【生活】今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15 てんこもり。


powered by てんこもり。

【生活】今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15

196: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/18(日)23:42:25

26の時に急に耳が聞こえなくなった。
検査しても原因がわからず、治療しても全くダメだった。
幸い会社が営業から内勤に異動させてくれ、経理と総務の仕事になった。
平行して手話の勉強を始めた。面白くのめりこみ簡単ではあるけれど英語の手話も出来るようになった。
34の時、朝起きたらいきなり耳が聞こえるようになっていた。
本当に驚いた。数年ぶりに音を聞いたのでうるさくてたまらなく、数日休んだ。
今は36になり定期的に検査に通ってるけど、異常は無い。
だけど、いつ前みたいに突然聞こえなくなるかわからないので覚悟はしている。
手話が出来るようになったのが幸いして、仕事の幅が増えた。
人体と人生は本当に不思議だと思う。


246: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/21(水)23:48:57

自分が大学生の頃に母が病死してから、父はずっと独り身だった。
いつか後追いするんじゃないかと心配だったけど、一緒に暮らしたい人ができたと連絡をもらった。

先日、その方と、その方の娘さんと四人で食事をしたのだけど、娘さんが大学時代の先輩だった。
しかも、母が亡くなった時に父が心配だという相談に乗ってもらってた先輩だった。
ちなみに、娘さんの旦那さんも同じ大学の先輩。
先輩二人が自分の義理の兄と姉になる上に、可愛い義理の姪までできる事になった。

ドラマとか小説ではよくありそうな展開が自分の身に起こって衝撃を受けて、まだ若干混乱している。




11: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/03(土)12:32:01

美人はスッピンだと美人度があがるということ。

前に勤めてたところに派遣の女性が来たんだけど、これがまあ美人。
他部署から男性がわざわざ来て、食事に誘ったり口説いたり、告白しに来たりしてた。業務中なのに。

女性がある日、「寝坊してメイクできませんでした」って出社してきたんだけど、ファンデ塗ってない肌の透明感がすごい。普段の美人さに加えて、色気が滴ってくる感じ。女の自分でもゾクッとするほど。
「これは男に見せちゃなんねえ!」って、女性陣総出でトイレに押し込んでメイクしてもらった。
美人も美人でいろいろ大変そうだった。


12: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/03(土)12:34:44

虫注意です。

東京の実家に住んでいるときに、三葉虫を見た。
テスト勉強かなにかで夜中まで起きていて、歯を磨きに洗面所に行って、電気を点けたら白い壁に枯葉みたいな虫がいた。
咄嗟に「三葉虫だ!」と思った。
ビックリし過ぎて硬直しながら見つめていたら、三葉虫は天井の換気扇に消えていった。
いなくなった後、ドキドキしながら歯を磨いて、寝た。とりあえず寝た。
次の日、本物の三葉虫じゃないのを確認したくて調べたら、東南アジアとか九州など暖かい場所に生息する、ごきかぶりの親戚に似たようなのがいるらしい。
なんで冬の東京にいたかは不明。
その後は家の外でも、中でも見かけない。
現在、暮らしている家で黒くてでかいごきかぶりが出たから、追い出す決意表明で書いた。
衝撃が小さくてすみません。


14: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/03(土)14:04:13

最近知ったんだけど、欧米では未だに黒猫を「不吉」という理由で嫌って虐待する例が多いこと
悪魔の手先とか何とか
特にアメリカとイタリアが酷くて、イタリアなんて年間6万匹の黒猫が虐待されて殺されてるそう
ハロウィンの時が黒猫虐殺ピークなので、その期間は心ある人が近所の黒猫を匿ってあげるとかもうメチャクチャ
21世紀なのに脳内は中世の魔女狩りの時のままなの!?と衝撃だった


17: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/03(土)17:06:13

>>14
黒猫がいると、労咳が治る・労咳にならないという迷信を広げたいね
国が違えば魔除けとされているのに、迷信って恐ろしいよね


32: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/04(日)21:23:48

バイト先の子に聞いた衝撃的な話

住み込みのバイト先に大学生の子が来た
その子は彼氏がいるんだが、聞くところによると
・毎日数回電話で連絡とってる
・付き合い始めた当初、携帯にある他の男の子の連絡先全部消された
・ので相手の携帯の女の子の連絡先全部消した
・大学卒業して1年くらいしたら結婚する予定

相手がいくつなのかは聞いてないから不明なんだが、2,3項目目がとにかく衝撃的だった
自分が恋事に興味ない人間なものだからよく分からないんだがこういうのはありなのかな
やり返してるからお互いさまなんだろうか…
結婚したらモラハラされそうで他人事ながら心配になる


34: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/04(日)23:18:45

>>32
しょせん学生の身で惚れてくっついてるだけ。中身はまだ子供。少しでも社会経験出来たらさっさと別れるよ。大丈夫。


46: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/06(火)11:22:33

片側一車線の道路を走行中
40キロ制限の道で交通量も多かったんで皆さんそんなに速度は出してなかった
丁度左側の店舗駐車場へ入ろうとハンドルを切ったところへ
前を走っていた自動車がいきなり停止して、そして真っ直ぐバックしてきたw
えっ?と思った瞬間曲がり掛けていた私の自動車の脇に衝突したんだよww
運転してたのは60代前半くらいの男性で、私が入ろうとしていた店舗駐車場へ
彼も入ろうと思っててウッカリ通り過ぎちゃったから焦って思わずバックしたらしい
警察にも修理屋にも保険屋にも3度聞きくらいされた意味不明な事故だった
当然過失無しの10対0だったよ


48: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/06(火)14:35:30

>>46
所謂「逆突」ってやつですね
私も某しまむらの駐車場でやられた事ありますよ
当然過失割合は10対0でこちらに責任はないという結果になりました
あれびっくりするよね、どんどんこっちに向かって車が下がってくるから
私はクラクションで停止するように促したんだけどムダったわ…


64: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/07(水)23:33:55

ある女性ミュージシャンの歌をたまたま聞いた時
「なんで今までこの人の歌を知らなかったんだろう!人生損した!」と本気で衝撃を受けた
電気がビビッと走ったと言うか寝ぼけていたけどすっきり目覚めたというか
「○○を知らなくて人生損した」とかってそんなのありえんだろ、ちょっと驚いたぐらいだろと
思っていたけど本当だったんだなあと思った
発売されていたアルバム全部買うぐらい好きになった
素敵な歌をありがとう


75: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/08(木)22:03:51

じゃあ叔母がキ〇ガイだった話でも。
5月に産まれた従兄の名付けで盛大に揉めた。
長男が産まれて出産フィーバーだったのか、従兄の名前が吏良万寿になるとこだった。
読み方はりいます。
叔母が大のハ〇ーポッター好きで絶対に吏良万寿にするって聞かなかった。
他にあった候補は、留優品(るうぴん)人狼(りーます)一等星(しりうす)。
初めて聞いた時は本気で冗談かとおもった。
叔母旦那や母、祖母は勿論私も本気で止めたが聞く耳持たずに盛大にヒスってた。
滅茶苦茶暴れて実家の食器棚と食器破損。
叔母旦那平謝り。弁償して土下座までしていた。
その後、もう全員諦めかけた頃に妹の
「そんな名前ペットにだってつけたくない。」
発言により叔母が正気に戻る。
結局叔母旦那の提案により陽介になった。
出産フィーバーって怖いんだなって思った話。


92: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/09(金)14:34:52

電車で痴漢というかヤバイ人に遭遇した
開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた
逃げようにも退路を塞がれてできずおじさんは至近距離で「美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい」って連呼してくる
心臓がぞわぞわして喉から声が出なくなるくらい怖くて近くにいた男性2人組が気付いて助けてくれるまで動けなかった
私は気の強い方だから痴漢や変態に遭ったら叫ぶくらいできると思ってたけど実際直面すると無理すぎると実感した5分間だったよ


95: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/09(金)17:36:23

お盆に同窓会をしたんだが人数があまり集まらなかったんだ。
で久しぶりに会った友人達と飲んでいるときに人が少ない
理由を知った。

俺は知らなかったのだがクラスで一番の美人が風呂屋に落ち
た時に、何人かがその美人のご厄介になったそうだ。
さらにその事を同窓会でうれしそうに報告したことで修羅場
になった。

今同窓会に来ているの人の大半がその美人にご厄介になった男達か
昔からその美人の事を嫌いだった女達だそうだ。

知らなかったとは言え来年からは同窓会に行かないように
と決めた。

元クラスメイトがそんな状況に陥っているのに楽しもうと
思える連中が同じ人間とは思えなかった。


97: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/09(金)19:31:16

付き合ってた彼氏が付箋紙の存在を全く知らなかった事。
ラジオでポストイットという単語が流れていたので、
彼氏がポストイットって何?と聞いてきた。
自分「付箋紙の商品名だよ」
彼「付箋紙て何?」
自分「貼って剥せるノリが片面に付いたメモだよ」
彼「知らない、見た事ない」
勤務先(勤務医)でも使った事は無いらしい。でも文房具コーナーには多少置いてあるんだから見た事はないはずが無い気もするんだけどね。


132: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/13(火)23:47:58

笑っちゃいけないけど笑っちゃう話だわ
俺の嫁はカラオケの声出しに君が代を歌う
一音一音が長くてビブラートをかけるのにもよくて毎回の儀式みたいになってた
この前の休みにいつものカラオケ店で嫁が一発目君が代を熱唱したのよ
そしたら隣からものっそい壁ドンの連発がきたw
その壁を嫁が背にしてたもんだからびっくりして途中で中断
「なんだろうねー?」とか話して俺と席を入れ替わり、take2
また君が代を熱唱してたら、また激しい壁ドンの嵐
「あれ?これもしかして君が代に反応してんじゃね?」と面白くなってきて、携帯のムービーをとりながら5連発君が代
携帯は壁ドンされる側の壁にひっつけていた
3回目半ばくらいで壁ドンがなくなったんだが、かわりに5回目の始めで店員が来た
「こちらのお部屋で問題行動をしているとクレームがあった」という
確認させてくれというので隅々まで見てもらい、逆に隣の部屋から壁ドンし続けられて怖いとムービーを見せたら
店員は「あー」と何かを察したように部屋をかえてくれた


137: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/14(水)14:13:37

お昼に丸亀製麺に行ったら、初めてみるかき揚げがあった。
「ゴマほくほくかき揚げ」だったかな?名称違うかも。
拍子木切り(切り方調べたw)にした芋に黒ゴマまぶしてかき揚げにしたやつで、これもかなりデカかった。
んで、冷やしぶっかけの大にそれとかしわ天とおいなりさんを付けた。
そしたらそのかき揚げが思った以上に腹にきて、3分の1ぐらい食べてギブ。
店には悪いけど残そうと思って、水飲んでごちそーさんしたら、
隣で食べてた女が「それ、残すんだったら貰っていいですか?」って言うんだよ。
20代ぐらいの若い女だったからビックリしたよ。
ただ身なりは正直みすぼらしかった。よれよれの黄ばんだTシャツに天然のダメージジーンズって感じで
化粧っ気もなかったし、髪もなんかパサパサしてたな。
まぁ身なりで判断するのは良くないんだろうけど、とにかくビックリして「え!?」ってなった。
そしたら「いえ、残すのなら勿体ないと思って」って言われたんだが
この場合普通なら「どーぞどーぞ」?
俺、断っちゃったよ。
だって俺が食ったもんを赤の他人のおブスさんが食うってさ、なんか、ね。
いや美人でも引くけどさwww
良い方に考えれば持って帰ってペットにでもあげるのかな?と思うけど
たぶん犬や猫に食べさせていい物じゃないだろうしさ。
なんか衝撃だったわ。


184: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/18(日)11:06:20

20年ほど前の話。
サークルで知り合った男子学生は、すごくクールな人と評判だった。
顔立ちはイケメンじゃないんだけど表情がキリっとしていて魅力があった。
優秀な人だったし、お酒の席でも乱れることなく
いつもクールだった。
そんな彼と仲良くなって、何回か食事をしたり、買い物へ行ったりした。
驚いたのは、彼が意外とテンパリやすい人だったのと
テンパるとおかしな行動を咄嗟にとってしまうこと。
一度目は彼が自動販売機で飲み物を買ったとき、
「あ、まだお茶残ってるよ」と声をかけたら「え!あ!」とすごく驚いて
彼は買ったばかりのお茶を、ペットボトルを逆さにして全部ドボドボと道路に撒いてしまった。
その時は「驚かせてしまった」と私が謝った。
二度目は彼に私が学食に誘われた時、「ごめん今日お弁当持ってきたから」とバッグを見せて断ったら
彼がそのお弁当箱をガシっ!といきなり掴んだ。
奪われそうになったので反射的にバッグを引っぱったら、お弁当箱が床に落ちた。
ハンカチで包んでいたから散乱しなくてラッキーだった(中身はシェイクされたけど)。
彼はアタフタしてどこかへ行った。
そのあたりから「咄嗟の事に反応できない人なのかな?」と思い始めた。
三度目は、彼自身が道路に飛び出して車にぶつかった。
駐車場から出たばかりの車で、たいしてスピードが出ていなかったから擦り傷程度だったけど
それ以降彼は大学に来なくなった。
今思うとパニック障害か何かあったのかな?と思う。
優秀な人だったから、退学までしてしまったのは勿体なかった。
今だったら私も含め皆もうちょっとメンタル面の事に理解があっただろうに。
彼がその後適正な治療なり何なり受けてたらいいなと思う。
さっき子供の飛び出し未遂を見て、思い出した話。


190: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/18(日)18:38:42

職場の話。
先代の工場長は無茶苦茶だった。
まずケチ。経費の使用をまるでそれが自分の金であるかのように渋り、
必要不可欠な備品の購入すらなかなか許可を出さない。
パワハラは当たり前。少しでも逆らうと嫌なら辞めろ。通院したいと残業を拒めば人格否定。
ある先輩などは新婚旅行明けに出社したら真顔で辞めたかと思ったと言われ、数か月閑職に追いやられネチネチ言われ続けたそうだ。
当然蛇蝎の如く嫌われていた。
また職場のパソコンでエロ動画を見ていることも周知の事実だった。
対して今の工場長は慕う人が多く、皆一刻も早い先代の退陣を望んでいた。
俺は下っ端すぎて関わりがなくさして興味もなかった。
でもある時、喫煙所で先代と営業部長、俺の3人になった。残業が多い時期で営業部長も応援に狩り出され、すこぶる機嫌が悪かった。
(うちは営業は残業代0 工場は満額支給)
営業部長が俺に、お前昼飯の時2台機械見てるだろと聞いてきた。たしかに俺の部署は昼休み1時間のみそうしている。はいと返すと、
じゃあ忙しいときは1人で一日やれるよなと悪魔の笑み。
答えあぐねて先代を見るとこちらも悪魔の笑み。終わったと思ったら営業部長に一言、おまえこいつを辞めさせたいのか。
営業部長は狼狽してそんなこと一言もとしどろもどろ。先代は更にお前の言葉は業務命令になる。それに逆らったら辞めさせるのがうちのやり方だろと追撃。
嫌な沈黙が流れた(俺としてはやりこめられた営業部長が可笑しくてしょうがなかったがw)
先代はぼそっと、一日2台なんかかわいそうでやらせられるかと呟いた。
営業部長は残業代のことを持ち出していたが、面接で説明受けたはずだしそれを補う営業手当だと一蹴された。
それ以来俺は先代が意外とはいい上司なのではと思うようになった。
少し前に先代が去って1年が経った。
今の工場長になって変わったのは備品購入が楽になったのと、工場への風当たり。
前者はありがたいが、どんなに些細なミスでも始末書を書かされ、それによる給料の査定も厳格になった。
しかし時折聞こえてくる営業や他の事務方のミスで始末書が出たという話はついぞ聞いたことがない。
気になって若いのに聞いたら全て上司が握りつぶしているとのこと。
以前ミスで先代に怒鳴り散らされたのを思い出した。工場に響き渡るような怒声で殺されるんじゃないかと思ったくらいだ。それでも始末書は求められなかった。
営業は無茶苦茶な納期の注文を以前にもまして取り、またろくに利益も出ない細かい注文も増えた。その切り替えで現場は慌ただしくなりミスが増え始末書が舞う。
また生産量の明確でない注文もじゃんじゃん入ってきて、これが一番始末に負えない。足らなければ朝まででもやらされ、
余ればロスを出したと工場のせいにされて朝礼で吊し上げを食らうこともある。
今の工場長は怒鳴らないしパワハラもないが、経営陣と一緒になって営業や事務方が工場のミスを責めると若手の実力不足だと嘆いてみせる。
だんだん皆の心が離れていき、やっぱりと思いつつも早すぎだろと引いていた。
泣かされた女性社員、新婚旅行の件の先輩までもが先代の時代を懐かしむようになった。
そしてこないだ一番先代を嫌い今の工場長を待望していた人が、悔しそうにあの頃は良かったと言った。
その人以外はもう皆もう当たり前のように先代の頃が良かったと言っていたので、ついに今の工場長はまったく支持を失ったことになる。もちろん下っ端の支持なんてなくてもいいだろうがw
たった1年で・・・というのが衝撃。


198: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月)01:47:39

俺のばあちゃんが亡くなる直前のこと
ばあちゃんが病院に入院した時には人工呼吸器繋がれてICUにいた、
その時点で余命2日が宣告されていたが・・・

入院して11日目、俺の誕生日に体調が驚異的に快復した
人工呼吸器無しで呼吸が出来るまでに快復していたらしい
その9日後に亡くなってしまったが、余命2日のところを20日生きたことになる
俺の誕生日を覚えていてくれたのかな・・・まさにその日に
体調が快復したことに衝撃を受けました


199: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月)01:55:11

>>198
その衝撃がおばあちゃんからの最後のギフトだよ
ただし、衝撃にどんな意味があるかは自分で見つけるのだ
それが人から人に受け継がれていく財産なのだと思う


200: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月)09:12:15

兄夫婦は俺の目から見ても仲が悪かった。
男の子供が一人いて、嫁さんはしつけに厳しくいつもキーキー言っていた。
虫歯になるからアレは駄目、ゲームは何時間まで、ながら食いするなと24時間叱ってた。
兄はその逆で「まあまあいいじゃん」と甘やかしていた。
兄嫁に隠れて「ちょっとだけな、内緒だぞ」とお菓子をやり、
ヒスがひどくなったら子供を外に連れ出したりして、いわゆる飴と鞭をやってる夫婦だった。
その嫁さんが入院した。
入院中、兄は子供を甘やかした。幼稚園児だから甘やかせばその分甘えに慣れる。
基本は実家(両親と俺が住む家)に預けて、兄は通い。
両親も孫に甘いし、母親が入院中で寂しいだろってことでよけい甘々になった。
子供は見事にデブった。
子供を連れてある日兄は見まいに行った。
ここから先は伝聞なので色々あやしい。
デブって口が悪くなった子を見て、入院中の兄嫁は驚きヒスった。
兄は「のびのびさせた結果」「子供らしくていいじゃん」等言ったようだ。
兄嫁はさんざん言い返したらしい。
帰宅した兄が「もう見舞いになんか行ってやらん」と愚痴っていた。
結局、入院中に兄嫁は死んだ。
脳出血とか脳溢血とか、血栓か血管がストレスによる負荷で?あやふやでスマンが
2日くらい植物状態でICUにいて死んだ。

残されたのは兄と子供。
兄は「育てられないから実家で頼む」
両親は「我々は70過ぎてるし、成人まで育てるなんて無理」
そこでなぜか俺に押しつけてきた。
今の彼女と結婚して、兄の子を養子に引き取れと言う。イヤどす。
はっきり言って兄夫婦、子育てに失敗してるとしか思えん。
兄嫁はキーキー厳しく、兄はベタベタ甘く、どっちも程々ってことがなかった。
子供はいつも怒ってばかりの母親に慣れてナメてるし
出来上がったのはデブの三文安。
なんで俺がそんなもんの尻拭いをせにゃならんのか。
兄嫁の死で、家族の膿があぶり出されて衝撃だった。


208: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月)10:01:13

>>200
兄嫁さん、さっさと離婚して一人で子育てしてたら、
こんな死に方せずにすんだろうし、子どもも軌道修正出来て、いい子になったろうにね
彼女の失敗は、離婚しなかったことぐらいだ


223: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/20(火)11:28:11

アラフィフになったら夫がオネエ化してきたこと。
ホモではなくオネエ。
語尾が「~なの」「~ねえ」になり、
昔はジャニーズなんか嫌いだったのに、ここ数年は「若い子が頑張ってるのが微笑ましい」と目を細めて見てる。
キスマイなんとかの顔とメンバーが私よりよほど一致してる。
めっきりお酒に弱くなり、甘いものが好きになって
先日はケーキを見て「キレイ~」って手をパチパチ叩いていた。
娘のリラックマのぬいぐるみを枕にしたり、ポムポムプリンの毛布を買ってきたり
ファンシーなものに包まれて寝転がってテレビ見てる。
性格も丸くなって、大きな声を出すことがなくなった。
本人は「男性ホルモンが減ってきたんだよ」と言っているけど、皆こうなっていくもんなんだろうか?
誕生日にお菓子とティーカップを買ってあげたらすごく喜ばれた。
扱いやすくて楽になったけど、なんだか複雑。


230: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/20(火)20:10:19

小学生低学年の頃、近所にあった鮎が捕れる川の真ん中辺りで軽く増水してるにもかかわらず投網を投げている人がいた。(勿論禁止です)
数分後、自分の用事を済ませてその人を見たら居なくて、どう考えても数分でその場から居なくなるのは無理だったからまさかと思い下流の方を見たらプカプカ流れてた。

近くに居た大人にそのことを知らせて警察や消防や救急やらが集まる大事になったけど、結局30分後くらい後に下流のテトラポットに引っ掛かってるのが見つかった。
病院に運ばれたけどすぐに死亡が確認されたそうだ。

死んじゃったことは大して衝撃じゃ無かったけど、その後第一発見者としてパトカーに乗って色々聞かれたのが衝撃的な体験だったな。
後、伝言ゲーム的に親父にそのことが伝わって俺が流されてるって話になってたんで、親父的には修羅場だったかも?w


231: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/20(火)22:17:27

もう10年近く前の話。
大学生の私は地元から下宿に帰るために新幹線に乗っていた。
祖父が作ってくれたおにぎりを食べていたら、空いてる席もあるのに隣に身なりの良いおじさんが座ってきて、少し世間話をした。
そのおじさんは降りる前に名刺を私に渡して、
「連絡をくれたらいつでもレストランに連れて行くよ」
と言った。

不思議に思ってサークルの先輩にその話をしたら、
「手作りは貧乏だと思う人もいるからねぇ」
と苦笑いされつつ言われ憤慨した。
知らんおっさんと食うディナーより祖父の作ったおにぎりの方が美味しい!と。

数年後、ふと思い出して友人(水商売歴あり)にその話をしたら、
「あんた、愛人の候補にされてたんだよ…」
と言われ衝撃を受けた。

世間知らずの私に優しい嘘を吐いてくれた先輩の命日が近づいたのでカキコ。


232: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/21(水)00:24:32

>>231
若死にの先輩の方が衝撃的だわ。
病死?事故?


244: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/21(水)15:01:34

>>232
先輩は病死でした。
最後まで諦めないと言っていたのですが…
寝ぼけてるとたまに「最近先輩と遊んでないな」とか呆けた事を考えたりします。


245: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/21(水)20:31:11

私にとっちゃ衝撃だった話。大したことじゃないかも。長文です。読みにくいです。

私の父親は、
・父母が結婚する前、父が母に借金払わせる。
・私が母とちょっとした言い合いになる
→自分は親戚付き合いしない癖に「家族をバラバラにしないでくれよ!(怒)」
・弟達の勉強を見ている時、わかりずらい説明を長々とした挙句分からないと怒る。キレる。

…などと上記のような自己中気味の言動を繰り返して来た結果、家族から恐れられるor嫌われることとなった。(本人は気付いていない)
ここまでが前提。
本題。
父は成長期真っ只中の弟の2倍は食べるので、母は父を嫌っているとはいえ帰りの遅い父の夕食を多めに用意している。
それに対して父の発言
「なんでこんなに夕飯少ないの?痩せちゃうじゃん。」
( Д ) ゚ ゚
メダマドコーってリアルになった。
わざわざ夕飯作ってもらってんのに文句垂れるクソ親父が衝撃的過ぎて引いた。


251: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/23(金)17:08:30

フェイクありです

昨日、友達2人(A,Bとします)と街へ出掛けました。
AとBと遊びに行くのは久し振りだったので、たわいもない話をしながら3人で並んで歩くだけでも楽しかったです。

そこまでは良かったんです。

そろそろお開きにしようかということになり、帰るために駅に向かっていた時の事でした。
見慣れた影とすれ違った気がして振り返ったら、昔の部活の先輩だったんです。
実は僕は、その部活で色々あって、敢えなくその部活を辞めていたんです。そのせいでフラッシュバックや幻聴(?)の様なものが発作みたいに起こり、精神科にも通うようになっていました。
先輩とすれ違ったとき、僕はその事を思い出して少しパニックになってしまいました。

過呼吸、幻聴、締め付けられるような感覚等々…

それが一気に僕を襲ってきました。
今回は凄く酷いものだったので苦しかったです。ですが、どのくらい経ったのか分かりませんが、僕の中で段々色々な感覚が切れていく感じがしました。

最初は、ここが何処かという感覚。

次に、周りに居るのは何者かという感覚。

自分は何をしていたのか、今は何時で何故ここにいるのか…

段々僕の中の感覚が消え、何もかも分からなくなっていきました。
「A,B」の「大丈夫?」という「声」が「何か」の「意味のない」「音」となっていくときは自分の周りから何もかも消えていく様な感じがしました。
ついには発作の苦しみも消え、そこから暫く僕の記憶はありません。
次に気づいたときには、少し朦朧としていましたがちゃんとAとBが居るという認識ができ、自分が誰かがはっきりとしていてホッとしました。
今考えると、あれは今まで感じたことのない苦しみを脳がシャットアウトしようとしたから起こったのかもしれないのですが、色々な感覚が消えていくという経験は僕にとって凄く衝撃的でした。


267: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/25(日)12:36:00

>>251
多分離人症だと思う
ストレスを溜めすぎると解離性障害に進むかもしれない
普段から少しぼーっとする時ってないかな?
そういう時に自分の体(腕や脚)を触って
右手はここにある、左脚はここにあるっていう風に
現実と体の感覚を繋げる練習をしておくと役に立つよ
腕や脚、背中、おへその下あたりの順番で
背中は触らなくてもそこにあるって自覚して安心しよう
普段からあまりストレスを溜めないようにして
嫌な事があった時の発散方法も見つけておいてね、お大事に


253: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/24(土)09:59:04

PTSDかしら
よほど嫌な思いしてたんだね


268: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/25(日)19:26:36

一人暮らしを始めてから約半年ぶりに実家に帰ったら父がネカマをやっていたこと。

キャラクターとか、ホームとかを色々デコレーションできるようなとこで
女の子を可愛くドレスアップさせてて、ホームもそれにあったような感じになってるのを
「見て見てこれかわいいでしょ!!」と嬉々として見せてきた。

登録してないからよくわからないけど、友達とかもいて(もちろんネット上の顔を知らない人達なんだけど)、その人達に挨拶?したりしてもらったりするともらえる通貨で、さらにアイテムを買っていくものらしい。

思えば、仕事場用の筆箱が壊れた時に、私が昔集めてた少女マンガの付録の筆箱を借りて行ったり、
誕生日とか父の日とかにあげたぬいぐるみを棚に飾ってあったり、
可愛いもの好きだったのかなあ…と。

今これにハマってるんだー!といきなり可愛いキャラを見せられた瞬間が衝撃的だった。
自覚してないんだけど、それネカマだよお父さん…。

犯罪的な思考でやってるわけじゃないけど、画面の向こう側にいるのがおじさんってバレたらまずいんじゃないかなあと帰宅した今でも引きずってるわ。


324: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/27(火)21:15:51

高校2年の秋、部活のユニフォームがヘタレてきて、でもその頃両親の仲が悪くて言い出せなかった。
俺が何を言っても父が「お前の教育が悪い!」と母にキレるんで何も言えなかった。
大げさじゃなくマジで、「ハンバーガーうめー」って言っただけで
親父が「息子が底辺の食い物を食うバカ舌になった!おまえのせいだ!」って母にブチギレる日々だった。
俺はユニを自分の貯金で買うことにした。
小学生の時以来ほぼいじってない通帳とカードを持って(入金は母任せだった)ATMへ行った。
20万くらいあるはずの残高が800円代だったのが衝撃。

通帳記帳したら毎年のお年玉は入金されていたが、中3の夏と高1の冬にごっそり引き出されていた。
犯人は親父でした。
暗証番号を誕生日にしてた+机の引き出しに入れっぱな俺も悪かったが
まさか家庭内に泥棒がいるとは。
俺のお年玉は親父の浮気相手の誕プレとホワイトデーに消えたそうです。

と言ってもすぐ↑が判明したわけではなく、半年くらい黙っていた。
なんとなく父が犯人なことはわかっていて、母に言ったら離婚のトリガーを引いてしまう気がして言えなかった。
今思えばさっさと言うべきだったが高校生だったしな。
離婚後父がのこのこ会いに来て「愛人が最近冷たいんだけど、お前だったら何買ってあげる?」って
真顔で訊いてきたときも衝撃だった。


336: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/29(木)00:21:00

中学生の時、校門を出たところで曲がり角からやってきた自転車と軽くぶつかった
軽くっていっても車輪で足がこすれて血は滲んだよ
当時は陸上部に所属していてその辺の男子より筋力と俊敏さには自信があった。そのおかげか一応擦り傷程度で済んだ
乗っていたのはおじさん
今なら『骨折の痛みは遅れてやってくる』『目立った外傷はなくても骨や神経に損傷を折っている可能性はある』って知ってるから自転車薙ぎ倒してでもおじさん捕まえて警察と病院に連行するけど、当時は陸上一筋で暮らしていた馬鹿だったので、まぁいっかと思って砂を払って帰った
なお、おじさんは私を引き留めて病院に連れていこうとするどころか「ごめんなさい」の一言も言わず、「気を付けろ!」と言い残して去っていった…

「ごめんなさい」の一言も言えないおっさんの存在が当時は衝撃的だったけど、社会に出てみるとさ、大概の中高年の男って「ごめんなさい」が言えないんだよね
父は「謝罪は負けじゃない。自分を守るための手段だ」と常々言っていた。自分が悪いと思ったら小さい子供相手でも謝る人だったから、大人はみんなそうなんだと思ってた
うちの父が特別だったんだね
若い男の人はちゃんと謝れる人ばっかりだから、封建的な環境で男児を甘やかしてきたツケなのかな…って思う


337: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/29(木)01:18:39

>>336
お父さんすごくいい人だね。
おじさんは本当に自分の間違いを認めようとしない人が多いように感じるから、
素直に謝れるのはそれだけで好感度上がる


344: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/29(木)09:18:54

3LDK戸建て借家住み。
似たような借家が複数ある所で、庭もそこそこ広目でお家賃お手頃な良物件で、ファミリー層が多い。
以前その借家で中のいい人の隣の借家の庭が衝撃的な汚庭で、買い替えた際に出たであろう冷蔵庫、テレビ、洗濯機、タンス、子供のおもちゃ、空き缶、何かのゴミが庭に置いてあった。
どれぐらい置いてるのか不明だけどタンスはかなりボロボロで腐っててこれが汚庭かと衝撃だった。
以前は子供5人と大人2人の6人家族だったようだけど更にここ数ヶ月人数が増え、20代3人、30代3人、40代3人、50以上1人、子供5人の15人で住んでいるようで、しも平日昼間でもすれ違う。
挨拶と、聞こえてくる怒鳴り声は日本語だったんで日本人ではあるっぽい。
汚庭とともに3LDKにありえない人数住んでるのがスレタイ。
とこかで昔あった他人に居座られた家族の洗脳事件を思い出して、超近所なんでちょっとだけ怖い。


400: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/01(土)17:59:33

一ヶ月ほど前、あまり話したことのない同期からカラオケに誘われた
親しくない異性と密室で二人きりとか怖すぎるので断ったら飲みに誘われた
大学からの付き合いの男友達が「えっ飲み?俺も入れて入れて!」と会話に突っ込んできてくれたおかげで、同期は露骨に嫌そうな顔をして帰っていった
翌日、今度は昼食に誘われた
昼食なら人目も多いし…と思って了承した
食事自体は特筆するようなこともなく終わったんだけど、帰り際に同期が「なんかさ、変な感じしない?」とニヤニヤしながら尋ねてきた
「え、特になにも」と答えると、同期は舌打ちして先にオフィスに戻っていった
それ以降、同期はあらかさまに不機嫌そうに私に関わってくるようになった

昨日、暇だったのでツイッターのフォロワーのフォロワーを眺めていたら、フォロワーのフォロワーを介して同期のアカウントを発見した
昼食を食べた日の呟きまで遡ってみると
『通販で媚薬を買った。どんな女でも肉奴隷にできる媚薬。試しに職場の70点ぐらいの女がトイレに立った隙にお茶に入れてみたけど効果はなかった。あの女は不感症』
要約するとこんな感じの呟きがあった

一応スクショは撮った。私はどうすればいいんだろうか


408: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/02(日)01:25:39

>>400
通販とかで売ってる媚薬は成分的にも量的にもほとんど効果ないですよ
とか言ってあげると良いんじゃないかな


411: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/02(日)11:47:58

>>400
まずは会社の人にスクショ見せて相談しようか。
媚薬飲ませて性的関係に持ち込むのって準強姦でしょ。
会社の人たちが対処してくれるのを待って、
二人きりで話すのはもちろん危険だから媚薬男と年齢近い信頼出来る人二人以上に付き添い頼んで。
つまり媚薬男vs400+付き添い二人で一人vs三人で人数で勝つ。
どうかなあ? まあどっちみち媚薬男はキチガイだわ。


414: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/02(日)21:50:29

女性を好きになってしまった事。自分は25歳女。
学生時代から付き合ってきた男性がいたんですが、自分が女性に心移りしてしまったので別れました。
彼には「女性に心移りしてしまったから」とは言わず、「他に好きな人が出来た。」と言って別れています。

相手の女性は職場の上司。女性にしては背が高く、今で言う「女子力」は皆無。
女性らしさは少なく、男性が好むような趣味に没頭しています。化粧っ気はありませんが顔立ちはキリッとしていて美人です。
私が新人だったときの上司の印象は、「怖い」の一言。その上司と組まなければならなかった時は緊張して周りが見えなくなるほどでした。
よく叱られたし、厳しく当たられる事もありました。
しかし約半年ほど前、その上司がふとした瞬間に微笑むようになりました。
表情が柔らかくなったのと、プライベートな話をふってくるようになった事に戸惑いを隠せず、日が経つにつれてどんどん好きになってしまいました。
私がかつて異性に抱いていたのと同じ感情です。


497: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/07(金)19:45:37

高校生の時、難病になった。
はっきりした診断が下るまでけっこう時間がかかった。
診断が下り、病名がわかったその日、母が帰宅した父にそれを報告した。
次の瞬間、母がぶっ飛ばされた。
父にグーで殴られて、襖に吹っ飛んでいった。襖がくの字に折れた。
父は「なんでまともに産まなかった」
みたいなことを怒鳴って、家を出て行った。
それまで父をずっと優しい気の弱い人だと思っていたから衝撃だった。

その後父は家に帰ってこなくなって、
よそに好きな人ができて離婚した。
父方の祖母に「あの子は完璧主義者だから、一つ躓くともう受け入れられなくなるの、ごめんね」
て謝られたけど、完璧主義者ってそういう意味だったっけ?と思いそれも衝撃。


509: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/09(日)14:51:34

ある日、仕事帰りに家に向かって歩いてたところいきなり警察に取り押さえられた
訳もわからず「えっ?えっ?なに?」とあたふたしていると
「おとなしくしろ」って
最初から一切まったく暴れてませんやん

で、話を聞くと女性から付け回されていると通報があったと
全然まったく心当たりがない、駅前の人混みはともかく少し離れてからは女性どころか誰も見た覚えがない
偶然ちょっと進路がかぶったとか、たまたま似たような格好の人を見たとかじゃないのか?
そんな感じの事を話していると後ろの方で見ていた女性が騒ぎ始めた

そいつがずっとアタシを付け回してた
駅からここまでずっとこんな長い距離をずっと何て偶然の訳がない
ソイツは駅からここまでずっとアタシの前を歩いてたんだ
一度も目を離してないからソイツで間違いない

「知らんがな!」

こんなんでも交番まで行って調書とられた


516: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/09(日)23:56:20

相手はうちの近所っぽいんだよね
詳しくは聞いてないんだけど質問の内容からすると
うちから200m程離れたコンビニの近くに住んでるっぽい

なんでもストーカーに付きまとわれてるらしいんだけど本当なのか疑問
こっちは勤怠表だしても良いと言ったんだけど特に何も言ってこないんで疑われてはいないみたい

もっとわけのわからんビックリな事も言われたんだけど
なんじゃそらって思ったのは覚えてるんだけど肝心の発言内容が思い出せない
ちょっと残念


521: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/10(月)10:28:18

前来た派遣さん(今正社員)が凄くて衝撃だった。
うちはWeb制作会社なんだけど、受注に波があって、
社員一人増やすほどではってことで派遣さんに来てもらってた。

その派遣さん、配属されて一月ほどは大人しかったんだけど
ある会議を境にスイッチを入れた。
会議はいつもは形式的なものなんだけど、その人いっぱい資料と企画案を用意して
独壇場でプレゼンしたそうな。
派遣が何考えてるの?と気分を害した人もいたけど
上の人に歓迎されて案はほぼ全て通ったらしい。

そこからがすごくて、嫌味言われても全く意に介さず
むしろ一人で楽と言わんばかりに企画を押し進めリリース、
利益も出ているらしい。
デザイナーだけど他のこともできるから、
開発部署と上とだけ連携すれば問題なかったみたい。

何で派遣なのにそこまでしたの?正社員になりたくて?
と聞いたら、同じ部署のある人たちがやる気なさすぎて仕事がつまらなくて
じゃ別にここ辞めてもいいし、好きなようにやってみようと思ったんだって。
既婚小梨で旦那さんの稼ぎで暮らせるから正社員にはならなくてもいいけど、
好条件を提示されたからまいっかとなったそうな。

派遣でもそういう人いるんですねと言ったら、
正社員になりたくてもなれない=派遣
じゃないですからねーってさらっと言われてちょっとびびった。

ここじゃなかったかもしれないけど、似たような派遣さん話読んで、
派遣のイメージが変わりつつあるこの頃。


565: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/12(水)19:43:56

何年も前にやってたトリビアの泉って番組の話
放送される前に「今日のトリビアに地元(秋田)がでるらしい」って話を聞いたから楽しみにしてた
で、放送された内容はこうだった
「秋田県では……修学旅行の安否確認が放送される」
その放送を見るまで「○○中学校修学旅行団全員無事に○○ホテル宿泊中です」とかの放送に疑問を持ったことすらなかったからすごく衝撃だった


568: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/12(水)21:54:44

>>565
実際には似たようなやってるとこは多かったんだよ
インフラ整備が進んで日本の端まで気軽に行けるようになったから違和感感じたりするけど
昔は長距離移動が大事だったし事故の心配もけた違いだった
携帯電話なんかもなくて状況を個別に知る手段も少なかった
公衆電話で連絡なんてしたらすごいお金かかったしね

結構「えっ?うちでもやってるけど?」って感じだったんだよ


569: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/13(木)11:38:37

ゼミにオシャレ系美人で人気ナンバーワンの女子学生がいる。
その子を狙ってたイケメンが、最近一転してその子に興味をなくした。
フラれたわけじゃなくて、「見たくない一面をSNSで見た」というからツイッターで暴言でも吐いたのかと思っていた。
そしたら違って、その子がSNSにナスをもいでる画像を上げたのが嫌だったらしい。
「タオル首に巻いて、麦わらかぶってスっピンで、幻滅した」
俺にも画像見せてきたんで(嫌だと言うわりに保存してた)見たら、
スっピンだけど可愛かったしこういう素朴な一面もあるんだなーと俺はギャップ萌えした。
なので正直にそれを言うと「ないわ~」という意見と、俺に同意する派と半々位だった。
ないわー派はそれ以後、女子学生を「ああ見えて田舎っぺ」と馬鹿にして陰口を言っている。
人の好みは様々だと知ってたが、ここまで意見が割れるものかと驚きだった。


603: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/15(土)04:09:10

夜中に思い出し。新婚時代アパートに住んでいた。
妊娠発覚を期に夫親との同居をすることになり、力仕事以外細々とした整理をしていた。たまたまゴミ出しで近所のおじさんに「引っ越しするの?」と声をかけられ「そうです」、と返事。

いよいよ翌日引っ越し、となった昼間近所のおじさんが訪ねて来た。
何かと思って話を聞くと実は私達の部屋で過去に女子大生がサツ害されたんだよねー…だと。

なぜ今更そのタイミングなのか?
おかげでたった一晩たったけどgkbrでトイレのドアを開けっ放し、一晩中電気点けっ放したったよ。

知りたくなかったよ、そんなこと…


631: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)09:12:06

昨日久しぶりに事件の当事者に会えたので書いてみる。
中学の頃の話。

野郎どもと放課後に教室で箒と丸めた紙のボールで野球をやっていた。
まぁアホな子供が下らない遊びで熱中しているところを想像してくれればいい。
ベースは教室の角の机で教室一周でホームイン。
ホームランは廊下側の上の窓を開けてそこを通過したらホームランっていう遊び。
アホで馬鹿な野郎どもは熱中しましたよ。三振して爆笑してスライディングとか言って机に激突したりさ。
そして事件が起きた。

仮にAとしよう。そいつがさホームランを打った。
正直ホームランなんてその遊びでは数回しか出たことがなかったから盛り上がるわけ。
Aも雄叫び挙げて机をベース代わりの机をドンドンと叩きながら教卓では何故かヒーローインタビューのものまね。
そして最後はホームベースの机にスライディング。
ところが何を誤ったかその手前の机にモロに突っ込んでしまった。
後に聞いたところによる床の凹みに足が取られたとかいう話だった。

流石にこれはやばいって俺らは思った。
大丈夫かって駆け寄った。
そしたらさ。Aの目玉が飛び出していたんだよ。
今にもこぼれ落ちそうなぐらい飛び出していて以外に目玉って丸くないんだなとかいう馬鹿な感想を抱いた。

Aは状況を理解していなくて顔を触ろうとした。
咄嗟に遊んでいたクラスのリーダー格であるBがその腕を抑えた。
Aの左のこめかみあたりが凹んでいた。不思議なことに流血していなかった。
ただ水にインクを垂らしたようにジワァって皮膚の色が変わっていった。
俺も含め他の奴らも頭が真っ白になったよ。大変なことになったって。


632: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)09:16:02

Bが震える声で怪我をしてるから動くなってAに言って誰か先生呼んで来いっていう言葉に俺らは駆け出した。
もう全速力で職員室に行った奴と保健室に駆け込んだ奴、近くに先生がいないか探しに行った奴。
当然すぐに学校中に事件が知れ渡り大勢の大人が俺たちの教室に来た。
呼びに行った俺たちも一緒に教室に戻ったよ。

そしたらAの顔半分がどす黒くなって鼻や耳から血が流れだしていた。
Bや残っていた奴らが必死にAの名前を叫んでいた。
その時に思ったのはAが死んだっていうこと。ピクリとも動かなかった。
ガチで死んだとというかむしろ死んでいるとしか思わなかった。
先生を呼びに行った2~3分程度でAの状況はそれぐらい急変していた。

俺らはすぐに校長室に連れていかれてこの部屋から出るなと閉じ込められた。
外では救急車の音や先生たちが走り回る音。
教頭が大丈夫だからって一人一人に声をかけていたけど全員返事を返せなかった。
いつも活発的でリーダー格のBはヤバいぐらいに震えていた。
2人吐いて養護教諭に連れられていった。
俺も頭の中が真っ白で耳鳴りと視界がグラグラと揺れていた。

その後親たちが俺らを迎えに来た。
誰も怒ったり声を荒げることなく解散した。
だからますますAが死んだんだっていう確信を持ってしまった。
次の日は現場にいた全員が強制的に休み。
後で聞いたんだけどそれぞれの家に先生たちが家庭訪問していた。
俺はショックで寝込んでいて知らなかった。

そして次の日にAは怪我をしたが無事だということを聞くことができた。
死んでいなかった良かった。体がフワッとする感覚を今でも覚えている。

事件から3日目。
休日でも病気でもなく学校を休んでいたから妙な気分で登校した。
みんなどうしているかドキドキしていた。
当時は携帯が普及し始めたころで当然中学生が携帯を持っているなんてことはない。田舎だったし。
だから誰とも連絡は取っていなかったから不安な気持ちはあった。
学校からも連絡は無く状況が全然分からなかったからね。


633: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)09:21:18


教室に行ったらAがいた。
顔半分に包帯ぐるぐる巻きで赤黒く変色した肌の色が下から見えていた。
そしてBや他の奴らがAの周りでわんわん泣いていた。
俺も泣いた。

Aの話によると左の眼の横の骨が折れて多く血が出たらしく皮膚の下に血が広がったらしい。
眼は特に問題がなく簡単に骨の整形して押し込んだら元に戻ったそうだ。
病院でとられた写真で目玉が飛び出ているのを見たときは驚いたらしい。
ただ頭の骨が折れるのは相当なことで下手すると死んでいたって医者と看護婦さんから怒られたって言っていた。。

落ち着いた頃に現場にいた全員が呼び出されてきついお灸を受けた。
今でいう体罰的なこともあったし、罰として体育館の掃除1か月も結構きつかった。ワックスがけまでさせられた。
でもそれは当然の結果だと思ってる。

しばらくはAの顔色の変化を文字通り観察したりして笑いあったこともあった。
2か月もしたらAの顔は元通りで内心ほっとしていた。
当時は本当に恐ろしい出来事だった。

ちなみにBはこの事件を機に医者を目指して今は医者のヒヨコになったよ。
今でもあの時の野郎どもとは仲良くやってる。

長くてごめん。
昨日は思い出話に花が咲いて楽しかったテンションのままなんだ。


634: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)09:47:41

>>633
A、よく登校の許可がおりたね
無事でよかった


635: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)09:49:44

>>633
調子に乗ったAの自爆と言ってもおかしくないけど、Aのご両親の気持ちを思うと……本当に無事で良かった。
貴方にお子さんが出来たらしっかり教えなよ。


641: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)15:45:30

幼稚園児だった時の話

当時両親は共働きで、私は幼稚園が終わってもすぐ帰宅できず、母親の働く個人経営の小さな喫茶店に連れて行かれ
勤務終了までは店内や近隣で遊ぶのが日課だった。
人見知りで臆病で大人しかった私には、外で遊ぶにしても隣の家や店舗の路地をちょっと行って帰ってくるぐらいが精一杯だった。
喫茶店の左隣は、一階店舗二階は住宅があり、二階へは外階段で登れるようになっていた。
時折中年女性が上り下りするのを見ていたので、誰かが住んでいたのは子供の私でも理解していた。

そんなある日、その二階の住宅のドアが全開しており、なんとなしに私は階段を上ってみると、そこにはパジャマを着た同い年くらいのショートカットの子供が床に座っていた。
私は他人の家に勝手に入ってしまった事を思い出し、慌てて階段を降りようとしたのだが、その子供に何かを言われてその場にとどまった。
だが臆病だった私は「ごめんなさい」を言うのが精々で、頭を下げて謝ると、その子は手を振ってバイバイをしたように見えた。
私は他人の家に勝手に入った事を母に怒られるのではないかと思って、怖くて黙っていたのだが、幸か不幸かそれについて母からも話は出なかった。
そしてそんな事があった事も次第に忘れていった。

時が過ぎ私も大人になり、ある日母と雑談をしている時に、その喫茶店の話が出た。
当時の母の苦労話を聞きながら、ふと私が「そういえば、隣に私と同じくらいの子供がいたよね」と話を振ると
母から「そんな子供いなかったよ?」と言われたのが人生で一番の衝撃だった。

母によると、件の二階には中年女性しか住んでおらず、また喫茶店のあった近隣には当時の私と同じくらいの歳の子供は記憶にないとの事。
それが事実なら私は一体誰と話をしたのかが、ものすごく不思議なのだが、母も四六時中二階の住人を見てる訳でも
事情を深く知っている訳でもなく、また私も記憶が曖昧で思い込む事もある幼稚園児だった事を考えると、私の思い込みだった事も否めない。
だが今でもあの子供のパジャマの色とかヘアースタイルとか、玄関から見た家の中とかはっきりと覚えてるんだよね。
何をしゃべったのかは覚えてないけど。


642: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/16(日)16:05:30

>>641
子供って、「見える」よね
だからもしかしたら…


673: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/20(木)06:38:52

今年キャバクラデビューしてから通いまくっている上司(57)が、キャバ嬢の「57歳?見えないよー30代後半かと思った、若々しいね★」をずーっと間に受けていたこと
毎日のように言っていた「昨日も35に間違われちゃったよぉ、歳とっても若さを捨てないでいるのは大事だな!」は社員皆冗談かと思って聞いていたんだけど、本人大真面目だった
この前入ってきた新入社員に何歳に見えるか聞いたらピッタリ年齢当てられて、それからずっと不機嫌
若く言っても60代にしか見えない老け顔なのに、たとえキャバ嬢にお世辞テロされたからと言って「30代後半に見える」を間に受けられるのが衝撃的だった
というか、60近いのに30代に見られるって嬉しがる事ではないのでは…


756: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/24(月)18:29:43

私が就職したのは昭和63年。つまり1988年だけど、当然ながら当時はバブルなんて言葉はなかったよ。
それどころか、「なべ底景気」なんて言われていた時代から「上向いた」と表現されていた。
確かに景気は良くなって、翌年くらいから、たぶん一般的にイメージのある「売り手市場」になってきた。
後輩の方が給料がいいってやつね。
バブル時代と言うけど、、その恩恵に預かったのはその数年に就職した人だけだよ。
そして「派手」な職種の人だけ。
バブルを経験した人が「バブルのくせに」って言われるような言動をするのは、実際には
あまり恩恵を受けていないって現実があるから。
なぜならバブル時代ってのは、むちゃくちゃ忙しかったのよ。今、ブラックと言われる勤務なんて
当時は当たり前だったんだから。しかもOA化なんてまだまだIT革命前だから仕事量半端ない。
ウインドウズどころかワープロもない。コピーも自動じゃないし当然白黒
景気がいいからボーナス良かったし昇給も良かった(後輩より多くするため)残業手当もあった。
そのほんの数年の景気良さしかない。その後、バブル崩壊後にまた苦労してるし。
実際には「叩き上げ」の人が多いから「ゆとり」はどうしても甘く感じるんだよ。
それと定食五百円、安いよ・・・
なぜかと言うと、それまでの物価が高いから。百均なんかなかったし、
バブル頃のオフィス街のランチは千円越えだったんだよ。
ハンバーガーチェーンでセット販売が始まった時、うわー、安い!!と思ったもん。
千円以下の服なんてなかったから、ユニクロは衝撃的だった。
そして、バブル世代って事はバブル以前の生活もしているわけ。
ちびまる子的な生活はもちろん、それ以下の人も多かった。
私に言わせれば、スマホを持っている時点で今の若い人は贅沢だと思うけど。



803: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/02(水)22:30:32

夫の頭の良さ、というか自分との差に衝撃を受けた。

私は中学受験でそこそこの中学校に入学、大学もそこそこのところに入った。
一方夫は同じく中学受験で超有名進学校に入学、大学は余裕で東大狙えるレベルなのを「遠いから嫌」というSLAM DUNKの流川みたいな理由で京大へ進学。
仕事もすさまじく出来るんだけど、やっぱり頭の良さがすごい。

人の説明を1度聞くと一瞬で理解し的確な疑問点をすぐに提示する。
私が何度も読んでもなかなか覚えられない法律書を、第何条第何項レベルまですぐに覚えられる(not法学部卒)
大学受験の時に勉強したであろう事柄が今でもすらすら出てくる(20年近く前。ちなみに10年前に受けた私はすっぽりと消えた)
今まで自分は「馬鹿ではない」と思っていたが、夫に出会って「少なくても頭は良くない」と思い直した。

ここからはさらに衝撃的だったんだけど、
夫は頭がいい反動からか、ものすごい方向音痴で、
知らない町である地点に到着→帰ろうとするとほぼ100%の確率で逆方向に進む。
地下鉄から地上に上がったら方角が分からずパニックになるレベル。
対して私は日常生活でなんとなく東西南北を理解しながら歩いているので、
地下や知らない町を歩いていてもなんとなく今自分は北に向かってるなとか分かる。
ので、迷子になりそうな夫をひっつかんで目的地に運ぶんだけど、毎回「超能力だ!すごい!」と感動されている。
なんでこっちだと思ったの?と聞かれても、なんとなくとしか答えようがない。

そんな能力よりも頭の良さが欲しかった。


805: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/02(水)23:42:35

>>803
良いコンビじゃないか!
お幸せに


835: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/06(日)10:37:09

大学で口がキツい指導教官がいた。
そいつに「おい舌打ちすんな」と言われた。
自分じゃ舌打ちしてる自覚がなくて、チッと口を鳴らす感覚が気持ちいい?から
別に不愉快じゃない時でもなんとなくチッチッってしてた(んだと思う)。
「別に怒ってるわけじゃないです」と反論したんだが
「お前の気持ちなんかどうでもいい、こっちが不愉快だからやめろ」と言われた。
それ以来自分が舌打ちしてるかが気になってたまらなくなって
舌打ちするたび「あ、俺今舌打ちしたな」って思うようになり、
なんとなく回数が減った。
指導教官はその後もうるさかった。
「聞こえてるくせに「は?」って何回も訊き返すのやめろ」とか
「食ってる時ハシをカチカチ鳴らすな」と言われた。
どっちも無自覚にやっている事だったのでカチンときた。
言われてから気づいたが、俺は「は?」と訊き返してる間に返事を考える癖があった。
ハシをカチカチは単に音が好きだから。
と反論すると「せめて「ごめん、聞こえなかったからもう一回言って」と言え」
「おまえがその音を好きでも周囲は嫌なんだよ」と叱られた。
うざいので言うとおりにした。
あと「人を見る時横目で見るんじゃなく顔を向けろ」
「人前で靴下脱いで足の指を掻くな」
色々言われた。
衝撃だったのは教官がうざいから従っているだけだったのに話しかけてくるやつが増えたこと。
今は当然だとわかるが当時は衝撃だった。
俺はとにかくしつけのなっていないやつだった。勉強さえできりゃいいって親だったから。
今でもたぶんしつけはなっていないが、大分マシな人間にしてもらった。


836: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/06(日)10:40:48

>>835
うん。野良猫の方がよほどマシな態度だよ。
いい教官でよかったねえ。小中高の担任はあまりの酷さに見放してたって事だから。


854: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/09(水)14:46:03

写真屋に行ったら見知らぬ女性が目の前で倒れたこと

その人はデジカメでお子さんの写真を撮りためていたそうなんだけど、いざ現像しようとしたらデータが全部破損していたらしい
産後すぐは体調が悪くて出歩くどころではなく、子供がある程度大きくなったら保育園だ仕事だで写真屋に来れなかったと
写真を見ようと思えばデジカメ操作してすぐ見られるから、紙媒体にしなくても何の不都合も無かったんだとか
学校の何かで子供の小さい頃の写真がいるので現像にきたんだそうだ

今まで店員さんと和やかに話していた女性が突然倒れたのは衝撃的だったな
「お食い初めも、ハイハイも、誕生日も入園式も……そんな……嘘……」
とブツブツ呟いてるのが怖かった
こういうデータって復元できるのかな?物凄く不憫だったから復元できるといいんだけど


916: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/13(日)00:22:19

父がクォーターだったこと。
曾祖母がヨーロッパの人だったらしい。
曾祖母は父の物心がつく前に亡くなっていたので記憶にないし、
祖母はハーフの片鱗がうかがえないくらい日本人顔だったので、いまいち実感がないそうだ。

父や伯父叔母は目鼻立ちくっきりだけど、祖父もそこそこはっきりした顔立ちなので、
そっちに似てるんだとばかり思ってた。
祖母は私が生まれる前に亡くなっているので会って話をしたことなかったし
学校の授業で家系を調べるようなこともなかったので全然知りもしなかった。
そもそも父自体が曖昧な記憶しかないようだしw

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯59106
>>835
「人前で靴下脱いで足の指を掻くな」

さすがにネタだろう…
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク