毛和牛フィレステーキ~

9: オナペッツ大将 ◆AMbE6oISVo
そんなに穴に指入れないで・・・あぁ・・1919~~~!!! 
~黒電話機~



10:  

絶対ヌケます。ヌキ所いっぱい。すっきりします!!
~脱毛機器~


12: 名無し職人

焦らしの極意!地獄の店員放置プレー
~ファミレス~


16: 名無し職人

毎日ニ穴責め!そんなに入れないで
~郵便ポスト~


17: 夜の_人@名無しさん ◆joNtVkSITE

割り箸で挟んで開いてかき混ぜて
アツいの残さず飲んじゃう

~カップラーメン~


24: 夜の_人@名無しさん ◆joNtVkSITE

優しく舐めて・・・
   そして激しく入れて・・・

~切手と葉書投函~


25: 名無し職人

>>24 ワラタ


26: オナペッツ大将 ◆AMbE6oISVo

白昼激撮!24時間放尿プレー!!

~小便小僧~


27: 梅次郎 ◆PmUMEjjBu2

そんなに激しく出し入れされたら、私、壊れちゃうっ・・・!

~タンス~


30: zman

駅前に立つ汚れ泣き美少女・・・
札束を握りしめた中年男の汚らしい指が、恥毛さえ生えそろわぬ割れ目に強引に差し込まれる!!!




「赤い羽根の共同募金に、ご協力ありがとうございました~」


32: 梅次郎 ◆PmUMEjjBu2

あどけない幼女がまわされる!泣こうが、わめこうがタダまわされる・・・


~メリーゴーランド~


33: 夜の_人@名無しさん ◆joNtVkSITE

>>30
>>32
オモロイ


35: 名無し職人

もっともっときつく・・・
食い込むぐらいにキツく縛ってください・・・
でないと、わたし壊れちゃう!

~小包~


36: 名無し職人

入り口にグリグリ挿れないで
下の口からいっぱい出ちゃう~!

~自動販売機~


37: 名無し職人

そんなにこのキノコが欲しいのか?
お前もスキモノだな…

~スーパーマリオ


40: 夜の_人@名無しさん ◆joNtVkSITE

止めて先生!そんな要求には答えられないわ
お父さんとお母さんが見てるの!

~授業参観~


45: zman

風采の上がらない小男が自慢げに見せびらかす白い粉

俺の金回りがいいのも、この粉のおかげだよ、イヒヒヒ・・・。
こいつを使えば、可愛い小学生の女の子だって、アソコからヨダレ流して大喜びさ。

美女が、美少女が、今日も悪魔の白い粉に魂を奪われる!。




~中華街の隠し味・グルタミン酸ナトリュウム~ 


46: 名無し職人

あん!あん!あん!

~ドラえもん~


48: 93mm

すべて生!生!生!

~ビアホール~

>>46 うまいなぁ


56: 夜の_人@名無しさん ◆joNtVkSITE

ねちょねちょになるまでかき混ぜて・・・
色が変わるまで!

~ねるねるねるね~


60: 名無し職人

夢の5P!ダブル突きにダンク突き!!


~バスケットボール~


61: 名無し職人

視姦される女~毎日見て~

~モナリザ~


64:

奥さん、初めてじゃないんだろ?
初めてじゃなきゃ、このヌルヌルしたもんあげられねえなぁ。
え、正直に答えてみろよ。本当は欲しいんだろ?

~ドモホルンリンクルお試しセット~


65: 名無し職人

触って、押して、叫ぶ私を黙らせて・・・




~目覚まし時計~


66: らいおん

そんな、指を突っ込んだりして・・・
ああっ、人差し指だけじゃなくて中指にもなのっ!?
指に入れたら・・・やっぱりお口に入れるのね。ああ・・・


~とんがりコーン~


67: 名無し職人

三つの穴を同時に塞ぐなんて・・・
立ったままの固い棒、もうこれ以上Gスポットを責めないで

~ボウリング~


69: 名無し職人

暗がりで息を潜め楽しむ人々・・・終わっても立てないくらいの興奮・・・
その快楽を求め今日もまた大勢が訪れる・・・

~映画館~


72: すなふきん

堪えきれない情欲に打ち震えながら秘肉は熱に悶え、油にまみれたその体躯は
舞台の上でわななく。最後は白濁液を縦横無尽にかけられまくる。


~お好み焼き~

最後にマヨネーズを網目状にかけるのは僕のこだわり(はぁと


73: 名無し職人

男の肉棒から放たれた液が私の中を満たしていく
もうダメ!そんなに出しちゃ溢れちゃう!

検尿コップ


74: すなふきん

今宵は雌となり雄となり、本能の赴くままにお楽しみ下さい。
ほら。ご覧なさい。貴女以外は皆さん全裸でしょう?
いいのです。ここでは全てのわだかまりを捨ててさらけ出せばいい。
始まる悦楽の宴。アソコでもソチラでもハメだした。
さぁ、貴女も・・・。



~サファリパーク~


75: すなふきん

汗を飛び散らせ、受け入れた経験のない秘肉に挿しまくる!
その上、火に晒される問答無用の加虐プレイ!


~焼き鳥屋さん うなぎ屋さんでもいいよ。~


80: 名無し職人

お願い!アナルだけはやめて先生!
皆に見られちゃう・・・出したくないの!


~ギョウチュウ検査~


81: 名無し職人

だめ~~はやく全部出しちゃって~!!
まだあふれてるのにそんな濃い物がーっ!!
ああ、だめ~~もう捨てられない~!!



~UFOのお湯を捨てる前にソースを入れてしまった~


84: 名無し職人

そんなに強くこすらないで…
せっかくの白いのが汚れちゃう…

~消しゴム~


90: へう

妹「だめだよ、恥ずかしいよ」
兄「いいじゃん、見せてくれよ」
妹「や、やっぱり駄目」
兄「小さい頃は見せあいっこしたろ」
妹「昔の話はしないで・・・」
兄「親父には見せてるじゃないか」
妹「だってパパには。。。」
兄「ほら、見せろよ」
妹「あぁ、恥ずかしいよぉ」
兄「お、すこし複雑になってるじゃん」
妹「そりゃ中学になって科目増えたんだもん」

~妹の通信簿を無理やり見る兄とその妹。~ (別板で発見)


91: 名無し職人

激しくしないで!
破れちゃう!
 ~金魚釣り~


98: 名無し

男「どう、僕の固いかい?」
女「やだ、固くて気持ちいい~、どうして男の人にしかついてないの?」
男「ほら、こうやって動かすとぉ」
女「やだぁ、ビクッ、ビクゥッって波打ってるぅ~、すごいわぁ」


~ 女、男ののど仏を触るの巻 ~


101: 名無し職人

うっ!

~マンボ~


104: 名無し職人

美しいヒダを心ゆくまでマンキツ


~岐阜観光~


105: オナペッツ大将 ◆AMbE6oISVo

>>104
出来る・・・!


106: 名無し職人

そうだ、そうそう、ゆっくり口に入れるんだ。のどの奥までイクぜ。
絶対に歯を立てるなよ!

~胃カメラを飲む~


108: 名無し職人

甘い香りを放つ、剥き出しになったクリを口に含み、舌先で転がした…


~甘栗むいちゃいました~


110: 名無し職人

「全部飲むんだよ」
その言葉に女は頷き、白濁液をゆっくりと飲み干した。
「……不味い。」

~バリウム~


114: 名無し職人

むっちりとした肉体!激しくゆれる巨乳!白いものをかけた後で
汗だくになって激しく突かれる!!
いやあ!そんなに食い込ませないで、みえちゃう!

~大相撲 夏場所~


122: 名無し

多くの人に視姦されながら、奴の手があのワレ目伸びていく
みなは、何もできずにワレ目に入っていくさまをただ見守るしかなかった
そして、そのワレ目に手を突っ込んだ奴は手をそっと抜きだし、、、
自信に満ち足りた声で、こう叫ぶのだった。。。




「どこでもドア~」


127: 名無し職人

ほんのり赤みを帯びた柔肌と、
艶やかに濡れた背中のライン。
男は理性を失いむしゃぶりつく


~秋鮭入荷~


129: 名無し職人

もうダメ、我慢できない…
漏れちゃうッ!

~原子力発電所~


131: 名無し職人

>>129
(((;゚д゚)))


149: 絶望大好き

お願い・・・じらさないで
早くイカせて・・・・


渋滞中


151: 名無し職人

どんどん抜けよ

~献血~


153: 名無し職人

もう、止まらない。止まらないよぅ
勝手に勝手に、あとからあとから出てきちゃうのぉ
お願い、よく見て、ほらぁ
もう、自分じゃどうしていいかわからないのぉ
壊れちゃう、このままじゃ壊れちゃうよぉ

~ブラクラ~


161: 名無し職人

>>153
スバラシイ


158: 名無し職人

彼女はシャワーを浴びた後に
何かを握って、先を口につけて、先端からこぼれ出る
白い液体を口にいれて、、「ゴクリっ」と・・・。
最後に、「おいしかった」っと一言。

~牛乳~


185: 名無し職人

>>158
なかなか上手いな


171: 名無し職人

もう我慢できないよ…ほら、こんなに熱くなって…
食べてもいいよね。 んっんぐっにちゃにちゃ…じゅるっ
キミの中…熱くてトロトロで…すごくおいしい。

~たこやき~


172: 名無し職人

パンッ! パンッ! パンッ!

いやぁっぁっ そんなっに激しくっ しないでっ

パンッ! パンッ! パンッ!

ひやぁあっ いっ いたっ 痛いっですっ

パンッ! パンッ! パンッ!

あああぁっ 気持ちよくっ なっちゃうっ あっ


~母に叩かれる布団~


174: 名無し職人

すごい、すごいよ
何もかも滅茶苦茶になっちゃう
嗚呼、お願い。もう、やめて!
ダ、ダメ。誰か助けて・・・

~大地震~


181: 名無し職人

ちょっと毛深いあいつの秘密
深奥にしたたる甘酸っぱい淫汁

~キウイ~


183: 名無し職人

私はいつも指先で軽く弄ばれる・・・
それでも私は彼に逆らえない。
「いくぞ・・・もうすぐ・・・」
誰に呟いているの・・?私・・?それとも・・・?
悲しい気持ち、でも彼の命令にはそむけない
私に声を出させようとする彼、ああ、もう、もう・・・

「まもなく目的地です」~Byカーナビ~


187: Ar ◆Argon2R80M

沢山注ぎ込んでやるからな、どんどんどんどん 
ほらどうだもうダメか?もういっちゃうのか?ん?
カッコーン

~鹿おどし~


189: 名無し職人

カッコーン ワラタ


203: 名無し職人

なんでも欲しがる育ち盛りの女子高生たち。
学校帰りの制服のまま、本能の命ずるままに身を委ね、
涎を流しながらむしゃぶりつく。

もう、手はべたべた、お口の中ぐちょぐちょ……
こんなことばっかりしていちゃ、だめだってわかってるのに……
でも、もう止まらないの! もっともっと頬張りたいの!
アレを包んだのに残ったクリームだって舐めちゃうから!

~ケーキバイキング~


207: 名無し職人

まだまだイクよっ!

~巫女みこナース~


208: 名無し職人

ワラタw


212: 名無し職人

そんなにっ・・・器用に・・・いじっちゃやあん・・
もうアタシの体っ・・・どうにかなっちゃうぅ!
開いて!もっと開いて触ってぇぇぇ

アジの開き


294: 名無し職人

>>212
素晴らしい


231: 名無し職人

私の喉の奥にその熱い、
その黄色い汁を飲ませて。
あぁ・・・・美味しい

~HOTレモンティー~


240: 名無し職人

三角関係の近親相姦!
東京大○の女教師が手ほどき、
学校では教えないことまで完全網羅!
あの体位からあの関係まで無修正!

~数学の参考書~


242: 名無し職人

だめ。そんなに速くクリクリしないで。開いちゃう開いちゃう
~マウス~


243: 名無し職人

そんなに私のおツユが好きなの?
もうこんなに溢れてるじゃない。
わがままいわないの!
早くワタシを 食・べ・て!



吉野家


244: 名無し職人

か・・・顔に・・・かけて・・・



眼鏡


258: 名無し職人

>>244
禿藁


255: 七誌職人

だ・・・ダメぇ・・・
もっと・・・優し・・・く・・・アハァッ!お願い!
もっと・・・!優しくして・・・くれなきゃ・・・
壊・・・れ・・・ちゃう・・・



豆腐


277: 名無し職人

ああ…ベガ…ベガ…ベガァ…!!イイ!いいのぉぉ!!
すごく御得だから、買わなきゃだめぇぇぇえええ?!あぁぁー!


高田社長


304: 名無し職人

私、この間、背後からおじさんに無理矢理足を開かされたんです。
私の細い足を強引に掴んで‥すごい力だった‥

そしてそのまま背後から私の小さな穴に顔を近づけてきたんです。
いや、覗き込まないで!おじさんの熱い息がかかる‥

おじさんは、私の小さな穴を覗き込んだまま手を前に伸ばして来て、
私の敏感な所をくりくりっといじってきたんです。
私はぼおーっとしてきちゃって、周りがぼやけて見えちゃった。
ううん、しっかりしなきゃ‥このままじゃダメ‥このままじゃ‥


満足したかのような下品な笑い顔になったおじさんは、
今度は私のツンと立った突起に人差し指を当てて‥






「はい、チーズ!」ぱしゃ!


313: 名無し職人

>>304
(・∀・)イイネ


321: 名無し職人

嫌がり、泣き喚く少女を無理矢理連れ出した先には…
その手のプロがいた
男は少女がどんなに抵抗しても
慣れた手つきで色々な器具を使って少女を攻め立てる
いたいけな少女の悲鳴が今日も聞こえる。




~歯医者~


322: 名無し職人

いやあ! 入れないで!あ、あたし、もうダメ・・わ、わけわかんなくなっちゃう・・・
もうこれ以上入れないでぇぇぇぇぇl!





モー娘。


333: 名無し職人

>>321
ワロタ

>>322
すでにわけわからんっス


327: 名無し職人

>>322
ワラタ

303: 名無し職人
5,6人の男達が飢えた目をギラギラさせて一点を凝視していた。 

「おい、早くしろよ!」「もうちょっと待てよ、もうちょっとだから」 


「早く回せ回せ!」 







~中華料理の回る円卓

397: 歌であった
「握って欲しいの貴方の手で」 
「コスって欲しいのもっと強く」 
巨匠、流し台が描いた 


~亀の子たわし~

428: 名無し職人
どんなに拒絶されても、どれほど虐げられても、懲りずに 
ゆきずりの男にむしゃぶりつくストーカーM女の淫靡な執念・・・ 








「そんな、ひどい…。 ああああ様。私をお城まで 
連れて帰ってくださいますのね?」 

→いいえ 

「そんな、ひど(以下略

429: 名無し職人
>>428 
ワラタ 

むしゃぶりつかれずに済むには 
その女を監禁していた男を排除した後 
そのまま依頼人の所へ行ってしまえばよい(w

435: 名無し職人
一度は別れた。・・・あんな醜悪なデブ老人に、身も心も捧げた日々を呪った。 

彼の「空白」を埋めるべく、しゃにむに若い男達との不毛な快楽におぼれ・・・ 
だが、それでも、忘れられなかった。 

彼の濃密なテクニックを、そして、汗にまみれた愛欲の日々を。 

そして再会の日。 
恥も外聞もなく、すがりつき、涙を流し、懇願した・・・ 







「安西先生・・・・バスケが・・・したいです・・・・」

438: 名無し職人
>>435 
(つд`)

446: 名無し職人
>>435 
吹いた。だが1つ言わせてくれ「愛欲」ってナンダ?

637: 名無し職人
プロ野球板のスラムダンクスレからきました。ワラタよ。 

>>446 
吹いた。だが1つ言わせてくれ「愛欲」ってナンダ? 

バスケへの「愛」と全国制覇への「欲」でFA

465: 名無し職人
俺のフィンガーテクで黒々とそそり立ち、 
今夜も雄叫びを上げたかと思うと 
ビュビュッと飛んでいく… 


~鉄人28号

466: オナペッツ大将 ◆AMbE6oISVo
>>465 
滅茶苦茶壺

479: 名無し職人
すごい、なんてすごいフィンガーテクニック・・・ 
かつて味わったこともない指先に、もうフラフラ・・・ 
さんざんカラダを翻弄しておいて、あの男ったら、こう言ったんです。 






「お前はもう死んでいる」

480: 名無し職人

498: 名無し職人
時々、たまらなくなるんです。 
だから私、自分で…そっと中に指を入れちゃう… 
そうして、ゆっくり動かすの。キモチイイ…思わず目を閉じちゃう… 
でもやっぱり長いアレの方がいいわっ!奥までいっぱい届くから! 

耳かき

518: 名無し職人
だめぇ、もっと欲しいの… 
もう穴がないけれど…まだまだ足りないの… 
でもこれ以上入れたら溢れちゃうぅぅ~ 




~巨人の補強~

522: 名無し職人
>>518 
ョィ

519: れんが( ̄ー ̄@) ◆jseveyiaV2
クチュクチュ・・・ 
ペッ 


~歯磨き後のうがい~

566: 三投少尉 ◆1FWZFPDW9c
「いい具合だ、もうこんなに入っちゃったよ?」 
執拗に繰り返されるピストン運動…私は今日も奉仕する。 
もうダメ…ぇ・・・これ以上入れちゃダメ…も、漏れちゃいますよ…。 
「まだいけるかな?うっ、少しキツくなってきた。」 
私の言葉は耳に入らない。 
むしろご主人様のピストンは激しさを増し、ギシッ!ギシッ!と軋んだ音が辺りに響く。 
もうダメ!限界!抜いて!早く抜いて!ああーっ!出ちゃう!プシッ、プシューッ…! 


~自転車の空気入れ~

578: 名無し職人
監禁された美少女。家から一歩も外に出してもらえない。服も着せてもらえない。 
初めての生理がきたら、すぐに避妊手術をされた。 
オシッコやウンコもトイレでさせてもらえず、人前で・・・ 


~家猫~

593: 名無し職人
うっとりした顔で棒をくわえる女。「おいしい・・・」 

~喫煙~

597: 名無し職人
ほーら、スケスケだからお前の汚らしいモノが丸見えよ。 
もっときつく縛りなさいよ。 
あら、もう中からお前の汚いものが飛び出しそうね。 
こんなところでぶちまけたら承知しないわよ。 



~ゴミ収集所のババァ~

598: 名無し職人
>>597 
(・∀・)イイ

641: 名無し職人
年端もいかぬウブな田舎娘の、渾身のご奉仕・・・ 

その情熱的な刺激に我慢できず、なよなよとした肉塊は、 
ゆっくりと、だが力強く立ち上がった。 

信じられないその屹立に、彼女は頬を赤らめ、目に涙を浮かべ・・・ 
感極まって叫んだ。 









「クララが・・・クララが立った!」

644: 名無し職人
>>641 
名作

650: 名無し職人
女は男の上になり、激しく腰を上下する。 
息を弾ませ、やがて耐えられなくなって叫ぶ。 
はぁはぁ…んっ…ねぇ、いくぅ…早くっ 
一緒に…いくの、いくー! 

マミちゃん、ダメよ、パパねんねしてるから。 
遊園地行くの、パパ起きるまで待ってね。

651: 名無し職人
>>650 
かわいい

657: 名無し職人
いやっ! アツいの・・・体がアツイの! 
アンタみたいなイジメられっ子に責められて・・・ 
こんなに燃え上がるなんて・・・くやしい・・ 

あ・・あんたなんかにイカされるくらいなら・・・ 
も、もう、じ、自分でイッてやるわ! 

こ、この長くて黒光りする道具を突っ込んで・・・うッ 
ッああああああああッイクイクイクイクゥッ!!! 




織田信長 本能寺で自害

658: 名無し職人
いくいくと言いながら 
カレは… 
中で 果てました… 

>>657

659: 名無し職人
657-658 
ワラタ

148: 名無し職人

このスレで2回ほど抜きますた。

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク