【孤独な男性】「人生は悪くない」、そう思う瞬間その3 てんこもり。


powered by てんこもり。

【孤独な男性】「人生は悪くない」、そう思う瞬間その3

1: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/14(土) 20:14:21

二人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めた 

一人は泥を見た 

一人は星を見た



53: ウェニー 投稿日:2009/03/22(日) 22:53:40
前にやった事を久しぶりにやって 
自らの成長を感じる時かな 

最近は腕力の著しい成長を感じるね

60: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/03/24(火) 06:48:33
暗視眼鏡で晴れ渡る夜空を見たとき 

肉眼じゃ見えない星とかがくっきりと映っていて空一面に宝石をばらまいたようだった



14: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/22(日) 01:32:06

いい音楽に出会うときだな


16: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/23(月) 23:15:17

>>14
同意
最近は懐メロ収集に嵌ってる


15: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/22(日) 02:58:58

人懐っこい犬が店前とかに繋がれているとき


20: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/26(木) 04:21:41

まだバカやれる自分に気づいた時


23: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/26(木) 05:22:57

年に数回来る体調が絶好調の時、何でもやれる気がしてくる


54: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/03/23(月) 09:30:06

>>23
同意


29: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/02/26(木) 22:17:25

別の店で働いてたお気に入りの風俗嬢が、別の店に映った事を奇跡的に知り
凡そ半年ぶりに会いにいったら嬢はもの凄く驚いていたものの
「会えないと思ってたから凄く嬉しい」と喜んでくれた
此方は正直ストーカーチックで不安だったのでその時点で嬉しくなった

で、今朝その嬢の日記にも名指しで御礼とお誉めの言葉が書かれていた
もうね、即座に携帯の画面メモに保存しましたよ
何回みても見る度にニヤニヤしてしまう

社交辞令とわかっているんだけど幸せだよ…


31: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/03/10(火) 23:56:02

じーっと見ている子供にこちらから手を振って、満面の笑みで振り返して貰った時


52: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/03/22(日) 22:40:39

ペン回しを頭の中でイメージしてマジシャンみたいに回してる時
最高に気分がいい


70: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/07(火) 17:30:57

昨日、立て続けに融資を断られ、取引先からも無視され、途方に暮れていた。
日付が変わっても何もやる気が起きない。メールの返事さえもできなくなってる。
完全に鬱状態になってしまったようだ。

でも皮肉なことに、ヤフオクで売れたものを発送しにいかなくてはならなかった。
その途中でたまたま立ち寄った寺で、こんな句を見つけた。

心が止まった時、ちょっと体を動かしてみよう。
人と会ってみよう。
そしてちょっと休んでみよう

ちょっと嬉しかったですね。桜も綺麗だったし。


71: ウェニー 投稿日:2009/04/10(金) 15:13:59

この辺に自販機はないのか… ダイドーがいいな
と思っていたら辺鄙なとこにダイドーの自販機があって

ミルクコーヒーが飲みたいなと思い見ると150円だった
ちぇッ今はボトルが変わって量は減ったがどこも140円なんだよォ
と思いつつも200円で買うと お釣りが80円と表記されて出てきた
しかも自販機のサンプルとは違いいっこ前のペットボトルだったから500㍉㍑ペットだぜ

つまりここは120円で500㍉㍑のミルクコーヒーが買える

自販機は新しいが誰も買わないような場所にあるため
前のパッケージのままだった

僕のためにあるような自販機だぜ


74: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/14(火) 10:44:47

会社の先輩夫婦と会社の年下の娘と遊びにいった
当然人生初体験の遊び方で、リア充はこんな感じかなぁとか思ったりして
ちょっと会社の年下の娘に淡い恋心が芽生えたりして本当に楽しかった


…しかし2日後、インフルエンザに感染してた事が発覚
楽しかった思い出が全てぶち壊されました(´・ω・`)


75: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/14(火) 19:12:28

>>74
ざまぁw

お大事にな
ちゃんと薬飲んで寝とけよ


83: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/26(日) 11:42:09

面白い映画に出会えた時。
時間と集中力を必要とされるのでちょっとした賭け。
ハズレたら最悪。


84: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/26(日) 14:17:13

友達が一人もいない孤独だってカミングアウトした女の子が
「それでも好き」って言ってくれたことかな

前の話だけど


87: ウェニー 投稿日:2009/04/26(日) 22:35:15

昨日晩から似非小遣い帳なるものを思いつきではじめた
字を長期間書かなければもっと下手になるんじゃないか
とか急に思ったし、ついでに昔から書きたいと思っていた日記も兼ねればイイってね


しかしいかんね、変化を起こすために遣いたくなっちゃうんだから

纏め方もめちゃめちゃ下手ってのもあって

これから上手くなるぞ とか

向上心に満ち満ちているときのワクワクはたまんねぇす


94: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/04/28(火) 08:21:45

幼女が兄弟?の足もとに抱きついている光景を見たとき
幼女が元気に公園を走り回っている光景を見た時
幼女がおしゃれして母親と手をつなぎながら買い物している光景を見たとき
幼女が母親にお菓子をおねだりしている光景を見たとき
川を泳いでいる鴨を見たとき
餌をあさるカラスを見たとき
じゃれあって飛んでいる雀を見たとき
猫がこっちを見たまま急に動かなくなったとき
母鴨が子鴨をお腹の下に隠して寒さと外敵から子を守っていてこっちが手を伸ばすと息を荒くして威嚇している光景を見たとき
幼女が喧嘩して泣いている光景を見たとき

癒された


99: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/01(金) 00:14:26

バイクネタ投下しておく、今日2車線の信号待ちをしている時となりに園児を沢山乗せたバスが
止まった、そしたら一人の園児が満面の笑み+と手を振ってくれた・・俺も軽く手を挙げ挨拶しておいた、

そろそろ信号も切り替わる・・俺はギアを一速に入れ発進の準備をした時、先程の園児が
バイクかっこいい、おにいちゃんまたねノシと大声で手を振ってくれた。バイクに乗ってて嬉しくなった瞬間だったよ・・


104: ウェニー 投稿日:2009/05/05(火) 23:57:58

月刊タオルに載せれるレベルの4コマができた

普通にみたらつまらないけど月刊『タオル』に載ってたら
読者は無意識下で面白い枠にいれてしまうほどのレベルだがな


とか妄想してると楽しい


107: ウェニー 投稿日:2009/05/13(水) 16:01:47

実力が自分より上の人間が現れると
すこしワクワクするなぁ

しかし同時に自分も成長しなければならんとこに来た

厳しいなぁ


まだ当人とは顔合わせてないがよォ~

今日か明日には逢うぜ~ッきっとッ!


110: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/14(木) 20:18:09

目玉焼きが綺麗にできた時


118: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/22(金) 07:48:55

のら猫が死んでたので埋めてたら、ちっちゃな娘が通りかかった

「どうしたの?」  
「ねこのお墓作ってんの」   
「ふ~ん・・・」

次の日見たら、花が置いてあった ( ^_^)


119: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/22(金) 16:02:13

>>118
いい話だなぁ(´;ω;`)


125: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/28(木) 00:42:36

スタートレックの劇場新作
村上春樹の新作長編
藤子・F・不二雄大全集の発刊

いつも一人でいるけれど
今、わりと幸せです。


140: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/29(金) 21:32:07

会話してる相手の屈託無い笑顔を見れたときは何だかほっとするなあ
孤男でも何でもなく真人間として受け入れてもらえたようでほんのり幸せ感じる
最初のうちだけなんだけどね…


146: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/05/30(土) 19:03:21

今日でっかい虹を見た


148: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/06/12(金) 05:28:09

昨日20時ぐらいにどうしようもなく眠くなり
深夜に目が醒めるのを覚悟して布団に入ったら
目覚ましがなるまで全く目が覚めなかった今の気分
最高に清清しい


152: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/06/21(日) 02:09:39

地元の祭りでたこ焼きを買ったとき、茶髪のテキヤの兄ちゃんがおつりを間違えて多く出したんだ。
俺その時「これ多いですよ。」と言ったら、周りにいたテキヤ兄ちゃんの友達らしき
これまた茶髪のあんちゃんが「カッケー!」と言ってくれた事。
釣銭くすねる程落ちちゃいない自分が他人に認められたんだ、って珍しく何だか誇らしかったよ。


154: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/06/21(日) 03:24:05

>>152
誠実で気持ちのいい行動だ
こんな快いやり取りって、普段がカワイソウな日々だからなのか、一時であれ本当幸せな気持ちにさせてくれるよなぁ


153: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/06/21(日) 02:30:35

実家に帰るときだけ悪くないと感じる
けど、親も尋ねるたびに身が小さくなって
寂しくなってくる


177: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/07/30(木) 23:47:32

とあるコンビニで電動車椅子の客が店を出ようとしていた
出入り口は手動の観音開き方式だった
たまたま入店しようとしていた俺は片側のドアを開けたのだが
車椅子の幅がやや広くて外には出られない
 そのとき店の奥から若い店員さんが小走りに出てきて
もう片方のドアを開けてくれた
 彼女は車椅子の客に「毎度有難う御座いました!」
俺には「恐れ入ります!」と言ってまたレジに戻って行った

 彼女の容姿は派手目で近寄り難い感じだった
しかし彼女の一連の行動と俺たちに見せた笑顔のお陰で
今日一日の終わりを気持ち良く締めくくれたことを感謝している

 長文スマンカッタ


178: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/07/31(金) 00:37:07

>>177
いい
純粋にいい話じゃないか


207: 名前は誰も知らない 投稿日:2009/09/26(土) 19:01:56

外で仕事中、カメラマンを名乗るお姉さんから「お仕事しているところを撮らせて貰えませんか?」って声かけられた。OKしたら2、3枚撮って帰っていった。しばらくしてさっきのお姉さんが「先程は助かりました、休憩の時に食べてください」とお菓子を買って来てくれた。

人に優しくされてこんなに嬉しかったのは本当に久しぶりだった、あの時のお姉さんどうもありがとう。びっくりしてきちんとお礼言えなくてごめんなさい。


252: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/01/14(木) 21:01:15

片道1時間位でも自転車(ママチャリ)で買い物に行く。
経済的とか渋滞知らずとか新しい道を見つける楽しさなどからさほど苦にならない。
ただアラフォーオヤジが独りで自転車に乗っていると女子供にはいらん気をつかう。
特に人通りが少ない道などですれ違う時にはこちらから離れてすれ違うようにしている。

ある時、車一台がやっと通れる農道を通っていた。見晴らしのいい道で気分がよかった。
進行方向から小学生位の女の子と祖母らしき人が視界に入った。
女の子だけ自転車に乗っている。

女の子は祖母らしき人から離れるかたちで私に近づいてきた。
こちらが極力離れてすれ違う時に「こんにちは」と女の子が見知らぬオヤジに挨拶してきた。
とっさに「こんにちは」と挨拶したものの予想外の出来事に一瞬びっくりした。

どう表現したらいいかわからないがいやな気分ではなかった。
「人生は悪くない」、そう思う瞬間だった。


255: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/01/18(月) 18:58:09

平日なのに昼間から酒を飲み、温泉に浸かっているとき
やっぱり、孤男はカレンダー通りに休まない仕事(会社)のほうが良いなあ
どうせ一緒に遊びに行く相手も居ないしな


259: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/02/16(火) 21:28:21

同じアパートの主婦(?)が料理持ってきて
この間のお礼だって
難儀そうだったんで三階まで荷物運ぶの手伝っただけだったし
去年の話でオレ 忘れてた

煮物 唐揚げ まだ温かいグラタン

独りで食べるのはかわりないけど

ありがとう ごちそうさま
美味かったです


262: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/02/17(水) 17:38:23

バイクで滑って転倒して、後ろのボックスに積んでた食料が飛び出た。
通りがかった軽トラのお兄さんと高級車に乗ったおじさんが「大丈夫か!?」って心配してくれた。
二人とも散らばった食べ物を集めてくれた。涙が出そうになった


282: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/03/15(月) 21:50:22

自分あんまり良いとは言えない家庭環境に育ったんだ。
ニートの兄がバット持って、家庭内暴力振ってさ。自分はいつもその標的だった。
父は見て見ぬふり(というか仕事人間だった
母はいつもかばってくれた。自分をかばって肋骨を骨折したこともある。
かばってれたのは母だけだった。
そんな母が頼むから、標的の自分がなけりゃいい、と頼むから引きこもりをさせられた時期もあった。
こんなのおかしい、と思ったが泣きながら頼むから何も言えず、ただ頷くしかなかった。
そのうち、同居も無理になり、ひとり暮らしする事になった。
ひとり暮らしを少し満喫していた。自由にトイレに行けるってなんて素晴らしいんだと感動していた。
実家にいて、引きこもりを強制されてた時はトイレさえ制限されていたからな。
しばらくして実家から連絡があった。母がもう長くない、との事。
癌でさ、あっという間に亡くなってしまった。
母は最期に、「家族みんなで仲良くご飯食べたいなあ」と言って死んだ。
当時の自分にはそんな余裕がなく、その願いは成就することはなかった。
その家庭環境とストレス、支えを失った自分はメンヘラになった。
自己嫌悪がすごくてさ。半端じゃなかったよ。なんて親不幸なんだって。
信頼していた親戚にも影で「あいつが全部原因」とか言われたりして。
自己嫌悪で本当にそれしか頭になかった。

でもあれから10年…大人になった。
今、春風に吹かれながら一人静かに母に思いを馳せると、
あれほど嫌悪していた自分だけど、
大好きだった母が遺してくれたのは、母の形見は自分自身なんだ、って思えたら
人生そんなに悪くはないかな、と思う。



長文&駄文ですまそ


290: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/04/27(火) 04:45:25

以前、会社近くのコンビにで・・
自作CD(誰にも聴かせるあてもないオナニーインスト)の
ジャケット用の写真を拡大コピーしてた。
そしたらバイトの女子高生が「きれいな写真ですね」と。
「いや・・・。CDつくったんでジャケットに・・」と言ったら「聴かせてください」って。
だから、一枚焼いてあげた。
そしたら先日・・・。
一曲、一曲についての感想を書いた手紙をもらった。
「3曲目がかなり好き」と。
うれしかったよ。


298: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/05/04(火) 12:39:49

コンビニで若くて可愛い店員がお釣りをくれるとき
レシートの上に金を乗せたり、手のひらに落とすように
金を渡される俺が、たまに可愛い娘に手渡しで釣銭を
貰うと「人生は悪くない…」と笑顔になる。


303: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/05/09(日) 10:42:39

大きな荷物を抱えて迷っていた、田舎へ帰る途中のおばあさんを
長距離バスのターミナルまで連れて行ってあげた。
身の上話をしながら歩いたんだが、別れ際に「あんたみたいな
親切な人に会えただけもで出てきてよかった。早くいいお嫁さんを
もらいなさいね。」と涙を流さんばかりに喜んでくれた。
お礼として俺に金を渡そうとしたので丁重にお断りすると
代わりに持っていたリンゴをたくさんくれた。


304: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/05/09(日) 14:17:58

>>303
いいことしたね
あなたにはきっと良いことがある


306: 303 投稿日:2010/05/09(日) 22:09:49

>>304
いやいや。
3年ほど前の話だったんだけど。
そのすぐ後に内臓の病気で入院するはめになるし、
4ヶ月の入院中に会社でずっと片思いしていた女性は結婚しちまうし・・・。


309: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/05/10(月) 07:19:12

GW、一人でイタリアへ行ってきた
何の感慨も受けない 何にも気付かない 心にゆとりがないからだろう
夜更けまでカフェで、一人すねてふてくされたように、立ち飲みで酒をかっ喰らっていた
でっかい白人男が、いきなり肩を組んできた
やべ
イタリアの夜は決して治安良くないんだっけ・・・
すると女が、何してんのよ馬鹿!といった調子で、男を止めに入る
語調から察するにロシア語だ
「おまえは俺の友達だよな?」
片言の英語で、酔っぱらったロシア男が言ってくる
「あぁ友達だ。たぶん」答える
連れの女は悶着にならなかったことに一安心したのか、ニッコリする
ニッコリして、いきなり古いマドンナの曲を歌い始める
おまえも完全に出来上がってるじゃねえか
男、俺のつまみに手を出す 女も手を出す フツーに食ってんじゃねえ・・・
そして男も、よく分からない歌を歌い始める
これはちょっとマズイなと判断し、コペルト(席料)を払うことにして、3人でソファーに移動
あいかわらず歌う2人
ヤケクソで俺も、一緒に歌ったり、コーラス入れてみたり、
エルトン・ジョンやビリー・ジョエルといった、ワールドワイドな歌を歌いだす
そういえばロシアやイタリアにはカラオケボックスはないのだろうか、などと思いながら
ボーイや他の客は、あきれた顔で眺めてる
たくさんの話を片言英語で交わしたが、記憶に残るようなまとまった話はない
3人で肩組んで写真を撮る
閉店で追い出されるまで飲んだくれた
別れ際
「ガスパージン!スパシーバ!my dear friends!」
ロシア語なんて知らないが、どちらかが「さようなら」で、どちらかが「ありがとう」だった気がするので、そう言ってみた
男"Good bye friend!"
女"Bon boyage!"
俺「節子、それはフランス語や!」
女、俺の日本語を無視して、両手を唇に思いっきりあてて、盛大な投げキッスを俺に送る

帰国後、写真を現像してみる
ものすごい馬鹿ヅラした3人が、豪快な笑顔で映ってる

俺には友達なんかいない 一人だっていない
こいつらの名前だって知らない
だけどスタンドに立てたその写真を見るたび、ほんの少しだけ滋養を感じ、
ほんの少しだけ温かな気持ちになれる


314: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/05/10(月) 23:48:56

>>309
いい話だと思った
俺もなんか少し暖かい気持ちになったよ
ありがとう


319: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/06/29(火) 23:39:08

俺の隣に70代くらいのおじさんがいる。
よく外に出て散歩とかしているから、よく会うんだよね。
でも、俺は人付き合いとか苦手だし、年寄りも苦手だったから、いつも無視していたんだ。
相手は、こっちのことをじっと見ているのに・・・

でもこの前知ったんだが、そのおじさんは俺のクラスメイトの祖父だったらしい。(そのクラスメイトと祖父は別居)
「このままじゃマズイな」と感じた俺は、1週間前に初めてそのおじさんに軽く会釈をしたんだ。
そしたらそのおじさんが、「もしかして、〇〇君?わし、△△の爺さんやけど。いつも△△が君の話をしているよ。よろしくしてあげてね。」
と、優しく話しかけてくれた。

その言葉を聴いて後悔したよ。もっと早く話せていればよかったって。
それから、帰宅途中とかに毎日会っている。
その度に俺は会釈をする。
するとおじさんは、「お疲れ様。お帰り。」って笑顔で言ってくれる。

この瞬間が、一番ホッとするんだ。

駄文を長々とすいませんでした。


322: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/07/18(日) 18:22:41

街中で落とし物して探してたら、「どうしました?」と声掛けられ、一緒に探してくれた。良い香りのする女性だった。
結局見つからなかったけど、10年ぶりくらいにあったけぇ…って思えた。

ちなみにその女性とその後どうこうした、というドラマのような展開は当然無い。


340: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/09/17(金) 05:28:56

ポケモンが発売されたとき。
どんなにつらい現実が待ちうけようとも、ポケモンが発売されるときを待ってひたすらがんばれる!!
夢と希望が詰まった世界を冒険しよう!!
ポケットモンスターブラック&ホワイト!!


341: 名前は誰も知らない 投稿日:2010/09/17(金) 05:45:16

以前のことだけど、隣町の商店街歩いてたら、前から歩いてくるおばさんが
「あわわわ」とか言って「酸素が」とか言いながら俺の手を握った
「え?どうしましたか?」って聞いても、「酸素が」って言って、俺の手を「ひー」とか言って握り締めてくる
変態かなと思ったので、手を振り払って逃げようかと思ったけど、いちおう「落ち着いて下さい」
って聞いたら、病気で、酸素が足りないと具合が悪くなるらしい
だいたい事情が分かったと思ったら、まわりの通行人が手分けして、救急車呼んだり、一緒に買い物してるだんなを探しにとんでいってくれたりした
その時不思議だなーと思ったのが、手伝ってくれた若い女が何人かいたけど、普段見たことないぐらいの美人が2、3人まじってた
普段どこに隠れてるんだろう?って思った
まあ特に良い話しでもないけど、もし逃げてたら悪人になって語り継がれるかもしれないので、それだけは避けれた いちおう人助けのまねごともできたのでセーフ


359: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/01/17(月) 19:37:43

7年ぶりに訪れた旅行先の展望台で景色を見下ろしたとき。

当時はまだ学生で、本気で自分は一生独りで生きていくと思ってた。
7年たち社会に出て、同期と愚痴を言い合ったり、先輩から仕事を教えてもらったり
向上心の高くない方だと思ってた自分だけど、少しは努力して、少しは周りから認められるようになった。
医療職なもんで人から感謝されることもあったっけ。
干されたり、罵倒されたり、自分のできなさに死にたくなったりしたこともあったけどさ。

相変わらず休日は一人だし、彼女なんていないし、そもそも人との距離の縮め方分からないし。
ただ、まぁ独りではなかったかもなぁ。少なくとも悪くない7年間だったと思った。

きっとまた何年後かに同じ場所行ってみるが、その時は自分はどう思うんだろうな。
できればその時は誰かと一緒だといいんですけどね。


388: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/04/24(日) 20:21:22.93

いつも帰りに寄るコンビニ。
店員の可愛い大学生の女の子が俺が買う煙草の銘柄を覚えてくれてるんだ。
この間寄った時にその子がちょうど上がり時間だったん、だからくだらない世間話をしてて家まで車で送ってあげたよ。
そしたらアドレスを教えてきたんだ。

このアドレスにメールを送れない自分に気付いて、やっぱり弧なんだなと思った。
本当に楽しかった。生きてて良かった。


415: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/04/27(水) 07:25:25.71

バイトのために初めて証明写真をとって、
とり終えたあと、自力では動くことのできない老人に「お仕事ですか、頑張って
ください」といわれたとき
まだ受かったわけではないけど
人生そのものを頑張ろうとお友達おもった


416: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/04/27(水) 19:27:37.84

>>415
心にしみるねぇ


420: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/05/07(土) 15:07:06.88

この間帰省したんだが、
糞野郎だとしか思っていなかった弟に、
長距離にも関わらず実家からマンションまで車で送ってもらった。

降り際にほんの気持ちだけれど、運賃を払おうと思い、
財布を見たら1000円札と10000円札しかなかった。
10000円札を出したら、受け取れんと言われたので、
仕方なしに1000円札を出したら
「ありがとう兄貴、これで美味しい物でも食って帰るよ。」
といい去って行かれた。

なんだかよくわかんないけどしばらくその場で泣いていた俺(25)


427: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/05/22(日) 22:39:40.94

>>420
社会人になってからの兄弟の関係ってけっこう変わるよね。

自転車のってる時かな。


426: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/05/22(日) 22:37:49.50

この間、仕事が終わった後誰もいない屋上にコーヒー持ってタバコ吸いに行ったんだが、
それはもう見事な夕焼け空で心が洗われたよ。
めちゃめちゃ幻想的な空だった。
友達も彼女もいない俺だが、
こんな程度の出来事で人生悪くないかもな、と思ってしまった


439: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/06/05(日) 15:37:53.48

凄いくだらないと思うだろうけど、天気で一喜一憂出来る事かな
自然に囲まれた所なせいか、今の時期だと雨降りの後に晴天の時は木々の緑の力強さやら、渓谷の朝霧が綺麗だったりすると気持ちが楽になる
自然から力を貰ってる時が一番だ


504: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/07/05(火) 23:50:54.04

昔こんなことがあった。
当時は今みたいには孤独ではなかった。
ある日、2年間付き合っていた彼女にフラれて駅のホームのベンチに一人で座って泣いていた。女々しいと思うかもしれないがなぜか涙が全くとまらずに顔を手でおおい、うつぶせになりながら顔を隠していた。
電車がきたので乗ろうかと思ったが泣き顔のまま乗るわけにもいかずにもう少し座っていることにした。
ふと顔をあげた時に電車から降りてきたサラリーマンがどうやら私が涙しているのを気付いたらしく、目があってしまった。
サラリーマンは自販機で暖かいお茶を買ってきて私がうつむいている横にそっとお茶を置いてくれた。
お礼を言わなければと思いもう一度顔をあげてみるともう見えるのは遠くにあるすこしはげた頭と日々の疲れをかんじさせる猫背だけだった。
もうすこしだけ、もうすこしだけ頑張ってみようと感じた。


516: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/07/12(火) 00:04:21.50

>>504
そんなおっさんになりたいわ
たぶんその人も仕事で毎日てんてこ舞いだろうけど、自分のことばっか考えるより他人に何かしてやれる気持ち


535: 静かな雪 投稿日:2011/07/18(月) 23:11:21.08

北アルプスの縦走。

夜、テントから外を覗いたとき、
視界一杯に満天の星空が飛び込んできた時。


538: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/07/21(木) 18:30:37.36

最近、北海道から異動してきた小さくて可愛い23歳の女の子に「良かったらお昼一緒に食べませんか?」
本当に緊張したわ。
めちゃくちゃ可愛いかった・・・・・・


568: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/08/11(木) 19:15:21.46

ジョギングとダイエットとフェイストレーニングとオナ禁を継続するようにしたら
いつもなら素通りされるような同僚に話しかけられたり笑顔を向けられることが多くなった
彼女も友達も相変わらず皆無だけれども、仕事が面白く感じたり、プライベートでも前向きな思考が多くなった
「もしかしたら人生って自分の力で変えれるのかもしれない」って考えている時かな、人生悪くないって思うのは


646: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/12/15(木) 09:11:44.54

いつもは混んでいる電車で座れて最寄駅までぐっすり眠れた時。
近所の八百屋さんの、猫の光太郎くんが頭を撫でさせてくれた時。
大好きなたぬきうどんと、オクラ入り納豆を食べた時。
お気に入りの入浴剤をいれて、ゆっくりと湯船につかる時。
オナニーしていつもより大量に精液が出た時。
7~8時間ぐっすり寝て、朝スッキリと目覚めた時。
休日の朝、お気に入りの曲を聴きながら河原の土手を散歩して、キレイな朝焼けを見た時。
(冬の朝の散歩はクソ寒いけど、空気が澄んでいて気持ちがいい)


681: 名前は誰も知らない 投稿日:2012/01/06(金) 19:55:49.16

今日、病院へ用があって行ったんだけど、
会計の後に薬が院内で出そうな感じだったんで立ち止まって様子見てたら
その会計の子がわざわざ名前呼んで教えてくれた
めちゃくちゃ美人だったけど、冷たそうな印象だったからめちゃくちゃ嬉しかった
因みに今日は俺の誕生日でした。孤男の俺にとってはこんな些細な事でも至福の時だったな


688: 名前は誰も知らない 投稿日:2012/01/19(木) 23:53:17.03

このまえ、仕事ですげえ嫌なことがあって
近所の飲み屋でひとりヤケ酒してたんだが
いつのまにか飲み過ぎて寝ていたらしい。

目が覚めると、カウンターで突っ伏した俺の肩に
毛布がかけられてた。とっくに閉店時間も越えてて、
店内は俺と、後片付けをしていたオヤジさんのみ。
飛び起きて謝ったんだけど、オヤジはほんのりと笑って
「仕事柄、嫌なことがあって呑んでる人はわかるんでね」と一言。
会計まで少しまけてもらった。

とりあえず、世の中はそう悪くないなと思って
冬の夜空の下を帰ったよ。


695: 名前は誰も知らない 投稿日:2012/01/21(土) 09:52:58.60

>>688
イイ話だな~。


946: 名前は誰も知らない 投稿日:2013/05/27(月) 23:46:42.40

通勤時にバイクで転んだとき、

徒歩での帰り道に、溝にはまったとき、

いずれも複数の男性が、本気で助けようとしてくれた。
うれしかった。


自分のどん臭さは情けなかった。


951: 名前は誰も知らない 投稿日:2013/10/17(木) 22:16:29.07

終電間際に帰ってきてコンビニで買い物後、コンビニ横の道路でサイフを拾った。
仕方なく歩いてきた方向を戻って交番へ。
交番は誰もいなかったので据付の電話で警察署の担当と会話。
5~10分後警官が戻ってきて、
警官が「いい人に拾われたなあ・・・。謝礼は希望する?」って聞いてきたので、
「謝礼は要りません。僕も置き忘れたサイフが無傷で出てきたときがあって嬉しかったので」
って答えといた。
けど警官が「持ち主現れなかったらどうする?」って言ってきたので、
「その時はもらいますw」って言っておいた。
警官が「内容から、それはないだろうけどねw」ってさ。

みんなもサイフ拾ったら交番へ。
良かった事は循環させようぜ(´・ω・`)

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク