【海外旅行】海外旅行でやさしくされた、助けられた体験談 てんこもり。


powered by てんこもり。

【海外旅行】海外旅行でやさしくされた、助けられた体験談

3: 異邦人さん 投稿日:2006/08/25(金) 03:41:33 ID:gwuRz2sG
何年か前の台湾で。今の時期。 

3回目だったんでちょっとは慣れてるような気持ちで、暑い中がんがん 
歩き回っていたら、いきなり陽射しが強くなって、大汗かいてふらふら 
してきた。 

そこら中にコンビニとか屋台のスタンドがあるので、とりあえず 
脱水症状を抑えるべく水を買って飲んだけど、すぐ汗になって余計に 
疲れて、さらには吐きそうになってしまった。 
たまらずにへたりこんでいたら、ビルの掃除のおばあさん(日本語世代)が、 
本当に流暢な日本語で、 

「あなたは日本人なの? どうした? 具合よくないの?」 
「すみません、暑くて気持ち悪くて・・・何と言えばいいか・・・」 
「バカだな!! 熱射病と言うんだろ、それは! 水を飲みなさい! 水!」 

と言って、台湾で熱中症によく利くらしい椰子の実の飲み物と、薬を持って 
来てくれた。30分ぐらい、おばあさんの掃除しているビルの受付の冷房に 
あたらせてもらって、完全回復。 
おばあさん「これぐらいの暑さで情けないね、日本男児が! 国に帰ったら 
しっかりしなさい!」 
と笑顔。あたしゃこんなに元気でやってるよ、と掃除機振りかざして出て行った。 

おばあさん、もう死んじゃってるかも知れないけど、ありがとう。



5: 異邦人さん 投稿日:2006/08/25(金) 13:32:40 ID:A8Ltb+Yl

特に覚えてること。

10年前、ハノイ行った時、
24時間営業のパン屋さんに毎日パン買いに行ったら、そこのご主人と働いてた人に囲まれ、道にテーブル出してくれてパンと水でパーティー。
マルタにて。
帰路のため空港に向かうバスの中で、あらかさまな差別を受け、怒鳴りまくって荷物の置き方が悪い、荷物の数が多い、買い物なんかしやがってと3倍の料金請求しやがった。
降りようとしたけど、間に合わなくなるから我慢した。
するとフランス人のご夫婦が、私を心配してくれ、バスの乗客・運転手に一言注意してくれ、下車の時、トンランク運んでくれた。


7: 異邦人さん 投稿日:2006/08/25(金) 14:09:16 ID:A8Ltb+Yl

続き。

バンコクにて。
帰国の為、タクシーで空港向かう途中
、運転手さんが屋台の前で勝手に止めて何か買いに行った。
戻って来ると食べれとくれた。
それはバナナ天ぷらだった。
帰りチップ渡したら、要らないって返してきた。
それまでバナナ天ぷらなんて…と思ってたけど、大好きになりますた。

リスボンにて。
なんのきなしに入ったレストランの、素材の味しかしないスープが大好きで、毎日食べに行った。
帰国の日、偶然オーナーが居て挨拶してくれた。
今日、帰るんですよと言ったら、生ハムを目の前で切ってくれ、スープのおかわりご馳走してくれた。


9: 異邦人さん 投稿日:2006/08/25(金) 16:45:04 ID:7VRWO28i

バンコクにて
駅に向かう途中、可愛い看板があったため通りすがりのおばさんにシャッターを頼んだ。
その時、昨日着いた事、初めてバンコクに来たことを会話の流れで話したら、そのまま付いてきてくれ、切符の買い方を教えてくれた。
お礼を言って改札くぐろうとしたら、『何か困った事があったら連絡しなさい』と連絡先をくれた。
シャッター頼んだだけなのに、嬉しかったなぁ。

おばさん、何事もなく楽しい旅になりましたよ。どうもありがとう。


11: 異邦人さん 投稿日:2006/08/25(金) 22:29:58 ID:cOQx35Yc

韓国のホテルで

友人のガキ数人に「どのラーメンが一番辛いか?」
とネタを提供され、種類分買って飲み物もついでに買ったら
「サービス」と言っておまけをくれた

ただそれだけだったのだが嬉しかった。
で、「サービス」って和製英語だと思っていたのだが
韓国でも使っているのだなぁ。

ラーメンはやっぱりそれなりに辛くて「辛い」「辛い」と
言いつつみんなで食べた。


12: 異邦人さん 投稿日:2006/08/26(土) 02:25:22 ID:4V4DkI3f

どれもいい話ばかりですね。

私のはたいしたことない話だけれど、香港にて。
英語で道を聞いたときにお店の人が理解できず、紙に書いても理解されず
困っていたところに、たまたま通りかかった中国人のお客さんが
自分は英語が解るよと言って、道を紙に書いて教えてくれたこと。


13: 異邦人さん 投稿日:2006/08/26(土) 20:46:50 ID:Jn7hjCjk

今年の3月、ドイツに贔屓のピアニストのコンサートの
追っかけをしに行ったときのこと。
ヴュルツブルクから列車にのって、
「これは2等ですか?」「ここ、すわっていいですか?」
一人旅で緊張しまくりで列車をまちがえたりして心配だったので、
いあわせた青年にいろいろ尋ねました。
案の定また間違えていて、彼は自分の時刻表で調べ、
「次のフルダで降りて戻って、○○番線で○○時○○分の列車に乗ればいい」
「いや、違った。それは平日で、今日は土曜日だから・・」
など、それはそれは親切に教えてくれ、検閲のときも
「このご婦人が・・」と車掌さんにわけを話してくれました。

お礼がしたかったので「クラシック音楽を聴くのは好きですか?」と聞くと
ぱっと嬉しそうな表情になるのです。
聞けば彼はヴュルツブルクの音楽院で声楽を学んでいるそうです。
持っていた贔屓のピアニストのMDをあげました。

名前や住所をきいとけばよかったな~。


17: 投稿日:2006/08/29(火) 06:55:02 ID:gjms8eD6

>>13良い話中恐縮だが、向こうも気になっていれば(友達として、も含めて)、向こうから聞かれるハズだから、最後の一行は忘れなさい。
ましてやモノをもらった相手に連絡先を聞かなかったんだから。
こういう人、2ちゃん女性に多いね。


18: 異邦人さん 投稿日:2006/08/29(火) 07:16:59 ID:U7qGIfsn

>>17
自分から住所と名前名乗ってくるか、
お手紙下さいと名刺くれたり、
名前だけでも聞いてくる場合あるよ。
女性が積極的なのも良いことだよ。
意思表示しないと、それだけじゃわからないから。
ドイツ人同士ならこういうやりとりがまずないから、相手も嬉しかったと思う。


16: 異邦人さん 投稿日:2006/08/29(火) 06:00:48 ID:U7qGIfsn

昔、マルタに着いて空港出ようとしたら、ディス・ウエイ・ジャパニーズと声が掛り、沢山の人から拍手と口笛吹かれた。
バンコクから行ったのですが、日中寒くはないとはいえ1月。
冬だと知らなかった。
でかいリュックに日の丸ワッペン付けて、タンクトップに短パン、頭に日本手拭い巻いてグラサン。
異様だったはず。
冬服とコートを現地で買った。

プラハにて。
帰国の為、地下鉄へ向かう途中、ローカルの人が切符売り場までトランク運んでくれた。
空港行きバスへ乗る前に、チケットを買わないといけなかったらしく、
運転手さんが内緒だよって乗せてくれた。客は私一人でした。


20: 異邦人さん 投稿日:2006/09/01(金) 02:12:40 ID:RpbMSYpw

サッカー観戦で先日までイギリスに行っていたのですが
そのうち数試合ナイトゲームで電車がどうしても最終近くだったり
駅のホームに行くと相手チームのサポーターが多かったりして
ホームチームユニにマフラー装備の女が一人ふらりと現れたもんだから
遠まわしに(・∀・)ニヤニヤ冷やかしたり
電車に乗ったら別の車両で暴れ始めそうなレベルに達していたので
流石に不味いと目線を合わせないように((;゚Д゚)ガクガクブルブルと焦っていたら
自分が応援していたホームチームのサポーターさん達がさりげなく
自分の周りの席に移動、危ない目に遭わないように一緒に居てくれました。

その街は本当にイギリスの田舎町なんだけど
街の人たちもそのクラブ所属のスタッフさんや選手たちも
皆、凄く親切で一人で来た外人にイロイロと良くしてくれた(´Д⊂グスン
子供達も気軽に声を掛けてきて、懐いてくるので
一人旅でガチガチに緊張・警戒していたから、些細なことなんだけど優しくされてホッとして涙目に・・
もう一歩でボロボロ泣く寸前だった。

また来年も行きたいなぁ。


25: 1/2 投稿日:2006/09/13(水) 16:17:39 ID:K6ie8Wd8

初めて一人旅をしたときのこと。
飛行機の到着が夜遅くだったのに、さらに道に迷ってしまって完全にパニック。
その辺歩いてた男に現地語で道を尋ねたら、英語で
「このホテルの場所は複雑。自分はこの近くに泊まってるから送っていくよ」と。
優しすぎるなと逆に疑ってしまい「道を教えてくれるだけでいいです」って断ったけど
結局周りに人もいるし大丈夫かなと付いて行くことにした。
歩き始めると「どこから来たの?」と最初に聞かれた。
こういうとこで下手な嘘をつくのは嫌いなので「日本」と正直に答えたものの内心はさらに疑った。
さらにその後「この辺は信号なくて道路を横切るのは危ないから、地下鉄を降りて進んだほうがいい」と
言われた。地下鉄に連れて行って強姦されるんじゃないかと必死で断ったけど
「エスカレーターないからスーツケースは持ってあげるよ」と
どんどん進んでいってしまう。
しかもこっちが英語で話しかけても全然通じず「ソーリー?」と聞き返されるだけ。
仕方ないので、いざとなったらスーツケースを置いて逃げようと腹を括ってついていった。
が、結局ホテルの受付まで連れていってくれた。
お礼をどうしようかと悩んでいたら「早くチェックインしたほうがいいよ」とせかされ
私がチェックインしてる間にいなくなってしまった。
あんなに内心疑って、おまけにまともなお礼をできず名前も聞けず
すごく申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
歩きながらその人は、自分はドイツ人で今夜着いたばかりなんだとか
日本語は下手だけど大学で柔道やってるから少し知ってるよといろいろ話してくれたのに
こっちの英語が下手なせいで全然会話らしい会話もできなくて
今思い出しても罪悪感でいっぱいです。サンキューベリーマッチだけで通じたかな…


26: 2/2 投稿日:2006/09/13(水) 16:46:33 ID:K6ie8Wd8

しかしそのホテルでチェックインした後、私の泊まる部屋が
やや離れた場所にある別館だということがわかった。
そして案の定また道に迷ってしまった。
時刻もかなり遅いし、道を歩いてる人も雰囲気が怖かったので
今度は近くにあったケンタに入って店員に道を尋ねた。
でも店員もその通りを知らない様子。
と、その時たまたまレジにいたお客さんが「その通りならわかるよ」と話しかけてきた。
その人は英語が話せたので、店の外に出ていろいろ教えてくれたけど
説明が複雑でいまいちわからなかった。
その人は「たしかにこの道は複雑だし、夜遅いからなー」とブツブツつぶやくと
「ちょっと待ってろ」とまた店に入っていった。
どうしようもないので待っていると、その人は頼んでいた物をテイクアウトにしていた。
そして出てくると「車で送るからちょっと来い」と言う。
断れない空気だったのでもうどうにでもなれと車に乗せてもらった。
ちなみにその人も運転しながら「どこから来た?」と聞いてきて、やっぱり正直に
日本から来たと答えてしまった。
結局その人もホテルの入り口まで付いて行ってくれた。
その人は受け付けの人に現地語で早口で私のことを話していた。
よくわからなかったけど、どうやら私が「ありがとう」と片言の現地語で
何度も繰り返していたのをからかっていたらしい。
そして受け付けの人に紙とペンを借りて、メルアドと名前と電話番号を書いて
私に手渡してくれた。メルアドは日本語で、別れ際に「自分は日本好きだから」と言っていた。

本当に良い人たちだった。まともに英語も話せないアホな日本人で自分が恥ずかしいです。


27: 異邦人さん 投稿日:2006/09/13(水) 23:52:18 ID:fbp5/u/H

いい話だな。どこの国?

初めての一人旅なんだし、警戒してあたりまえ。
後悔したり申し訳なく思う気持ちもわかるけど、
それくらい気をつけていたから無事に帰れたんだと思えばよいんじゃない?


29: 25 26 投稿日:2006/09/14(木) 16:33:57 ID:eCVKIoa7

>>27
チェコ。あの国は愛想良くて優しい人が多かった。 


34: 異邦人さん 投稿日:2006/09/21(木) 18:19:56 ID:lxKBSPvz

ドイツにて
目的の町には東駅と西駅があり、
どっちが中心に近いのかわからなかったので
東駅のホームで見送りに来ていたっぽいおばさんに尋ねたら
「この駅の方が近いです。でも歩くと結構あるので
車に乗せていってあげるからついてきなさい。」
と言われたのでお言葉に甘えて乗せてもらった。

いきなり話しかけてきた外人を進んで乗せるという好意に感動したので
後日他のドイツ人に「ドイツ人は親切だ」という話題の引き合いにこの話を出したら
「普通だ」
と言われた。


35: 異邦人さん 投稿日:2006/09/28(木) 22:41:23 ID:uZVlB+2C

だからドイツは好きだよ。


50: 異邦人さん 投稿日:2006/10/09(月) 00:05:10 ID:Fa1IYIV1

台湾にて。
前の年に食べた朝粥がウマーだったので、
その時も同じ店にわくわくしながら出かけた。
そしたら早朝から開いてるはずの店にはもう9時だというのにシャッターが。
営業時間変わったらしいorz
ちょっと呆然としてたら、店の料理人らしいおじさんが出勤してきた。

「開店は11時からだ。どこから来た?日本?去年も来たのか。
じゃあ俺が店長に言って9時半に開けてやる。ぜひ食べていけ」
そう力強く断言したおじさんと世間話などしつつ待つこと30分、
店長らしき人登場。
走り寄っていったおじさんは…すごすごと戻ってきたw

結局ダメだったんで朝食は別の店で取ったけど、
気持ちだけは嬉しかったよおじさん。


51: 尾崎 投稿日:2006/10/11(水) 01:38:36 ID:TgAxm40Y

そういう柔軟な対応をされると
外国っていいなぁって思う


52: 異邦人さん 投稿日:2006/10/17(火) 23:50:04 ID:DXoB4xCN

スペインの田舎町で観光した帰り、
バスターミナルの切符売り場で、愛想の悪いおばさんからチケットを買った。
そこのターミナルは横一列に10台分くらいの乗り場が並んでたんだけど
私の乗るバスはまだ来てなくて
「どこに停まるんだ?」とちょっとウロウロしてたら
さっき切符売り場にいたおばさんが、ターミナルの建物の窓から顔を出して
「8番よ~!8番!ちが~うもっと前!そう、そこよ~!」
と叫びながら誘導してくれた。

そこは切符売り場とはちょっと離れた場所にある窓だったんで
きっと休憩か何かで通りかかって、迷う私を見つけたんだと思う。
おばさん愛想が悪いとか思ってごめんよ!
しかも私の乗るバスをばっちり覚えててくれてありがとう!


53: vvv 投稿日:2006/10/18(水) 10:44:50 ID:Kx2ux6Es

パタゴニアのペリトモレノ氷河を見に行った時の話。

一通り見終わってバスに戻ってみると運転手が居ない。
出発時間になっても戻ってこず、中に入れない。さらに雨が降ってきた。
ホント寒い。同じバスに乗ってきたフランス人やラエリー、ドイツ人なども
ガタガタ震えていた。
途方に暮れているとパックツアーで来ている日本人のおばちゃんに声を掛けられた。
事情を説明するとツアーの添乗員さんに話して全員(12~14人)! をバスに入れてくれた。
さらにコーヒーをご馳走になってしまった。
別れ際に「若い内にいろいろ見てきなさいよ、がんばってね。」との言葉とお菓子を頂いた。

本当にありがたかった。ちょっと泣きそうになってしまった。
そしてツアー客をちょっと馬鹿にしていた自分が恥ずかしかった。

あの時のおばちゃん本当にありがとう。


57: 異邦人さん 投稿日:2006/12/26(火) 18:39:32 ID:Fxf2x6JO

イタリアに行ったときのこと。研究旅行で、どうしても行きたい田舎の町があった。
ミラノから電車に乗って、小さな町で降りて、そこからタクシーでもっと小さな町に行く予定だった。
でも、電車を降り、タクシー会社の看板を見つけて電話したら、あいにく今日は休みだと言われた。
そうか、復活祭の日って田舎はタクシー休みか!やられた!と頭を抱える。

どうしても行きたかったけど、日程的にもう一度来ることはできない。
諦めて帰りの電車を待とうと、時刻表を確認しに駅に戻ったら、黒人に声をかけられた。

「アナタ、ニホンのヒトですカ」

まさにこんな感じの片言で、にこやかに話しかけてくる青年。
まさかこんなところで日本語を聞くとは思わず、びっくりしたが話してみる。
彼の日本語では会話は少し難しく、伊語6:英語2:日本語2の割合で話す。
セネガル人の彼は昔日本で働いており、今でも兄弟は青森にいるらしい。
「どうしてこんなところに来たのか」と聞かれたから、理由を話した。
そうしたら、「その町の名前は聞いたことがある」と言って駅の地図を一緒に見てくれた。
「ああ、ここなら近くまで行ったことがある」とイタリア語でつぶやいたのち、
「アナタを、助けること、できるかもしれない」と片言の日本語で彼は言った。

車で仕事の帰りに駅に寄った彼は、私を町まで車で連れていってくれると言った。
正直、女ひとりで知らない男の車に乗るのはためらわれたが、一か八かだ。
私は腹を決めて、彼の車に乗った。


58: 異邦人さん 投稿日:2006/12/26(火) 18:53:37 ID:Fxf2x6JO

彼はいろんな話をしながら、私の行きたがっていた町まで連れていってくれた。
しょっちゅうそこらへんを歩いてる人に道を聞きながら走って、ようやく町の中に入れた。

町の中に入ったはいいけど、その中のある人の墓地と家を探さなくちゃいけない。
それで、また道をそこらへんを歩いてる人に聞いてまわった。
道を聞いた人はみんないい人で、私も彼も伊語を流暢に話せないと知ると、
とてもゆっくり、わかりやすい言葉だけで話してくれた。
それでも小道が多くて迷っていると、カブに乗った青年が先導して連れていってくれた。

どうにかまず、墓地について、必要な写真をとることができた。
撮らなきゃいけないお墓も、彼が一緒に探してくれた。
それから家も探してくれて、そこの写真も撮ることができた。

道を聞いた人みんなにお礼を言い、車に乗せてくれた彼にもお礼を言った。
駅まで送ってもらう途中に彼が日本のお茶が好きだと話していたので、
日本に帰ったらお茶を送る約束をした。


59: 異邦人さん 投稿日:2006/12/26(火) 18:55:26 ID:Fxf2x6JO

帰ってから、思いつく限りの種類のお茶の葉(緑茶とかほうじ茶とか…)と、ティーバッグと、
一口サイズの羊羹を送った。全部に賞味期限をイタリア語で書いた。
一週間くらいして、小包がついたと日本にお礼の電話がかかってきて、久々に話した。
本当にいい人だった。またいつか会おうと約束して、折りにふれてハガキを書いてる。
今年もクリスマスと新年を祝うカードを出した。

「外国にいる外国人は大体みんな何かに困っている。僕もそうだ。
いろんな国で働いたけど、その都度いろんな人に助けられた。
だから、困ってる外国人を見たら助けるようにしているんだ」

彼が言っていた、一生忘れないようにしようと思う言葉の一つです。
長くなってごめんなさい。どうしても書いておきたかったので。


60: 異邦人さん 投稿日:2006/12/26(火) 23:39:23 ID:nynI/7mH

いい話だなーちくしょー!
自分はそんな風に困っている人に親切にできるだろうか。
それに、そんな風に親切を素直に受けることができるだろうか。


61: 異邦人さん 投稿日:2007/01/11(木) 17:14:48 ID:RAoRx7zi

ホーチミンの交差点で、バイクの洪水を写真に収めたくてデジカメでパシャパシャ撮影していたら、
みすぼらしい格好をした老人がよろよろ近づいてきてオレの腕をガッとつかんだ。
一瞬ギョッとして振り払おうとしたが、老人はさらにデジカメのストラップをつかんで、
オレの腕にぐるぐる巻き始めた。
「ちゃんとこうやって持たないと、ひったくられるよ」といった意味のジェスチャーを
ひととおりした後、老人はまたよろよろと去っていった。

ベトナムではずっと英語で何とかなったので、ベトナム語でありがとう(Cam on)すら言えなかったオレ。
ごめんよじいちゃん。渡航前にはどうしてもネガティブな情報(観光客にしつこく付きまとう、ボラれる)ばかり仕入れていくから、
ベトナム人の情の深さを忘れてたよ。


69: 異邦人さん 投稿日:2007/02/05(月) 21:08:55 ID:2+WX/URe

ローマの歩道を歩いていたら前が混んでいました。
しょうがないから車道に少し出て追い抜こうとしたらバスが後ろから歩道スレスレを
走ってきました。轢かれるっと思った瞬間、白人の男性(20~30才)がおれのコートを
引っ張って歩道まで持ち上げてくれました。振り返ってお礼を言おうとしたら
その人はそのまま去っていきました。


70: 異邦人さん 投稿日:2007/02/06(火) 21:57:15 ID:L46KtY8y

カッコイ~・・・・それひょとして俺かも?w


71: 異邦人さん 投稿日:2007/02/07(水) 20:10:38 ID:IjufYRd2

>>70
白人乙ww


73: 異邦人さん 投稿日:2007/02/19(月) 19:30:26 ID:Z+XFACtK

1)オーストラリアをツーリングしていた時に道を尋ねた家で、近くに
面白い洞窟があるから行かないかと言われ、つれていってもらった。
帰ってから、それではどうも有難うございましたと言って、キャンプ場に
行こうとしたら、部屋にとうされ「ここが今日の君のキャンプ場だよ!」
といわれ一泊で世話になった。(少しばかりのお礼にと、夕食を作った)

2)トルコをツーリングしていた時、たまたま目に止まった家の前にいた
人たちを写真に撮りたくて、「撮ってもよいかと」ジェスチャーで聞いたら
おいでおいでをされて、お昼をご馳走になった。それではご馳走さまと
出発しようとしたらクラッチワイヤーが真ん中で切れた。
 その時、そこの主が待っていろと出かけて行き、適当なワイヤーを調達
してきてくれた、それで補修してクラッチが切れるよになり、お礼というか
部品代を払おうとしたが、受け取ってくれなかった。
(帰国後、その時撮った写真と、日本の風景写真集を送った)


74: 異邦人さん 投稿日:2007/02/19(月) 20:13:41 ID:IGHFXTpc

トルコでシリアとの国境からカッパドキアに長距離バスで向かったとき、
途中で乗り換える必要があったんだけど到着時間が遅れて夜遅くに変な幹線道路で降ろされた。
バスターミナルも見当たらないし、あるのは高級ホテルだけ。死ぬほど寒かったし、一人で泣きそうになった。今思うとバス会社とホテルがつるんでたと思う。
そしたら、そばにいたおじさんが話し掛けて、私を暖かいコーヒーショップに連れていって、
彼の友達だというオーナーに「このジャパニーズが困ってるんだ。しばらくここに置いてやってくれ」と頼んでくれた。
その間、おじさんはなんとどうすれば今日中にカッパドキアに行くことが出来るか聞いてまわってくれたらしい。
しばらくして迎えにきてくれて、私をその日の最終バスに乗せてくれた。
その後、もう一度乗り換えなければいけないことがわかった。
諦めてバスターミナルで寝ようかと思ったら、一緒のバスで来たおじさんがわざわざ自分の家から奥さんを呼び、
片道30分の道を車で送ってくれた。夜中なのに…。
夜のカッパドキアはライトアップされて夢みたいに綺麗だった。
ご夫婦は私が泊まる宿まで一緒に探してくれて、私は無事に宿泊場所にありつくことができた。
ご夫婦は何の見返りも求めてこなかった。
ただ、よかったねじゃあねという感じで去っていった。トルコ語しか話せなかった彼らに、
私は抱きついて「ありがとう」と何度も日本語で繰り返すしか術がなかった。


75: 異邦人さん 投稿日:2007/02/19(月) 20:43:52 ID:XwlEQoQp

良い話だな。 ここは読んだだけで、、渇えてくる。 待て、待つんだ
あと2週間w


79: 異邦人さん 投稿日:2007/02/19(月) 23:25:57 ID:QuWh/1Z9

カナダのホワイトホースからアラスカのスキャグウェイへ行くときに
バスから鉄道に乗り換える。
そのとき、大きな荷物をかかえて電車の階段をよじ登ろうとしたとき
ふらついて車両の下へ転がり落ちた。
幸いたいした怪我はなかったが、一緒の車両の欧米人が皆、ハンカチや
ティッシュをいっせいに差し出してきたり、みかんやくだものの差し入れ
があり声をかけてきたのには感動した。

ベネズエラのカナイマからエンジェルフォールへの外人混載ツアーで
英語があまり達者でない自分はいっしょのスペイン人のカップル、ドイツ人の男2人組み
イタリア人のカップルからちょっと浮いていた。
そのとき一生懸命陽気に話かけてきてくれたのがイタリア人の男。
ついでスペイン人の男。(現地もスペイン語だから英語の通訳もしてくれた)
ドイツの2人組みはちょっと暗かったな。
お国柄がよくわかって楽しかった。


87: 異邦人さん 投稿日:2007/03/18(日) 17:04:25 ID:2g8ScZVe

18日間も誰からも優しくされてないす(´・ω・`)


89: 屑野郎 投稿日:2007/03/21(水) 17:40:14 ID:qqlZZMFp

>>87
誰かに優しくしてやれ
そのうち自然と返ってくるさね

ぼかぁ~1年後に台湾行ってきます
それなりに北京語勉強し始めたりしてる
どんな出会いがあるか楽しみ~


105: 異邦人さん 投稿日:2007/03/24(土) 21:57:14 ID:59M5QaHj

ホーチミンにて。

調子に乗ってカキ氷を食べまくっていたらとうとうおなかを壊した。
宿に帰れば抗菌剤があるから、とにかく宿まで・・・と激しい腹痛に青ざめながら
フラフラ歩いてたら、屋台のおばあさんが「どうした?」と声をかけてきた。
「お腹こわした・・・」と言うと、「これを食べろ」と
大量の生姜の千切りとネギのようなものをくれた。
「これって、風邪引きのときの組み合わせじゃ・・・」と思いつつ、
所変われば品変わるんだろうと思い、ありがたく食べた。


106: 異邦人さん 投稿日:2007/03/25(日) 00:29:34 ID:pZqSVUU1

>>105
日本でも、生姜はお腹の毒消しになる、と言われてるよ。


123: 異邦人さん 投稿日:2007/03/27(火) 18:16:47 ID:kqFleEju

カナダ一人旅。節約の為に夜行バスで移動を重ねる内に頭がボーっとし、途中のドライブイン下車で足がもつれてバスステップから転げ落ちてしまいました。
巨漢のドライバーがあわてて降りてきて起こしてくれ膝を撫でてくれ、最後に頭をなでてくれました。
小柄で童顔なので子供に見えたんですね


125: 名無しさん@お腹いっぱい 投稿日:2007/03/28(水) 08:53:22 ID:rcbHWyhB

ベルリンで

地下鉄に乗ろうとして三人でチケット販売機の前でああでもない、こうでもな
いとほんの数分、その間「May I help you?]と声をかけてくれたドイツ人三人

世話焼きのドイツ人、大好きです。


126: 異邦人さん 投稿日:2007/03/28(水) 11:59:35 ID:kkQOLp8X

では俺もゲルマン系つながりで
オーストリアでのこと

ウィーンは路面電車の路線が結構多くて通ったこと無いところに出た俺は
見事に迷子に このままでは折角のオペラに間に合わない うーむタクシーかていうかスタンド何処だよ
停留所の前で地図片手にアワアワしてると御大オシム監督のような背の高い紳士が
まずドイツ語で俺がドイツ語が分からないと知ると英語で話しかけてきた
「どこへ行きたいの?ああそこなら途中まで一緒だからついておいで」から始まり
道中(っていうほど遠くないけど)俺を飽きさせないようにウィーンでは日本車が結構走ってるとか
今日オペラ見るならあの演目だね何ユーロの席?とかこの駅を中心に路面電車走ってるから
憶えといた方がいいよとか色々な話題を振ってくれた このときほどもっと英語が出来たらと思った日はない

乗り換えて目的地へ ミスターは礼も聞かずスタスタ地下鉄入り口エスカレーターへ 
俺は慌てて「だんけしぇーん! thank you so much! 有難う御座いました!」と
でかい声で言って敬礼 照れてるような早く行けといっている様な素振りでこっちを見るミスター
本当にありがとう 無事にオペラ見れました euro2008応援してます

それ以外にも困ってたところを助けてくれたおばさん 配慮してくれたチケット売りのお姉さん
楽友協会のメガネの二人 聞いた場所と違うところを教えてくれたフロントの人w ありがとう 楽しかった

無愛想な人もいたけどオーストリアはいい場所でした また行きたいな


127: 異邦人さん 投稿日:2007/03/29(木) 01:18:30 ID:IEYbFSqc

ドイツ、オーストリアは優しい人が多いよね。
ドイツではオーバーアマガウってところでバスを待ってたとき、なんとなくは理解できたのだけどどうも完璧には行き先が理解できなかった。
そしたらじいちゃん、ばあちゃんが話しかけてきてくれた。
どうやら向こうも地元の人ではない様子、でもアジア系の人間が一人で困ってるのを見てたまりかねて話しかけてきてくれた模様。
そして一番最初に来たバスに早々に乗り込んで、どうやって行けばいいのかをわざわざ運転手さんに訊いてくれた。
自分たちだって地の利が利かない場所なのに、自分たちの行き先よりもまず先におれのことを心配してくれたあの優しい心遣いに感謝の一言です。


156: 異邦人さん 投稿日:2007/04/06(金) 11:55:54 ID:hwHNjPkY

先日レンタカーでドライブ中、サンノゼ郊外でインロックをやってしまった。
後ろの席からカバンを取ろうとしただけだったので
財布も連絡先も携帯電話も全て車内に置きっぱなし。

少し離れたところにガソリンスタンドが見えたので
店員に相談すると、メキシコ人らいし2人の店員が
大きな工具袋を持って来てくれた。
いろいろな種類の鉄の棒をつなぎ合わせ、ドアの隙間から挿入して
ゴチョゴチョ・・・おれのスタンドの店員2人の3人がかりで1時間ほど
悪戦苦闘の末にやっと開いた。
何かお礼をしなきゃ、と2人に感謝してると「いいよいいよ」という感じで
工具袋を片付けて「グッドラック!」と笑顔で言いながらさっさと戻って
戻ってしまった。

今まで旅行中に親切にしてもらったことは何度もあるけど
仕事時間を割いてまで助けてくれたので今回ばかりはさすがに無視できず、
米ドル札もお礼になるようなものも何も持ってなかったので
その後スタンドで給油して「銀行で両替して下さい」と
2人に千円札を1枚づつ渡してきました。


174: 異邦人さん 投稿日:2007/04/28(土) 05:43:24 ID:7ZbyXlP2

>>156
>3人がかりで1時間ほど
>悪戦苦闘の末にやっと開いた。
1時間ほどで開けてもらえたってのは微笑ましい光景だけど、
適当な鉄の棒を使ってものの数分で開けてたら逆に怖いな。
簡単に車上置き引きされてしまう。
もちろん車内に荷物を放置しないのは常識だけど。


157: 異邦人さん 投稿日:2007/04/06(金) 21:34:00 ID:H7KVSq4F

去年インドに行った時に、もうかなりぼったくられてぐったりで、誰も信用出来なくて、不安でしょうがなかった。誰もが私の持ってるお金を狙ってるとさえ思えた。
ぼったくられてとった寝台列車のチケットがキャンセル待ちとは知っていたが、乗りかたがわからない。誰にも聞けずにおろおろしてると、窓口で私の後ろに並んでたおじさんが、自分の手続きはほったらかしで列車が来るまで一緒にいてくれた。
御礼は受け取らず、1本のタバコだけ受け取り、席まで案内してくれた。
隣の席の人に、『この子も君達と同じ所で下りるから、降りるときは教えてあげて』とまで頼んでくれた。
おじさんの優しさに泣きそうになった。
おじさんとはそのまま別れてしまい、連絡先も聞きそびれてしまった…

今年もまたインドに行くつもりだが、もし、万が一おじさんに会う事が出来たら、もう一回御礼を言いたい。


158: 異邦人さん 投稿日:2007/04/06(金) 22:56:42 ID:tI9N5C/L

やっぱりお年寄りが比較的優しくしてくれるよな。
現地の言葉しかしゃべれなくてもそのやさしさに胸いっぱいになるし、だからこそお世話になった人たちの言葉を覚えたくなる。


159: 異邦人さん 投稿日:2007/04/07(土) 04:55:58 ID:E0i8XIAw

自分>>157だけど、そのおじさんはお医者さんらしくて、年寄りでなくて30代後半~40代前半位でしたお
インドでは金持ちはわりと親切なかんじですた


184: 異邦人さん 投稿日:2007/05/21(月) 03:06:51 ID:Gzzo72AA

いつもこのスレで和ませてもらっているので
小さなエピソードを4つほど。

[1]
パリで空港から電車に乗っている時、ボックス席の向かいにカップルが座ってて、
フランス語でささやき合っているのを目の端で捉えながら
「さすが絵になるなあ…」と関心していたら、
突如同じ車内でアフリカ系?の人が何かに憑かれたように演説(絶叫)を開始。
「フランスでは日常茶飯時なのかな…?」と思いながらもドキドキしていたら
前にいたカップルが「次の駅で私たちと一緒に降りましょう。大丈夫よ」
と耳打ちしてきてくれました。すごくスマートで、格好よかった。

[2]
その後何とか降りたい駅まで着いたのですが
どうもきちんと切符を買い求めていなかったらしく、改札から出られず。
途方にくれて、側を通りかかったパリジャン?に
「出たいけれど、切符がなくてどうしたらいいかわからないんです…」
と助けを求めたら、その人はニコッと笑って自分の切符を改札に通し、
「通っていいよ!」と。
お金を払う場所を教えてもらうつもりでいたのですが、
予想外の行動にびっくりしながらも、ひたすらお礼を言いました。


185: 異邦人さん 投稿日:2007/05/21(月) 03:09:31 ID:Gzzo72AA

[3]
また、NYでタクシー乗り場を探していると(自分は外国語が殆ど分からないのですが


黒人の方が何かを話しかけてきました。すると横にいたキャリアウーマン風の女性が
即座に私とその人の間に割って入ってきて、相手に何事か注意をしながら
「あいつは悪い奴だから、話を聞いてはダメよ」と教えてくれました。
そして、私がタクシー乗り場を探していることを聞くと
「私もタクシーに乗る所だから」と言って乗り場まで案内して下さり、
ウインクしてタクシーに乗って走り去って行きました…。
本当に映画の1シーンを見ているようでした。


186: 異邦人さん 投稿日:2007/05/21(月) 03:10:23 ID:Gzzo72AA

[4]
ハワイでどうしても見たい海岸があったのですが、
場所がよく分からないまま適当なバス停で降りてしまい
しょうがなく(&あてどもなく)ひたすら歩いていた時、
前からベビーカーを押した若い女性が。
海岸までの道のりを尋ねると、少し遠いよ?と言いながら、
とても親切に教えてくれました。
お礼を言ってまた暫くの間歩いていると後ろからクラクションの音。
振り返ると、何と助手席に赤ん坊を乗せた先ほどの女性。
そして
「これから暗くなる時間だから、あなたの行きたい海岸まで送っていくわ」と…。
さっきは赤ちゃんと一緒に家まで帰る所だったのに、家に帰るや否や
車を出して、戻ってきてくれたようでした…。

ほどなくその海岸まで着くと、
「帰りは暗くなっているでしょうから、もし帰る時には私まで電話して。迎えに来るわ」
と言って、「そんな申し訳ないことできません…!」と恐縮する私に
電話番号と自分の名前を書いた紙を渡してくれました。
もう、この時もひたすらお礼を言い続けるしかありませんでした。

-----
4つだけエピソードを書きましたが、旅行の間は終始こんな感じです…。
書いていない部分も含めて、本当にどのシーンも忘れがたい思い出です。


194: 異邦人さん 投稿日:2007/05/21(月) 19:15:35 ID:PTZQOEhS

俺もネタ投下。
アメリカ・コロラド州のある町で宿を探していた時、
持ち金が13ドルしかなく、どこの安宿でも断られてしまった。

某モーテルに入った時、金額が書いていなかったので、
韓国系オーナーに値段を聞いたらやはり足りなかった。

しかし「同じ遠いアジアの出身だからな。」って、8ドルで
泊めてくれたんだ、そのオッサン。夜遅かったし、空気泊める
よりはマシだったからかもしれないけど、ありがたかった。

ちなみに俺は日本人なんで、在日じゃないよ。


203: 異邦人さん 投稿日:2007/05/23(水) 19:25:19 ID:FzCPAiZ7

トルコのイスタンブールからコンヤまで夜行列車に乗ったときのこと。

駅前にドルムシュ(乗合ミニバス)乗り場があるのかと思ったのだけど、
見当たらないので困っていたら、駅員と思しき人がトルコ語で一生懸命
乗り場を教えてくれた。だいたい分かったので、その方向へ歩きはじめたら、
信号のところでその駅員の人に呼び止められた。振り向くと、車が止まっている。
どうやら、一般の人の車を止めて、乗せてくれるように交渉してくれたらしい。
恐縮しながら、乗せてもらうと、町の中心のメヴラーナ博物館のところまで
送ってくれた。私を降ろしたあと、その車は元来た道を戻って行ったから、
ついでではなく、わざわざ送ってくれたのだ。

トルコではほかにもいろいろ親切にしてもらって、いい思い出になっています。


204: 異邦人さん 投稿日:2007/05/23(水) 19:48:35 ID:DoIRRFX0

真冬のNY
ミュージカル・ヘアスプレーの立ち見券を買おうと
朝から劇場のチケット売り場で1人並んでました。
その日は大雪で、気温も氷点下
震えながら立ってると、後から来たおばぁちゃんが
「手袋は持ってないの?」と聞いてきて
「持ってないんです…」と鼻水流しながら答えると
自分のポケットに入れてあるカイロをそっと僕にくれた
「これ使いなさい」って
あの時はホントに嬉しかったなぁ


206: 異邦人さん 投稿日:2007/05/24(木) 23:50:15 ID:0MQQPerG

大学の頃・・・ベトナムを縦断した。
注意してはいたが、食あたりをしてしまい、ハノイからの寝台列車の中で
意識朦朧。ニャチャンに到着した時はまさに瀕死の状態で、駅前にあった小さな
ホテルに転がり込んだ。
「とりあえず寝させてください」と、真っ青な顔をしながら言う自分を見て
自分より少しだけ年上に見える奥さんは一瞬戸惑ったような表情を浮かべたが、
何も言わず部屋に案内してくれた。
そして部屋を出る時何も言わず黒と赤の色をしたカプセルの薬のようなものを
自分に渡してくれた。自分は藁にもすがる思いでその薬を胃に流し込んだ。
・・・どれくらい眠っただろうか。ドアをノックする音で目が覚めた。
ドアを開けると、奥さんと旦那さん?がフォー(ベトナム風うどん)を持って恥ずかしそうに
立っていた。チェックインの時、食事はいらないと言ったはずなのにどうして・・・
戸惑っている自分に、これは私達からのお見舞いです。というようなことを言った。
この時食べたフォーはその後食べたどのフォーよりも美味しかった。

その後、日本に帰国し、大学を卒業した自分はホテルマンになった。
ホテルマンになってもう10年が過ぎようとしているが、あの夫妻のような
スマートなサービスができるようになるには、もう少し時間がかかりそうだ。


249: 異邦人さん 投稿日:2007/06/27(水) 11:33:07 ID:TlYeqsC0

アメリカでの話し。
そこはインディアナ州とイリノイ州の境近くの諸ピングモールだった。
まず一般的な観光客の行く所では無い。

ある日10マイル程離れたインディアナの滞在先から、自転車でその場所
まで言ったら、工事現場に敷いてある鉄板を踏んで、タイヤがパンクしてしまった。
1センチはある様な大きな穴。幸い店が近かったので、パンク修理キットと安物の
空気入れを買って修理した・・・が、穴が大きすぎてダメだった。ソレを見ていた
12歳位の女の子が、ガソリンスタンドでチューブを交換しようと言って、一緒に部品を
買って、スタンドまで連れて行ってくれた。整備工場で工具を借りてくれて、一緒に
手をよごして手伝ってくれて・・・あの時、英語が上手く喋れなかったのが悔しかった。

そして今、俺は車の整備士として、アメリカではないが、海外で仕事をしている。
全てはあの時始まった。

それから17年後、その場所に行ってみたら、まだそのスタンドはあったが、整備工場は
無くなっていた。だが、その頃と変わらぬ静かなアメリカの田舎町がそこにあった。


251: 異邦人さん 投稿日:2007/06/27(水) 14:22:11 ID:GAxLbbyP

>>249
いい話だ。
その女の子に再会していたら映画化決定だった。


252: 異邦人さん 投稿日:2007/06/27(水) 21:29:32 ID:eow/sALt

>>249
あんたに激しく嫉妬!(Shit!じゃなくて純粋に嫉妬)


250: 異邦人さん 投稿日:2007/06/27(水) 12:14:05 ID:2tHaEZvL

すげえ好きなハナシ。


256: 249 投稿日:2007/06/28(木) 06:29:17 ID:xHf8JNBo

>>250,251.252
ありがとう。
こんな小さな出来事が、本当に人生の根底から変えましたよ。
アノ日はダラダラしてて、予定よりかなり遅く家を出たし、仮に予定通りに家を
出て、あと数センチ違う所を走っていたら、全くこの話は無かったと思うと、人生の
節目って、分からない所にあるものですよね。

やっぱり今でも彼女に会いたいと思いますよ。まだ、あの田舎町に居るのだろうか・・・?


319: 異邦人さん 投稿日:2007/07/22(日) 03:00:28 ID:DhGXyGy9

ロスに行ったとき
友達の家から独りでレンタカーで出掛けた時に道に迷った。
そしてガソリンがなくなったのでスタンドに入り給油しました
その時車にキーを付けたままドアをロックしてしまいました。
英語が話せなかった私は身振り手振りでスタンドのオーナーに事を伝え
そのオーナーがかなり遠いのにレンタカーの会社まで一緒に
予備のキーを取りに行ってくれる事になった。
車中、英語が話せないのでかなり気まずい空気だったけど、
オーナーはノープロブレムとなだめてくれ。悪いのでお礼のお金を払うと私が言うと、
金はいいから友達にスタンドを宣伝してくれと名刺を束でくれた。
私は泣きながらありがとうと日本語でお礼しました。


320: 異邦人さん 投稿日:2007/07/22(日) 12:24:16 ID:hsjILF/C

で、名刺の束は使ったのだろうか?


323: 異邦人さん 投稿日:2007/07/23(月) 09:04:34 ID:78MHI7Jv

>>320
名刺はロスの友達に渡してきましたよ


351: 香港で会った親切な人1 投稿日:2007/08/22(水) 16:14:03 ID:68Vk0Usd

NZでのトランジットで寄った香港でのこと。
「地球の歩き方」に香港のタクシーはやばいって散々書いてあって、
エアポートエクスプレスの九龍駅を降りてから、ダウンタウンまで、
無料のシャトルバスに乗った。
しかし、無料シャトルバスはアナウンスがなく、気がついたら乗り過ごしてた。
隣に座ってるお姉さんに、おそるおそる英語で「ジョーダン駅はもう過ぎた?」って聞いたら、
「もうとっくに過ぎたよ」「ええええ、どうしよう」と困る私。
もう時間は9時をまわってるし、現金は千円くらいしか持ってない。
「どこに行きたいの?」って聞いてきたので、地図を見せたら、「私に任せて」と。
彼女は、ひどい雨の中、繁華街のバスターミナルで降り、バス停を探してくれた。
「ここの、○○か××ってバス停で降りるのよ」と教えてくれた。
感謝しつくせないくらい感謝の気持ちでいっぱいで、NZで買ったチョコクッキー(手のひら大)を
渡そうとしたら「もらう義理はないわ」って去っていった。


640: 異邦人さん 投稿日:2008/04/11(金) 19:38:36 ID:5Gk9DfiZ
>>351
香港←→オークランドのCXに乗ったことあるけど
真昼から12時間も飛行機乗り続けて、香港着は21時頃、
乗り継ぎは翌朝10時頃の日本行きだよね?
香港に不慣れな人なら空港で寝てた方が楽だね。
ラウンジは高いけど
出発エリアのあちこちにあるタダのベンチベッドで十分寝られて
朝シャワー浴びてスッキリしてから帰国。
香港好きな俺でも
このフライトスケジュールなら空港で雑魚寝だね。
白人いっぱい寝てるよw

というかジョーダン通るバスなら乗り過ごしても
MTRで戻れたと思うねw

NZのクッキーの中ではミントクリームサンドが一番好きです。


357: 異邦人さん 投稿日:2007/08/26(日) 18:17:57 ID:fQhLti4j

オーストラリアの水族館で一人で写真をとりながらまわっていたら
水族館の従業員のヒゲモじゃのおじちゃんが声をかけてくれて
魚と私を一緒に写真にとってくれた。
その後、水族館の出口付近でまた再開。
外の屋台でカレーをおごってくれました(´∀`)
最初はナンパか?と若干警戒していたけど
鮫の話とか、ブルーマウンテンの話とか教えてもらったり、
私のつたない英語にゆっくり耳をかたむけてくれたり、
日本のことを筆談や絵でいろいろ説明したり、
外国の方と話すのって楽しいなぁ、と思えた。
最後に連絡先も交換して、握手して別れました。
帰国後、私からは和柄のグッズやつたない英語の手紙を送り、
おじちゃんからはたくさんの写真や片言の日本語のお手紙がきます。


358: 異邦人さん 投稿日:2007/08/26(日) 22:50:57 ID:0OxWiSkk

いいねえ。ほんわかする


372: 異邦人さん 投稿日:2007/09/10(月) 07:40:38 ID:L5oOm6qM

韓国行ったけどいい人ばかりだと感じた。
若い人も礼儀正しいし、おじちゃんおばちゃんも大抵とても親切。
タクシーの運転手だけは曲者だったけど。
逆に外国の人が来たとき、日本人はどう映ってるんだろう・・・と心配になったよ。
明らかに外国人だと逃げ腰になる人多いからねえ。


425: 異邦人さん 投稿日:2007/09/20(木) 13:48:17 ID:Dn3+35VQ

5年前位のソウルで
ユースへ行く夜道を荷物を持って歩いていたら
リーマンが大丈夫ですか?と尋ねてきて途中まで一緒に帰ってくれた。
駅から遠かったし深夜に近かったからかなあ。
なぜか名刺もくれて、結構な大企業だった。
ガイドブックに載っていた垢擦りの場所が分からなくて、その辺のオジサンに聞いたら、オジサンも知らなかったけど携帯で誰かに聞いて教えてくれた。
言っとくけど30後半のオバサン二人連れでした。
4年前位のロンドンで
友人が大きなスーツケースを持って駅の階段を上がりかねていたら
紳士が代わりに持って上ってくれた。


455: 異邦人さん 投稿日:2007/09/22(土) 13:20:03 ID:N89Kue85

ニュージーランドを車で旅行中のこと。
道の脇に、いい感じの休憩用駐車エリアを発見。
ひと休みしていざ出発、と思ったら……エンジンがかからない。

周りは森。
外は雨。
人家を見たのは5km以上手前。
携帯電話なんてものはない。

幸い、時折車が通る道だったので、意を決して道端で手を振ってみた。
が、1台目、あえなく通過。
ヒッチハイクの類はしたことがなかったので、恥ずかしいやらがっかりやらで
しばらく凹んで佇んでいると、突然、
通過したはずのさっきの車が戻ってきて隣に止まってくれた。
(続く)


456: 異邦人さん 投稿日:2007/09/22(土) 13:20:51 ID:N89Kue85

乗っていたのはご家族連れ。
事情を説明して助けてもらおうと思ったのだが
「あの、携帯お持ちじゃないですか?AA(JAFみたいなもの)に電話を……」
「バッテリー切れ?大丈夫、大丈夫。そんなの押しがけすれば一発さ」
「あら、あなた、この車オートマだわ。オートマの押しがけってしたことある?」
「ないよ。まぁとりあえずやってみよう」 (←NZスピリットというものらしい)
いやそれは無理では……と言う間もなく
「おーい、子供たち、押せ押せー!」
「はーい」
わらわらと雨の中に出てくるお子様たち。
しかもみんな裸足。奥さんも裸足。傘なんて当然さしてない。(←NZの習慣らしい)
「いやあの、雨ですし冷たいですしそんな」
「ほらほら、どんどん押してー」

で、雨の皆で押してみる。が、やっぱり掛からない。
「うーん、しょうがないな。じゃ、電話して修理の車を呼ぼうか」

だ、だから最初からそうしてと……
でも本当にありがとう。


457: 異邦人さん 投稿日:2007/09/22(土) 22:22:35 ID:S98n3TcP

ええ話やな。。


466: 異邦人さん 投稿日:2007/10/02(火) 22:33:46 ID:SsZEGOTV

初の海外旅行。イギリスのヒースロー空港からの地下鉄。
突然、雷雨によるため「No Service」に。
英語わからないので、行きたい駅名だけ告げても誰も相手してくれない。
困り果てたところにある一人の人が「○○へ行くの?」と英語で。
駅員と相談して「一緒に行こう」と2時間以上の道を連れてってくれた。
連絡先くらい聞ければ良かったんだけど自分には無理だった。
日本で困ってる外国人がいたら親切をしようと思う。


505: 異邦人さん 投稿日:2007/11/14(水) 22:51:19 ID:yzOWlE6Z

ベトナム。
現地ツアーで、おんなじ歳の現地女性がガイドでした。
がんばっているが日本語の発音がまだまだいまいち。
ツアーの間に、私と二人だけで話をする時間が結構あった。
やっぱり日本の女性のことは気になるらしく、ファッション
や化粧品、生き方のこととかいろいろ聞かれて、しゃべった。


ツアーのあと、一緒にホテルのロビーでコーヒーを飲んだ。
「ベトナムの、嫌いなところやいやだなぁと思ったところを教えて
ほしい」と言われて、ずいぶん仲良くなっていたし、正直に答えた。

メモをとりながら、結構深く聞いてきた。
帰り際、「今日聞いたベトナムの悪いところ、直していくように
するから。今、ベトナム人みんな頑張って良くなろうとしている最中。
頑張って直して、びっくりさせるから、絶対にまた来てね。」
と言われてジーンと来た。


506: 異邦人さん 投稿日:2007/11/15(木) 00:11:19 ID:f2GxGoLO

>>505
ええ話や。


511: 異邦人さん 投稿日:2007/12/03(月) 01:43:15 ID:peovF4o2

香港一人旅

すげえ雨のなか道に迷った時、通りかかった学生風の2人組みの女の子に
道を聞いた、幸い目的地は結構近かったんだが
傘が二つあるので一つ持って行ってと傘をくれた。
申し訳ないんでもうこんなにびしょ濡れなんでいらないよと断ったんだが
どうしてもあげると言うんで有難くいただいた。

ありがとう。


527: 異邦人さん 投稿日:2008/02/07(木) 05:42:15 ID:v6UXGCtI

10年ほど前にタイの田舎町で迷子になり、半泣きで真っ暗な道をトボトボ歩いてたらお堂発見。
そこで夜を過ごそうとしたら、おばちゃん2人に見付かって引っ張り出された。
流暢な英語で
「日本人でしょ?どこのホテルに泊まってるの?」
と聞かれたんでホテルの名前言ったら、おっちゃんがトラック出してきてムリヤリ乗せられた。
売り飛ばされるんじゃないかとドキドキしたが、おばちゃん達はお堂があった学校の先生で、家に帰るところだった。
「女の子が野宿なんか考えちゃダメ!」
と説教され、無事ホテルまで送ってもらい、おやつとジュースと地図までもらった。
日本離れて1ヵ月くらい経ってたから、部屋帰って泣いた。

今、自分の仕事の傍ら、縁あってタイに学校を建てる非営利団体の手伝いしてる。


531: 異邦人さん 投稿日:2008/02/07(木) 10:42:43 ID:aJWUVN54

一年前の韓国にて
地下鉄に乗りながら、明洞や南大門まであと何駅かと指で地図を数えてたら、隣のオネーサンが英語で教えてくれた。
道に少しでも迷ってたら、向こうから英語で話しかけてくれた。
観光客推薦じゃないタクシーに乗ってぼられないかビクビクしてたがホテルに帰るまで名所を説明してくれた。
道を案内してくれた人が、今から友人と鶏鍋食べに行くと言うからと、ついていってしまい、地元食全開の店で鍋を皆でつついた。
英語も韓国語もろくに話せない母と娘の旅でした。
感謝してる。


551: mm 投稿日:2008/02/11(月) 15:54:26 ID:q/tUZgKD

インド、リシケシュからデリー行きのバスで、途中休憩はあったものの
8時間も座席に座っているのはさすがにきつかった
途中の休憩で、巡礼帰りの女性4人連れと友だちになってお茶したり
窓際の席に変わってもらったりした
デリー到着したら、深夜でタクシードライバーの呼び込みもあるけど
疲れ果てていて、これはちょっとやばいなぁと思っていたら
さっきの家族のお母さんが、これからどうするんだ。宿でお金を使う
のは勿体無いからうちに来い。と誘われた。

さすがに初対面だし、夜中だしどうしようと苦慮していたんだけど
お母さんは英語が喋れず、娘さんが通訳で、ママが今夜は家に泊まりなさい
っていってるからおいでよ。って何度も言ってくれて、雰囲気も悪い気が
しなかったので着いていった
電車は終電過ぎで、ローカルのバスは凄く揺れて怖いし、夜でどこに
向かっているのかもわからず、ただついていくしかなかった
辿りついたのは中流家庭の一戸建てのお宅で、ついた途端、お腹すいたでしょう
お風呂はどうする、チャイは飲むとかとても親切にしてもらった
翌日は、彼女たちの親戚が来宅して難しい話しをしていて、お邪魔しちゃった
なぁと思っていたけど、食事やお茶やほんとによくしてもらって
出発するときには、パパ以外の4人全員で見送ってくれてすごく感激した

それから、デリーに行くときは必ず挨拶にいっています


552: 異邦人さん 投稿日:2008/02/11(月) 15:57:02 ID:Fm24cKoS

>>551
いい話だね


558: mm 投稿日:2008/02/12(火) 09:02:25 ID:CfS1tPWj

>>552
ありがと


603: 異邦人さん 投稿日:2008/03/05(水) 22:04:23 ID:T4FRHNnA

ドイツにて

ハイデルベルクからフランクフルト空港行きの長距離バスに乗ろうとしたが、
予約している人で満席となり乗れなかった。

次の便のバスの予約を取れるか、バスの運転手に確認しようとしたところ
停留所にいた女性が、運転手と私の話している間に割って入ってきた。

すると、「この日本人を先に乗せてやってくれ!」と運転手に懇願し始めた。
まるでドラマの熱血教師が生徒をかばうかのように運転手に詰め寄る女性。

次のバスでもまったく問題ないと女性とバス運転手になんとか伝え、次のバスの予約をすると、
私以上に女性はほっとした表情をし、さわやかな笑顔でその場を立ち去った。

初めて会う人にココまで親身に対応してくれることに感動。
本当にドイツ旅行に行ってよかったと思いました。


630: 異邦人さん 投稿日:2008/03/25(火) 12:15:49 ID:0OijHps0

インドのダージリンにいた時、その前の滞在地ラバでコロッケを不覚にも
一口食べてしまった。その晩、激烈な腹痛と下痢と吐き気。
なんとか、移動できるほどに回復後ダージリンに向かい、そこの薬局で
症状を言って薬を買ったが、どうも効かない。
よくよく薬剤名を読んでみれば、これはH2ブロッカーと制酸剤では・・と
気付く。食中毒になってるのに、胃潰瘍の薬をくれたわけだ。
効くわけがない。
下痢と食欲不振は続いていて、当時あまり英語を話せなかった私は、
紙に症状とこの薬はどうも違うように思うと英語で書いて、別のもっと
ちゃんとした店構えの薬や行った。
店のちゃんとした感じの主人は、その紙切れを読むと、しばし考えた
のちに抗生剤と原虫を殺す薬を処方してくれて、「もし、薬が効かない
とか何か困ったことあったら、いつでも相談にきなさい」と言ってくれた。
弱った心と身体にじーんと来た。

その薬で見事に回復。ありがとうおじさん。


674: 異邦人さん 投稿日:2008/06/25(水) 15:38:49 ID:imSwB94R

たいしたお話ではないんですけど

初めての海外旅行でnotツアー。フランス語を独学で勉強したのでとにかく現地で試してみたくて初渡仏。
気をつけろと言われまくり、緊張して乗り込んだがまったくのトラブルなし。(幸運だったのでしょうか・・)
泊まったホテルの近くに、時間があったら行こうかなと思っていたアンティーク人形のお店があったことを思い出し、空いた時間に近所を散策。
ネットで見ただけだったのと、持ってたニンテンドーDS(地球の歩き方)のMAPに「ここらへん」マークをつけていただけだったので
店の名前も正確な場所もわからない。
ちゃんと調べていけばよかったなと思いつつも、ここは憶えた仏語の試しどころ!と道行く人に話し掛けまくる。

バス停で最後尾の人に話し掛けたら「こいつアンティーク人形の店を探しているらしいぞ」と並んでいる全員に聞き始める。
今迄きれいに並んでいた皆さんがわらわらと私を囲み始め地図を覗き込む
「あそこら辺はアンティークのお店が並んでいるから行ってみたら?」とみんなでがやがや相談し始める。
丁度バスがきたので丁重にお礼を言って皆さんがバスに乗り込むのを見送る。
バスの中から皆さんが手を振ってくれた。なんていい人たちだ・・・・


695: 異邦人さん 投稿日:2008/07/22(火) 16:11:52 ID:8plPUguy

>>674はもう見てないかもしれないけど、私もフランス人の親切に感動した。

私(仏検2級餅)は冬にフランスに行った。
パリのクレープ屋(カフェっぽい感じ)に食事しようと入り、メニューを見せてもらった。
ツレと別のものを頼んで交換して食べようと思って、
「ツレの注文したものと、別の味のタイプのものは何か?」と聞いたら、
私のフランス語がダメ過ぎて通じなかった。
ぱにくりながら他の言い方をTRYしていると、
隣のテーブルで静かに食事していた中年カップルが加わり、
「彼女はきっと----って言いたいんじゃないか?」
「いや、××××××だろう」とてんやわんや。
最終的に、隣のテーブルのおじさんが理解してくれた。
店員のおばちゃんは、先に注文したものとは別のタイプのものを教えてくれた。
パリの人は個人主義で冷たいって聞いていたけど、みんな驚くほど親切だったよ。


703: 異邦人さん 投稿日:2008/08/12(火) 13:02:40 ID:D7uzcDeQ

中国の片田舎でローカル列車に乗ったとき。
乗車率150%くらいで牛ぎゅうづめの中立っていたら自分の近くに座っていた見知らぬおばちゃんが
「あんたここに座れ」、と自分のひざの上を指差す。いいですって言ってもそんな遠慮するなと腕を引っ張るので仕方なくおばちゃんのひざの上へ。
微妙な気分だったけど、疲れずにすんだよ。あんときのおばちゃんありがとう。ほかにもひまわりの種やみかんくれたり、寝台車のベッドの上下代わってやったらビールおごってくれたり田舎の中国人て親切だなあと思った。


704: 異邦人さん 投稿日:2008/08/20(水) 16:54:45 ID:Hq5klJOV

息子によんでみろと言われ、いい話にじんとしています。
35年前、映画 ひまわりに憧れ一人、旧ソビエト、ロシア旅行をしました。
友達のつてでロシア文学に詳しい先生から手書きのロシア語集を頂いたり、親戚友人から盛大な送別会をしてもらう時代でした。
モスクワからは欠航、運休、時刻表もないも同然で、それでもソフィアローレンのつもりでひまわり畑にたどりつき、その村で1軒だけの民宿に泊めてもらいました。
宿のご夫婦に、アクリルケースに映画のパンフレットを持ち歩いていたのでそれを見せて旅の目的を話したりしました。
来るだけでやっとでカメラを買うお金がかった事とはなしたら、翌日、村の写真屋さんを呼んでくれて、もう一度ひまわり畑に連れて行ってくれました。
ボロのトラックに乗せられ、名も無い教会や公園、じゃがいもの袋詰めなんかに連れられ、なんてあたたかいんだろうと胸うたれました。
帰る時、沢山のパンと絵本に写真を挟み布にくるんで渡してくれました。




帰る時に沢山のパンと絵本を布にくるみ持たせてくれました。


705: 異邦人さん 投稿日:2008/08/21(木) 20:06:21 ID:SQOpfRCu

>>704
素晴らしい。
もっと旅行をしようという気持ちになりました。


775: 異邦人さん 投稿日:2008/10/23(木) 15:50:50 ID:Uw2j+g5m

旅先で親切にされたといえばドイツだね
夜ユースの場所が分からなくて途方にくれていたら女の人が30分ぐらい一緒になって探してくれた…とか
駅で「〇〇行きの列車はどのホームから出るの?」と通りすがりの家族連れに聞いただけなのにお父さんが
「お金はあるのか?」と言って財布まで出して心配してくれたこととか、
当時まだユーロが導入されてない時、ホットドックを買おうとしたらドイツのお金が足りなくてオロオロしてたら
横にいたおばさんが5マルクくれたこととか(この時はもらっちゃいました)ドイツでは親切にされたことが他国に
比べて圧倒的に多い
なんでドイツ人はあんなに親切なんだ??
ドイツ大好き!!


776: 異邦人さん 投稿日:2008/10/23(木) 18:06:58 ID:x4WOGPYX

>>775
よっぽどお子様に見えたのかな
自分もよく中学生に間違われた。
30間近なのに…


809: 異邦人さん 投稿日:2008/12/18(木) 15:26:52 ID:BC46cwMT

もう10年も前になると思う。
友達とふたり、ドイツ旅行に、外国語全滅なくせに自力で行ったときのこと。

帰国の日、ミュンヘン(だったと思う)の駅から、飛行場まで行こうとタクシーを捜しに行きました。

たくさんならんでいたので、どれでもいいや~、って思って手を上げたら、出てきた運ちゃんが、
それはそれは体格のいいゴッツイ黒人のお兄さんだった。

友達とビシッと音がするほど固まりましたw

正直怖かったんだけど、ドイツ語も英語もできないし、とにかく地図を見せて飛行場まで行きたいことを伝えたら、
気軽にok言ってくれて、ともだちとオドオドと後部座席に乗り込みました。

運転しながら、お兄さんが「あqwせdrftgyh?」って話しかけてきたのですが、
わからないので、『ドイツ語はなせまてん』みたいなカタコトで返事しました。

すると、お兄さんは運転しながら助手席のダッシュボードをガサガサしだしたので、
(まさか拳銃とか出たらどうしよう…!?)
と本気でgkblしていた私たちが見たものは、ビニール袋いっぱいの飴とチョコ。

飴もチョコも美味しかったです。

帰国の途だったので、チップも多めにお渡ししたら、すごく喜んでくれて、
スーツケースをカートに入れてくれたり、ずっと手を振って見送ってくれました。

お兄さん、ありがとう。
あのときは偏見持ってごめんなさい。


810: 異邦人さん 投稿日:2008/12/18(木) 15:56:34 ID:khaMFzvA

当時子供だったの?


811: 異邦人さん 投稿日:2008/12/18(木) 16:41:37 ID:BC46cwMT

学生でした。
真冬で着膨れてモコモコしていて、友達も私も150cmしかないので
きっと子供だと思われていたと思います。

経由したイギリスの飛行場でも、チケット見せながら通るときに
ターバンを巻いた厳しいおじさんに止められて、何か言われたのですが
さっぱりわからなく…orz
通してもらえないので、かばんの中身をぶちまけて、パスポートとチケットを見せて、
友達とパニクっていたら、『ハイハイもういいから通って通って』みたいな
ジェスチャーをされて、なんとか飛行機に乗れたりもしました。

今も全然外国語はできませんがw、また行けたらいいな、と思います。


832: 異邦人さん 投稿日:2009/02/01(日) 22:37:39 ID:IGbhCn0M

LAのユニバーサルスタジオのエントランスで入場券買うのに並んでいた時、
6月だったので、すごい混雑していたんだけど、私たち(女2人)の後ろには、
メキシコ系と思われる子供連れファミリーがいました。そこの太ったママが、
「あんた達割引クーポンもってんの?このクーポン1枚で6人まで割引できるから、
もし持ってないんなら、一緒に券買う?」とローカル新聞折り込みのクーポンを見せてくれました。
幸い、他の割引クーポン持ってたんで、丁寧にお断りしたんだけど、
いい意味でのおせっかいと、なれなれしさにすごいなごみました。
日本にいるとあまりこういう経験しないので、自分も他人におせっかい焼こうと思いました。
旅行ってほんとに楽しい。


833: 異邦人さん 投稿日:2009/02/01(日) 22:42:24 ID:abKjo3ag

メキシコ人ってこういう人多いよね。
すごく親切なんだけどおせっかいが過ぎるというか・・いつも大阪人と被るw
(大阪の方いたらすみません。単なるイメージですので)


940: sage 投稿日:2009/09/06(日) 23:01:11 ID:fHBLT6Nz

ラオスからタイ行きの長距離バスでドライブインに
休憩しディナータイムでチャーハンみたいなのが出たんだけど、
残念ながら所持金があまり無いので我慢してたら、タイかラオス人の添乗員が「何故食べない?」
と聞いてきたので「金が無い」と言うと「コレはバスのチケ代に入っていて無料だよ
だから沢山食べナ」と言って皿にたっぷり盛ってくれた。
かなり空腹だったので嬉しかったし、さらにその添乗員は「これは僕から」と言って
水をわざわざ買ってくれた。
食べ終わった後お礼を言おうと思ったが、その人の仕事はそこまでだったらしく
帰ってしまい居なかったのでお礼を言わずじまい。

あの時の添乗員さん有難うございます。
ラオスの前にベトナムでかなり嫌な気分を味わったので、その優しさがとても
身に染みました。


963: 異邦人さん 投稿日:2009/10/15(木) 12:34:01 ID:A2XSiMQ9

韓国のどこかのビジネス街
 朝あわび粥食べたくてガイドブックに載ってた店を探していた。
 サラリーマンのおじさんが出勤前にも関わらず現地まで連れて行ってくれた。
 あと地下鉄で案内板を眺めてたら行き先を聞いてきてホームまでついてきて
くれたこと3回。旅行に行ったおかげで韓国好きになったわ。

 ヨーロッパも親切にされまくり。ドイツに2週間居たとき(W杯で)コイン
ランドリーの使い方分からず、とりあえずそこらにいたドイツ人の若い女の子
に尋ねたら、英語喋れないらしく、ドイツ語であれこれ喋りながら私の洗濯物
を機械に入れて操作してくれた。その後異常なほどゆっくりと自分の洗濯物を
たたんで時間を稼ぎ、私の機械が切れたとたん、脱水機の操作までやってくれ
た。申し訳ない・・。これだけの例じゃない。ドイツ人の親切さは異常。
ていうか・・日本に来る外国人って日本人冷たいと思ってるような気がする。


969: 異邦人さん 投稿日:2009/11/09(月) 01:30:09 ID:VVlXWRM4

韓国の釜山で一人旅中。
心に残った出来事
1.ガイドブックに載ってた有名な公園にバスで向かった。
公園の山をハイキングしていたら同じバスに乗っていたおじいさんとバッタリ。
同朋かと思われ韓国語で話しかけられたが、イルボンで韓国語わからないとジェスチャーで伝えた。
その後、ハイキングコースを1周する間、道端で落ちてるドングリくれたり、あそこから対馬が見えるよーとか、単語とジェスチャーだけで教えてくれたりして、つかず離れずの距離で見守ってくれてるのがよくわかった。
言葉は通じなくても、優しい親切が感じられて暖かい気持ちになりました。
おじいさん、カムサハムニダ。
2.釜山の龍頭山公園で、地元のおばあさんに時刻を尋ねられました。(韓国語でしたが時計を指していたので)
自分は、イルボンですと言って腕時計を見せてあげたら、「イルボンか」と言って言葉を思い出すように日本語を話しました。
ビックリして聞いてみると、「大東亜戦争が終わってから釜山へ引き上げてきた、それまでは広島にすんどった。日本人にはほんとうにようしてもらった」と
非常に親日的であった。
おばあさんに「日本人が嫌いな韓国人もいっぱいいるでしょ?」と尋ねたら、「それは日本に住んだことがない奴かよう知らんに奴が言うとるだけじゃ。住んだことがあるもんは、日本人のまじめさや、やさしさを知っとるから悪口は言わん」と言われました。
昭和5年生まれと言っていましたが、おばあさんに戦前、戦中の日本人のことを褒められ、なぜかうれしい気持ちになりました。

以上っす。

大人の旅じたく
大人の旅じたく
posted with amazlet at 16.08.05
柳沢 小実
マイナビ出版 (2016-04-19)
売り上げランキング: 2,474

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯56927
ルーマニアの国鉄で相席したおっさん連中に酒ごちそうになったことかな
睡眠薬強盗とか泥棒とか色々いるけどみんなで酒をペットボトル回し飲みするスタイルだったから
そんな事するような人じゃなく単なる飲兵衛でジプシーにひどい目にあわされた後だったから
おっさん達の陽気な振る舞いが嬉しかった
♯56930
専門学校の卒業旅行かな。
イタリアローマ。
夜は店で飯食うの難しそうだからホテル近くのピザ屋をいつも利用してた。
言葉が分からないのでいつもピザを指さして、「その半分」って感じのジェスチャーで頼んでた。
でもいつもお前は体が細いって感じのジェスチャーをして大目にピザくれた。
一応ぼったくりを警戒して他の客の値段もチェックしたけど本当にサービスだった。おっちゃん!!グラッチェ!!

フランスパリ。
これは優しくされたとは違うけど、エロチズムミュージアムっていう日本の秘宝館みたいな店に入った時の事。地下に電流イライラ棒みたいな失敗すると女性のあえぎ声が出るマシンがあって、失敗するたびに周りの外国人と笑ってハイタッチやハグをした。コミュニケーションノートみたいなのもあって漫画コース専攻だった俺はフェチ全開のエロ絵を描いてたら、清掃員の黒人のおっさんが肩を叩かれた。おっさんは爽やかな笑顔をしながら親指を立てていた。最期は肩を組んで写真を撮った。エロに国境は無いと再認識した。

あと空き時間にノリで行ったヴェルサイユ宮殿でチケットの購入に右往左往してた所を、ちょっと日本語が分かる現地の人が、助けてくれたな。あれは助かった。外観だけ見て終わるとこだったわ。
♯56940
>良い話中恐縮だが、向こうも気になっていれば(友達として、も含めて)、向こうから聞かれるハズだから、最後の一行は忘れなさい。
ましてやモノをもらった相手に連絡先を聞かなかったんだから。
こういう人、2ちゃん女性に多いね。

こいつ何様なの?別に相手が気にならなくても自分が気になったから連絡先聞きたかっただけだろ。場違いな叩きして何がしたいんだ?こいつリアルでも友達0なんだろうなあ(笑)こういう人、2ちゃんち●こに多いね(笑)
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク