【VIP】「えっ」のコピペ貼ってけ てんこもり。


powered by てんこもり。

【VIP】「えっ」のコピペ貼ってけ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:51:04.64 ID:JNLHv5+H0

上司「今度の会議で歯科医をしてくれ」
ぼく「えっ」
上司「君に歯科医をして欲しいんだ」
ぼく「できません。そんな資格ないです」
上司「そう難しく考えるな。歯無しをするのは苦手か?」
ぼく「削るだけでも大変そうなのに」
上司「えっ」
ぼく「医師ってことですよね」
上司「うむ、他ならぬ私の医師だ。君が歯科医だ」
ぼく「じゃあ、ちょっと口を開いて見せて下さい」
上司「本日は御忙しい中御参集いただきましてありがとうございます、とまあこんな感じだ」
ぼく「えっ」
上司「苦手なことから逃げてばっかりじゃ人生の歯医者になるぞ」
ぼく「歯医者になるのはいやです」
上司「よろしい、では歯科医は君だ」
ぼく「えっ」
上司「会社の上層部に顔を覚えてもらういい機械でもある」
ぼく「ぼくは人間です。会社のロボットなんかじゃないっ」
上司「えっ」
ぼく「えっ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:53:14.59 ID:JNLHv5+H0

店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」
ぼく「えっ」
店員「当店のポイントカードはお餅ですか」
ぼく「いえしりません」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「まだお餅になってないということでしょうか」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「変化するってことですか」
店員「なにがですか」
ぼく「カードが」
店員「ああ使い続けていただければランクがあがって
    カードが変わりますよ」
ぼく「そうなんだすごい」
店員「ではお作りいたしましょうか無料ですよ」
ぼく「くさったりしませんか」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「ああ期限のことなら最後に使ってから一年間使わないときれます」
ぼく「なにそれこわい」
店員「ちょくちょく来ていただければ無期限と同じですよ」
ぼく「なにそれもこわい」
店員「えっ」
ぼく「えっ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:54:08.58

こういうのってどう考えるんだろうな


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:54:14.80 ID:JNLHv5+H0

友達「あんたさ、彼女餅だったっけ」
おれ「えっ」
友達「わたしとつきあってみない」
おれ「なにそれこわい」
友達「えっ」
おれ「つかれるとか痛そう」
友達「えっ」
おれ「えっ」
友達「わたしといるのって疲れる・・かな」
おれ「そんなことないです」
友達「じゃあどうしてよ」
おれ「わかりましたよ、つき合ってもいいです」
友達「本当?うれしい」
おれ「あとで食べさせてくれるんですか」
友達「えっ」
おれ「つき合うだけなんですか」
友達「えっ」
おれ「えっ」
友達「いいけど・・・すぐには心の準備が・・」
おれ「すぐにじゃないと固くなりますよ」
友達「えっ」
おれ「えっ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:02:32.07

>>5
これは初めて見たwwwwww


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:55:32.11 ID:JNLHv5+H0

店員「ポイントがたまると汚職事件と交換できます」
ぼく「そんなの困ります」
店員「えっ」
ぼく「逮捕されますよね」
店員「いえ、そのようなことはありませんので」
ぼく「バレない自信があるってことですか」
店員「そうではなく、別に違法なものではないということです」
ぼく「違法じゃない汚職事件があるんですか?」
店員「違法な汚職事件があるんですか?」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「なんかこわい」
店員「ですから、無料で当店の料理を召し上がれるだけですので」
ぼく「でも見返りを求められるんですよね」
店員「えっ」
ぼく「『にゅうさつよていかかく』とか教えるんですか」
店員「よく分かりませんが当店はお客様に汚職時を楽しんで頂くのが一番の見返りです」
ぼく「犯罪を楽しんでいるんですか、こわい」
店員「ですから、犯罪ではなくてですね」
ぼく「えっ」
店員「えっ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:56:23.11 ID:JNLHv5+H0

警官「寄生虫なので、できれば引き返して最初の信号を右に行って下さい」
ぼく「えっ」
警官「寄生虫ですから、引き返してください」
ぼく「なにそれひどい」
警官「えっ」
ぼく「ぼくが寄生虫ってことですか」
警官「寄生してるのは警察ですよ。寄生してるので重体なんです」
ぼく「えっ」
警官「えっ」
ぼく「だれが重体ですか」
警官「誰というか、まぁここを通った人全員ですかね」
ぼく「あなたも僕に寄生しますか」
警官「えーとね、あのですね、この先でトラックが横転して積荷が産卵したんですよ」
ぼく「えっ」
警官「つまり事故ですね」
ぼく「何が産卵したんですか」
警官「精肉業者のトラックで、冷凍された肉が産卵したみたいです」
ぼく「なにそれやばい」
警官「ええ」
ぼく「重体の人は大丈夫ですか」
警官「えっと、まぁ寄生虫とはいえゆっくりと動いてはいますから」
ぼく「なにそれこわい」
警官「えっ」
ぼく「えっ」
警官「とにかく、先ほどから警察が現場の方で超刺してますから」
ぼく「なにそれもこわい」
警官「えっ」
ぼく「えっ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:58:04.48 ID:JNLHv5+H0

子供「ママ、パンツ食って」
母 「えっ」
子供「ぼく好きなんだよ。だからパンツ食って」
母 「そんなフェチっぽいこと幼稚園児に言われても」
子供「えっ」
母 「えっ」
子供「おなかすいたんだよママ。パンツ食って」
母 「だったら……自分で食べなさい」
子供「ええぇ~ん、ママの意地悪!」
母 「……わかったわ。何色の?」
子供「えっ」
母 「何色のがいいの?」
子供「色……茶色かなあ」
母「なにそれこわい」
子供「えっ」
母「えっ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:59:20.77 ID:JNLHv5+H0

友達「戦闘に行くんだけど、一緒に行く?」
ぼく「えっ」
友達「戦闘に行かない?」
ぼく「なにそれこわい」
友達「えっ」
ぼく「近くで戦闘あるんですか」
友達「うん 歩いて10分くらいのところでやってるよ」
ぼく「こわい」
友達「えっ」
ぼく「えっ」
友達「怖くないよ。最近憑かれてるから戦闘に行きたいんだ」
ぼく「憑かれると戦闘に行きたくなるの?」
友達「そうだよ」
ぼく「お祓いとかするの?」
友達「えっ」
ぼく「えっ」
友達「あぁ、お金ないの?じゃあ、お前の分はオレが祓ってやるよ」
ぼく「えっ」
友達「えっ」
ぼく「じゃあきみはどうするの…?」
友達「オレは自分で祓うよ」
ぼく「えっ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 21:59:50.70

これ何回みても腹筋崩壊


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:00:02.21

これすごいなwwwww


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:01:37.40 ID:JNLHv5+H0

女上司「これ子宮見てね」
部下「えっ、見ていいんですか」
女上司「当たり前じゃない!早くしなさい。隅々まで見るのよ」
部下「本当に?これなんて羞恥?」
女上司「読んだら他の社員にも周知しといてね」
部下「それって視姦するってこと?」
女上司「仕官は大げさだけど、社員の反応はちゃんと報告しなさいね」
部下「わっ、わかりました。じゃあ個々で拝見しますので又開いてください」
女上司「そんなの自分で開きなさいよ、子供じゃないんだから」
部下「なにそれエロい」
女上司「えっ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:04:40.78 ID:JNLHv5+H0

学生「私が恩赦を受けた理由は・・・」
ぼく「えっ」
学生「えっ」
ぼく「悪いことでもしたんですか」
学生「いえ、特に」
ぼく「じゃあどうして恩赦を受けたんですか」
学生「社員の方に轢かれたからです」
ぼく「えっ」
学生「えっ」
ぼく「何ていう社員に轢かれたんですか」
学生「説明会でお会いした方全てです」
ぼく「えっ」
学生「えっ」
ぼく「大丈夫ですか」
学生「はい。体力には自信があります」
ぼく「そうなんだすごい」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:04:51.02 ID:JNLHv5+H0

学生「事故紹介させていただきますと・・・」
ぼく「まだあるんですか」
学生「たくさんあります」
ぼく「えっ」
学生「死亡理由の方がいいですか」
ぼく「死亡してるんですか」
学生「はい」
ぼく「なにそれこわい」
学生「えっ」
ぼく「いつから死亡してるんですか」
学生「実は社員の方に轢かれる前から死亡していましたが、
    社員の方に轢かれて更に死亡度が高まりました。」
ぼく「なにそれもこわい」
学生「えっ」
ぼく「えっ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:06:03.21 ID:JNLHv5+H0

医者「ウィルス検査の結果、あなたは妖精です」
ぼく「えっ」
医者「非常に残念です」
ぼく「僕が妖精なんですか?」
医者「はい」
ぼく「びっくりだけど・・・嬉しいかも」
医者「えっ」
ぼく「えっ」
医者「皆にうつらないように、人と接するのを避けてください」
ぼく「他人の目に映っちゃだめなんですか?」
医者「目というより、体ですね」
ぼく「乗り移るってことですか」
医者「はい」
ぼく「妖精が」
医者「まあそうです」
ぼく「妖精が増えますね」
医者「はやく全滅させたいんですけどね」
ぼく「えっ」
医者「えっ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:06:14.37 ID:JNLHv5+H0

ぼく「殺すんですか」
医者「世界中に広がってますから」
ぼく「この殺人鬼」
医者「えっ」
ぼく「えっ」
医者「まぁだいたいこのクスリ飲めば自然に死んでいくんですけどね」
ぼく「なにそれこわい」
医者「あなたも毎日飲んでくださいね」
ぼく「絶対嫌だ」
医者「えっ」
ぼく「えっ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:09:00.77 ID:JNLHv5+H0

女「今日は家まで来てくれてありがとう。私の乳、好きになりました?」
ぼく「そんなこともう言うの?」
女「ええ。今まで乳と相性が合わない人がいたから、聞いておきたいの」
ぼく「服の上からしか見てないけど、好きです」
女「えっ」
ぼく「えっ」
女「毛が少ないし、ちょっと恥ずかしいんだけど」
ぼく「毛とか生えるんですか?」
女「えっ」
ぼく「えっ」
女「5年前まで、フサフサだったんですよ」
ぼく「なにそれこわい」
女「だから必死に育毛剤使ってるんです」
ぼく「そんなことしないで」
女「優しいのね。今度、乳を飲ませて、結婚の話でもしましょうか?」
ぼく「飲みながら?」
女「結婚した友達は、みんなそうですよ」
ぼく「そうなんだすごい」
女「それでも、乳を舐めちゃだめ。すごく気が変わりやすいんだから」
ぼく「舐めないで飲むなんて、むずかしい」
女「えっ」
ぼく「えっ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:12:50.65 ID:JNLHv5+H0

課長「高橋の奴、トイレ行ったまま戻ってこないな。 あいつ極度のあがり症だからな」
俺「そうっすね。もううちの社のプレゼンの番ですよね」
課長「君さ、高橋の代わりに代弁してくれない?」
俺「俺が大便するんですか?」
課長「うん、君なら大勢の前でも気にしないだろ?」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「こんな所でいくらなんでもまずいんじゃないですか?」
課長「大丈夫だよ。自信を持って強烈なの頼むよ」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「後ろ向いてやるんですか?」
課長「ばか、前向いてやるに決まってんだろ。」
俺「前とか隠していいんですよね?」
課長「えっ」
俺「えっ」
課長「俺が後ろで最後までしっかりと見届けるから」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「じゃあ、課長拭いてくださいね」
課長「えっ」
俺「えっ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:13:52.20 ID:JNLHv5+H0

部長「昨日、初潮が来たんだが」
両津「えっ」
中川&麗子「えっ」
寺井「えっ」
部長「えっ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:14:11.20

結構知らないのあるな


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:17:06.76 ID:JNLHv5+H0

工場長「明日工場に刺殺団の方がお見えになります」
ぼく「なにそれこわい」
工場長「えっ」
ぼく「えっ」
工場長「応対は担当の係りがしますので皆さんは普段通り働いて居れば大丈夫です」
ぼく「それじゃぼく達が刺殺される心配はないのですね」
工場長「いえ皆さんが作業されてる所を順番に刺殺されます」
ぼく「なにそれひどい」
工場長「えっ」
ぼく「えっ」
工場長「では皆さん明日は絶対遅刻や欠勤などしないようお願いします」
ぼく「嫌だ絶対休む」
工場長「えっ」
ぼく「えっ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:18:53.15

おもしろい
がんばれ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:19:46.30 ID:JNLHv5+H0

もう面白いのはないやー
誰か新作作れwww


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:22:46.42 ID:JNLHv5+H0

なんか軸になる言葉決めるのがいいのかな
同音異義語で


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:29:21.74

おれ「晋作はまだですか?」
>>1「誰ですそれは?」
おれ「彼岸の晋作を拝ませて下さい」
>>1「死んでるってことですか?」
おれ「晋作はあなたが今から生むんですよ?」
>>1「なにそれこわい」

後は任せたぞ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:30:18.73 ID:JNLHv5+H0

>>46
ちょっとうまいwww

これ作るのかなりむずいな…


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:33:09.32

店員の俺がレジで商品を入れていたら...

客「コブクロありますか」
店員の俺「えっ」
客「コブクロ」
店員の俺「えっーと...」
客「だ・か・ら!!私コブクロがいいんですけど!!」
店員の俺「はぁ、はい。いいですよね。えっーと...コブクロ俺も好きっす☆」
客「もういいですそれで...」
店員の俺「...」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:33:14.37

よくできてる


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:34:55.11

先生「じゃあ今日は水上痴漢について実験するぞ」
ぼく「えっ 痴漢ですか 」
先生「そうだ 千秋行ったろ?」
ぼく「ぼくは相撲は見ないのでわかりません」
先生「えっ」
ぼく「えっ」
先生「なに寝ぼけてるんだ?リカで水上痴漢をやるって話だぞ」
ぼく「リカちゃんに痴漢するんですか」
先生「えっ」
リカ「えっ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/22(日) 22:38:42.72

これはいいww
文化庁国語課の勘違いしやすい日本語
文化庁国語課
幻冬舎 (2015-12-17)
売り上げランキング: 11,761

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯55473
これだいきらい。知性を感じない。
♯55474
読んでてすげえイライラした、二つ目の1行目でギブ
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク