左遷されてきたA「お前ら、俺の前では関西弁で話せ」→ 皆でエセ関西弁を使ってたら、Aがブチ切れ出してwwww てんこもり。


powered by てんこもり。

左遷されてきたA「お前ら、俺の前では関西弁で話せ」→ 皆でエセ関西弁を使ってたら、Aがブチ切れ出してwwww

899: 名無しさん 2014/12/04(木)18:51:44 ID:MOI
最初に……関西弁圏にお住まい、出身のかたごめんなさい
不快かも知れませんのでその場合はスルーしてください


関東にある本社から飛ばされてきた関西出身のA
飛ばされてきた理由は部下に対する横暴な態度のようで
本人はその理由すら理解していないようでした
いち平社員として飛ばさてきたはずのAはここでも横柄でした
口を開けば「俺はエリート」「ここに来たのは視察と指導のため」が口癖のようでした

Aが来て2ヶ月前後、今から半年ほど前になります
社内でちょっとした問題が起こり、Aはたまたま不在で私達だけで収集にあたり、事態は速やかに解決しました
そこにようやくAが…「おうおう、こりゃまたおおごとやで~」と、新喜劇で見たような登場の仕方であらわれました
もともとたいした問題でもないものをさも鬼の首でもとったかのように騒ぎたて、挙げ句「迅速に解決したのも普段の俺の指導のおかげ」

この2ヶ月で蓄積された私たちのイライラもそろそろ限界でした
そこにAの追い打ち、普段の不満をつらつらと愚痴ったあと最後に
「お前ら、今度から俺の前では関西弁で話してもらう」

どう言う流れでそう言われたのか正直よく覚えていませんが、こう言われました
一同呆れかえってぽかんとしてると、同僚のB君が「わかりました、明日からそうさせてもらいます」
私たちさらにぽかーん

しかし当然ながらB君には思惑がありました
Aが帰ったあとにB君から提案された案を私たちは実行することにしました 


900: 名無しさん 2014/12/04(木)18:56:41 ID:MOI

つづき

A「おう、おはようさん」
B君「おはようございますやで」

A「バイトのCは来とらんのか、サボリかい、ガハハ」
Dさん「いえ、Cは休みですやで、サボりじゃありませんよやで」

A「茶入れんかい、ドンくさいな」
私「すみませんやで、すぐ入れますやで」

A「何やおまえら、バカにしとんか!」
B君「関西弁を使えと言ったのはAさんですよやで」
私「私ら全員地元の生まれですんでやで、関西弁詳しくないやでからAさんを参考にさせてもらってますやで」
Eさん「関西弁って面白いですねやでw」

Aのキツい関西弁は文章上に再現しきれませんでしたが、
私達はとにかく語尾に「やで」をつけるだけのエセ関西弁にもなってない言語を彼の前で繰り返すようにしました
当然Aは怒り心頭でした
Aは上司に抗議をしたようですが、上司にはすでに根回し済み
「関西弁がいいと言ったのはAなんだろやで?そっちに合わせてやってるB君達に感謝したらどうだやで?」
と返されたと聞いて爆笑しました

Aは荒れ狂い、本社に報告だの俺が出世したときは~だの言いましたが、飛ばされてきてその理由も理解してないような人は怖くもなんともありません
何か言われる度に「やで」語を繰り返し、
それからAの口数は次第に減り、少なくともこちらの仕事の邪魔をすることはなくなりました
しかし横柄へ横暴な基本的な部分は変わらず、数ヶ月でまた飛ばされて行きました

根本的な解決にはなりませんでしたが、被害は減らせたのでよかったかなと思っています

以上です


901: 名無しさん 2014/12/05(金)03:27:39

いったいどこに飛ばされていったんだろう…
常駐1名の出張所でもどっかの無人島に新設しておいておけばいいのにと思った

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯65002
これはワロタやで
♯65003
嘘木公
♯65004
関西の陰の者だろうな。俺関西の大学だったけどおもろい奴等ほど大阪らしさにこだわりが無かったわ。
♯65006
左遷先に元から居る人達って…
♯65018
わがままかw
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク