【お酒】酒に関する名言 てんこもり。


powered by てんこもり。

【お酒】酒に関する名言

1: 呑んべぇさん 2006/10/28(土) 23:54:50

呑み慣れていない奴を笑っちゃいけない
オマエも通って来た道だ

呑んで体壊した奴を笑っちゃいけない
オマエも行く道だ
4: 呑んべぇさん 2006/10/29(日) 00:14:04 
フランスの交通安全標語  

ビールもワインも2杯まで 

8: 呑んべぇさん 2006/10/29(日) 13:24:36 
「不凍液入荷、ワインに最適」 
もう何年も前になるがガソリンスタンドに出てた看板。 
インパクトありすぎていまだに覚えてる。 

14: 呑んべぇさん 2006/11/01(水) 17:37:09 
『酒は純米 燗ならなお良し』by上原浩 



20: 呑んべぇさん 2006/11/13(月) 20:21:39

地元の有名な地酒ラベルにこんなのあるぞ。
「一盃 人、酒を呑み 三盃 酒、人を呑む」
論語の一節らしーが、最後が
「吾紳に書すべし(私はしっかりと書き留めておこう)」で、商品名「可。」(べし)ですわ。

カッコイイ地酒ですわ。
名古屋周辺ならコンビニやスーパーでも置いてますわ。
フツーに値段以上に旨い酒ですわ。


27: 呑んべぇさん 2006/11/14(火) 18:58:24

一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒人を飲む、三杯は酒人を飲む
(酒は二杯までにしておけ それ以上は己を潰す)


28: 呑んべぇさん 2006/11/14(火) 19:00:49

駆けつけ三杯
(酒の席に遅れてきた者に、罰として続けざまに酒三杯を飲ませ百毒の長としてしまうことを言う。)


31: 呑んべぇさん 2006/11/14(火) 19:18:58

どういうことになるものやら見当のつかない二つの場合がある。
男が初めて酒を飲むとき。女が最後に(今夜きりよ、と)酒を飲むとき。
                                   byO・ヘンリー


40: 呑んべぇさん 2006/12/11(月) 00:21:41

いい酒は朝が知っている


56: 呑んべぇさん 2007/01/08(月) 08:11:16

「わたしが死んだらあの店でギムレットを飲んでくれ。」


58: 呑んべぇさん 2007/01/10(水) 21:47:22

>>56
「ギムレットにはまだ早すぎるね」の本来の意味ですな。


61: 呑んべぇさん 2007/01/17(水) 17:03:48

俺の給料は全部トイレに流してるようなもんだな…
by先輩


65: 呑んべぇさん 2007/02/01(木) 12:35:09

酒は有史以来の人類の友だ。友人を裏切る事は出来ない


69: 呑んべぇさん 2007/03/10(土) 22:07:44

「酒を飲むと死ぬ。
   しかし、酒を飲まなくとも死ぬ」
      イングランドのパブ看板より


238: 呑んべぇさん 2007/11/22(木) 12:01:26

>>69
色々応用できそうだな


72: 呑んべぇさん 2007/03/10(土) 23:47:33

飲んだら乗ろう!
長野中央タクシー


86: 呑んべぇさん 2007/05/01(火) 23:55:11

酒の神バッカスは、海の神ポセイドンより多くの人を溺れさせた。


116: 呑んべぇさん 2007/07/11(水) 20:30:28

>>86
これいいな。今度飲み屋で使ってみよう。w


129: 呑んべぇさん 2007/07/20(金) 18:02:37

酒に関する名詩といえばこれだな

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

于武陵『勧酒』

井伏鱒二の神がかった名訳


147: 呑んべぇさん 2007/08/06(月) 20:33:07

酒は度を超さなければ、人にとってほとんど生命そのものに等しい。 (旧約聖書)


162: 呑んべぇさん 2007/08/21(火) 18:56:45

>>147
なんたって西洋の蒸留酒の起源は“生命の水”「アクア・ヴィタエ」というからな


148: 呑んべぇさん 2007/08/06(月) 20:36:54

酒に害があるのではなく、泥酔する人に罪がある。  - ベンジャミン・フランクリン


201: 呑んべぇさん 2007/10/13(土) 23:22:20

今夜の酒は…荒れそうだ…。

by何かの映画、意味わかんなかった俺、すぐに意味を理解した弟
スゲェ敗北感だったよ…orz


206: 呑んべぇさん 2007/10/14(日) 11:28:52

何れの処か酒を忘れ難き。天涯旧情を話す。
青雲倶(とも)に達せず、白髪逓(たがい)に相驚く。
二十年前に別れ、三千里外に行く。
此時一盞(いっさん)無くんば、何を以ってか平生を叙せん。  白居易

(大意)
何時いかなるところに最も酒が必要になるであろうか。
それは久しく天涯を隔てていた旧友と話す時である。
不幸にして共に栄達を果たさず、互いに白髪となったことを驚き、
二十年前に別れたまま、三千里離れた地で出会ったこの時、
もし一杯の酒がなかったならば、何を以て平生の想いを
慰め合うことができようか。

太宰治の『津軽』に載ってたやつ


210: 呑んべぇさん 2007/10/17(水) 01:11:20

>>206
…なんか……涙でた


213: 呑んべぇさん 2007/10/22(月) 23:08:47

五臓六腑に染み渡る
って、昔の日本酒は燗がメインだったからだなと、まさに熱燗飲みながら思った


230: 呑んべぇさん 2007/11/02(金) 23:16:12

人は酒を否定できない。なぜなら酒はわれわれが産まれる前からあったからだ。
デカルト


243: 呑んべぇさん 2007/12/16(日) 22:17:17

一杯人酒を飲み、
二杯酒酒を飲み、
三杯酒人を飲む。


245: 呑んべぇさん 2007/12/17(月) 13:39:58

>>243
でもさ、それだと2杯目の時点でもう人が居ないんだよね


246: 呑んべぇさん 2007/12/17(月) 13:43:52

比喩だからいいんじゃね? 具体的に何杯飲んだらどうという意味でもないし。

1:酒を飲もう
2:酒だ酒だ
3:酒にやられた


252: 呑んべぇさん 2007/12/17(月) 21:27:00

友人の飲み会での一言
「全然酔ってねえって…だってまだ神様が見えないもん…」

俺の中で名(迷)言。


273: 呑んべぇさん 2007/12/23(日) 17:55:34

飲酒すると人生の楽しみと自由を大きく失う。


274: 呑んべぇさん 2007/12/23(日) 17:58:12

>>273
それは大量飲酒を続けたらだろ。


275: 呑んべぇさん 2007/12/23(日) 18:08:40

>>274 NO

仮に、350ml缶のビールを毎日一本だけ飲み続けてみるとする。
そしてある日、たまたま切らして一缶もなくて飲めないとする。
単に「何か物足りない」気持ちがするだけではなく、
わざわざ買いに行くはずだ(探索行動)。
ほらもう既に自由を失っている。

まぁ、毎日一本だけ飲み続けるというのは間違った仮定だけどね。


317: 呑んべぇさん 2007/12/24(月) 09:34:27

伊藤政則氏の名言
「酒を飲むために酒を我慢する」


350: 呑んべぇさん 2007/12/25(火) 12:12:59

人類が唯一成功した錬金術それこそが
酒であり発酵という菌の力の奇跡だ。
樹慶蔵


424: 呑んべぇさん 2008/01/16(水) 13:16:08

「どんな酒かて寝かせれば、ええ味に変わるかもわからん」
―サントリー創業者 鳥井信治郎


失敗作と思われたウイスキーを「捨てるのはいつでもできる」と
12年辛抱強く寝かせて国産初の大ヒット「角瓶」を誕生させた。


436: 呑んべぇさん 2008/01/18(金) 22:47:38

やっぱりこの一言が好き

「飲まずしてなにが己の人生ぞ」


473: 呑んべぇさん 2008/02/14(木) 11:54:05

酒は人生のスパイス

と書かれた酒屋の看板。
初めて見た時「その通り!」と納得。


484: 呑んべぇさん 2008/03/14(金) 09:09:55

>>473
スパイス、って表現はいいよな。
無きゃあ料理の味が単調になる。
だからってかけ過ぎたらその味ばっかりになっちゃって料理が台無しになる。
酒との付き合い方がうまい人間は優れたシェフにも似たりってな。


590: 呑んべぇさん 2009/04/22(水) 22:37:42

酔い覚めの水の旨さを下戸知らず


760: 呑んべぇさん 2016/12/05(月) 18:11:18.07

四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒
(辞世の句)

酒は裏切らぬ。酒こそ我が生涯の友じゃ。
酒不味くなるようなことは申すな。
(大河ドラマ「武田信玄」第35回)

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯65675
酒は何を飲むかではなく、誰と飲むかだ。

良い酒は水に似る。

深い森を散策する、夢見がちな貴族(DRC グラン・エシェゾー)

脱帽し、跪いて飲むべし。 (モンラッシェ)
♯65676
対酒当歌  人生幾何
譬如朝露  去日苦多
慨当以慷  幽思難忘
何以解憂  唯有杜康
青青子衿  悠悠我心
但為君故  沈吟至今
呦呦鹿鳴  食野之苹
我有嘉賓  鼓瑟吹笙
明明如月  何時可採
憂従中來  不可断絶
越陌度阡  枉用相存
契闊談讌  心念旧恩
月明星稀  烏鵲南飛
繞樹三匝  何枝可依
山不厭高  海不厭深
周公吐哺  天下帰心
♯65677
酒と女はニゴウ(二合・2号)まで

親父が言ってた
♯65678
酒と女はニゴウ(二合・2号)まで

親父が言ってた
♯65681
自分の限度を知りなさい

当時20代半ば会社の老害に酔ってホテルに誘われるという屈辱を経て
ホテル断るとせめて握手してとか言い出す酩酊感、帰り際に階段から落ちないかなコイツと思いつつ自分の限度を知るのはマナーなんだなと考えた
♯65682
酒の一滴は血の一滴
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク