【VIP】清楚な女の子がDQNと付き合って染められる話 てんこもり。


powered by てんこもり。

【VIP】清楚な女の子がDQNと付き合って染められる話

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 19:24:38.86 ID:6r2ugsqJO

の反対の話なんだが、こないだ同窓会で再会した奴から聞いた。
俺は結構面白いと思ったから、聞いてくれ。


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 20:45:24.54 ID:Bd4RGXqq0
まぁ俺がそいつから聞いた話だから脚色はあるかもしれんが許してくれw 


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 20:47:02.78 ID:Bd4RGXqq0
こないだ中学高校の同窓会(中高一貫だったから6年間一緒だった奴らの集まり)に出てきたんだが 
「お前誰だよwww」状態になってる奴が沢山いて、そのなかでも異彩を放ってる奴がいたんだわ 


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 20:53:05.99 ID:Bd4RGXqq0
久々だったから色んな奴に挨拶してったんだが、そのなかに中学の頃からお嬢様というか 
まぁ性格も良くて清楚で可愛くて有名だったんだが、中2の時にDQNと付き合って 
みんなから「あーあ」状態になっちまった子がいた。卒業して2年ぐらい経ってるけど 
他の女とは違って、昔のままの上品さはそのままだったよ。電車男に出てた時の伊東美咲みたいな感じだったなw 

んで、その隣に長身の細身で黒のYシャツを着たハイパーイケメンが座ってた訳よ。 
あれ?こんなイケメンいたっけwwとか思いながら俺は挨拶した。 

女の方はまぁ美咲でいいかw男の方はヒロシで

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 20:55:42.74 ID:Bd4RGXqq0

「うっす、ひさしぶり。その人彼氏?w」
って感じで冗談ぽく聞いてみたんだが、美咲ちゃんは
「うん、ヒロシ君だよ。」

俺硬直。え?お前ヒロシなの?中学のとき典型的なピザDQNだったヒロシ?んなアホな・・・って感じだった
でもヒロシの「よう」っていう声で、あぁたしかにヒロシだと思った。
一体何があったんだよこの二人、というかこの男に。と気になったので、同窓会の後に二人で別の店で話したよw


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 20:57:32.86 ID:Bd4RGXqq0

俺「お前何があったんだよ、なんというか、すっかり変わったな」
ヒロシ「まぁ色々あったよw」
やばいこのヒロシかっこいい、目合わせられない・・・きゅんって感じだった。
言っとくが俺は断じてホモではないぞww

というわけで、長くてもいいから何があったか語ってくれよと頼んでヒロシから話を聞くことができた


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:01:47.71 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシと美咲ちゃんが付き合い始めたのは実は中1の時だったらしい。
ヒロシが一目惚れして、とにかくアタックしまくってた。でも当時は美咲ちゃんは
モテてたから丁重にお断りされたらしい。それでもアタックし続けて、OKもらえたらしい。
表向きはDQNなヒロシだったが、根は純粋な奴でファーストキスは二人が高校生になった時だったそうだw

無事に美咲と付き合えたヒロシは色んな奴に自慢するが、美咲ちゃんの評価はだだ下がりだった。
なにせ、ピザDQNのヒロシと付き合うなんて、男を選ぶ目が無いんじゃねって感じだったからな。
俺もその一人だったけど、二人が2年ぐらい付き合い続けていくうちに、周りも別に気にしなくなってた。
高校に入ってから、帰宅部だったヒロシはダイエットを決意して格闘技を始めたそうだ。
んで、近所の道場に行ったんだが、そこで人生を変えるようなことが起こったらしい。


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:05:47.99 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシ曰く、そこは地獄であったけど、同時にいい経験だった。だそうだ。
髪のチャラいヒロシは上の先輩がたから、しごきにしごかれて完全にDQN特有のいばった態度を折られたそうだ。
まぁ、ピザなDQNよりもガチな格闘家の方が強いに決まってるからな。
でもヒロシは美咲が当時、ヒロシに対して冷たくなり始めてて、でも優しいから振らないでヒロシが
愛想を尽かすまで付き合ってくれていると女友達から聞いていたらしい。だから、美咲の為に
今までのチャラい自分を捨てて、心を入れ替えようと思って、必死に続けたそうだ。

高校にいる間は、あぁまぁ痩せてきたねって印象しか無かったがが、卒業後にも通い続けて
練習日数やトレーニングとかもするようになってきてから、本格的に変わり始めたらしい。


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:06:30.08

ほうほう


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:09:29.06 ID:Bd4RGXqq0

大学入る頃にはたぷたぷだった体が、チョコレートみたいな腹筋と球みたいな胸筋に覆われて、
更に半年後には脂肪もほぼ消えて、ガチで格闘家の体に変わってたらしい。
人の体って鍛錬すればこんなに変わるもんなんだなって言ってた。たしかに、Yシャツから覗く筋肉はすごかった。
というか、体を鍛えると顔も変わるっていうのは本当。ニキビぽつぽつでツリ目だった顔が
彫りの深いダンディーなイケメンに変わってるんだもの。人相って大事だと思ったよ。

んで、高校で道場に入ってから、痩せ始めてきて美咲の態度もじょじょに戻ってきたらしい。
まぁ相変わらず見た目はDQNだったが。で、ある日美咲がヒロシにお願いしたいことがあると言ってきたらしい。


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:13:45.69 ID:Bd4RGXqq0

美咲「ヒロシ君はまっすぐで努力できる人だと思う。だから、私のお願いを一つだけ聞いて欲しいの。」
と言われ、どんなことでもするよ!美咲の為なら!とヒロシは意気込んだそうだ。
それで言われたのが
美咲「お父さんに会わせても恥ずかしくない人になってほしい、私のお父さんが写真でヒロシ君を見て
別れなさいって言われたの。こんな奴と付き合うな、って。お前のことを自分の物にしたいだけの奴だと思うぞって言われたの。」
と半なきで、ぽつりぽつりと言葉を選ぶようにそんな感じのことを言われたらしい。
高3の時だったが、美咲と同じ大学に行くために勉強を頑張ってたヒロシは、かなりショックを受けたそうだ。


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:14:16.91

他人の恋愛話を着々と書き連ねる>>1の精神状態がどうなっているのか覗いてみたい


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:23:52.28 ID:Bd4RGXqq0

>>30
俺は今はヒロシと美咲、どっちとも仲良しだぜw
2ちゃんねるに書いていいか?と言ったら、どうぞと言ってくれた。ちなみに俺は彼女いないんだがな!ははは!


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:17:17.10 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシ「それって、俺の見た目のことか?」
美咲「それもあるかもしれない。でも私は気にしてないよ。」
ヒロシ「分かった。じゃあ、美咲を参考にするよ。それでどうかな」
ということで、ヒロシは美咲の好きな本や映画、場所、趣味まで何でも合わせてみることにしたらしい。
まず本をあまり読まなかったヒロシは、美咲の好きな小説を読むことから始めた。
最初は美咲の為に読んでる、というつもりだったが、だんだん本当に本を読む面白さが分かってきた。
それからは、自分から色んな本を読むようになり、いつの間にか美咲よりも読むようになってたそうだw
映画も、流行りの映画をちょいちょい見る程度だったのが、本を沢山読むようになってから
昔の洋画とか、そういうストーリーの難しい(と当時は思っていた)映画が好きになっていったらしい。

でまぁ、映画とか本の趣味が美咲に近くなってきてから、DQN仲間とつるんでても 
前とは違ってもっと面白く話せたり、相談されたりすることが多くなったらしい。 
お前、なんか変わったなとはよく言われたが、美咲のおかげだと感謝していたそうだ。 
受験の後は、髪型も服の趣味も変わったらしい。その理由が、美咲が誕生日に 
ブランド物の(アルマーニ)シャツをくれて、それに合う服装とか髪型を必死に目指したからだそうだw 
美咲に勉強を教えてもらいながら、なんとか大学に入れたヒロシは、その後にお父さんに挨拶しに行った。 


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:21:03.43

wktk


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:27:24.99 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシ「娘さんとお付き合いさせて頂いてるヒロシです」
父「え!?君がヒロシ君?あぁ、娘からあまり話は聞かなかったが、印象とはずいぶん違う男なんだなぁ。
なんだか俺は勘違いしてたのかもしれない。実に好青年で男前じゃないか。娘をよろしく頼むぞ。」
とまで言われたらしいw(まぁ本人も冗談ぽく言ってたが、今のヒロシなら納得できる)
ちなみにヒロシの見た目は、阿部寛とかその系統に近い感じ。ホストっぽいイケメンよりも、外人っぽい感じだなw

で、回想はここまでで、ここからは俺がヒロシに色々質問していったこと


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:31:19.22 ID:Bd4RGXqq0

俺「当時のお前のせいで、美咲ちゃんもチャラくなっちゃうかと思ってたよw」

ヒロシ「あぁ、そう思ってる人も多かったと思う。でも、美咲自身が自分の意見や考え、信念を持っている上に
両親もすごく良い人だったから、躾とか教養とかそういうのが俺に不釣り合いなほど備わっているってのは当時から気づいてたね。
なんというか、貴族の農民の息子が付き合ってる感覚ってあんな感じなんだろうなって思ってたよw」

俺「よくお前も変われたなぁ。これも愛の力か・・・」

ヒロシ「いやいや、ほんと俺は運が良かったと思う。」

後日、俺はヒロシに誘われて俺とヒロシと美咲ちゃんの3人で遊ぶことになった。


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:30:10.58

このスレほとんど主しかレスしてないw


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:36:35.78 ID:Bd4RGXqq0

>>37
まぁお前らがあんまり「清楚な子はDQNと付き合うな!失望だ!」って言うから
こんな良い話があるんだぜってことで、建てたスレなんだw

待ち合わせ場所に行くと、20分ぐらい早めに着いたのにもう二人ともいた。なんだこいつら、と思ったわw
俺「早いな、いつからいた?」
二人「10分ぐらい前に来たよ。待ち合わせの30分前に来るように心がけてるんだw」
俺「俺、遅刻したってことになってないよな?w」

という訳で、飯を食うことになった。おしゃれなイタリアンの店に行ったが、
俺は彼女とこういう店よりもラーメン屋とかの方がいい人間なので、なるべく悟られないようにはしていたが
内心ドキドキワクワクという感じだった。我ながらださかったと思う。


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:40:03.18 ID:Bd4RGXqq0

二人がワインを頼んだので、俺もそれでとオーダー。
二人がカプレーゼとかモッツァレラとかそういうの頼んだから俺はガーリックトースト。
二人がスパゲッティとピザ頼んだが、雰囲気的にナポリタンは無さそうなので同じ奴を。
二人がアイスに珈琲かけて食い始めて美味しそうだったから俺も食べたくなって頼んだ。

なんというか、居心地は悪くないんだが、ただ恥ずかしかった。
俺がなんだか低級市民に思えるような時間だったよwww

その後はバーに寄った。


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:41:08.61

俺はみてるぞ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:42:47.51

俺も見とる


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:46:02.11 ID:Bd4RGXqq0

んでバーでは二人が良く解らんカクテルを頼み始めて
カシスオレンジしか飲んだことない俺は無駄にかっこつけて
ドライ・マティーニ。とびきりドライで、とそれっぽく頼んだ。
美咲ちゃんが「あらw」と意味深に笑ったが、俺は気にしないようにした。

んで出された初めてのドライマティーニは辛すぎて死ぬかと思った。
なんかヒロシに今にも「坊やはミルクでも飲んでな」って言われそうだったので
俺は涼しい顔で飲んでたが、素直にカシスオレンジにしときゃ良かったと後悔してる。



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:50:51.53 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシ「じゃ次の店に行こうか」
ほえ?もうジンで肝臓が溶けちゃいそうな俺は内心ヒヤっとしたが
美咲ちゃんが「うん」と可愛く頷いたのを見て、悪酔いは避けられたw

俺「ヒロシ金持ってんだなーw」
ヒロシ「いやいや美咲が金持ちだから全部奢ってくれるのさ」
俺「え!?ほんとかよ!」
美咲「嘘ですよ、ユウ君(俺)。ヒロシ君のお父さんは社長だから、
御曹司のヒロシ君はお小遣いを使い切れなくて困ってるんだと思いますw」
とくすくす言ったが、俺はフリーズ。windowsもビックリなくらいに。

俺「お前の親社長なの!?はぁ!?」
ヒロシ「知らなかったのかい。でも誰にも言ってなかったからな・・・」

ここは少女漫画の世界だろうか、いや現実だ。


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:54:21.09

俺もちょっとは頑張ってみようかと思ったけど>>47見てその考えが吹っ飛んだ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:53:10.58

何でだろうな爆発してもいいレベルなのにニヤニヤ見れるのは


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:54:08.12 ID:Bd4RGXqq0

てか御曹司って実在するんだなwww

ヒロシ「小学校からずっと、親がどっちも家にいなくて
いつもお手伝いさんが俺の面倒見てたけど、荒れてたよ、あの時はほんと・・・」

美咲「今も荒れてるでしょ?w」

ヒロシ「おいこいつ酔ってきたぞ、お前連れて帰れw」

俺「いやいやいやいやいや困ります、困ります」

美咲「連れて帰りますか?ふふw」

ほんと勘弁してください、マジで。二人して俺をいじめてきた。


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:56:51.42 ID:Bd4RGXqq0

美咲ちゃんは風に当たってくると言って、外に出たので
俺はヒロシと二人きりになった。

俺「お前は浮気とかしたことないのか?w」

ヒロシ「無いなぁ。初めて好きになったのが美咲で、それ以来ずっと好きっぱなしかなw」

俺「え?じゃあ美咲ちゃんとしか付き合ったことないのか?」

ヒロシ「あぁ」

俺「中学からだから・・・えーと・・・わお」

俺「かくいう私は童貞でね」

ヒロシ「wwww 俺もだよw」

その時、たぶんその日3度目ぐらいの俺フリーズ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 21:58:59.87 ID:Bd4RGXqq0

俺「お前、その、アレなのか?美咲ちゃんとは・・・なのか?ん?」

ヒロシ「ははw 実は、高校の時にお互い結婚するまでしないどこうって決めたんだ。
だからそれ以来、キスぐらいしかしてないな。」

俺「・・・お前、本物だよ・・・。」
もう俺は何も言うことができなかった。近いうちに風俗で
オネーチャンに童貞奪ってもらおうとか思ってたのが情けなくなったわw

でも酔ってたお陰で、ヒロシはファーストキスの時のことを語ってくれた。


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:00:19.99

ヒロシイケメン過ぎだろ・・・
太ってないのにブサメンな俺オワタ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:01:29.61

死にたい


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:03:14.97

いい機会だし変わろうかな自分も


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:03:16.28 ID:Bd4RGXqq0

高2の時に、ヒロシがお父さんに付き合って3年目になる彼女がいると打ち明けたらしい。
じゃあこれで旅行でも行ってこいと5万渡されたらしい。爆発しろ。

それで、美咲ちゃんを誘って旅行に行ったらしい。
冬休みで、スキー場のあるところのロッジみたいなのに宿泊して
2泊3日過ごしたらしい。うん、俺なら正直セクロスしか連想できんw
でも美咲ちゃんとは事前に結婚後と約束してたから、ヒロシは
これでファーストキスできる!という風にわくわくしてたらしい。純朴すぎる。



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:07:05.61 ID:Bd4RGXqq0

で、夜になって外も吹雪いてたから暖炉の前で
ソファに座りながら本を読んでたら、美咲がシャワーから上がってきて
キャミソール姿で出てきたらしい。鎖骨のところにいくつかホクロがあって
あの時は流石にやばかったねとヒロシは言ってたが、俺は既に20分くらい前から
下半身がやばいです先生って感じだった。

ただ、風呂に入る時に自分の体見て、まだこんな体じゃ美咲の前では
裸にはなれんなぁと諦められたらしい。それから筋トレとかをするようになったらしい。

で、夜中まで二人でテレビを見ながらおしゃべりして
チェッカーをして過ごしたらしい。チェッカーだぜ?お前らするか?チェッカーなんてwww
こう、トランプとかUNOとかポケモンしろよ高校生はよwww


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:10:26.63 ID:Bd4RGXqq0

で、チェッカーに飽きてきたころ、美咲がある提案をしてきた。
美咲「もし私が勝ったら、私のお願い聞いてほしいんだけど・・・」
と言ってきた。でも、そこまでヒロシが全勝だった。
DQNだったヒロシもいつの間にかチェッカーを覚えて、しかも強くなったのか・・・と思った。

ヒロシ「じゃあ俺が勝ったら、美咲のお願いを聞かせて。」
美咲「それじゃあ意味無いじゃん。」
ヒロシ「聞くだけ。俺のお願いも聞いてもらうぞ。」
美咲「えぇ・・・」

と不服そうだったが、ヒロシは手加減することなく美咲をうち負かしたらしいw


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:12:47.71 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシ「ほら、聞かせろよ。まぁ聞くだけどなw」
と余裕そうに構えていた。どうせ、吹雪の外に出ろとか
そういう罰ゲームだと思ってたし、聞いたらその罰ゲームを
逆に美咲に命じてやろうと考えていたらしい。

でも、いつまで経っても美咲は何も言わない。
うつむいて恥ずかしそうに黙ってる。なんかヒロシまで緊張してきたらしい。

ヒロシ「・・・言えよ、聞くだけだから。」

しかし言わない。よほど無理なお願いをしようとしてたのか。
あれ?もしかして手加減しなかったから怒ってる?とか色々考えたらしいw


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:15:36.88 ID:Bd4RGXqq0

美咲「・・・してほしかった」

ヒロシ「え、何?」

美咲「もう言わない。」

ヒロシ「いや、言えよ!!w」

美咲「言わない!!ばか!!!!」

といきなり怒られたそうだが、ヒロシはかすかに
キスという単語が聞こえたから、ほんとは恥ずかしくて聞き取れなかった振りをしたらしい。
で、勇気を振り絞って自分から「俺のお願いはー・・・んーそうだな、キスかな!ははは!」
とさらっと言ってやったそうだ。でも声は震えてたそうなw


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:17:36.40 ID:Bd4RGXqq0

ここまで聞いて俺の顔はまさにこんな感じ→ XD
アメリカの顔文字みたいな顔してたわほんとw

ヒロシ「という感じだ、満足だろ?w」

俺「いやいやもっと臨場感たっぷりに頼むよ。」

ヒロシ「いやこれ以上は・・・」

俺「なんだよ、酒が足りないのか?おら、もっとじゃー」

ヒロシ「はははw」

結局ヒロシが奢ってくれました。


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:19:09.82

ヒロシかっこよすぎるっおおおおwwwww

対して>>1は…はぁ。。。


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:23:10.90 ID:Bd4RGXqq0

>>69
うるせえぞww後日談があるからもうちょっと聞いてくれw

ヒロシの財布がかっこよかった。
俺「ふ、いい財布だな。俺のポーターと交換してやってもいいぞw」

ヒロシ「wwww」

ヒロシ「これ、美咲のプレゼントだからあげられないなぁw」

俺「真っ黒な折り畳み財布とはいい趣味してるじゃねえか」
と財布を手にとってみると、真っ黒地にはじっこに文字が。
”louis vuitton” ・・・ん?ルイズ・ブイットン・・・?
俺は黙って財布をヒロシに渡し、ポーターのバリバリ財布をそっとポケットに隠した。

その後、また3人で夜の街に繰り出した。まぁ俺は夜に街に繰り出すのは初めてなんですけどね



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:28:07.31 ID:Bd4RGXqq0

俺「ゲーセンいきてえなゲーセンww」
内心、こいつらなら普段ゲーセンとか行かないだろうから
俺が色々主導権握れるだろwと思ってた。

俺「湾岸やろうぜ湾岸ww勝った方がアイス奢りなwww」

ヒロシ「やれやれ、いいよw」

とヒロシはカードケースからカードを取り出した。ん?なにそれ?クレジットカードじゃ
ゲームは遊べませんよwwと思ってたら、湾岸ミッドナイトのゲームのカードだった。
正直逃げたかったが、俺はオートマ設定でハンドルをぐりぐりしながら苦闘し
ヒロシはマニュアル操作でまるで熟練ドライバーのような運転で俺を撃墜。
というかこいつ元DQNだからゲーセンとか余裕だよな、冷静に考えて。と思った頃には
俺は二人にアイスを購入していた。なんかいつの間に俺のヘタレ自慢になってる・・・

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:25:08.70 
>>1がどんな経緯で二人と仲良くなったか気になる 

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:33:19.90 ID:Bd4RGXqq0
>>74 

同窓会の後、ヒロシが俺に二次会に出ないなら 
美咲とこれから帰る予定だったから、俺の部屋に遊びに来るかと誘われ 
ほいほい着いていった。美咲ちゃんは途中でヒロシからタクシー代を受け取って帰り 
俺は帰り道でヒロシとおしゃべりしつつ、ゲオの前を通った時に 
「お前ん家ゲームとかある?」と聞くと、「あぁ、無いなぁ。なんか買っていこうか。」 
と「ちょっと醤油買うか」ぐらいのノリでPS3とゲームソフト数本を購入しやがって 
それで俺が完全に惚れて、それから毎日のように遊んでたら仲良くなったw


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:34:05.46

元々良かったわけじゃないのね


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:42:27.15 ID:Bd4RGXqq0

>>78

俺の予想ではヒロシはきっと思春期独特のアレでヤンチャしてて
根は真面目でいい奴なんだということだと思う。まぁDQNだった頃を含めても
余りあるくらい今のヒロシはイケメンだから俺は何も言えねぇww 


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:36:47.43

こんな人間いるのか


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:37:47.87 ID:Bd4RGXqq0

まぁ3人で遊んだ後日に、美咲ちゃんとメアドを交換してたから
お礼のメールをしたのだが、可愛らしい文章の最後にbyヒロシと書かれてて
こいつらいつでも一緒なのかよ、ラブラブなのかよ、畜生と思われたw

ちょくちょくヒロシの家にPS3しに行ったりしてた。

ちなみにヒロシは一人で一軒家に住んでる。
親が家を3つ持っていて、ヒロシが大きくなった時に
不自由無いようにと用意してあったらしい。チートすぎて笑ったね。
もう一つは祖父祖母専用の家らしいからちらっと寄ったが、豪邸だった。
日本庭園ある家って実在するんだぜwwww

で、3人でまた遊ぶことになって誘われたんだが 
どうして俺を誘うんだ?二人で遊べばいいじゃないかと言った。 
ヒロシ曰く、美咲ちゃんは俺が面白いらしいから一緒に遊んで 
もっと仲良くなりたい、だそうだ。普通なら略奪フラグktkrと思うはずだが 
この場合は美咲様にお近づきにならせて頂けるフラグktkrと自分でもびっくりなくらい謙虚な気持ちになれたw  


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:39:10.53

美咲ちゃんの人を見る目も相当だな


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:49:13.88 ID:Bd4RGXqq0

ここからは

・クリスマスに俺と美咲ちゃん二人で会って
ヒロシ登場してやべえ殺されると思いきやイケメン対応されて濡れる話



・お正月に3人でまったり過ごして終わり
かと思いきや俺の貞操に新展開

の二本立てでいかしてもらうわ


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:53:15.14 ID:Bd4RGXqq0

3人で遊んだ終わりに、美咲ちゃんが何と俺を遊びに誘ってくれた。
美咲「明後日、二人で遊びませんか?面白いところあるんですよw」

お、おう。いいのか・・?ん、明後日って24日じゃね?
おいおいおいおいそれはマズいだろ、マズいが・・・断ったら悪いしなぁ。
とりあえず俺も自制心というものはあるから、きっと大丈夫だろう。
ここはOKしとくか・・・うん、許せヒロシ。裏切る訳ではないのだぞ。
美咲ちゃんが誘ってきたのだから、これは、しょうがない、そうだ、しょうがないのだ。

と自分に言い聞かせて、OKした。


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 22:59:58.95 ID:Bd4RGXqq0

待ち合わせ場所のイルミネーション前に30分前に俺は着いていた。
すぐに美咲ちゃんも来た。隣を歩いていいのか申し訳ないくらいに綺麗だった。

俺「いやぁ相変わらず早いねwどこに行きましょうか」

美咲「んー・・・私、アニメイトに行ってみたいんですけど俺さん案内してくれませんか?」

HEY、ヒロシが何吹き込んだか知らんが俺はメロンブックス常連であって
アニメイトはついでに寄るだけだと・・・まぁいい。

俺は美咲ちゃんをアニメイトに案内することになった。


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:04:04.88 ID:Bd4RGXqq0

こう、クリスマスイブに美人連れてアニメイトに行くなんて
一生に一度あるか無いかだろwww

BLコーナーとかエロコーナーを避けるようにしながら
適当に案内して、お土産に美咲ちゃんにけいおんのストラップ買ってあげた。
で、その後ブランドショップを廻った。ナチュラルすぎてついてけなかった。

お連れ様とかそんな風に店員に対応されたの初めてだわwww
流石にそこで払えるほどの金は俺には無いと言うと、笑ってくれた。

んで、ここで着信が。


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:06:51.87 ID:Bd4RGXqq0

ヒロシからだった。別にそんな後ろめたい気持ちは無いのに冷や汗がぶわっと出た。
とりあえず出た。

ヒロシ「今どこだ?」

俺「あ・・・いや・・・う・・・・」

ヒロシ「ん?一人?」

俺「いや・・・、み・・・美咲さんと・・・います」

あぁ死んだなと思った。あいつ格闘家だぞ。なんか涙出そうになってた。
もうね、足とかぶるぶる。言葉も震えてた。ほんと終わったと思った。

ヒロシ「あぁ、悪い悪いw楽しんでくれw また後でな~」

と電話が切れた。


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:13:39.46 ID:Bd4RGXqq0

俺「あの・・・ヒロシから電話きたんですけど・・・」

と恐る恐る美咲ちゃんに打ち明ける俺。

美咲「あら、ヒロシにケーキでも買っていってあげようかなw」

もう俺は混乱してた。と同時に、あぁこの二人は俺の思ってる以上に
クリスマスに飽きてるのかと思った。
だって、クリスマスってカップルかまたはこれからそうなるであろう二人が
ごにょごにょして性なる夜をって、悲しくなってきたわww

この二人は世間の流れに囚われない、なんというかまぁ
そういう人種なんだろうなと思ったね。というわけで、結局このあと
ヒロシの家に行って3人でケーキ食べてPS3した。
ヒロシは買ったPS3がおもしろすぎて、1日中やってたらしいw


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:19:48.63 ID:Bd4RGXqq0

俺「美咲さん、俺にいい女の子紹介してくださいよw」

ゲームしてる時に俺が冗談半分言ったら

美咲「そうだねぇ、俺さんになら紹介出来ると思う!」
と前向きな回答を得られた。ぶっちゃけ俺は美咲ちゃん特有の
「あららうふふ」的な上品な笑いで流されると思ってただけにびっくり。

ヒロシも片手間にゲームしながら
「俺にも紹介してくれよw あ、髪下ろし律ちゃんは俺の嫁な」
と口を挟んできた。俺とつるむようになってから、ヒロシに
悪影響を与えてるようなきがしたが、気にしないことにした。


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:24:56.90 ID:Bd4RGXqq0

正月は3人で年越そうぜというヒロシのお誘いが来たので
またしても家にお邪魔することに。

前まで小説が並べてあった本棚にアニメのBDが並んでた・・・。
相変わらず金持ってんだなーと思った。

俺がゲームを進めてる間、二人はチェッカーとかしてて
蚊帳の外っぽかったが、その後は池上彰の番組見てた。

ヒロシが席を立って、お酒を取ってきた。
俺、ホストクラブとキャバクラにしか無いと思ってたよ。ドンペリって。


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:30:09.06 ID:Bd4RGXqq0

というか、ドンペリってシャンパンだったんだなwww
美咲ちゃんがフルーツの盛り合わせを切ってくれて
それをつまみに飲んだ。俺の人生で一番贅沢な年越しであっただろうw

で12時過ぎぐらいに、二人の携帯がブーブー鳴り出した。
というか、ずっと鳴ってる。止まっては鳴り、止まっては鳴りを繰り返してる。
俺の携帯は沈黙を守っていた。別に友達いないとかじゃないんだよ。電波が・・・うん
電波が悪いんだ、と思いながらも、俺はそっと携帯の電源を切った。

美咲「初詣でこの間紹介するって言ってた子が俺君と会うってw」

俺「・・・!?」

ヒロシ「おお、よかったなw」

あーマジつれーわー実質睡眠時間0時間だわー、っつれー
という状態のまま俺は初詣に行く準備をした。


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:34:41.33

俺もそんな友人が欲しい


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:42:21.00 ID:Bd4RGXqq0

初詣で大きい神社に行くのは久々すぎる。
普通に鳥居くぐろうとしたら、二人ともお辞儀しだした。
俺も慌ててお辞儀した。後で知ったんだが、二人がいちいち
手を洗ったりしてたのは初詣の参拝の作法だったんだなww

で、そこでボブヘアーのまぁ名前はボブでいいか。
ボブと出会ったんだが、ここからはもうヒロシと美咲は
あんまり関係無くなってくるから終わりにしようかな。

俺が話したかったのはあくまでヒロシのイケメン具合と
美咲ちゃんの良い子具合だったからw


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:43:31.75

どこまでが実話なんだ?


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/09(日) 23:44:57.49 ID:Bd4RGXqq0

>>113

ヒロシから聞いた話はなんとも言えんが、
他のエピソードは実話だぜw


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:01:53.99 ID:F5NP8lmj0

分かった、ボブの話だがまぁ続けてさせて頂こうw

ボブはお賽銭入れるとこに腕組んで立ってた。
顔は普通に可愛かった。美人の友達は美人なんだな。
俺も出来る限りお洒落してたが、なんというか隣にヒロシがいるから
俺の存在は5倍ぐらい薄められていた気がするw

ボブ「ん、あけましておめでとう、ヒロシ」

ヒロシ「おう、あけおめ!」

ボブ「美咲、この人?」

美咲「そうだよ!^^」

ヒロシ「^^」

俺「^^」

ボブ「^^;」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:07:44.57 ID:F5NP8lmj0

ヒロシ「まぁ、ボブはなんというか初対面の相手には冷たいかもしれないけど
そういう奴なんだよ、根はいい奴だよ。うんw」

俺「よ、よろしく・・・」

ボブ「・・・」

ボブしゃべらねEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
三次元のジト目ってこれのことか。

ボブ「美咲はまた個性的な人と友達になったんだね」

美咲「いやぁ中高一緒だったんだよ、久々に会って仲良くなったのw」

ボブ「へぇ」

一同「・・・」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:16:11.61 ID:F5NP8lmj0

ボブ「・・・はぁ」

意味深なため息をつくボブ。なるほど俺がお気に召さなかったか・・・。
しかしヒロシはイケメンなので状況を打開しようとしてくれた。

ヒロシ「4人でこれからどっか行こうか!」

ボブ「ヒロシと美咲来るならいいけど」

俺「^^;;;;;」

どうでもいいが美咲ちゃんのエルメスのバッグに俺のあげた
あずにゃんがついてて感動した。


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:22:04.50 ID:F5NP8lmj0

移動中、ヒロシがこっそり耳打ちしてきた。
ヒロシ「いやぁボブは顔は可愛いし、仲いい奴にはすごく良い奴に見えるんだが
初対面でああだから男が寄り付かないし、新しい女友達もいないんだわ・・・。」

俺「でしょうね」半分すねてる。

ヒロシ「でもお前ならどうにかできるかと」

俺「ねーよwwww」

ボブ「聞こえてます」

ヒロシ俺「すいません」

美咲ちゃんはボブにあずにゃん自慢してた。可愛いでしょーって。俺美咲ちゃんがいい


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:29:57.64 ID:F5NP8lmj0

ヒロシ「よし、カラオケでも行くか!」

ボブ「カラオケはちょっと」

ヒロシ「じゃゲーセン!」

ボブ「うるさいからあそこ・・・」

ヒロシ「OKビリヤードだ」

なんかヒロシが健気すぎて泣けてくる。
が、俺もここまでされると逆にこの子と仲良くなろうと
頑張れる気になってきたぞ!と自分に言い聞かせた。

美咲ちゃんがあんまりあずにゃんあずにゃん言ってたらボブが「私は興味ない。それ」とあしらいやがった


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:36:00.45 ID:F5NP8lmj0

ビリヤードバーに行くと、どうやらボブの知り合いらしき人がいた。
めっちゃテニス選手のファン・カルロス・フェレーロに似てた。(分からない人はググってくれ)
どうしてこう長身のイケメンばかり集まってくるのか理解できなかった。
まぁ俺も178あるから目立つことはないが、なんか・・・うん。

カルロス「うーす」

ボブ「あ!カルロス!!やば、また身長伸びた!?」

カルロス「まさかw みんなは初詣帰り?」

ヒロシ「まぁそんなとこ。こいつに男紹介してやろうと思ってねw」

と俺の方を見てきたので、俺はジムキャリーみたいに微笑んだ。
カルロス「台2つ空いてるから分かれてやろうよ。」

どうやらカルロスは趣味でビリヤードをほぼ毎日しに来てるらしく一人だった。
というか、ボブが何も言わずにカルロスの台に行きやがった。


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:42:59.29 ID:F5NP8lmj0

てかさっきとボブのテンション明らかに違うぞ。
そしてカルロスぱねえビリヤードうますぎワロタ
しかもヒロシも普通に上手いというね
俺のアピールポイントが0だよほんとに

ヒロシと美咲ちゃん、俺ボブカルロスという配分で
ビリヤードをしたが、テーブルの向い側にずっと
ボブとカルロスがいて、○○
          ━━━━
            俺

こんな感じだった。美咲ちゃんはヒロシにやり方を
手取り足取り教えてもらってる。とりあえず俺にもやり方教えてください。

ボブ「美咲、この人何が得意なの?」

俺に直接聞けよ・・・


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:48:26.86 ID:F5NP8lmj0

美咲「んー・・・」
美咲ちゃんも言葉に詰まってる。俺\(^o^)/

ヒロシ「あぁこいつゲームうめえんだよ!PS3のゲーム進めてもらってるんだ、
ほんとすげえよ感動するから!な!w」

悪気は無いであろうその言語が俺を更に悲しくさせた。
が、どうやら思いの外ボブがこれに反応を示した。

ボブ「へぇ。何のゲーム?」

ヒロシ「なんだっけ?コール・オブ・デューティとかだよ!」

ボブ「!」

おや?ボブの様子が・・・?


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:50:48.36

おめでとう!
ボブはサップに進化した!


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:51:08.38

FPSプレイヤーかよ


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:53:17.01 ID:F5NP8lmj0

これはチャンスだとばかりに俺は頑張って話しかける。
童貞ではあるが女と話すことぐらい出来るんだぞ。

俺「知ってるんすか?」

ボブ「うん」
うわカルロスの時と比べて冷てぇ・・・と思ったがめげない。

俺「結構ゲームとかするの?」

ボブ「うん」

「お前はうんうん星人か!!」と下らないことを言いそうになったが飲み込んだ。

俺「へぇ珍しい!気が合いそうだねw」

ボブ「どうだろうね。私持ってるのXBOXだから。」

\(^o^)/


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:54:23.33

話がうますぎる。現実はもっと厳しいはず……


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 00:56:47.19 ID:F5NP8lmj0

>>158
ヒロシに後日「お前と”趣味は”合いそうなんだよ」
と言われたから、ボブをチョイスしてくれたんだと理解したよw

だが、ビリヤードをしてる場でFPSの話に女の子が乗るのがおかしいわけで。
少し俺と話したあと、またカルロスと話し込むボブ。
結局、その後は解散してボブとはなんとかメアドは交換できた。

俺はメールで攻めていけばきっと突破口が掴めると思った。
が、甘い考えだった。



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:00:25.70 ID:F5NP8lmj0

以下メールのやりとり


初詣の後のビリヤード楽しかったですね
FPSが得意と聞いてびっくりしました
どんな武器使うんですか?

ボブ
FAL


なかなか渋いっすね


そして以降返事こず
女ってもしかして美咲ちゃん以外みんなこうなの?と思ったわww



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:06:11.87 ID:F5NP8lmj0

半ば泣きつくようにヒロシに電話する俺。

俺「もう無理だってあの女ww」

ヒロシ「え?そうかなw趣味合ってるからいけそうだと思ったんだけどw」

俺「メールが1通で切れる女だぞ!どういうことだよ!ww」

ヒロシ「あぁ、ボブはメールが好きじゃないんだよ。」

俺「知らなかったよそんなの」

ヒロシ「美咲に頼んで家で遊ばないかって誘ってみるよ。」

俺「助かる」

いつの間にか俺がボブを落とす流れになってるが、
まだ紹介してもらって友達にすらなれてませんよヒロシさん・・・。


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:13:04.05 ID:F5NP8lmj0

美咲ちゃんの粋な計らいのお陰でボブ・俺・ヒロシ・美咲ちゃんで
ヒロシの家に集まれることになった。まぁ4人で遊ぶなんて
一軒家だからこそできる技ですよね。

ヒロシ「じゃあチーム分けで俺と美咲、ボブとお前が組め!
それでボブお前チームが1回でも倒されたら俺たちの勝ちな!」

美咲「あ!それ面白いかもw」

ボブ「いいよ」

俺「いいのかよ!」

こう、ほんとこういう気遣いができる奴ってほんとイケメンだと思った。


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:19:07.59 ID:F5NP8lmj0

開始と同時に、オプションでパッドの感度をマックス、Y軸を反転させるボブ。
だが、突然グレネードを投げ出した。

ボブ「???」

俺「撃つのはR1だよ」

ボブ「ありがと」

神風のごとくカップルを射殺するボブ。
正直俺後ろについて回ってるだけだったけど、大事なんだよコレ。

結局、ボブ大活躍で完全勝利。ヒロシと美咲がコンビニで
何かお菓子買ってくることになった。そして家に残される俺とボブ。


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:24:32.90 ID:F5NP8lmj0

俺「せっかくだし、対戦しようぜ」

ボブ「うん」

ここまでヒロシと美咲ちゃん相手だったので、リボルバー縛りだった俺は
得意武器をセレクト。ボブはFALじゃない武器を選んだ。
というか、このゲームは沢山遊ばないと武器が解除されないので
FALは解除してなかった。

ボブ「実は、得意武器がFALっていうのは嘘」

ぽつりと言われたので、俺は「お、おう」としか返せなかった。

それ以降ボブは何もしゃべらなかった。そしてゲーム開始。


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:30:31.88 ID:F5NP8lmj0

マップは一番狭いマップを選んだ。
開始と同時に、お互いの位置が画面を見れば分かるので
(というかテレビがでかすぎて片方に分断しても視界的には十分なんだが)
お互いに距離を取って、間合いを維持する。
先にボブがフラッシュグレネードで責めてきた。油断してたので、画面が真っ白に。
気づいた時にはボブにファーストキルを取られてた。

俺「いやぁうめーわーマジ女子とは思えねーわー」

ボブは何も言わない。

2発目は正面からの撃ち合いで俺が負けた。これで負けたら
もうボブとのフラグは無さそうな予感がした。
せめてゲームだけは譲れないという俺のプライドがあったからw


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:34:22.70 ID:F5NP8lmj0

俺「得意武器FALじゃないって、ほんとは何?」

ボブ「普通に考えて、FALな訳ないじゃん。」

ちなみにこのFALという武器は、ボタン1回押すにつき
弾が一発出るような武器で、玄人向きすぎて普通はあまり使わない武器。
ボタンおしっぱで弾出る武器のほうが全然使いやすいからな。てかFAL以外ほぼそれ。

僕「じゃどうしてFAL?w」

ボブ「いや・・・そう言ったほうが面白いかなと思って・・・」

ボブの喋り方の変化に戸惑ってまた1キル取られた俺。
あぶねえあぶねえ女はこういう戦法もあるのかと思ったわ。
とりあえず10キル先取で勝ちだったからこの3キルは相当痛いかった。


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:40:47.75 ID:F5NP8lmj0

俺「ちょっとオプション変更させて」

ボブ「うん、いいよ」

そして、感度をマックスにしてY軸反転にする俺。

俺「奇遇だな、俺も感度はマックスなんだわ」

そこからは無言で俺が連続10キルした。弾が切れたら
ボブの銃を拾い、倒したらまた拾いを繰り返した。
女子供でも容赦しねえんだよ俺はよwwwww

俺「ふぅ~久々に燃えたわ。楽しかったぞ」

ボブ「・・・」

俺「元気出せってw」

ボブ「もう1回」

もう1戦することになった。


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:43:18.79

>>190
なんというフラグ
ここで初めてフラグがたった


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:42:27.79

急に親しげになったな


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:44:36.48 ID:F5NP8lmj0

また俺が勝って、3戦目に突入しようというところで
ヒロシと美咲ちゃんが帰ってきた。

ヒロシ「ただいま~、お、盛り上がってるね」

ボブ「ほんとに強いね」

俺「まぁな!ゴールデンアイ・CSと育てられてきた俺に死角は無いよw」

ボブ「ゴールデンアイやってたんだ、うちもそれでハマったよ。」

俺「いやぁ偉大だねゴールデンアイは。XBOXではどんなゲームするの?」

ボブ「FPSもするけど、オブリビオンとかも好きだよ」

俺「あー!それはいい趣味してるね。俺は暗殺ばっかりしてたけど」

ボブ「うちはずっと盗賊プレイだったw」

俺「www」

あれ?ボブデレてね・・・?

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:50:27.31 ID:F5NP8lmj0
俺「ボブはヒロシ達と同じ大学?」 

ボブ「んーん、違うよ。ヒロシと同じ道場に通ってたの。」 

俺「!?」 

ヒロシ「そうだよーw」 

空手ガールktkrと思ったね。 
てかじゃあこいつらもフラグ立ってたのか・・・ 
まぁたしかに髪短いしな。 

その後、ヒロシがスパゲッティ作ってくれてご馳走になった。 
ワインを嗜みながらイタリアン・・・なんと優雅な・・・と思っていたが 
ボブがごくごくと飲み干していく。負けた腹いせなのか、これがまたよく飲む。
 

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:52:19.62

んー?ボブはアソコの感度もマックスなのかなー?^^


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:54:45.72

>>202
ボブ「俺のマラは感度ビンビンだぜブラザー。試してみるか?」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 01:55:46.71 ID:F5NP8lmj0

そして酒が入ると、押し黙るようになった。
ヒロシとか美咲は酔うとぺらぺら喋るようになるが
(特に美咲ちゃんの酔った時のジョークは痛快)
逆のパターンのようだった。黙って立ち上がり、ゲームの前に座った。
イスが置いてあるのに、あえてテレビの前で正座してコントローラーを握り
俺の方を振り返り睨みながら

ボブ「・・・もう1戦する」

と断言された。俺も酔いがまわってきていい気分だったので快諾。

俺「感度下げてやろうか?なんなら”FAL”でもいいぜwww」
と挑発すると、ボブが睨んだまま涙目になり始めた。

ボブ「いいから、早くして、悔しい・・・」

OKボブ、俺も本気でいかせてもらうぜ


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:02:48.72 ID:F5NP8lmj0

結局、途中でいい感じになったが俺が勝利した。

ボブ「あとちょっとで勝てそうなのに・・・」

美咲「ちょっと本気出しすぎじゃない~?w」

ヒロシ「罰ゲーム設定しようぜw 見てる分には楽しいわw」

ボブ「!」

俺「ははw でもどうせ俺勝つからいいよw」

ボブ「じゃあうち勝ったら、アレと同じの買って」

とボブが美咲ちゃんのあずにゃんを指さした。

俺「え?興味無いんだろ?w」

ボブ「あずにゃんに興味が無いのであって、律が好きなの」

ヒロシ「おいマジかよ、律は俺の嫁だぞ」

美咲「ちょっとヒロシ」

俺「分かった、買ってやるからw」
そしてラストバトルが始まった。


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:10:54.09 ID:F5NP8lmj0

マップの形状は丸めで、中央に隠れたり狙撃できる建物がある。
が、狭いのでスナイパーよりはSMGとかを持ってうろつくのが向いている。
お互い開始地点は離れているが、少し移動すれば射程距離に入るので
慎重に間合いを詰めながらも、チャンスを伺って一気に攻めなくてはいけない。

俺はまずスモークを張って一気に近づく。ほぼ勘で煙の中から
二丁拳銃で連射。木々の間から俺が来るのは予想できるが、どの木か判断するのが
難しいのを予測した上でまずは1キル稼ぐ。

ボブがスナイパーライフルに持ち替えた。今まで使ってこなかった武器だ。
とすると、狙撃ポイントに向かうと俺は読んでクレイモアを用意しておく。
先に建物に入れば待ち伏せもできると思ったからだ。

だが、甘かった。窓からセムテックス爆弾を投げ入れられて、爆発。
クレイモアごと吹っ飛んだ。これでお互い1-1。

そこから激しく攻防が続いて、俺7ボブ6まで差を縮められた。


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:15:16.97 ID:F5NP8lmj0

俺「さっきより調子いいじゃないかw」

ボブ「うるさい」

スナイパーでスコープを覗いた瞬間にキルされた。
いわゆるクイックショットってやつだが、まぐれか?
おまけにヘッドショットだった。いや、気のせいだろう。

だが、高原からボブの体が見えて武器を構えた瞬間にまたクイックショットされた。

美咲「今のすごい!どうやったの!?」

ヒロシ「自衛隊なら誰でも出来るよ」

俺「ねーよwww」

余裕そうに振舞っていたが、7-8で越されてる上に相手はクイックショットを
2連続で成功させてる。偶然とは思えない。コントローラーが冷や汗で滲んだ。


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:24:50.19 ID:F5NP8lmj0

ボブ「ふふ~、本気出せばぁ?w」

なんか甘い声を出してきたような気がするがシカトした。
ボブがスナイパーライフルを構えて建物の中に入っていった。
俺はRPGに持ち替える。建物のガラス張りの2階に向かって
RPGを構えた瞬間、ガラスが突き破られた。
自分でナイフでガラスを割り、飛び出したのだ。俺は慌てて武器を変えようとするが
着地したボブがスナイパーからハンドガンに切り替える方が早く、背後からキルされた。

これで7-9。次の1キルで俺の負けが確定する。
俺も意地でスナイパーライフルを装備した。クイックショットはまだ練習中だ。
成功するか分からない。クレイモアを移動ルートに設置し、ボブの方へ。
予想外に距離が近く、グレネードを持ったまま移動してきた俺は慌てて後退。
そのまま自爆。だが、近づきすぎたボブも巻き込まれ1キル稼げた。これで8-9。
俺も結構久々にガチでゲームしてた。


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:28:43.58 ID:F5NP8lmj0

だが、最後の最後に遠距離で狙撃され、走って移動してたのにも関わらず
ワンショットキルされ、俺の負け。唸ったわ。

ボブ「やった!やった!♪」

ボブが立ち上がって踊りだした。テンション高杉だろ。
さっきまで正座してたのに、俺に勝ってからふんぞり返るように
ソファに座りだして、口をへの字にしながら命令してきた。

ボブ「さて、女子供に負けた感想はいかがかね?w」

俺「・・・」

というか喋り方変わってるのは気のせいだろうか。

ボブ「約束は守ってもらおう、覚悟したまえw」

俺「OKOK」


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:32:15.38 ID:F5NP8lmj0

その後もう1戦したが、また負けた。
ボブのスナイパーが強すぎる。

俺「意味わかんねぇスナイプうますぎだろ」

ボブ「得意武器だからね」

俺「うわー」

男でも得意武器がスナイパーの奴ってろくな奴じゃねえのに。

で、結局俺はストラップどころか何でも買い物に
付き合ってあげるという何か罰ゲームがグレードアップしたのを気にせずに
昨日ボブとデートしてきた。


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:32:53.41

待てまだ続くのか?


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:37:44.49 ID:F5NP8lmj0

>>231
時系列的には、もうあとは昨日の話しか無いw

メールで手短にボブに8日遊ぼうと誘ったら
4時間ぐらいしてから「いいよ」と返事が来た。
もうフラグビンビン丸だったね。夜中の1時だったけど。

待ち合わせ場所に30分前に言ったが、待ち合わせに30分遅れてボブが来た。
俺「遅いっすね・・・」

ボブ「待つの嫌いだから。」

あれ、冷たいボブに戻ってるよ\(^o^)/

でもボブのニーソックスはなかなか良かった。
とりあえず、これってデートってことでいいよな?と俺wktk


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:46:09.48 ID:F5NP8lmj0

だがデートしてるうちに、ボブが意外と良い子だと気づいた。
まず、食事は俺が払おうとしたらすっと手で財布を止めて割り勘。
俺がずっと道路側を歩いてたのに気づいてたみたいで、別れ際にお礼言われた。
地下鉄で無言で立ち上がって、車両を移動する振りしておばあさんに席譲ったり。
俺の中でボブへの好感度が急上昇していった。

ゲーセンでガンシューしてる時が一番女の子らしかったが
それ以外のときはかなり無愛想だった。

まぁそんな風に過ごして、夕方ぐらいになってディナーを取ることにした。


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:50:28.72

>>240
おまえもボブもいい人そうでよかったわ
もうこのスレ閉じてもいけると確信した

それに比べて人の大切なものをよくしゃあしゃあと・・


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:54:22.29 ID:F5NP8lmj0

ここ最近ずっとヒロシが俺の飯奢ってくれてたので
余裕があったから焼肉屋に行った。

いやぁボブが食うわ飲むわですごかった。

で、帰る頃には10時ぐらいでもう大分遅かった。
なんかこの時間になってくると、ヒロシが恋しくなる。
俺は行きつけのバーなんて無いからなw

とりあえず前に行ったバーに行くことにした。

ドライマティーニは地雷だと分かってたのでカシスオレンジを注文。
ボブはなんかウォッカ割りとか頼んでた。ウォッカって度数高いような・・・。
と思ったころには既にボブは酔っ払ってた。
うつむいて、切なそうな顔をしてる。うーむ、いつもこの顔ならモテそうなのにと思ったねw


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 02:57:23.09 ID:F5NP8lmj0

俺「さて、時間もそろそろ遅いし、このへんで・・・」

ボブ「ねぇ」

俺「イエス、ボブ」

ボブ「そういうがっついてないところ、結構好きかも」

俺「・・・え?w」

ボブ「意外といい人?w」

俺「失礼だなお前、俺は最初からいい人だぞ」

ボブ「www」

すると、ボブが俺の手をとってくれた。まるでキスしろと言わんような目線を向けながら。


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 03:01:56.62 ID:F5NP8lmj0

その時俺の頭の中ではヒロシと一緒に部屋で見た
昔の映画(タイトル失念)のワンシーンを思い出した。
まだ付き合ってない男女の話で、男が去り際に相手の好意を知りながら
そっとおでこにキスするシーン。ヘタレな俺にはそれが限界だった。

顔を近づけると、目を伏せて瞑るボブ。そしておでこの髪をかき分けてキスする俺。
はっとボブが目を開けて、息を漏らした。

ボブ「・・・そっちかw」

俺「こっちが限界です」

ボブ「www」

固まってる俺の肩をぽんぽんと叩いて、ボブは笑顔でまたねと言った。
とりあえず、ボブとは仲良くなれたと思う。闘いから生まれる友情もあるのだな。

とまぁ、ここまでがヒロシとか美咲ちゃんとかボブとか含めたお話だ。
色々俺の話をしてしまったせいで長くなって申し訳ない、付き合ってくれてありがとう!



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 03:03:24.21

乙!


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 03:04:04.09

すげーニヤニヤしながら読んだ
ごちそうさまです


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 03:05:29.52

俺も鍛えよう


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま 2011/01/10(月) 03:07:18.78

そんな友達俺にも欲しいぜ
がんばろう

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯60216
文才ない奴に限って長い
♯60217
作り話乙
動物としての本能には抗えないから
♯60218
当時、これ読んだ時は、いいなぁ羨ましい。続き気になるなぁとか思ってたけど、今さら読み返して見ると完全に嘘松さん。クソやなクソ
♯60219
超大作
♯60220
莉頑律縺ョ繝懊ヶ繧ケ繝ャ
♯60221
莉頑律縺ョ繝懊ヶ繧ケ繝ャ
♯60223
長い
クソ松
三行でかけ
♯60225
ボブを僕にください
♯60228
嘘松でもなんでもいいから、こんな昔のを載せた管理人は責任を持って「続きを載せろ」。

もしくは、書け。
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク