【同人】あなたの心がなごむとき 1~2 てんこもり。


powered by てんこもり。

【同人】あなたの心がなごむとき 1~2

25 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/08(水) 05:15
夜遅くまで仕事して帰ってから、夜食用(?)にお菓子を探してたら、ダン
ナが、多種類のお菓子が入ってる袋の中に、私が一番好きな奴だけ、丸々
食べずに残しておいてくれたのを発見。
この前、「これが一番好き」と言ってたのを覚えててくれたらしい。
なんかなごんだ。




63 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/08(水) 22:45
本日会社帰りに、超がつくくらいどでかい犬が道を歩いてた。
(セントバーナード)そして背中には小さな男の子が張り付いていた。


69 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/08(水) 23:23
北海道は雪です。寒いス。
で、ちぎれそうなくらい寒いのを我慢しながら歩いていると、顔見知り
の男の子(八つくらい?)がもう10時くらいだというのに道の
はじっこでしゃがみこんでました。
通学時間と通勤時間が同じくらいで、200メートルばかりの道が
一緒になるだけの子なんですけども。
「どうしたの?」と声をかけると、半べそかきながら事情を話して
くれました。
寒いからコンビニで肉まん買ってきて食べようという話になり、おつ
かいに出されたそうなんだけれども、うっかりこけてお金を落として
しまったそうな。
私も用事があったので一緒にコンビニへ行き、肉まん3つ買ってあげ
ました。
じゃあねって別れようとしたら、その子が「半分こしよ」って自分の
分のを半分にわってくれました。
まあ、自分で支払ったものなんだけど、いい子だなあ……と思って


92 名前: どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/09(木) 03:51
蒸したおいもにバターをぬって食べるとおいしかった。
新しい味発見でなごみ。


95 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/09(木) 03:56
目の前で猫が大あくびした時、
口を閉じる瞬間に聞こえる「はくっ」っていう音。
あれ聞くとすごいなごむー。幸せー。


135 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/09(木) 17:05
時々しか見ないんだけど、父が飼い猫に語りかけてる様には和む。
「牛乳、飲むかね?」って普通に話すの。


198 名前: たまに行く古本屋 投稿日:2000/11/10(金) 01:21
小さな店だけど、BGMはクラシックのピアノ曲集のエンドレス。
店番は小学校高学年くらいのおかっぱの女の子。
三毛猫が棚の前で寝そべっている。
秘かに最高のなごみスポットとして活用している(私は女)


241 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/10(金) 23:18
何年かぶりにオモチャ屋さんのぬいぐるみ売り場に足を踏み入れた。
かわいいぬいぐるみたちにももちろん和んだが、すたすた歩いてきたサラリーマンのお兄ちゃんが一瞬足を止め、次の瞬間むぎゅっとつかんでぬいぐるみをレジに。
ものは15センチくらいの真ん丸いフクロウ。


381 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが 投稿日:2000/11/13(月) 22:27
仕事帰りにペットショップの前を通る。
去年入荷したアメショーの子猫の売れ残りらしい一匹が、
もう成猫になっていつもケージの中でいつもじっと座っている。
これ以上売れなかったら処分されてしまうかもしれない、と心配で心配でたまらず、
この間思いきって店内に入り、「あのアメショー幾らですか?」
と聞いた。そうしたら店員のお姉さんがにっこり笑って、
「あれはうちの猫なんですよ。売れ残っちゃったんでうちの子になったんです。
名前もあるんですよ、ショウ君、って」と。
聞いてみると、売れ残った犬猫は皆名前を付けて飼っているそう。
凄く安心した。ついでにアメショーを抱っこさせてくれ、
入荷したばかりのロシアンブルーとアメショーの子猫も見せてくれた。
とてもとてもなごんだ。
それからはは店の前を通ってショウ君を見るとすさんだ気分でもなごむ。


549 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/17(金) 17:06
近所のコンビニでおでんを買った。
おばちゃんの店員さんが
「熱いからね!気を付けて食べてね!」
と言って渡してくれた。
ありがと、おばちゃん。おでんいつもよりあったかかったような気がしました。


607 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/19(日) 00:07
今日、田舎の祖母から一人暮らしをしている私に大量の柿が届いた。
うわっ、こんなにたくさん一人で食べきれないよ~と思いながら、柿を
冷蔵庫に直していると柿の山の中から一通の封書が。
開けてみると中には5000円札と手紙が入っていた。
「一人暮らしだと何かと大変でしょう。これで美味しい物でも食べてね。
おじいちゃんには内緒ね」とだけ書かれてあった。

柿はすごく甘くて美味しいです。おばあちゃん本当に有り難う。
就職したら絶対孝行するからね。


672 名前: 夏ごろのこと。 投稿日:2000/11/21(火) 00:21
道端に子猫が1匹落ちてた。
うちは賃貸で飼えない。
途方に暮れて眺めていたら、見知らぬおじいちゃんが来て
そおっと掬い上げてくれた。
「チビさん、ワシが生きてる間だけやで…」

家へ帰って、少し泣きました。


678 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/21(火) 00:48
470円の物を買って500円玉を出した。
30円のおつりがきた。3枚ともぴかぴかの10円玉だった。
なんかすごく得した気分になった。


478 名前: どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/16(木) 01:12
足元で愛犬が寝てる。
夢を見てるのか尻尾をパタパタ振っている。
すげー可愛い。 なごむなぁ…。


481 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/16(木) 03:37
近所に犬を四匹飼っている家がある。
裏口の狭いところに繋がれているが、
冬は四匹毛ダルマのように丸く折り重なって寝ている。
遠回りして毎日見に寄るほどキュート。
ちなみに夏は、思い思いのところでぐたーと寝ている。それもキュート。
みんな雑種だけど、可愛いのよ~。


784 名前: なごみとはちょっと違うけど 投稿日:2000/11/24(金) 02:15
昔やさぐれて家族に行き先を言わないまま、旅行に出ました。
山の近くの大きな公園で、夕日がまぶしいので背中を向けてベンチに座って、
晩飯はなに食おう…などと考えていた時に、
近くの小学校低学年の女の子と母親の会話が聞こえてきました。
「お母さん、ススキが咲いてるよ。きれい」「本当ねえ」
ああ?ススキが咲いてるだあ?と思って振りかえると、公園のすそから山に向かって
たくさんのススキが風に揺れ、穂が夕日に白く光って波打って…
その美しさに呆然としました。それまでススキって雑草のイメージしかなかったから。
固定観念に縛られず物を見ることを教えてくれてありがとう、あの時の女の子。


905 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/30(木) 08:37
修羅場中なので仕事から帰るとほとんど部屋から出ない生活をしてるんだけど
今朝廊下に出たらドアの前に「かもめのたまご」が
三個、置いてあった。
出張から帰った父がゆうべのうちに置いていったらしい。母にそのことをいったら、
「お父さん、箱ごと持ってって××の部屋の前でじーっと待ってたのよ。それで
プリッツ(うちの犬)にノックしようかのう? 邪魔かのう? まだ起きとるんかのう?
かもめは好きかのう?って聞いてんの 朝まで出てこないから、待って無い方がいいわよ
って言ったんだけど帰った時に顔がみたいんじゃだって」
………父、ごめん。今日は父が帰ってきたらかもめのお礼言うね。肩揉むね。


540 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/11/17(金) 15:17
「お母さ~ん」と台所にいる母に呼びかけたら即座に猫が返事をした。
そうか、お前が私の本当の母か…。
その場にいた家族全員が一気になごんだ瞬間だった。


935 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/12/01(金) 14:47
会社の近くにありながら勇気がなくて入れなかった喫茶店。
何十年もやってるからか外観は本当に汚い。
だけど今日、あまりの忙しさ&他の店の混み具合にその店へ入ってみた。
…おばあちゃんが一人でひっそりと守り続けているお店だった。

コクがあるのにしつこさの残らないハヤシライス。
丁寧にリーフを蒸らしてくれてるランチサービスの紅茶。
テーブルもイスも傷だらけだけど、きれいにそうじされてて気持ちいい。
今まで誤解してた自分に反省。そして優しいおばあちゃんになごみ。

来週もまた食べにいきます。


173 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2000/12/13(水) 10:52
毎日遊びに来てくれる、向かいの家の猫。
昨日は大雪だったんだけど、それでも遊びに来てくれた。
頭に少し、雪を積もらせて。


326 名前: やっと書ける 投稿日:2000/12/24(日) 21:18
クリスマスに思い出すネタ

元同僚の弟くんが小学校にあがる前のある冬の午後。
玄関先で姉二人がお出かけのご様子。
いつものように「いっしょにいく~」と駆けよってわくわく。
困ったのは、当の弟くんへのプレゼントを買いに行く同僚とその妹。
そんな事情も露知らず行く気満々の自分へ、姉曰く。
「お姉ちゃん達ね、これからサンタさんに○○くん(自分)が良い子
だったからプレゼントをあげてください、ってお願いに行くの」
『ハッ∑(-△-)』
「良い子でお留守番できるね?」
『コクコク(--;)』

そして弟くんは二人の姉サンタを、手を振って見送ったのだった。
今は昔の物語である(同僚談)





関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯4655
背中に張り付く子供(*´∀`*)
近所の犬だとつぶれちゃうから、小さい頃は夢だったなあ…
♯4657
じいちゃん…
♯4660
なごむのも、ちょっとホロッときそうなのもあるね…
♯4661
326が分かりづらい
♯4662
ところでニコニコ動画に関する記事はどうしたの?
※欄で突っ込まれてたようだけど
♯4664
↑詳細キボン
♯4667
672 きゅんとした
♯8390
>627
泣けた
♯11533
672は卑怯だと思う。シクシク
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク