【VIP】プロフェッショナル 仕事の流儀  ~オ○ニスト 俺~ てんこもり。


powered by てんこもり。

【VIP】プロフェッショナル 仕事の流儀  ~オ○ニスト 俺~

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:36:31.05 ID:Ca9mw0gy0

オナニズムを極めし、孤高の天才(テーン)

(吉野家で牛丼を食いながら質問に答える俺の映像)
「よくセックスと比較されるんですよ。どっちが気持ちいいの?みたいな。」
「俺に言わせれば、本質的に違うんですよね。」
「オナニーは、そうですね・・・「創造」ですかね?」

ジャジャジャーン ジャジャジャ ジャジャジャーン(BGM開始)
(俺が画面を凝視しながらシコっている映像)
字幕:オナニスト 俺 25歳
字幕:同年代の若者がセックスをする中
字幕:それでも彼は、オナニーを続ける


僕らは位置について~♪




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:38:20.09 ID:/Muv3jz50

横一列でスタートを切った~♪


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:39:25.21 ID:Ca9mw0gy0

誰かを許せたり、大切な人を守れたり~♪


字幕:オナニーに魅せられた男
(両手に5連ティッシュを持ち、ドラッグストアから出てくる俺)
「安い時に買えるだけ買います。まぁ親の金ですけどw」

字幕:オナニーを覚えた小5
(布団にチンコを擦りつけ、当時を再現する俺)
「そうwwこんな感じでしたよww」

字幕:社会的弱者であり続けた
(クリスマスの町並みをタバコを吸いながら歩く俺)
「・・・」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:42:33.88 ID:Ca9mw0gy0

ずっと探していた理想の自分って~♪


字幕:飽くなき挑戦心
(チングリ返しをし、セルフフェラに挑戦する俺)
「もうちょっと何ですけどねー。」

字幕:苛立ち。葛藤。
(「The video has been deleted」を見て机を叩きつける俺 )
「ちっ・・!削除済みか・・っ!」

字幕:それでも彼は、チンコを握る続ける
「・・・うっ」
(賢者モードに入り、チンコをティッシュで拭いた後にカメラに微笑みかける俺)

あと一歩前に 進もう~♪


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:46:17.79 ID:Ca9mw0gy0

何も考えないオナニーは、猿と一緒だ(テーン)

語り手「12月某日、我々はとある場所に来ていた。」
語り手「変哲もない一軒家、この家の2階の1室が、彼の作業場だ。」

「あっ、どうも。こんばんはー」
語り手「イカ臭い部屋に足を踏み入れると、ボサボサの髪にスウェットの男が出迎えてくれた」

彼こそが、俺
職業、オナニスト

「今回はよろしくお願いします。」
(女性スタッフを除き、撮影クルーの一人ひとりと握手し始める俺)

スタッフ「何故彼女を飛ばしたんですか?」
「いや・・w」
(スタッフの無知に呆れたような苦笑いを見せる俺)
「彼女と握手した手でオナニーしたら、それはもうセックスでしょw」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:47:36.60 ID:3wiZMIwW0

>>10
名言出たwww


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:49:49.32 ID:m6CRsxwz0

>「彼女と握手した手でオナニーしたら、それはもうセックスでしょw」

レベル高いw


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:50:44.84 ID:Ca9mw0gy0

スタッフ「今は何を・・・?」
俺「さっきなかなか良さそうなAVを見つけたので、早速見ようかとw」

語り手「運がいいことに、俺は丁度作業を始めようとしていた」
語り手「まずは挨拶代わりに、彼の仕事ぶりを撮影させてもらうことにした」

(ヘッドホンを付け、パソコンで動画を再生する俺)
(女優へのインタビューを食い入るように見つめる)

語り手「画面を見つめる視線は真剣そのもの。」
語り手「我々が想像するオナニーとは一線を画するもので、浮ついた雰囲気は一切感じられない。」
語り手「いよいよ動画が本番に差し掛かろうとした時、ついに俺の手が動く」

(マウスを握り、また動画を頭から再生しインタビューを見直す俺)

スタッフ「えっ・・!?あの、また最初から」
「しっ・・!!!」

語り手「思わず口を挟んでしまったスタッフを一喝」
語り手「先ほどまでの温和な彼の面影は、もう無い」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:52:36.23 ID:7czfslEv0

正直クソワロタ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:53:02.84 ID:b71dXVAH0

脳内再生余裕すぎる


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 01:54:38.22 ID:Ca9mw0gy0

(また本番直前で動画を最初に戻す俺)

語り手「何度も何度も、インタビューの部分だけを見直す」
語り手「再生回数が10回に越えた時、おもむろに俺はヘッドフォンを外しタバコを吸い始める」


スタッフ「結局、しないのですか・・?」
「今日はしません。」
(壁に貼ってある松井秀喜のポスターを見ながら、タバコを吸いつつ質問に答える俺)


「何度も繰り返し繰り返し、インタビューの部分を見ます。」
「彼女の家族構成、初恋、初体験とか、バックグラウンドが完璧に想像できるまで見ます。」
「すると、彼女がまるで本当に、僕にとって特別な存在に思えてくるんですよ。」
(身振り手振りを交えながら)


「彼女が夢に出てきたら、ようやく本番シーンを見るんですよ」
(タバコの煙をフーッと吐き出す俺)
「そこから、やっと僕の仕事ですよw」

(タバコの火を消しつつ、カメラマンに笑いかける)

語り手「結局、この日は彼のオナニーを見ることができなかった」
語り手「一回のオナニーにかける意気込み、これこそがオナニストである証だ。」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:00:21.53 ID:Ca9mw0gy0

語り手「その後、親に小遣いを貰った彼は吉野家へと向かう」

「牛丼 大盛り。汁は多めで。」
店員「はい!」

(注文後、ニヤニヤしながらスタッフに話しかける俺)
「オナニストだけに、汁多めですw」
スタッフ(爆笑)

語り手「AVを見ていた時の真剣さがウソのように、彼は明るく振る舞う」
語り手「牛丼を食べながら、スタッフは彼のオナニー観に迫った」

スタッフ「やはり、セックスよりオナニーの方が気持ちいいと思いますか?」

「うーん・・まぁセックスした事ないので、客観的な意見は言えないんですけどね」

「そりゃ、女の子の中に入れれば気持ちいいんだろうな とは思いますよ。」
「でも、セックスって女の子頼みなんですよ。結局。気持ちよさの、たかが知れてるというか。所詮マンコですから。」
「その点、オナニーは無限大ですよ。可能性がね。工夫次第でどこまでも快感を得られる。」
「どっちがクリエイティブか。まぁ、そういうところですよね。」
(カメラに不敵に笑いかける俺)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:06:46.66 ID:Ca9mw0gy0

茂木「どうもこんばんは!茂木健一郎です!」
住吉「住吉美紀です。」

茂木「今日はオナニスト、俺さんに来て頂きました。」
「どうも。よろしくお願いします。」

茂木「私も週5でオナニーはしますけども、オナニストの俺さんは何回くらいされているのですか?」
「いえ、回数が多いからオナニストと言う訳ではないですよ」
住吉「量より質ということですか。」
「はい。ただ何も考えずに右手を動かしているだけでは、オナニストとは呼べません」
「逆に、僕は1ヶ月間オナニーをしないこともありますよ。業界ではオナニーラマダーンと呼んでいるのですが。」
茂木「ほぇ~」
住吉「流石プロフェッショナルですね~」

茂木「さぁ!そんな天才オナニストの俺さんですが、若いころは挫折も経験したようです。」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:17:04.42 ID:Ca9mw0gy0

お前、まだ童貞なの?(テーン)

(小学校の頃の俺の写真が映し出される)
語り手「俺がオナニーの快感を覚えたのは小5の時」
語り手「布団の上で匍匐前進をしてた時に、偶然チンコが擦れてしまう」

(布団にチンコを擦りつけながら、当時を再現している俺)
「そうwwこんな感じでしたよww」
「懐かしいな-。宇宙に触れた気分でしたよ。」

語り手「数百通りのオナニーを覚えた今でも、時々布団擦りつけオナニーをするという」

「オナニーの快感を覚えた時の、純粋な気持ちっていうのは、常に持っておきたいですからね。」
「そうじゃないと、ただただ快感に溺れてしまう。オナニーに対する感謝を、忘れてしまうんです。」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:24:15.61 ID:Ca9mw0gy0

語り手「そこからはオナニー漬けの毎日」
語り手「どうすれば一番気持ちよく感じられるのか、試行錯誤の毎日だったという」

(ダウンジャケットを羽織り、TSUTAYAへと向かいながら質問に答える俺)
「色々やりましたね。逆立ちしながらしてみたり、野良犬に舐めさせてみたり」
「その頃から薄々感じては居ましたよ。「あ、これが俺の生きる道なんだろうな」って」

(中学校の修学旅行で鹿にチンコを舐めさせようとしている俺の写真)
語り手「順風満帆のオナニスト生活。しかし、中学校では猛烈な逆風が彼を襲う」

(TSUTAYAのAVコーナーでAVを選びながら質問に答える俺)
「セックス信仰・・ですよね。」
「童貞であることが恥ずかしい、みたいな。そういう強迫観念のようなものが蔓延してましたよ。」

語り手「中学生時代と言えば、誰しもがセックスに対する猛烈な憧れを抱いてしまう時期」
語り手「オナニストを志していた俺さえも、心が揺らいでしまったようだ。」

「正直、セックスしてみてぇな。って思いましたよ」
「あの時は若かったですからねw」

語り手「恥ずかしそうに頭を掻きながら、彼はレジへと向かった」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:31:30.31 ID:Ca9mw0gy0

(高校時代、女子トイレの中でオナニーをしている俺の写真)
語り手「年齢が上がるにつれて、周囲の非童貞率も上昇していく」
語り手「「お前、まだ童貞なの?w」」
語り手「同級生からは、心ない言葉を浴びせられることもあった。」

(近くの公園のベンチに座り、おもむろにチンコを出す俺)
「やっぱドキドキしますよw誰かに見つかって通報されたらどうしようってw」

語り手「しかし、彼はその場でオナニーを始めるわけでもない。」
語り手「ただただ、チンコを出しているだけだ。」

「別にこれが、めちゃくちゃ興奮するわけでもないんです。」
「ただ、公園でチンコを出したことがあるということが、いつか糧になると思うんですよね。」

「例えば、このベンチを女子高生が座っているところを今度目撃するとするじゃないですか。」
「過去に僕のチンコがあった場所に、今は彼女のマンコがある。どうですか?これはちょっと哲学的な話も絡んで来ちゃうんで、難しいかなw」

語り手「恐ろしいほどの先見の明。時代が時代なら、日本を牛耳っていたと言われているほどの逸材たる所以だ。」

「で・・童貞の話でしたっけ?」
(深くため息をつき、遠くを見つめる俺)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:34:53.56 ID:W/g7oJQF0

みてるよー


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:39:00.42 ID:Ca9mw0gy0

「悔しかったですよ。非童貞がそんなに偉いのかと、枕を涙で濡らす夜が続きました。」
「それでも・・俺にはオナニーしかないって。そう思ったんです。」

語り手「孤高な戦い。彼は何故、そこまで頑なにオナニーに拘り続けたのだろうか」

「うーん・・自分の可能性を、封じ込めたくなかったんです。」
「結局、セックスを知ってしまったら、オナニーとセックスの比較をし始めてしまうと思うんですよ。」

「自由なオナニーができなくなるというか・・オナニーを、「セックスの模擬」としか解釈できなくなってしまうと思ったんですね。」
「そうなったらもう、オナニスト失格ですよ。そうやって堕落していく奴、今まで何人も見てきましたから。」

語り手「オナニーの可能性を信じているからこその選択。」
語り手「彼は「童貞」という重い十字架を背負っていく決心を決めたのであった。」

「確かに、僕はセックスがどれだけ気持ちいいかを知らないですよ。」
「知らない ということは、それだけ可能性があるということですからね。」
「本当にかっこいいのは、どっちでしょうね?」

語り手「そう言い放つと、彼は立ち上がりチンコをしまい、自宅へと戻って行った。」

「さ、帰ってオナニーしますよ。ずっと見たかったんでしょ?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:43:11.93 ID:Ca9mw0gy0

(スタジオに戻る)
茂木「プロフェッショナルの道具を持ってきてもらうのが恒例となっているのですが」

「これです。」
(TENGAを差し出す俺)

住吉「わー!!オシャレですね~!」
茂木「赤は脳を刺激する色ですからね!!」
住吉「いつもコレを使っているんですか?」

「そうですね。でも、色々試してはみてますよ。」

「アメリカサイズも買ってみたことがあるんですけど、サイズが大きすぎて奥まで辿り着かないんですよw」

住吉(爆笑)

茂木「さぁ!次はいよいよ俺さんのオナニーを見せてもらいます!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:44:43.23 ID:nroh7KdUO

これは名作


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:49:59.46 ID:Ca9mw0gy0

すべての思い出を、オナニーに捧げろ(テーン)

語り手「俺は典型的な夜型人間だ。当然、取材も深夜帯を中心に行われた」
語り手「スタッフが部屋を訪れると、そこにはFacebookを閲覧する俺の姿があった。」

「中学時代のクラスメイトを探しているんですよ。」

「友達申請?まさかw」
「たまに水着画像とか、露出の多い画像をアップしている子とか居るんですよ。」

語り手「すると、中学時代のクラスメイトだという女性のFacebookを見つける。」
語り手「写真を漁ると、そこには部屋着姿で女子会をしている写真が。」

「あー、いいですね。見てくださいよ。みんな露出が高くて・・・」
「カメラマンが友達なんで、みんな無防備なんですよね。」
「ファインダーの奥には俺が居るなんて思ってないでしょうからねw」

語り手「すると俺は、おもむろに立ち上がり、本棚から中学時代の卒業アルバムを取り出す」

「さ、そろそろ始めますか。」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:53:07.97 ID:Ca9mw0gy0

語り手「卒業アルバムをめくり、写真をアップしていた女性を見つける」

「この子とは一度も喋ったことありませんよ。」
「あんまり目立たないような子だったんですけど・・今は髪も染めて随分明るくなってるみたいですね」

語り手「おもむろにチンコを取り出し、ゆっくりと扱き始める俺」

「卒業アルバムを見て、一度脳内に中学時代の彼女の思い出を呼び起こさせるんです。」
「それから、現在の彼女を見る。そうすると、この空白の数年間に何があったのか考えずにはいられないでしょ?」

語り手「徐々に手の動きが早くなっていく。息も荒くなり、限界へと近づいている」

「そこを考えるんです・・っ!!彼氏ができた!初体験を終えた!大学に入ってヤリサーに入った!!」
「アイドルになりたい!保育士になりたい!彼女にも夢があったかもしれない!それに向かって努力をしてきたのかもしれない!」
「でも結局!!全部俺のオカズにされてしまうんです!!彼女のこれまでの人生は・・!結局は俺のオカズになってしまうんです・・!」

「俺以外の全員の!!生きてきた過程や!思い出は!全部俺のオカズとして処理されてしまう!!俺のオナニーのために生きているんだ!!悔しいか!!」
「悔しかったら殺してみろ!俺を!!どうだ!!お前らの全ての思い出を!俺のオナニーに捧げろ!!」

「・・・うっ!!」

「ふぅ。メシでも食いに行きましょうか。」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:54:17.69 ID:Ca9mw0gy0

ジャジャジャーン ジャジャジャ ジャジャジャーン(BGM開始)
僕らは位置について~♪


字幕:プロフェッショナルとは?
「うーん・・・「孤高」ですかね」
「やっぱり、マイノリティじゃなきゃ、特異な存在じゃなければプロとは呼べないですよ。誰にでもなれるような存在なら、そんなのはアマチュアです。」
「マジョリティを打ち破ってやろうとする反骨心。それが俺がプロたる所以ですかね。」
「オナニーの地位を塗り替えたいとは思ってますよ。若手のオナニストも育てて行きたいと思うので」

語り手「未来への投資・・・ここでも、彼の先見性が垣間見えた」

スタッフ「ありがとうございました」
「うっす!どうもでした!」

語り手「そう言うと彼は、またいつものあのイカ臭い部屋へと戻っていくのであった」

あと一歩前に 進もう~♪

                                            糸冬
                                       ---------------
                                        制作・著作 NHK


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:55:04.63 ID:jdoHoPqQ0



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:57:37.99 ID:J6KKChCe0

俺も見習わなくちゃいかんな


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:58:09.35 ID:ZR/7xOBL0

完成度が異常


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 02:37:30.26 ID:k6XDWSz50

オナニストもせめてお金になればいいんだが、、

プロフェッショナル100人の流儀
致知編集部
致知出版社 (2015-07-29)
売り上げランキング: 15,593

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯54593
わりとおもしろい
♯54594
茂木さんw
♯54595
久々に感動した
涙が止まらない(ToT)
♯54596
クソワロタwww
♯54598
この文才他に活かせよw
♯54599
これは誰も叩かないw
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク