【音楽】元ロッキング・オン編集長・増井修「編集部6人で年間3億円稼いでいた」―ロック雑誌黄金期を振り返る てんこもり。


powered by てんこもり。

【音楽】元ロッキング・オン編集長・増井修「編集部6人で年間3億円稼いでいた」―ロック雑誌黄金期を振り返る

1: パニックスイッチφ ★ 2016/07/23(土) 05:55:38.13 ID:CAP_USER9

 「増井修」と聞いて懐かしさを覚える人はどれくらいいるだろうか? 増井氏は、1990年から7年間『ロッキング・オン』の
編集長を務め、熱のある文体で、ストーン・ローゼズやオアシス、ブラーなどの洋楽ロックを日本で盛り上げまくった仕掛人である。
97年に突然、ロッキング・オン社を辞め、あれから20年……。「伝説の人」となりつつある今、なんの前触れもなく単行本
『ロッキング・オン天国』を上梓した増井氏に話を聞いた。

――このたび、1990年から7年間のロッキング・オン編集長時代のエピソードを中心にまとめた単行本『ロッキング・オン天国』
(イースト・プレス)を刊行されましたが、あれから20年経った今、どういった経緯でこの本を出されたのでしょうか?

増井:こんな企画本、まっぴらごめんだと思っていました。だけども、本を書いてくれという要請がことのほか大きくてですね、
それは編集者のみならず、たまたま出くわした知り合いや、仕事関連の人からも、現在はすっかり偉くなってしまった往時の読者からも、
偶然に言われたりしまして。多分、彼らは僕の衰弱を慮って、いま書いてもらわないと自分達の青春の正しい追憶本がなくなるとでも
思ったんじゃないですか(笑)。でも、そうこうしているうちに、自分でもあの時がそれほど特別だったかな~という思いと同時に、
自分でちゃんとあの時代を振り返ってみることで一区切りつけておこうという気分になっていったという感じですかね。
ところが、この本ではそういった特別な時代、特別な自分、特別なロックなどというもんはなかったという趣旨がまずあって、
それだからこそ書く気にもなったし、逆にそうであれば盛って行って構わないとも思いました。

(中略)

――本書では、当時の実売部数や売上も詳密に公開されていて、その数字に驚きました。96年ごろが洋楽ロック雑誌の最盛期で
「毎月10万部、編集部6人で年間3億円稼いでいた」とあります。このヒットの原因はどんなところにあると思われますか。

増井:いろいろ理由は考えられます。考えられますが、いま言ったような構造下で、他誌が抜かれて行ってほぼ寡占状態になったからこそ
できたことですから、そこにはきっとエンドユーザーこそがものごとを決定する、ってな根拠もあったんじゃないでしょうか。
それまではどうしても一部の英語堪能な子女が自分の成果だと仕切っていましたし、ロックを本当に必要としていない世代の仕掛けは
撲滅していきました。だから、これ<プレ・インターネット時代>だったから売れたとは言っても、そこに近い認識があったからじゃ
ないんでしょうか。つまり記名で書くことが当たり前の責任を持っていながら、それが本当の記名性かどうかは危ういといったような立場に
自分はいたわけでして、その辺が良かったんだろうなと思います。だって、編集者ってそういうものではないですか。

(中略)

>>2-5あたりに続く

http://nikkan-spa.jp/1160354
http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/07/42f915278abf2c87fc9eb7df97ded3b6-e1469004125500.jpg



3: パニックスイッチφ ★ 2016/07/23(土) 05:57:18.90 ID:CAP_USER9

――現在は雑誌もCDも売れなくなり、当時とはだいぶ状況がちがいますよね。

増井:一般に雑誌の媒体活力は、イベントと結びついていないと無理です。音源購入の動機も違ってきています。
ただし、それを言うなら小説も絵画も映画も古の文化でしょう。洋楽ロックがいま響かないのは特別な要因はなにもありません。
だって今でもAKBだの、思春期的なもの、性と結びついたもの、若さの無秩序なパワーってのは魅力的でないわけがありませんから、
そんでテイラー・スウィフトが売れる。あれはね、モリッシーみたいに個人の事情を一切動機にしてないから偉い。
発展途上国用の普遍の若さで歌詞を作り、先進国用にリズムと動画を作ってますね(笑)。

――増井さんが積極的に取りあげていたストーン・ローゼズやオアシス、ブラーなどがいまだに第一線で、
雑誌の表紙を飾っているような状況をどう思いますか?

増井:あれから一歩も進んでいない……と言いたいところですが、終わりを背負ったからこそ開拓できた音楽っていうのは、
意外とというか、案の定というか、しぶといんです。その理由はね、最初も最後も、いろんなことを知っているからです。
レッチリの音楽がどれだけ『アンダー・ザ・ブリッジ』からの焼き直しだろうが、情熱のありかと方法論を知っているのは大きい。
例えばスタイル・カウンシルをいま聞くと真っ青になります。あの月並みさはあり得ない。でも、その後のポール・ウェラーは
総合的に学習しているわけです。そういうものが残るんであって、一時を切り取ったものはブームが去れば終わってしまう。

――97年に退社されますが、本書には、辞めてからのことが書かれていません。ネットのレビューをみると
「ROとの裁判の経緯など、肝心なことが書かれていない」という意見もありました。

増井:そうですか。この本は熱帯魚だの漫画だの、完全に無駄な要素も満載な一方で、実は削りに削っていく作業が中心でした。
あの時代の読者に徹底的に奉仕するんだと決めてからは、そこを掘り下げるだけ掘り下げてみて、とにかく無駄なことは省くと。
ですから裁判についても、お互い合意して和解したものについて、いまさらどうやっても自己弁護にしかならないような解釈は
添えられないと思いました。辞めてからなどは論外です。読者にとって読みたいことでも何でもありません。と思ってますが。


6: パニックスイッチφ ★ 2016/07/23(土) 05:57:53.62 ID:CAP_USER9

――「あとがき」を書かずにばっさり終わっているのもそういった理由ですか?

増井:そうですね。あとがきは書くべきではなく、まえがきで書けることが全部であるべきでした。
しらじらしいあとがきとか読みたいですか?

――では最後に、今、いったい増井さんは日常、何をしておられるんですか? 
また音楽誌をはじめよう、というような気持ちはありませんか?

増井:今日、書店に行ったら内館牧子さんの『終わった人』ってのが売られていて嬉しくなりました。買いませんでしたが。
僕はこの本の出版で終わりつつある人から、本当に終わった人になれたんだと、そこは少し誇らしく思います。
これもあとがき同様、思わせぶりは避けるべきですから、ほっておいてください。でもね、近日中に味をしめて
お知らせするかもしれませんが。

【増井修(ますい・おさむ)】
1959年、新潟県生まれ。編集者。1980年、ロッキング・オン入社。1990年から7年間にわたり『ロッキング・オン』の2代目編集長を務め、
熱のこもった編集スタンスで読者を巻き込み、10万部を超える業界ナンバーワン音楽誌へと成長させる。ストーン・ローゼズの才能を
いち早く見抜き、日本でのブレイクの立役者となる。UKロックのアーティストを積極的に取りあげ、日本でのムーヴメントを先導、
今に連なる礎を築いた。2016年5月、20年の時を経て、編集長時代の7年間を振り返った『ロッキング・オン天国』をイースト・プレスより上梓した。

取材・文/日刊SPA!編集部

全文は以下で
http://nikkan-spa.jp/1160354

増井修の自宅の水槽。当時の『ロッキング・オン』読者ならピンと来る人も多いはず。
誌面では何の脈絡もなく熱帯魚の話を書きまくり、4コマ漫画を連載していた西原理恵子さんにもネタにされていた。
http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/07/caf7aced72bd0eaedd742356a6a86796-e1469098041344.jpg


9: 名無しさん@恐縮です 2016/07/23(土) 06:04:25.81 ID:/wMJBV210

この本読んだわ
新潟から上京して渋谷陽一と合う場面が良かった


13: 名無しさん@恐縮です 2016/07/23(土) 06:06:50.16 ID:zYFfbrHx0

80年代後半はバーンが売れて
90年代になってロキオンが抜いたって感じ?


28: 名無しさん@恐縮です 2016/07/23(土) 06:22:24.92 ID:Q5Pj8ynh0

>>13

90年代もバーンの方が売り上げが上だと思う。
音楽雑誌で一番売れてるって当時言ってたし、実際に平積みされて売れてた。

二千年代は逆転したかも知れないけど


314: 名無しさん@恐縮です 2016/07/23(土) 10:20:55.41 ID:spnAE/080

>>13
90年代はHRHMは暗黒期
ニルバーナやレッチリ等ロキノン系に全部持っていかれた


15: 名無しさん@恐縮です 2016/07/23(土) 06:08:45.98 ID:XxO567OG0

一時代築いただけでも大したもんだ




続きを読む

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

♯56753
よく90年代はグランジの時代とかいうやつがいるけど
グランジってすぐに廃れたんだよ
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク