【モテない男性】村上春樹風に喪男生活を語るスレ てんこもり。


powered by てんこもり。

【モテない男性】村上春樹風に喪男生活を語るスレ

1: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 08:09:38

鏡に映った僕は酷い顔をしていた。


2: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 08:15:54
絶望した僕は今日もまたウイスキーを飲みながら寝ることにした

4: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 08:46:17
入り口があって出口がないもの 
ひとつは鼠捕りそして喪男の人生


9: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 18:12:05
さてと、出掛けるとしようか。 
はて、待てよ。今、出発すると約束の時間には早すぎる。 
僕はコートを脱ぎ、インスタントコーヒーを飲む為に電気ポットの電源を入れ直した。 



10: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 18:24:07

「ねえ、喪男は普段からそんなくだらない顔をしているの?」


11: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 19:17:21

「そうだね。喪男なんて生きていても下らない生物だし。顔は勿論、性格だって酷いもんさ。」


12: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 20:27:39

人生は短いが、一日は長過ぎる。
喪男にしてみれば、尚更だ。

5: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 09:29:12
ふー、やれやれ。

6: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 09:30:51
僕は射精した。
 

13: ('A`) 投稿日:2009/04/01(水) 20:34:31

あるいは僕は、モテないことに拘り過ぎているのかも知れない


20: ('A`) 投稿日:2009/04/02(木) 19:47:40

「ワタナベ君、あなた何人くらいの女の人と寝たの?」
と直子がふと思いついたように小さな声で聞いた。
「童貞です」と僕は正直に答えた。
レイコさんが練習をやめてギターをはたと膝の上に落とした。
「あなたもう三十歳でしょ?いったいどういう生活してんのよ、それ?」

直子は何も言わずにその澄んだ目でじっと僕を見ていた


32: ('A`) 投稿日:2009/04/05(日) 17:37:50

僕は確かに疲れていた。
人生という難儀な事にも疲れているけれど、昼飯のロースカツ定食のせいで、胃も疲れていた。


35: ('A`) 投稿日:2009/04/06(月) 00:40:06

僕のペニスはどうしようもなく勃起していて、それは冬の氷河のように抑えようがなかった
やれやれ、いったい何だって、西川峰子のヌード写真集なんか開いてしまったんだろう


36: ('A`) 投稿日:2009/04/06(月) 00:41:27

そして僕は射精した


37: ('A`) 投稿日:2009/04/06(月) 00:49:34

それは西ローマ帝国の進軍ように激しい射精だった


41: ('A`) 投稿日:2009/04/06(月) 02:09:49

「なんでこんな人生になってしまったんだ・・・」
俯き加減に僕はそう嘆いた。

しかし、本当はこうなることを望んでいたんではなかったか。
僕はなぜかそんな気がした。

希望はなんて安っぽい代物はいらない。
僕が欲しいのは『絶望』なんだ。


47: ('A`) 投稿日:2009/04/06(月) 03:30:38

「喪男は宿命なんだ」
言い聞かせるように、僕は蒲団に潜り込み部屋の電気を消した。
目覚まし時計のカチカチと鳴る秒針が僕を更に落ち込ませた。


60: ('A`) 投稿日:2009/04/07(火) 00:29:03

僕が自信を持って言える事があるとすれば、
僕たちは女を知らないってことぐらいさ。
でもそれがどうしたって言うんだい?

世の中にはもっと魅力的なものがたくさんあるじゃないか。

あなたの言ってることは観念的にはわかるわ。
でも、ちっとも現実的じゃなもの。


77: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 17:42:53

喪男はくしゃみと同時に屁をこいた。


78: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 18:17:13

やれやれ。少し実も出たようだ。


79: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 19:05:42

それは冬眠前の森の子栗鼠のように可愛らしい実だった


80: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 19:55:36

僕はそうしてこの世に生を受けた実をコテコテと指先でなでてやるのだった。
実にコーンだ。


81: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 20:43:34

そして、僕は部屋の柱に向かって思い出し笑いをした。
込み上げて来る可笑しみを噛み殺すのに苦労した。


82: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 22:31:31

>77~81
クソワロタwwwwww


89: ('A`) 投稿日:2009/04/08(水) 23:34:31

「臭いスレだ」と僕は言った。
「実に」と喪反田君は言った。「実に臭い」
「臭いに二票」


203: ('A`) 投稿日:2009/04/18(土) 20:18:37

喪男の人生なんて逆転が設定されてない罰ゲームみたいな物だよ。


204: ('A`) 投稿日:2009/04/18(土) 23:45:39

そもそも喪男というのは、逆転したいなどと思っていないからだろう
そんなことよりも「喪男生活を語る」なのに
誰もどこにもそんなことを書き込んでいないことが、まさしく喪男だね


206: ('A`) 投稿日:2009/04/19(日) 11:40:11

しまむらかユニクロ、どっちがイケてる?


207: ('A`) 投稿日:2009/04/20(月) 00:10:40

「そうだねぇ・・・ユニクロかなぁ?」
「あ、無印良品。っていう選択肢も有るなぁ」
僕は無い知恵を集めて答えた。


208: ('A`) 投稿日:2009/04/20(月) 00:12:43

どんなことがあっても結局ユニクロはユニクロだし、
しまむらはしまむらだ
何が言いたいかというと僕は無償におなかがすいてしまったのだ


336: ('A`) 投稿日:2009/05/10(日) 23:17:26

僕が唯一リア充に勝てるものが無いか考えた時、
彼女が振られる心配も、友達に裏切られる心配も
しなくていいということに気がついた。

しかし、その2分後に猛烈な虚しさに襲われた。


387: ('A`) 投稿日:2009/05/18(月) 11:51:02

やれやれまた大学を休んでしまった。
どうして毎日朝早くから哲学など学びに行かなければいけないのだろう。
僕には全くわけがわからなかった。
僕は冷蔵庫からビールを取り出し、ボブディランの曲をかけて一人ヘッセの小説を読んだ。


390: ('A`) 投稿日:2009/05/19(火) 08:36:38

>>387
「まるで村上春樹みたいだな 」と僕は思った。


472: ('A`) 投稿日:2009/05/31(日) 10:25:41

「ギンギンなんだ」
僕ではなく息子が答える
「今朝から三回もイッてる。流石に疲れたよ今日はもう寝る」
そう言うと息子はカーテンを閉め、布団にもぐった
「おやすみ」


478: ('A`) 投稿日:2009/05/31(日) 20:29:07

>>472
笑ってしまった


473: ('A`) 投稿日:2009/05/31(日) 11:14:48

完璧な喪男なんか存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。


558: ('A`) 投稿日:2009/06/12(金) 14:29:25

春樹初心者なんだが、何か読んでみたいな
このスレ民のおすすめは何ですか

いや、射精ばかりしているこのスレ民に尋ねるのは間違ってるかもしれないな


562: ('A`) 投稿日:2009/06/12(金) 16:57:13

「実は、春樹の作品は読んだことないんだ・・」
「え!?一冊も?本当なの?」
「本当さ」
「じゃあどうしてこのスレにいるの?」

どうしてこのスレいるの? その質問の答えを僕は懸命に探した
しかし、それは無駄なことだった

「あるいは」
「エ?」
「答えはもう出ているのかもしれない」

そう、つまり僕は

「射精したいのさ」
「エ?」
「あとその、エ?って顔近付けながら聞き返すのやめてくれないか
すごく不快なんだ、それ」
「エ?」

僕は不快のあまり射精した


566: ('A`) 投稿日:2009/06/12(金) 17:24:30

>>562なんか知らんが笑ってしまった


630: ('A`) 投稿日:2009/06/25(木) 01:29:33

きっと、そうなのだ。
人間の人生は無意味な副産物なのだ、全て、等しく。

だから、美女とセックス三昧のイケメンの人生と、虚しく自慰三昧の喪男の人生の間にも、何の隔たりも無いのだ。

イケメンと喪男はなんの違いも無い。両方とも、同じ、無意味な副産物。
だから、女はイケメンだけでなく、喪男にも平等にセックスをさせるべきなのだ。

やれやれ、僕はおおいなる悟りを開いてしまった。


737: ('A`) 投稿日:2009/07/30(木) 00:39:05

僕は何をやっているんだろう?
はた、と今の自分に気づいた。
「もいた???」

「ねぇ、あなた何も覚えていないの?」
あやねはテーブルの向かいに座り、遥か遠くを見ながら言った。
その視界の中にもちろん僕は入っていない。
「喪板はね、あなたの一部なの。わかる?
もう一度言うわ、喪板はあなたの一部であなたは喪男なの」
彼女の言葉には感情というものが少しも感じられなかった。
小学生の頃の出来の悪い生徒に苛立っている女教師の声色を思い出した。

やれやれ、僕は射精した。


785: ('A`) 投稿日:2009/08/16(日) 02:58:05

やれやれ、2年かけてダンベルベンチプレス50kgできるまで身体を鍛えたが
僕の生活に利となるものはなにも生まれなかった

その僅かな利も体に厚みが出て顔デカが目立たなくなったのと
夜堂々と外を出歩けるようになったくらいだ
ここまで鍛えるのにプロテインを始めとするサプリ代はかなりかかったし
膨大な労力と時間を費やした

そして僕は今日も身体を鍛える
「ピース」
鏡を見ながらポージングをし、僕はそう呟いた


826: ('A`) 投稿日:2009/08/18(火) 23:52:29

「モテないことがあなたのレゾンデートルなのよ」
彼女はぽつりと言った
「モテないことが?それが僕の、この世界での役割なのかい?」
「そういうこと
人にはそれぞれ役割というものがあるの、好むと好まざるとにかかわらずね」
僕はそれについて10秒程考えてから言った
「でもそんなのって不公平じゃないか、ペニスの乾く暇もなくセックスしまくってる奴等だっているのに」
「人生とは不公平なものよ
でもあなたもいつか気付くわ、あなたがこの世に生を受けた本当の理由にね」
そう言うと彼女はすっと立ち上がり、朝靄の中に音もなく消えて行った


827: ('A`) 投稿日:2009/08/19(水) 01:08:06

だからこそ僕は世界で一番タフな喪男にならなくちゃいけないんだ。


19: ('A`) 投稿日:2009/04/02(木) 06:10:42

僕の言いたいのはこういうことなんだ。
一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

僕は・喪男たちが・好きだ。

あと10年も経って、この板や僕の立てたスレッドや、
そして僕のことをまだ覚えていてくれたら、僕のいま言ったことも思い出してくれ。
ご清聴ありがとう。


377: ('A`) 投稿日:2009/05/16(土) 19:14:26

春樹はアブナイな。
無愛想にしてれば、いい女がよってくるものかと勘違いしてしまう。
仕事とか学校とかサボってビール飲んで本でも読んでれば女が近寄ってきて、
意味不明のことを言って適当にあしらったら「あなたって面白い人ね」でセックスできると勘違いしたら本当に困ったことになる。
っていうか、困ったことになった俺がいうんだから間違いない。
職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹
スイッチパブリッシング (2015-09-10)
売り上げランキング: 358
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯54030
元気じゃないよ 春のドナウ川じゃないんだから
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク