【生涯学習】文章の能力を伸ばしたい てんこもり。


powered by てんこもり。

【生涯学習】文章の能力を伸ばしたい

1: しょう

文章の能力を伸ばしたいのだけどどのような訓練を
するとよいでしょうか??

3: 名無しさん@お腹いっぱい。
その手の本を読むとか色々。

126: 音楽奴隷 ◆5c/UstWSY.
>>1 
好きな作家の本をひたすら乱読。 
できれば小説よりも、歴史書などのノンフィクションがいい。

4: 名無しさん@お腹いっぱい。
小論文対策?なら、とりあえず日経新聞をとって、毎日読め。



106: 名無し生涯学習

>>1
スティーヴン・キング
「小説作法」を一読してはどうだろう?

作者が作家を志す人のために書いた本だが、
一般人が読んでも良い本だと思う。
書くことについて (小学館文庫)
スティーヴン キング
小学館 (2013-07-05)
売り上げランキング: 1,950




5: 名無しさん@お腹いっぱい。

良スレの予感。

>>4
の言うように、新聞を読んで、表現やボキャを増やすのもいい。


7: 名無しさん@お腹いっぱい。

話すことを我慢する。
我慢すると途中で切れて、別な方法で自己主張したくなる。


10: 名無しさん@お腹いっぱい。

学校では教えてくれない分野だな。
文章の組み立て方や表現方法のテクニックなどの
本格的な教科書を見たことが無いんだけど、あるの?。


15: 名無しさん@お腹いっぱい。

1さんが「文章の能力」という視点を持っていることに共感します。

教養課程の英語の演習で、論文作成法というのを取ったことがあり、
目からウロコでした。その教科書はアメリカの高校生向けのものだっ
たのです。「論理的かつ明解に書く技術」が、欧米では基礎的能力
と考えられているのに対し、日本では大学生になってもキチンと教
わる機会がないのだということにショックを受けました。

「最初に問題と結論と論述の段取りを書く」とか、「1センテンス
の長さに気をつける」とか、「論旨展開と一致する接続詞だけを使
う」とか、我々は経験則で体得してきたわけですが、これが体系的
に身につけられたらいいですよね。

ちゃんとした文章を多く読んで肌で体得するということも必要だと
思いますが、例えば少し前に流行った下記の本はどうでしょう。

大野晋『日本語練習帳』(岩波新書(赤), 1999)


この本は単に語彙や文法の妥当性に留まらず、日本語の特性を充分
踏まえた上での論旨展開法なども総合的に採り上げています。
日本語練習帳 (岩波新書)
大野 晋
岩波書店
売り上げランキング: 7,283




18: 低俗な人

俺も、文章の能力を伸ばしたいですね~。
やっぱり、自分の伝えたいことを相手にしっかりと伝えたい。
わかりやすく。
小論文対策とかじゃなくて。

>>15 さんの紹介してくれた本、さっそく読んでみることにします。


20: 名無しさん@お腹いっぱい。

>>18
うん、説得力のある文章書きたいね。


17: 7

論文の書き方を提示している参考書や有名な小説家なんかの文章を参考に
して文章を書こうとしているのは、自分の書いた文章を他人に評価されたいから。。。
重要なのは表現力より、思考したことをいかに文章で正確に表現するか。
心をオープンにした文章は表現方法が幼稚でも読んでいて面白いよ。


24: 名無しさん@お腹いっぱい。

書きながら、何度も頭の中で読み返すと文章うまくなるよ。
あとね、誰が読むのかを考えながら書くとよい文章が書けるよ。


27: 名無しさん@お腹いっぱい。

日記でもなんでも軽い文章でいいからとりあえず毎日書いてみよう。
そのうち直るよ。


30: 名無しさん@お腹いっぱい。

日本語練習帳ですか・・・・
哲学や論理学で高名な、野矢茂樹さんが暗に批判されて
いらっしゃいますね。論理的な破綻が生じていると。。
さて、否定的なことばかり書くと批判されそうなのでお勧めをいくつか。


「論文の書き方」 清水幾太郎
明治生まれで故人ではあるが、知識人に文章上で多大な影響を与えた。
論文の書き方 (講談社学術文庫)
澤田 昭夫
講談社
売り上げランキング: 8,441



「文章を書くこころ」「日本語の論理」 外山滋比古
平明で論理的な日本語を書かれる。この方の文章はとても平易であるので
入門書としても最適と思われる。
文章を書くこころ―思いを上手に伝えるために (PHP文庫)
外山 滋比古
PHP研究所
売り上げランキング: 193,975



「ロジカルシンキング」 照屋華子 岡田恵子
作文に不可欠な論理的思考能力を鍛えるには最良の本。
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
照屋 華子 岡田 恵子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1,819


何れにしても、言語能力向上に必要なのは、論理的に書かれた本を
黙読ではなく朗読すること。それも一回ではなく、何回も何回も暗誦
できるくらい繰り返し朗読すること。それと、毎日日記をつけ、それも
声に出して読むこと。

努力すれば作文に関しては必ず報われます。
がんばって。


31: 名無しさん@お腹いっぱい。

読むこと。
それにつきる
inputが無ければoutputは無い


32: 名無しさん@お腹いっぱい。

ひたすら読み、そしてひたすら書くことじゃないっすか?
読み終えた本の読書感想文書いているんすけど数年前の感想文よりも
ずっと良くなってきていると知り合いからいわれます。

『ロジカルシンキング』は僕もお薦め(感想文をHPにおいてます)
あと『論文のレトリック』も参考になると思います。
論文のレトリック (講談社学術文庫)
沢田 昭夫
講談社
売り上げランキング: 98,542




33: 名無しさん@お腹いっぱい。

文章に内容がなければ
テクニックだけ磨いても訴えかけることはできないよね。
いろんな考えと接して、いろんな人と話して、いろんな所行って見て感じて
アンテナをどんどん磨く事や、自分の考えをしっかり持つことも大切だよ。


42: 名無し生涯学習

2chのログも文章だから読んでると文章力あがるんじゃない?


45: 名無し生涯学習

>42
それはないと思う。
村上春樹は、「小説書く前は雑誌とかを読まないようにしている。変な癖
が移るから」みたいなことを言ってたよ。
やっぱりちゃんとした文章を読まないと駄目でしょ。


46: 放送大学昨日卒業

新聞のコラムしかお手本にしてない文章って、
作りもん臭くって見てらんないよ。

自分がどんな文章書きたいかよーく考えて、
お手本は厳選した方がいいよ。

例えば、

論理的な思考力をつけたい
→岩波新書(誰かがあげてた『論文の書き方』良いと思う)、
放送大学のテキスト(人間の探求専攻あたり)

多くの知識や事柄を短い文章で簡潔に示したい
→新聞記事
立花隆

きれいな文章を書く
→自分がきれいだと思う文章の小説を読む

どうっしょ?


59: tohtoshi@message

文章の能力を伸ばすには、
文章表現の上手と言われてい書物を沢山読む。→→→ベストセラー本。
上手な文章表現の解説した書物を読む。→→→ポイントが説明されている。
思い付いたことを書いてみる。
読んでみる。→→→訂正する。


93: 名無し生涯学習

【小論文を学ぶ】・・・長尾達也著、山川出版社刊

この一冊を読めば十分文章は書けるようになる。
知識やテクニックだけじゃなくて世界観が身に付く一冊。
小論文を学ぶ―知の構築のために
長尾 達也
山川出版社
売り上げランキング: 49,251




96: 名無し生涯学習

読書感想文書くのって結構役に立ってたとおもう。


99: 名無し生涯学習

機関紙(新聞)を書かなくてはならなくなったのですが、
何かいい参考書などありますか?


101: 名無し生涯学習

>>99
朝日・毎日など、新聞読め、真似しろ。
題材を自分で決めて、朝日風・毎日風・自分風と、書いてみろ。
新聞で大切なことは、正しい言葉を使う、わかりやすい、それをいかに
少ない文字数で書くかだ。


102: 名無し生涯学習

>>101
新聞ばかりだとかたい表現がしみついてしまう。
やはり市販の小説を丸暗記する以外に最短ルートはない。
とにかく音読、音読、ひたすら音読、それだけだ。
一~二ページ音読したら、もう一回そこまで音読し、二十分待つ。
それからもう一度同じところを音読し、また最初に戻る。
寝る前にもう二回ほど音読して、何もせずにすぐさま寝る。
起きたらすぐに同じところを三回くらい音読する。
その日は、例えば昨日読んだところがp1とp2だったら、
まずp1、p2、p3、p4を通して前回と同じようにやる。
確かに時間はかかるが、この方法を続けてしばらくすると、
加速度的に暗記に要する時間が短くなってくる。
ひとつ注意としては、始めたら必ず二週間は続けることだ。


110: 名無し生涯学習

最低限の日本語のルール(文法)をマスターしたあとは
どのような文章を書きたいかによって、磨くべき文章力は異なる。

・小説→表現力豊かな文章を書きたい
・論文→論理的で説得力のある文章展開をしたい
・記事→簡潔で的確な表現な文書表現をしたい
・説明文→平易で分かりやすい文章を書きたい

などなど(まあ、重複があったりもすると思うけど)。

文章を書く目的や動機は人によって異なる。
それを一括りにして、一つの画一的な方法を押しつけちゃいかんよ。


113: 名無し生涯学習

清水義範の本はカナリいいよ!!
「文体模倣」つまりイロイロな文体を特徴的にとらえパロディーにしている。
「日本語の乱れ」「似ッ非イ(エッセイ)教室」「国語入試問題必勝法」「ごみの定理」がお勧め。
日本語の乱れ (集英社文庫)
清水 義範
集英社
売り上げランキング: 473,448

国語入試問題必勝法 (講談社文庫)
清水 義範
講談社
売り上げランキング: 57,954

ゴミの定理 (講談社文庫)
清水 義範
講談社
売り上げランキング: 1,325,214




114: 名無し生涯学習

清水義範には同感ですな。
理系の論述形式で様々なものに定義づけしたり、素人が書いた小説をポルノ作家が添削したり
子供に比喩の技法を教えたり・・。
短編だから読みやすい。


118: 名無し生涯学習

いい文章とは簡潔で読みやすい文章だと思う

やたら漢語を用いたりして小難しく書かれてたり
ながながと一文がやたら長いのは逆に嫌われる
歴史小説はべつだけど


127: 名無し生涯学習

文学的文章なら好きな作家の文章をひたすら書き写したり、打ち込む。
なんとかうずきって奴がこれやってたらしい。
論理的文章なら本田勝一の『日本語の作文技術』で「、」の打ち方とかを勉強する。


129: 名無し生涯学習

文章の能力ってゆーと何かテクニカルなものを想像してしまうけど、
自分の伝えたい事を読み手に伝える一番大きな力っていうのは、
テクニカルな部分からは生まれないと漏れは思うな。やっぱり書き手が
どういうイデオロギーを背景にして、どういう思想を持っているのかって事を
明確に示す必要があるんじゃないかと。 ハートっつーか、その人の人間性?
「自分はこうこうこういうイデオロギーを背景に、こういう思想を持ってるぜ!!」
みたいな。そういう確固たる思想を持っている人の書く文章ってのは、やっぱり
パワーが違うというか、多少言葉足らずでも「読者に読ませる力」を持ってると思う。

・・・しかしこういう漏れの文章もひどいなw 切腹!


146: 中卒まん 投稿日:2006/05/28(日) 16:19:16

会社に勤めて普通に報告書とか書いてたら文章なんかある程度うまくなる。
わけのわからん文書かいてたら書き直しさせられるからね。


170: 名無し生涯学習 投稿日:2006/11/04(土) 09:32:51

 個人的な意見ですが、哲学の勉強をおすすめします。
 哲学の文章は難解である場合がかなり多いのですが、あれはわざわざ難解を誇るためにあのような書き方をしているわけではありません。
 書く側からすれば十全に意見を述べたいために結果的に難解になってしまっているわけです。
(中にはそうでもない人もいらっしゃるようですが)
 論旨筋道を間違えないよう、正確に厳密に表現する訓練になると思います。
 ただし、これは論理的な文章を書くための訓練になりますが、文章を読みやすくするための訓練にはあまりなりません。
 読みやすさを学ぶためには、やはり古典を読むのがよいと思います。
 読みにくい文章、つまり悪文だと、「古典」として現在まで伝わることがなく、時代に淘汰されてしまいます。
 読みやすく作品としてすばらしいがゆえに、多くの人に読まれ、文章の規範の位置づけで残っています。
 また、豊かな表現のためには知識は多ければ多いほど一般によいので、多方面に興味を持ち続ける姿勢があればよろしいかと。
 ちなみに新聞のコラム等は「お情けで及第点」ぐらいでしょうか。大部分がやっつけ仕事ですから。(ただしあの程度で可とするならばそれもよし)


171: 名無し生涯学習 投稿日:2006/11/04(土) 12:37:16

本を読んで「いい文章だなぁ」と思う箇所に出会ったらマーカーを引きます。
できれば手帳かケータイに書き写し、ネタ帳をつくって自分のボキャブラリーを増やします。
とりあえずいい文章を探しまくりましょう。


174: 名無し生涯学習 投稿日:2006/11/10(金) 05:39:45

>>171
それはいい方法だね! 早速実行してみます。トンクス


184: 名無し生涯学習 投稿日:2006/11/18(土) 23:33:08

>>171
それは単なるパクリ


232: 強運 投稿日:2011/03/06(日) 19:36:40.45

>>184
それがうまくなる方法の一つ。
パクルだけじゃダメってだけの話。
まずはパクリから。レベルが上がったらパクッた文にアレンジを入れられるよ。


181: 名無し生涯学習 投稿日:2006/11/17(金) 14:34:32

 論理的な文章を書くためには、その筋道に誤りのない文章を書けばいいわけですが、はやり一番いいのは論理学の基礎の勉強でしょう。
 あまり難しいところまでする必要はないと思います。
 一例を挙げますと「対偶」を知っているだけで、無茶な文章は書かなくなると思います。


202: 名無し生涯学習 投稿日:2007/01/25(木) 00:58:58

私は楽しんで学習できないと続かない性格なので、
ドラマや映画のプロットを書いて、楽しみながら文章力を鍛えています。

去年、インターネットシナリオスクールなるものを発見し、
軽い気持ちで飛び込んだところ、楽しくなってしまいました。
元々は仕事の企画書作りのために、文章力の向上を目指していたのですが…
やめられそうにありません。。


199: 名無し生涯学習 投稿日:2007/01/10(水) 23:23:49

2chの箇条書きの文を利用して

その文に接続語をつけて、とりあえず適当な文章にする。
文章を組み替えて
結(結論)・挙(結論の経緯)・展(別の結論の場合)提(最終的提案)
とする。
提案で相手がOkならそのまま進める。

でもまあ何だかんだ言って、難しいですわ
ひたすら把握しながら読んで書いてですね。


205: 名無し生涯学習 投稿日:2007/02/09(金) 07:03:08

>でもまあ何だかんだ言って、難しいですわ
>ひたすら把握しながら読んで書いてですね。

文章能力については基礎的能力(素質)は誰でも十分あると思うので、後は寧ろ
「ただ書く」ことだと思う。
把握だとか、構成だとか、そういう技巧的なことを考える前に、量的にある程度を
こなしていれば、自然に文章能力は向上する。
先ずは日記のようなもので毎日数ページを書くようにすれば、1ヶ月もやればかなり
力がついてくる。自分の場合は「字が下手、漢字を知らない」という2重苦なのだが、
1ヶ月間、毎朝1時間、適当に思いつくことをダラダラと書いていたら文章も字も
かなり旨くなった。漢字も意識的に憶える癖がついて、このごろは電車を待っていても、
漢字を見つけたら憶える癖がついて、だいぶ書ける漢字が増えた。まだメモ帳や
ノートを綺麗に書けるレベルにはならないが、それでも前よりは随分ましになった。
勉強したノートが出来上がっていくのは結構楽しいものだ。


213: 名無し生涯学習 投稿日:2007/11/09(金) 09:51:26

文書能力を高める意識を持って、日記を書こう。
只漠然と、書いてもダメです。


218: 名無し生涯学習 投稿日:2008/12/13(土) 15:39:43

良スレですね。

文章は自分が知識も興味もないことについて書くように言われても書けないよね。
その点でプロの文章書きの人は大変だよね。楽しみで書くのと仕事で書くのとは天と地の違い。
入試や就職試験での小論文は与えられた課題の当たりはずれが大きいので、本当に
その人の潜在能力を測ることができるのかは疑問だな。
自分は運が良かった方だけど。


251: 名無し生涯学習 投稿日:2014/03/15(土) 16:25:26.03

 文章を書ける人と書けない人の違いはなにかというと文章を書く量。
文章を書けない人は圧倒的に量が少ない。先ずは書く量を増やすことだろう。
とにかく量を書けばそのうち文章の感覚は身に付く。
 次には書くべきことがあって書いているかどうかだ。
 最近の朝日新聞の天声人語など下手な文章が多い。鼻につくし、文章が臭い。
何故かというと、知識だけを集めて実際の現場を知らない。本来語れる物、語りたいもの
がなにもないのに職業的に浅いテクニックで無理やり書く。なのでくだらないことしか
かけない。


254: 名無し生涯学習 投稿日:2014/04/16(水) 12:45:16.01

学習効果というのは良きに付け悪きにつけ少しづつ出てくるので、常に良い学習を
心掛けていると徐々に上達してくる。文章というのは結局のところは技術というよりは
内面の反映だろうから、いくら文章力をつけようとしても内面の成長をほったらかし
にしていては上達しない。例えば坂口安吾が絶賛した勝夢酔の独言などは文章の形式
としては出来が悪いが自由奔放で非常に素晴らしい文章になっている。
 ならば取り立てて文章修業などしなくてもいいではないかという声も聞えてきそう
だが、これは逆で寧ろ
 「文章を書くことを通じて内面的に成長する」
と考えた方が良いように思う。
 論文の書き方だとか小説の書き方だとかの中には書くための技術を重視するものも
多いが、そういうものを練習する必要はあまりないと思う。

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯52294
個人的には中途半端なテクニックより語彙が重要だと思う。

てにをははいい本たくさん読めば見極められるようになる。

自分のものにできてないくせにどこかで覚えた小手先の技使うぐらいなら、下手なまま一生懸命書いた方がいい文章になる。
♯52307
私は語彙は文章に色を付ける絵の具に過ぎないと思う。
最初から持っていたら便利だけど、必要な時に買いに行っても問題ない。

良い文章を書くには客観的に判断する目が重要で、それを身に付けるにはひたすら文章を読むしかない。
♯52339
朱色という言葉を知らない人間と知ってる人間では、イメージできるもの、自分の感情を表現する幅に大きな差がある。

書こうとした後にそれっぽい表現、当てはまる言葉を拾いにいくのは、創造的なプロセスでも、自分ならではの表現でもないよね。

スレたてた人が「上手に見える」を目指してるならそれでもよさそうだけど
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク