【松下村塾】吉田松陰を語れ【幕末】 てんこもり。


powered by てんこもり。

【松下村塾】吉田松陰を語れ【幕末】

1
1: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 17:46:16 .net

維新の志士を育てた吉田松蔭。
みんなの評価は?


3: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 19:08:17 .net
大和魂

4: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 20:02:58 .net
朱子学専攻の熱血高校教師

7: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 20:22:51 .net
>>4
松陰は陽明学だよ。思いっきり間違えおって。

6: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 20:17:48 .net
実質三年間だけの勤務でしたね

8: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 20:27:23 .net
陽明学と朱子学の違いを一言でいうと??

11: 日本@名無史さん 2010/09/23(木) 21:46:13 .net
この人ほど「頭の良い脳筋」は珍しいと思う。 
身近にいたらさぞかし鬱陶しかっただろうな。 

朱子学は「天皇万歳」 
陽明学は「知行合一」 
で良いんじゃないか。 




17: 日本@名無史さん 2010/10/09(土) 13:25:23 .net

先生の名言で一番好きなのは?


18: 日本@名無史さん 2010/10/09(土) 14:06:16 .net

「君子素餐するなかれ」
2ちゃんねらーの耳には痛い一言だが


19: 日本@名無史さん 2010/10/09(土) 17:00:15 .net

松陰先生から門弟山田顕義(市之允)に送った扇面の中に
その1節がありましたね。

「100年は一瞬のみ
君子素餐するなかれ」


21: 日本@名無史さん 2010/10/13(水) 23:00:08 .net

やはり、最期の辞世

88: 日本@名無史さん 2011/04/09(土) 00:51:37.01 .net
吉田松陰の辞世の句と土方歳三の辞世の句って似てるよね

89: 日本@名無史さん 2011/04/09(土) 06:02:45.08 .net
どれのこと? 松蔭の辞世は多すぎて

90: 日本@名無史さん 2011/04/09(土) 07:54:39.29 .net
身はたとえ・・・のことを言っているんじゃない? 









『身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂』









もし私の命がこの武蔵野のどこかでで終えることになっても、自分の思想は永遠にに留めておきたいものだ。





仮に肉体は朽ち果てても、魂は永遠に滅びないという確固たる信念を示してる

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1249733147

 


辞世の句ってなんかパターンがある気がしないでもない。 
どっちが先かは調べてないが、 
大内義隆 
討つ人も討たるる人ももろともに如露亦如電応作如是観 
三浦義同(道寸) 
うつものもうたれるものもかわらけよ くだけてあとはもとのつちくれ 

大内義隆の方の下の句の漢文は原作があって、蓮如のご文章にも趣旨が 
引用されている(と見たことがある)。

91: 90 2011/04/09(土) 10:46:23.50 .net
ちょいと気になったのでぐぐってみたら、更にあった。 
後醍醐天皇 
身はたとえ南山の苔に埋るとも、魂魄は常に北闕の天を望まんと思う 
 

33: 日本@名無史さん 2010/11/23(火) 00:31:29 .net

松陰先生は恐ろしく頭の良い(柔らかい)体育会系


43: 日本@名無史さん 2010/12/08(水) 21:48:23 .net
スゴいスゴいと言われる割に 
深く語れる人は少ないイメージ
 








4名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/03/24(火) 19:31:31.07 ID:nf5MlbeP0.net [1/1回]


何をしてたのかよくわからん人 


何かしようとしてたら斬首されてた人ってイメージだな











37名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/03/24(火) 20:51:59.27 ID:Na/jK7q60.net [1/2回]

>>4 

・見聞を広めるための旅。手続きをしていると友人との待ち合わせに 

 間に合わないという理由で脱藩。(本来であれば反逆罪のためここで死罪) 

・アメリカを知らなければ日本を守れないと考えアメリカに密航しようとする。 

 (国禁を侵したため本来であればここで死罪) 

・幕府を討つための密勅を朝庭から貰うため、自らの君主を拉致しようとする。 

 (主君への無礼のため本来であればここで死罪) 

・安政の大獄を推し進めていた幕府老中を倒すため、 

 藩に大砲を借りる手続きを取る。(ここでようやく死罪) 


人は行動しなければならない、信念のままに行動したならば悔いはない、 

正しいものであったのならば後に続くものは必ず現れるという思想の持ち主。 

常人なら迷惑な人で終わったのだが、驚異のカリスマ性を持っていたため、 

数え切れない若者たちが彼の後に続き早死していく。 

そのくらいの馬鹿なエネルギーが無ければ明治維新はなかったとも言える。

 
















 


40: 日本@名無史さん 2010/12/07(火) 17:53:29 .net

叔父の玉木文之進の私塾ではあの乃木希典も松陰と机を並べ
例の有名なスパルタ教育を受けていた。
この苛酷な迄にストイックな精神性を重んじるDNAは、後の日本軍に受け継がれていく。


46: 日本@名無史さん 2010/12/09(木) 21:42:24 .net

>>40
吉田松陰は玉木文之進のスパルタ教育は受け継いでいない。
松蔭は基本的に穏やかで優しい人。
高杉晋作や久坂玄瑞のような才気迸る弟子には厳しく接することもあったらしい。


44: 日本@名無史さん 2010/12/09(木) 17:12:44 .net

梅田雲浜に関わったばかりにとばっちりくらった可哀想な人
幕末の長州がたどった数奇な運命をお先に体現しちゃった感じ


45: 日本@名無史さん 2010/12/09(木) 19:57:30 .net

いや松陰のキチガイ行動(誉め言葉)の数々見てると
早逝は時間の問題だったねw


49: 日本@名無史さん 2010/12/10(金) 00:04:02 .net

王陽明と吉田松陰

ともに病弱で優しい人柄だけど、いざとなると誰よりも豪傑になれる。
吉田松陰も、
「一言する時は必ず温然和気婦人好女の如し。是れが気迫の源なり」
(言葉を発する時は温かい婦人や優しい女性のようにする。普段の謙虚な態度が、いざという時の気迫の源なのだ。)
と言葉を残している。


50: 日本@名無史さん 2010/12/10(金) 00:20:50 .net

理想の世界に生きててちょっと現実見えてない人


51: 日本@名無史さん 2010/12/10(金) 00:52:27 .net

>>50
その理想主義者を慕った高杉晋作、伊藤博文が現実を動かした。
というより吉田松陰はあの時代にかなり早い段階で現実と向き合った人だろ。


52: 日本@名無史さん 2010/12/10(金) 01:58:21 .net

松陰がやった事って何?


54: 48 2010/12/10(金) 08:21:53 .net

>>52
幕末、長州萩で若者を教える私塾の先生をやっていた。
その生徒が幕末に活躍したので、先生も偉かったとなった。

生徒に偉いのが出ると先生も偉いとなる例は多い。
手足が不自由でも教えることはできる。手足が自由なら
やって見せることもできる。

比叡山の円仁も「大師」になったが、その繋がりで祖師の
最澄も「大師」になった。


55: 日本@名無史さん 2010/12/10(金) 23:44:55 .net

あとは黒船来航の現場まで行って、藩に情況報告したり、
事としては目立たないけど、かなり重要なことをしている。
しかも藩命じゃなく、個人で。

それを平和な時代からの感覚で、独りよがりな男とするのは了見が浅い。
乱世はルール守っているだけでは対処できないから、乱世なのだから。


64: 日本@名無史さん 2011/01/03(月) 20:58:16 .net

松陰と野山獄で親しくなり松下村塾で教師をしていた富永有隣は
維新後不平士族の反乱に共謀した罪でかつての教え子達に追い回されたが、
その頃しばらく土佐勤王党の生き残りに匿われていたそうだ。
江藤新平は助からなかったが、富永は生き長らえて良かったな。


66: 日本@名無史さん 2011/02/09(水) 08:37:42 .net

聞かれても無い、いらんことをペラペラ喋ってしまう人だからなぁ

木戸孝允や久坂玄瑞らはこのおっさんが何か勝手なことを
やらかさないかいつもヒヤヒヤしてたと思うぞ


68: 日本@名無史さん 2011/02/09(水) 23:40:08 .net

アメリカへの密航が失敗して捕まったって人が多いけど、
旅籠の無銭飲食とかで逮捕状出てたのを失敗して絶望してた松陰が出頭。
勘違いしてべらべら余計な事しゃべったから罪が無銭飲食から密航になって、
井伊直弼に処刑されたんだろ。
歴史って面白いな。
井伊直弼も牛タンの味噌漬けを水戸の殿様にあげなかったのが本で暗殺されるとかホントバカくさいよね。


69: 日本@名無史さん 2011/02/10(木) 02:46:44 .net

>>68
松蔭が処刑されたのは密航じゃないだろうが


71: 日本@名無史さん 2011/02/11(金) 22:34:59 .net

>>68
処刑と密航は全く関係ありません


76: 日本@名無史さん 2011/03/03(木) 21:42:12.44 .net

松陰って過大評価されすぎというか、変というか。

吉田松陰密航ってどうみても 松陰側が悪いというか、先方に狙撃されて
海の藻屑とならなくて良かったねとしかいえんのだが。。。

深夜2時にごろに密航(?)の為刀を持った二人組の男が近づいてきたら
当然のごとく警戒するだろうし、夜襲と思われても仕方がないし。

その後の松陰の逆恨み的な倒幕思想を見るかぎりそうとう狂っているとは
思うのだが。


77: 日本@名無史さん 2011/03/05(土) 02:36:00.36 .net

>>76確か密航する前に関係者に手紙渡してたみたいです。
あと、ペリー自身もその時のことを語った記録があるらしいです。
好奇心旺盛な民族が生まれたこの国の前途はなんと有望なことかって。

むしろ過小評価と僕は思うけどな、一つの宗教となって世界中に信者がいてもおかしくないと思う。


103: 日本@名無史さん 2011/07/18(月) 03:26:50.63 .net

松陰は女のように優しく、反面情熱的な人間だった。彼は30年という短い生涯の中で
多くの人間をその情熱で突き動かした。幼いころ彼は神童と呼ばれており、
10歳で藩校明倫館の兵学師範として教壇に立った。その賢さを支えたのは、
読書の量だと言われている。松陰は、密航の罪で投獄されている間も読書をしており、
投獄期間の1年でおよそ600冊の本を読んだと言われている。
 松陰の開いた塾として、松下村塾が有名なのは言うまでもない。その門徒は90名程度
と、私塾の中では門徒が少ない方であった。松下村塾の特徴は、学費がないこと、
入門の身分が定められていないこと、教科書や時間割がないことなどが挙げられる。


104: 日本@名無史さん 2011/07/18(月) 05:24:02.68 .net

しかも生徒全員が思想家になったわけでもないんだよね。
特に塾を開いた当初はその辺の子に手習いを教えてただけだったし。

そのうち、元々国事に関心のある若いのが集まってきて、思想家の養成所
みたいになっちゃったわけだけど。

「その辺の子が松蔭に啓発されて志士になった」的な解説は間違いだと思う。
少なくとも、何かをしなければいけない、と思ってる連中が、脱藩したり、
黒船に密航しようとしたりした、先輩活動家の松蔭の元に集まった、って
事だと思う。


114: 日本@名無史さん 2011/10/28(金) 04:03:36.00 .net

29歳で死去って…
60~70代の爺ちゃんと思いこんでたww


115: 日本@名無史さん 2011/10/28(金) 08:25:58.69 .net

しかし今の29の人が「講孟余話」を読んでも理解できんだろう。


120: 日本@名無史さん 2012/01/07(土) 15:18:05.93 .net

志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない
世俗の意見に惑わされてもいけない
死んだ後の業苦を思い煩うな
目先の安楽は一時しのぎと知れ
百年の時は一瞬にすぎない
君たちはどうかいたずらに時を過ごすことなかれ

http://www.youtube.com/watch?v=x3nGVfymDgk




124: 日本@名無史さん 2012/07/17(火) 16:44:43.90 .net

玉木文之進のエピの方がおもしろい
少年吉田が論語を読んでいるときに蝿を追っ払う
それを見た玉木がぶん殴った
テレビで知ったけど


137: 日本@名無史さん 2013/01/08(火) 08:57:46.00 .net

薩の西郷、長の松蔭


143: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) 2013/04/23(火) 15:22:17.98 .net

松陰先生の行動力は見習うべき


145: 日本@名無史さん 2013/05/17(金) 16:29:56.78 .net

キチガイですよ紙一重


147: 日本@名無史さん 2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN .net

教育者としては申し分ないがのに、なぜあんな無鉄砲だったんだろう


148: 日本@名無史さん 2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN .net

だから陽明学の徒はアカンのよ。
松陰しかり、西郷隆盛に三島由紀夫しかり。
高杉はあれでいてちょっと違うからね。


161: 日本@名無史さん 2014/01/01(水) 14:44:26.11 .net

松蔭は檄モテの素質があったにもかかわらず、一生童貞だったんだね。


165: 日本@名無史さん 2014/01/03(金) 02:06:54.14 .net

吉田松陰先生は、遊郭で遊んだんだろう?


166: 日本@名無史さん 2014/01/03(金) 03:38:54.50 .net

全然遊びはしなかったみたいね。


167: 日本@名無史さん 2014/01/03(金) 08:22:10.35 .net

明治になって松陰先生の妹さんにインタビューした話が出版されていて
ネットでも出てくるが、それを見ると女はもとより、酒やたばこにも手
を出したことはないみたい。ひたすら公に身を挺するのみ。公の概念が
今とは違うが。


168: 日本@名無史さん 2014/01/10(金) 12:55:34.70 .net

獄中で出会った高須久子という12歳年上の未亡人との
ラブロマンスがあった?とも言うけどねえ
獄中で久子と松陰が詠みあった相聞歌が残ってるんだよね
肉体関係はなかったと思うけど


201: 日本@名無史さん 2015/01/23(金) 06:38:33.22 .net

松陰はカリスマというか、青少年に悪影響与えてるマルクス主義哲学者みたいな感じだな。
家柄の良い高杉家とかあの先生の所へは行っちゃいけませんって言われて、息子も素直に従ってるからな。

ただし、貧乏で上に行けない足軽クラスの奴らにとっては東大の元准教授くらいの奴がオラたち草莽に教えてくれてるだ
みたいな感激があって、そういう貧民どもが尊攘激派的な心酔者になっちゃった感じだな。


204: 日本@名無史さん 2015/02/02(月) 15:51:30.76 .net

>>201
> 家柄の良い高杉家とかあの先生の所へは行っちゃいけませんって言われて、息子も素直に従ってるからな。

従ってないだろ
夜中にこっそり家を抜け出して通ってたんだよ


229: 日本@名無史さん 2015/04/13(月) 04:23:31.23 .net

>>204
従ってる。高杉家は叔父の田上宇平太を頼って松陰が上府したくらい縁があったが、
祖父の又兵衛は孫の行動をかなり制約してた
松陰が野山獄に投じられた当時の3月25日も父の小忠太が日夜俗論を申し付け、
「これに背けば不孝になり候ゆえ、そむく心にはなりかね」という弁明の手紙を送ってるほど。

江戸に送られた後にわいろ用の金を差し入れたり世話を焼いてた高杉が第4回取調(ここで松陰厳罰が決定)
の直後に江戸を離れたのは父の周旋と見られる。高杉は一貫して父親に弱い。


219: 日本@名無史さん 2015/04/11(土) 22:20:53.81 .net

いずれにしても松陰は自分から老中殺害を建白した馬鹿


220: 日本@名無史さん 2015/04/11(土) 22:38:14.71 .net

>>219
そもそも、開国業務担当で日本の将来を担うはずの要人だった間部を殺害しようとか、鎖国続行派、反動派の活動じゃん
それの提言に関与とか、松陰の頭がおかしくなってたとしか思えん
それか、松陰の開国提言がポーズだったか。


222: 日本@名無史さん 2015/04/12(日) 01:29:16.64 .net

>>220
従来「密航」とされてきたのは「墨夷膺懲」つまりペリー殺害のためだったという川口説なら出てる
それだと久坂玄瑞と交わした手紙の内容も納得できたりするし、思想にも一貫性が出てくる
たださすがにそこまでは納得できないものもある


234: 日本@名無史さん 2015/04/25(土) 23:25:19.92 .net

尊皇攘夷、間部暗殺、倒幕、明治帝政…
結局、基地外のように見えて物事の本質を判っていた松陰は凄い。
勝安房、佐久間象山、そして松陰寅次郎。この3人が傑物だべ。


237: 日本@名無史さん 2015/04/26(日) 12:00:31.59 .net

松陰が学んだ佐久間象山は物凄い国際情勢に通じてたし洞察力もあったけど、
きわめて猜疑心に富んだパワーポリティクスの信奉者って面もあるんだよね。
だからインド大反乱や太平天国の乱に強く注目し、イギリス艦隊の来航は遅れるはずだと考え
(結果的には的中するけど、ハリスの情報は必ずしも嘘ではない)、アメリカに対して全く心を許してない

彼が献策した岩瀬・井上・川路ら外国事務者は相手と直接会ってるから、
そこまで強い猜疑心は見られないんだけど、象山の冷酷な国際情勢認識が松陰に影響を与えた可能性もある。


238: 日本@名無史さん 2015/04/26(日) 13:24:13.72 .net

>>237
幕府側だって、アメリカの使節が正直一辺倒で来るとは思ってないから入念に下調べして、
ペリーの外光発言にあった嘘や誇張をいちいち指摘してたじゃん


241: 日本@名無史さん 2015/04/26(日) 18:13:52.46 .net

>>238
だから幕府外交はあれでいいんだよ。ハリスの言う情報が全部ウソだとか決めつけずに裏取ったでしょ
象山は基本ハリス情報に裏があると思ってて結果的には当たったけどはっきり言って疑いすぎてたわけだし。
そして、そのリアリズムから来る警戒意識が松陰みたいな純朴な理念主義者に移植されるとえらいことになる


286: 日本@名無史さん 2015/06/08(月) 23:38:30.68 .net
ワシもあと25年くらい遅く生まれてきたら、入塾志願し、チャンス得たかも知れん。
その前に、あと150年早く生まれていたら、松陰先生に師事し、幕末維新の英傑に伍して働けたのに…

ああ、生まれる年代が違ってしまった><


294: 日本@名無史さん 2015/07/22(水) 20:34:30.61 .net

松陰先生の語録・著作の数々は、尊皇攘夷論&武士道論共に今の時代にも通用する普遍的なものですね。
シナの恫喝に屈することは、天道に反するわけだし、
小手先の知識やマニュアルだけでは仕事はできない・人材育成できない、士魂が大事、
というのは、どの職場でも幹部の訓示において明らかですからね。


297: 日本@名無史さん 2015/07/24(金) 22:07:06.51 .net

結局は、倒幕・大攘夷をやってのけた訳よ、我が皇国日本は。
松陰先生は先を見通していたわけよ。
水戸学はやはり御三家の一として敬幕の限界があったわけで、松陰はこれを乗り越えたよ途中から。

勝、象山、松陰、高杉、それから相国入道に織田右府。これら、皇国日本の誇る天才よ。


298: 日本@名無史さん 2015/07/25(土) 03:36:57.59 .net

>>297
主君の逆賊認定を取り消せと言って御所に武力で押し入ろうとして撃退されるような悪辣な大名が勝ち残るという、かなり恥ずかしい経緯をたどってなかったら世界的に誇れただろうにな、惜しいことだ


299: 日本@名無史さん 2015/07/25(土) 19:32:38.63 .net

その後仲間割れして殺し合いに発展したこともな。
国会開設が渋々だったことがこの連中が誇らしいなどと言えない
権力亡者であることもな


301: 日本@名無史さん 2015/07/27(月) 23:59:21.38 .net

>>299
松陰先生の魂は、その遺志に違うことなく、弟子たちの心に留まり、
以て維新回天の大業が成し遂げられたわけよ。
その礎の上に、今日僕らが生きている、それを忘れてはならんじゃろ。


300: 日本@名無史さん 2015/07/26(日) 19:44:19.23 .net

松陰先生の時代、尊王攘夷の義挙を実行するのは草莽の志士ということになった訳だが、
当今は真逆だな。
当今の草莽(庶民)の多くは、確信犯的中華主義or純粋な似非平和ボケ。
尊王攘夷の義挙を成し遂げ、我が皇国を守るのは、あくまでも政権与党の政治家や専制有司(官僚たち)なんだよな。


61: 日本@名無史さん 2010/12/15(水) 02:04:03 .net

事を成した人間なら日本史上に数多いるけれど、
吉田松陰ほどの純粋さを成した人間は数少ないのではないか


62: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 09:45:59 .net

純粋さってより「行動力」と「好奇心」が共に突出している、稀有で異様な人物
本当に「自力」での異様な「行動力」・異様な「好奇心」、どちらかの一方持ってるだけでも稀有だとは思う
今なら政治家兼研究者兼教職者兼テロ主導者兼、思想家って所だし

変人には違いない

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯52383
自身の座右の銘「至誠」を体現した生き方してたよね
♯52384
全然違うこと書きすぎ!
ネット情報は知らないこと調べるときほど身長にならなきゃだな。ちな、幕末専門の史学科出身のわい。
♯52385
基地外
♯52386
二十一回キチガイになって行動するって自分で宣言してるからなあw
まあ、結局3回で死んだけど、命を惜しまず自分の信念を曲げず行動おこしてたのはやっぱりすげえよ
♯52388
吉田松陰と言えば、つボイノリオ「吉田松陰物語」

時代は変わり時は過ぎ、
全てのものが変わっても
歴史が彼を審査する
吉田松陰 審査する
よしだ しょういんしん さする
♯52391
米2
お前は思わせぶりなことを言わずに持論を書いときゃいいのよ。
♯52393
弟子が天下とったんで異常に神格化された人
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク