【オカルト】みんなの不思議体験がききたい てんこもり。


powered by てんこもり。

【オカルト】みんなの不思議体験がききたい

14: 名無しさん 2016/12/30(金) 02:59:43.51 
修学旅行で泊まった部屋で一反木綿?らしきものを見た 
就寝時間後で電気消してたから最初は目の錯覚かと思ったんだけど同室の友達の一人が 
「ねえ、なんか変なのが飛んでない…?」と言い出して全員同じような物が見えてる事が発覚 
白くて長い布みたいなのが天井近くをふわふわ漂ってる感じで電気つけたら消えてしまった 
自分も含め全員0感だったし怖い感じも無かったからその後は気のせいって事にして一応電気をつけたまま寝てしまったけど 
あれは結局何だったんたろうと今でもたまに思う

16: 名無しさん 2016/12/30(金) 03:45:51.08

小学生の時、某所に修学旅行に行ったとき
寝泊まりする先の旅館の大部屋でクラスメート十人ほどで寝た
そのとき枕投げとかしてなかなか寝なかったもんで
担任の先生が来て「お前ら早く寝ろ」と怒られた
電気も消され、皆ふとんに潜って寝たようだったが
なかなか寝つけなかった自分は起きだしてトイレに行こうと廊下に出た
部屋に戻るとき、そこでバタンと部屋から出てきた中学生くらいの子の身体とぶつかって
僕が「ごめんなさい」と言い、相手は「早く寝ろよ」と言った。
その後、布団の中で、あれ、僕らの部屋から中学生くらいの子がなんで出てきたんだろうと思ったが
ウトウトしてきて、いつの間にか寝てしまった。
それから僕は中学生になり修学旅行に行くことになったんだが
偶然にも、小学校の修学旅行のときと同じ場所、同じ旅館、そして寝るのは同じ部屋だった。
夜になり、ふとんの中でデジャブを感じながらなかなか寝つけずトイレに行きたくなり廊下に出ようとした
するとそこで小学生くらいの子供が寝屋に入ろうとしてぶつかった
その子は「ごめんなさい」と言った
僕はハッとした。こいつ、小学生のときの自分じゃないか……
考える暇もなく「早く寝ろよ」と返してしまった
トイレに行ったあとは自分の部屋に戻りクラスメートの寝息の中、自分も眠りについた
そんなことがあった


17: 名無しさん 2016/12/30(金) 04:28:43.53

>>16
京都?


18: 名無しさん 2016/12/30(金) 04:47:30.10

>>17
伊勢でした


20: 名無しさん 2016/12/30(金) 05:10:41.23

小学生の頃に一人で電車に乗って海に行った。
そこで同い年くらいの地元の子と仲良くなって一緒に浜にある洞穴みたいな所で遊んだ。
中は5メートルくらいの高さで奥行が20メートルくらい
で、一番奥に小さい地蔵みたいなのが有るような所だったんだけど
後日、家族と行った時に見たら洞穴の半分以上の高さが海水に浸かっていてとても遊べそうになかった。
満潮なのかと思ったんだけど、地元の人曰く干潮でも満潮でも水が入る場所で遊べないって。
でも、中の地蔵とかは確かにあるらしくて聞いた人も不思議がってた。
何だったんだろうなぁ。


21: 名無しさん 2016/12/30(金) 13:06:23.74

みんなの不思議な話すごく面白いです!(´∀`)

子供の頃の体験が多いんですね…
自分も小学生の頃、知り合いのおじさんが夕闇の中を立っていて、自分にむかって手招き、いわゆる『おいでおいで』をしていたから「〇〇のおじちゃんだーっ!」って走っていったら、パァッておじさんが消えたことがあります。
狐に化かされたような心地でした。
あの時〇〇のおじさん(本人ではないんだろうけど)が浮かべていた微笑は忘れられません。すごく優しい顔でした。
でも途中でおじさんが消えなかったら、おじさんの元まで辿り着いていたら、何が起こっていたのかなと考えると少しゾッとします。
ちなみにおじさんは数年前に亡くなりましたが、それはおいでおいでの話からはずっと先のことです。


25: 名無しさん 2016/12/30(金) 16:55:30.04

体験談とはちょっと違うかもしれませんが…

親戚に家を何軒か持っている人がいます。
その人は小さな会社を経営していて、その従業員や知り合いに家を貸しているのですが、そのうちのある家の二階で寝起きするようになるとその人に良くないことがおこるのです。
1人目は、家族持ちの男性でした。
その家に住んで初めての夏、海で溺れて亡くなりました。
2人目は、一人暮らしの中年の男性でした。
その家の二階で、心筋梗塞で亡くなりました。
3人目は、老夫婦でした。
息子が銀行強盗で捕まり、それが原因で奥さんは鬱病になり自ら命を絶ちました。


この3人以外にも何人か入居者はいましたが、彼らは二階はほとんど使っていませんでした。
二階には一部屋しかありません。その部屋を使い始めると途端になにか不幸が起きるのです。


27: 名無しさん 2016/12/30(金) 17:37:52.07

私の話は2年前の事です。

その日は猛暑日で夕方でも蒸し暑くて、エアコンをガンガンに付けていたのを覚えています。
その時私と弟は高3と高1で、妹は中二でした。
私は部活がなかったから早く帰ってこれたけど、家から遠い高校に通っていて部活も結構厳しいところに所属していた弟はいつもより遅く帰ってきました。

弟が帰ってきた時は、父以外家族皆いました。
(祖母、母、私、妹)

母「おかえりー手ぇ洗いなさいよ」
弟「ん、ねぇ、さっき変な箱を見つけたんだけどさぁ、気になって持って来ちゃった」
母「はぁ?変なもん持って来ないでよー、
処分にこまんでしょ」
祖母「まぁ、落ち着きなさいよ。そんな大声出してはしたないわよ。でもね、〇〇(弟の名前)落ちているものを拾っちゃダメよ」

私はトイレに入っていたので、こんな様な話がはっきりと聞こえていました。

私「おかえり、私もう上に行くから」
弟「あ、そう。じゃあ」

私は直ぐに上に行きました。 
しばらく友達とやり取りをやっていると下から騒いでる声がしました。
少し気になっていましたが、下には行きませんでした。
多方、虫でも出てきたのだろうと思ったのです。
でも、あまりにも長く騒いでるのでめんどくさいと思いながらも下に行ってみました。

妹「嫌だ!!それは嫌だ!!捨ててきてよ!お兄ちゃん!!」
妹の泣きながら叫ぶような声が聞こえたので慌てて声がしたリビングの方に向かいました。

妹「嫌だ!!やだ!!来ないでよ!!捨てて!!」
母「落ち着きなさいよ!どうしたの?」
妹「お母さんも近ずいちゃダメ!!ねぇ、お願いだから捨てて!!」
さっきから捨てて捨ててって言ってばかりの妹の様子がおかしくて私は扉を開けたところにずっといました。

私「どうしたの?」
弟「この箱を見てから△△(妹の名前)があの様子なんだよ」
私「あぁ、その箱?さっき言ってたね」
私はその箱を近くで見ようとしました。
妹はその様子を見て

妹「ダメ!!お姉ちゃんも近づくと危ない!!
小さい子が笑ってお姉ちゃんの手を取ろうとしてるもん!!」
私はビックリして弟から距離をとり、妹と弟の顔を交互に見ました。

祖母「小さい子ってどんな子?教えてくれる?」

落ち着いた様子でお婆ちゃんは妹に聞きました。
妹「き、着物を着てるの」
私「着物って辞めてよ、そんないかにもって感じの」
妹「嘘じゃない!!ずっと見えるんだよ!小さい頃から色々!!」
ビックリして私は何も言えませんでした。

祖母「…」
弟「…え、何?もしかして、俺、拾っちゃいけないの拾っちゃた系?」
私「いや、辞めてよ。後、それ持ってこっち来んな」
妹のすすり泣く声と弟の困惑した表情、祖母の意味深な顔が何かこれはヤバイと物語っているような感じがして、嫌でした。

母「しょうがない。それはヤバイもんなんでしょ?」
母が妹にあっさりと聞いたので私達兄弟はビックリしてしました。
妹も涙か止まっていました。

母「お母さん、今●●(近所のお寺)行っても平気かなぁ」
祖母「電話で聞いてみるわ」
母「ん、ありがと」
困惑気味の私たちを置いて母と祖母はさっさと車に乗る準備をしました。

私「え?何?●●さんの所に行くの?」
母「そ~、ほらさっさと車に乗って、あ、〇〇は1番後ろね」
弟「え、まぁいいけど」
母「△△は一番前、お母さんと□□(私の名前)は2番目ね」
私「あ、はい」


その後お寺に着き、住職さんに事情を話したら、
「これは、かなり古い呪詛のものですねぇ。
まだ拾ったのが、お姉さんの方や妹さんじゃなくて良かった。」って言い出すもんだから、

私はつい「何でですか?」って聞いちゃったいました。

そしたら「これは女の人と子供にしか聞きやしませんから、でも、だからこそかなり協力なんです」

私はその時ゾッとしました。

妹が泣きながら母と私に弟に近づくなと言っていたのはもしかして呪いを知っていたから?っと思ったから。

「では、これは私達が責任を持って管理しましょう」
と言っていましたが、供養しないのかと私は思いました。管理って、普通は供養でしょ?って。
でも何となく言っては行けないような気がしたので言いませんでした。

その後は、厄祓いしてくれて私達は帰りました。

あの箱は何なんでしょうか。
わかる人がいましたら教えてください。
長々と申し訳ありません。


32: 名無しさん 2016/12/30(金) 18:53:31.19

>>30
コトリバコみたい
山陰なの?


34: 名無しさん 2016/12/30(金) 19:54:36.41

>>32
はい、山陰です。
何故分かったのですか?
そのコトリバコって何でしょうか?


41: 名無しさん 2016/12/30(金) 22:15:35.00

>>34
この板初の有名な怪談
ググればまとめサイトで読めるよ
この板にコトリバコを探してる人のスレもあるから、情報提供してあげれば住人喜ぶかも


64: 名無しさん 2017/01/02(月) 18:40:23.95

>>41
危険な呪物だから封印されて代々監視されてるような代物だったのに、最近ではそこらに落ちてるんだな。
山陰怖過ぎるわwww


84: 名無しさん 2017/01/04(水) 05:07:46.80

小学生の頃、家の電話に電話がかかって来るのを予知できた。
来るって感じた時に電話の前で待機したらすぐ電話がなった
これが結構な頻度であったから偶然ではない気がする

今はもう無理だけど鍛えたらまた出来るようになったりするのかな


89: 名無しさん 2017/01/06(金) 03:22:04.68

子供の頃に庭にある物置の下から、とても大きな白蛇が出てくるのを見たことがあった。
だけど親や祖父母に聞いても、俺がそんなモノを見たって言った記憶はないそうだ

当時の俺が誰にも言わなかったのか、それとも思い違いか、正直分からない。
歳取る毎に自分でも信用できなくなってるし


ただ、面白い事に祖父母曰く、父も子供の頃に大きな白蛇を同じ家の軒下で見たことがあるそうだ。
俺が生まれた頃にマンション建設のため、すぐ裏の古い木造家を多く取り壊した際、物凄い数の蛇が出てきて大変だったそうな
近場の神社には蛇を祭ったとこもあり、そういった蛇に関連あった土地だったのかも


97: 名無しさん 2017/01/07(土) 01:19:12.57

>>89
蛇とかゲジゲジとか使った古典的な呪いがあるんだよね 
古い家みたいだから関係ないとは思うけど


92: 名無しさん 2017/01/06(金) 10:46:01.07

数年前埼玉にいたころ、仕事上がりで彼女と2人で駐車場の車へ向かう途中、脇にある小川から猫の鳴き声。
行くと段ボールに入れられた3匹の産まれて間もない子猫…黒、茶、白がいた。
かわいそうだけど自分にもどうすることもできないので、せめて人目に付きそうな神社へ置いてきた。
3匹のうち白猫が鳴きもせず衰弱してしまっていて、もうダメだったかもしれない。
そんなことがあった数か月後。
長野にある実家へ帰ると、黒と茶色の子猫が僕の方へ駆け寄ってくる。
母親に「あれ?なんでいるの!?」とつい言ってはみたものの、そんなこと知っているはずもないけど、
母「弟が川で拾ってきたんだよ。段ボールに入れられて、かわいそうだって。あと白いのがいたんだけど、それは弱ってて死んじゃった」とのこと。
しかも拾われてきた日が僕が子猫を見つけた日と同じだったらしい。
拾った(捨てられる)場所が川なんて普通。段ボール箱に入れる捨て方も普通。産まれてくる子猫で黒、茶、白の組み合わせなんて珍しくもないけど、
この偶然の一致はなんだかうれしかった。


107: 名無しさん 2017/01/07(土) 17:42:31.84

昔、免許取りに合宿に行ったんだけど、集団行動が苦手な自分はちょくちょく空いた時間を抜け出して教習所のすぐ横にある山?の荒れた神社の境内らしきとこで問題集読んだりしてた。(ビビリだから一応場所お借りしますってお参りは必ずした)
誰もいないし、荒れてると言っても鬱蒼とした感じではなく木漏れ日がいい感じに暖かくてたまに吹く風も気持ちよかった。
それで、免許取って無事に地元に帰るんだけど、それからどうも神社に行くと具合が悪くなる。
旅行とか初詣とか会社でとか色んな場面で神社に行く事あると思うんだけど熱が出たり体調が悪くなったりひどい時は即入院した事ももある。
あれから数年経つけど現在進行形です。

今調べたら合宿所近くのは稲荷神社だったみたい。まずい事しちゃったかな…


119: 名無しさん 2017/01/09(月) 14:54:52.63

三年前、霊感の無さに定評のある俺が東京で体験したありえない話。長め。
空手の試合の帰り、ボロ負けして痛みを我慢しながらチャリこいでた。
試合会場が微妙な距離で、携帯でマップを見ながら帰ってたんだが、大通り沿いから住宅街に入る道が若干近道になると気付いてそっちに行くことにした。

最初はなんの変哲もないただの住宅街だったんだけど、途中から舗装されていない道になり、いつの間にか道の両脇に木が生い茂る怪しげな道を走っていた。もう日も落ちてて早く帰りたかったし、携帯のマップも正確な道を示してたからうわーやめたらよかったと思いながらも進んだ

左ひざを痛めてたんだが、走ってるうちに痛みが酷くなってきたから一旦止まってもんでみた。が、なんか濡れてる。携帯のライトで確認したらびびった。
血がズボンを濡らしていた。
怪我といっても打撲のはずなんだが。生い茂った木で切ったかもと思ったんだが、長ズボンだし何かが当たった感触も無かった。

そこで初めて違和感に気がついた。
その道は街灯も無く、ほとんどまっすぐの道はチャリのライトなしでは暗すぎる。携帯でマップを確認したが、普通に住宅街を走っていることになってる。
でもマップって建物の形もわかるようになってるじゃん。道沿いにはほとんど絶え間なく建物があるはず。でも改めて見渡せばほとんど森といってもいいくらいの密集した木々。
急に鳥肌が立った。

すぐさま引き返したんだけど、曲がった覚えのない道をいくら走っても元の道にはもどらない。
足も痛いし汗だくになって必死にチャリをこいだんだが、とにかく大通りに出ない。
携帯のマップではもうとっくに大通りを過ぎて学校かなんかの校庭を爆走していることになっていた。
テンパりまくって泣きそうになりながら進むと急に開けた道に出た。

化け物のようにデカイ木が目の前にあった。
もう完全に東京じゃない。天下の新宿まで電車で30分弱だぞ?もう視界がクラクラした。

ズキズキする足を照らして見ると相変わらず血が出続けてる。頭も痛くなってきて汗が噴き出す。
鳥肌も、、、もう全身が粟立つってこのことかと思う程にザワザワしてる。
化け物の木を絶望して見上げていると人の歩く音が聞こえた。心底不気味だったけど、もう恐怖で気が狂いそうだったから音の方向に叫んだ。
助けて!ここはどこなんだ!
足音が止んだ。
俺は助けてと叫びながら足音の方に進んだけど、誰もいない。
急に真後ろから足音がした気がした。振り向くと人影が立っていた。これが本当に人の影。顔も何もシルエットとしか認識できない。もう何が何だかわからなかった。

背丈は同じくらいだったけど、頭と指が異様に細くて長い。
変な呼吸音と地鳴りのように低い鳴き声みたいな音を出していた。とにかく何より、その影を認識した瞬間頭痛と足の傷の痛みが増した気がして敵意を感じた。
もう混乱しすぎてプツッと何かが切れた。正直あんまり覚えてないけど俺は絶叫しながら攻撃した。全身全霊で2、3回突きを入れた気がする。両拳に柔らかい(毛皮っぽい?)感触が残った。足が痛かった。
気がつくと知らない街の公園に立っていた。
公園というか広場というか、、、住宅街にぽっかり空いた空き地みたいなところだった。
当たり前にある街灯や明かりのついた家をを見た瞬間に安心して気を失いそうになった。

チャリがない。携帯はある。マップは化け物の木に居た場所で指していた位置と同じ位置を指していた。つまり正常に動いていた。
足の出血が尋常じゃなく、血のシミがすでに足首まで広がっていた。
救急車は自分で呼んだと思う。通行人かもしれないけどもう覚えてない。
左ひざの傷は引っ掻き傷のように2本の線状になっていて、医者にはなんでこんなになるまで放っておいたのかちょっと怒られた。
壊死しかかっていたらしい。言うまでもなく長時間放っておいた訳じゃない。傷の範囲は小さいけど深かったようで、治るのに大分かかった。
3年経った今でも時々痛む。

都心に近い心霊とかそういうのと縁遠い土地柄やおれの普段からの大袈裟な性格も相まって信じてくれる人はいないが本当の話。2度と怪しげな小道には入らないと誓った。
あ、チャリは今も見つかってない。長くてごめんね。


127: 名無しさん 2017/01/09(月) 15:50:36.09

無事に帰れて良かったよ。足お大事に


128: 名無しさん 2017/01/09(月) 16:29:46.30

これは、マジ怖い!


217: 名無しさん 2017/01/15(日) 22:38:10.33

このスレであってるか分からんが

俺はある程度の規模以上の地震の前には地震が起こる予感がするし、その予感は地震の前以外にはない
ベッドを使って寝てるのだが、布団に入ってさあ寝ようかという時にベッドが揺れるシーンが勝手に浮かぶ時があって、1回それがあると何日も続く
そうなると近いうちに日本(関東住みだからか特に東日本)で地震が起こり、地震が起こると揺れるシーンは浮かばなくなる
思い込みかなとも思うのだが、自分でも怖いほど当たる


221: 名無しさん 2017/01/17(火) 03:56:21.80

次は不思議な体験。
忘れもしない高②の夜、家の前の駐車場の端で煙草吸ってたら、凄い視線を感じた。
見ると50m位先の川辺に当時、一緒に住んでた爺ちゃんが寂しげな顔でこちらをジーっと見てる。
バレた!と思って煙草を消したが、爺ちゃんは1mmも動かずこちらを凝視してる、家に戻ると爺ちゃんの靴はあるし爺ちゃんは暗い部屋で寝てた。
そん時、凄い違和感と凄い嫌な胸騒ぎを抱きながら俺も寝た。
次の日、学校で昼前に呼び出しが。
『お祖父さんが危篤状態って連絡が入ったからすぐに行ってやれ。』
爺ちゃんは俺が着く15分前に息を引き取った、爺ちゃんは全部解ってて俺に最期のお別れを言いたかったんやな。。


238: 名無しさん 2017/01/18(水) 23:33:55.96

年に何度か帰る母実家の帰りの出来事。
長旅なので、俺らが帰る時じじばばが安全に帰れるようにと毎度のこと家で祀ってある龍神様に拝んでいたそうな。
そんなある帰り道、車の上をながーいビニール袋?のような白い毛に包まれた長い何かが着いて来たことがあった。
途中で渦を巻くように青空に消えていったんだけどあれはきっと見送ってくれたんだろうなー、なんて思ってます。


253: 名無しさん 2017/01/20(金) 14:12:20.02

こないだ遭遇した不思議体験っぽいヤツ
アパート住まいの社会人なんだけど久々に連休取れたから夜更かししてたんだ。
夜中の3時過ぎに小腹が空いたもんで近くのコンビニに買い出しに行く事にした。エレベーターが住んでる階に止まっててラッキー!とか思いながら開ボタンを押すと、エレベーターの中に厚着をした人が佇んでた。
一瞬フリーズしたものの「やべ扉閉まっちゃう」とエレベーターに乗り込みその人と二人きりの世界に突入。何だろうなぁこの人と思いながら「何階ですか?」と聞いてみるも無反応。
そうこうしてると一階に到着。俺が居りた後からその人が出てきた感じはしなかった。
変な人だなぁ。あんな人居たかな?と考えながらコンビニで買い物を終え帰路に着き、またアパートのエレベーターの扉の前。一階にエレベーターは止まっていた。またあの人居たらなんか嫌だなぁと思って4階まで階段を使い、自室へ
何事も無かったんだけど、部屋に入った時に見えちゃったんだよ
玄関の対面に置いてある姿鏡に閉まる扉の隙間からさっきの厚着の人が
凄い焦燥感に駆られてこれでもかってくらいの速さで鍵とチェーンかけて玄関に釘付け。
付けっ放しのテレビからゲームの音だけ聞こえる部屋で硬直して動けなかった。あれ以来遭遇してないけどあの人は何だったんだろうかな


255: 名無しさん 2017/01/20(金) 17:18:55.22

>>253
怖ッ《(;´Д`)》ブルブル


269: 名無しさん 2017/01/22(日) 05:07:38.79

オカルト信じない自分が高校時代に経験した話

農業高校で自分は園芸科だったんだけど
畜産科の方では犬(元は先生が飼ってたとかで黒っぽいダックス)も飼ってて
畜産科の人にお願いすれば散歩とかさせてもらえたんだよね
で、ある時放課後その犬を借りて友達2人と
自分の3人で学校の敷地で遊んでたんだけど
日も落ちてきたからそろそろ帰るかってことで友達1人が畜産科に犬を返しに行って
自分と残ったもう1人の友達は荷物を取りに校舎に戻ってから畜産科に続く農場の道を歩いてたんだ
するとむこうから犬を返しに行った友達が歩いて来たんだが、なぜかまだ犬をつれてる
あれ?返しに行ったんじゃなかったの?畜産科の人がいなくて返せなかったのかな?とか思ってたら隣にいた友達が
「あれー?なんでまだ犬つれてんのー?」って向こうにいる友達に叫んだ
その瞬間横にいた犬がくるっと回ってその子の後ろに隠れたように見えたんだが…
近付いて来た友達は犬をつれてなかった
本人に聞いたら「返してきたよ?」っていわれて
叫んだ友達と一緒にえ?お前も見たよね?じゃあ、あの影なんだったの??って話に
確認したら犬は間違いなく返してたし
友達が歩いて来てた道は下はアスファルト両側は石壁で
動物が隠れられる余地はなかった

何が怖かったかって自分だけじゃなく
隣の友達が同時にその犬を見ていたこと
聞いてみたら自分が見ていたものと同じ形、同じ動きで偶然にしてもゾッとしたなあ

集団幻覚の一種だったんだろうか…未だに謎だ


272: 名無しさん 2017/01/23(月) 08:10:50.31

九州出張を控えた日。
会社を出発前に、外の喫煙スペースで一服していたら珍しく柱にバッタがいた。
よく見ると後ろ右足の関節から下がなかった。
何気にそのバッタを写メで撮影。

九州入りし、ホテルで寝ていると夜中におふくろから携帯着信、「父が亡くなった」。

その父は糖尿を患い、右足の膝関節から下を切断して入院中だった。

あのバッタは父が乗り移っていたのか?と思ってしまった。

それに出張前に突然の歯痛、味わった事のない激痛にも襲われていたのだが、父の訃報を聞いた途端、ものの見事に痛みが消えた。

「どうせ通夜、告別式で関西に戻って来ないといけなくなるから、九州には行くな、行かせない」という父の引き留めだったのか。

バッタで父を連想させ、激痛歯痛で出張を断念させようとしたのか?など今思う。


284: 名無しさん 2017/01/25(水) 02:41:18.85

一度だけ体験した不思議なこと。
私毎日出勤中にヤフーニュースをチェックするのが習慣なのね。
その日の朝、トルコの空港でテロが発生したらという記事を見た。
前年のフランスのテロのこともあったし、海外旅行とか怖くていけないねーって昼休み同僚に話をした。
その夜家でテレビ見ながら、全然報道されないんだなあって不思議に思ってたんだよね。
そしたら次の日のヤフートップニュースがまたトルコの空港でテロ発生というものだった。
会社に着いて同僚に、
「またトルコかあ。昨日50人近く亡くなったばかりなのにね…」と言うと、
「昨日はニュース見てなかったから聞き流してたけど、そんなたくさん亡くなるようなテロ起こってないよ…?」と。
ヤフーニュース探しまくったけど、前日の日付でのトルコのテロのニュースは見つからなかった。
同僚から毎朝今日見たヤフーニュースの内容を聞かれるようになったけど、それ以降不思議なことは起きてない。


303: 名無しさん 2017/01/26(木) 23:38:59.52

不思議体験ということで書かせて下さい。
もう30年以上前の話になりますが、私が中学生か高校生くらいの時にテレビで、
アメリカのハンサムな金髪男性が自家用飛行機の機内でインタビューを受けて
いる映像を見たんですね。
直感的に「この人アメリカの大統領だ」って思って母親に尋ねたら「ケネディ
と間違えてるじゃないの」って返された。私はその当時でもケネディの暗殺事件
やケネディの顔は知っていたから「ケネディは知ってるよ」ってやり返したの
ですが、冷静に考えてアメリカの若い大統領は確かにケネディしかいないので、
なぜ自分がテレビで見た彼に対してそう感じたのかわかりませんでした。
またしばらくしてそのハンサムな金髪プレイボーイがテレビで取り上げられた時
にも、以前と同じように彼が大統領の品格に見えたので、「この人将来、大統領
になりそうじゃない?」と母親に尋ねたところ、「どうだかねぇ」と返された。
以上はトランプについての話。


367: 名無しさん 2017/01/31(火) 09:51:34.74

私の父親の体験です。戦前の若い時代でした。
自宅の庭を遠慮なく徘徊通過するネコがしゃくになり、ゴム鉄砲にて狙った。
ネコは今まで、狙い石ころで打たれた経験が無いので、きょとんとして見ていた。

そこに、顔面に弾が当たり・・1mほど飛び上がった。そして逃亡した。
その後、他のネコでも狙ったら、即逃げて行ったそうです。
その付近のネコ同志は危険情報を、共有しているようです。


394: 名無しさん 2017/02/06(月) 18:34:36.02

数年前
婆ちゃんが危篤になって、親戚で交代しながら24時間看病をしていたんだけど
その時に背中をさすってあげたり、頭を撫でてあげたりしていた。
ふと、熱はあるのか額に手を当てたとき、婆ちゃんの子供の頃からの記憶が
頭に入って来た。一瞬のことだと思うけど、最後は暗闇で誰かに額に
手を当てられているところで終わった。
その数日後に婆ちゃんは亡くなったんだけど、4人の叔母に聞いたら
どうもその記憶は断片的にだけど、叔母の記憶・叔母が婆ちゃん聞かされた話に一致している部分が多々あった。
あれが婆ちゃん一生分の記憶だとしたら、
初めて知った婆ちゃんの過去が、何故か懐かしく、逞しくも感じた。


497: 名無しさん 2017/02/11(土) 19:46:20.23

以前ぬいぐるみみたいなコロンと丸っこい大きい蜂が
瀕死の状態だったので助けたら
私の目の前20㎝の辺りまで近づいて来てホバリング3秒。
その後スッとよそに飛んで行ったけど、
ホバリングの時、蜂の「ありがとう」という言葉ではない“気持ち”が
私の胸にスッと入って来た。
テレパシーって、頭じゃなく胸で受け取れることもあるのね。


502: 名無しさん 2017/02/11(土) 21:37:23.02

>>497
蜂って意志あるよね、私はベランダで巣を作ろうとしてた花バチの女王に風上からスッとキンチョールかがせたら(殺したくはなかった)しばらく窓ガラス越しに八の字かいて因縁つけてから去ったもんね
洗濯干せなくなるから仕方なかったんだよ


624: 名無しさん 2017/02/17(金) 02:05:20.47

3年前に母親が病死した。
末期ガンだったから亡くなる1ヶ月前から入院してたけど、容態は安定してて、けど急変してわずか2日で亡くなった。
急変が突然過ぎて、家も掃除とかできてなくて(私も繁忙期もあってずっと仕事に行ってたし)
通夜も葬式もバタバタして、
葬式終わっても心身とも疲れて、掃除も片付けもなかば放棄状態だった。
で、トイレ行った時、トイレ前に消毒薬ぽいというか、漂白剤ぽいツンとした匂いが漂っていた。
トイレ横に押し入れがあって、どうもそこから匂う。押し入れには掃除用品やら洗剤やら殺虫剤なんか置いてたから、それらがこぼれたかな?
まぁ、後で片付けようと、ものぐさな私だった。

ちなみに、風呂場トイレ押し入れ玄関という感じになっている。

で、49日明けるまでに何度か母の夢を見た。
母はかなり若返ってて、たぶん結婚してまもなくこの家を建てた頃の容貌。
夢の中で風呂場あたりに嬉しそうに立っていたり。

で、49日過ぎたあたりで匂いはいつの間にか消えていた。
ちなみに押し入れは扉付近にちょっと掃除機かけたくらいで、放り放しw
掃除機かけても匂い無くならなかったのにな… 
そしたら、初盆の頃、また押し入れのあたりが漂白剤の匂い漂った。

で、これは母親の霊が我が家に帰ってきてるあかしなんだなと思った。
生前母親は看護婦としてバリバリに働いてたし、
そのせいでちょっと晩婚で、子供欲しくて見合い結婚。(ちなみに父親は母親にベタ惚れで夫婦仲はめちゃよかった)
結婚して1年で子供も生まれ、家も建てた。
たぶん母にとって生涯一番幸福感じていた頃。我が家大好きだった。

ちなみに、母の墓と仏壇は我が家ではなく、ちょっと遠方の長男宅にある。
けど、お盆とか彼岸とか正月には我が家に遊び?にくるらしく、押し入れ付近が決まって漂白剤の匂いがする。
(それ以外の時期には匂わないのだ)
ちなみに、あっちの世界の門限は夜明け前らしく、夢だけでなくたまに声で挨拶もしてくる。


626: 名無しさん 2017/02/17(金) 02:44:04.71

>>625
いい話だなー

オカルティック・ナイン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-12-07)
売り上げランキング: 40,666

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク