なんでも鑑定団の印象的な依頼品で打線組んだwwwwww てんこもり。


powered by てんこもり。

なんでも鑑定団の印象的な依頼品で打線組んだwwwwww

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:19:56 ID:bwS

1(一) 龍涎香 500円 2015/02/24
2(右) 力道山のガウン 400万円 2018/01/09
3(遊) アカデミー賞のオスカー像 1ドル 2011/03/01
4(捕) 柿右衛門様式の壺 5億円 2005/09/27
5(三) 隕石 100円 2014/12/30
6(中) 菊20銭偽造切手 3000円 2015/03/10
7(二) 有孔鍔付土器 300円 2013/01/22
8(左) エラー10円玉 0円 2012/08/07
9(投) 古代中国の青銅器 2億 2010/12/14

※曜変天目は有名すぎる、不確定事項が多い、レスバのもとなので殿堂入り。
2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:20:49 ID:bwS
解説

龍涎香 500円 2015/02/24

幻とも呼ばれる香材の龍涎香。
本来はマッコウクジラがイカを食って腹の中で熟成させてできるものだが、この品は吐き出すのが早すぎた。
つまりはただのイカ。
1

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20150224/03.html

5: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:21:52 
それ目当てで密猟されてそう 



6: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:21:54 ID:bwS

力道山のガウン 400万円 2018/01/09

日本プロレスの父とも評される昭和の大スター、力道山が実際に使用していたガウン。
見事本物で400万の価値がついたのだが、これを持ち込んだ依頼人、なんと直弟子のアントニオ猪木。
そりゃあ、どう考えても本物やんけ!
2

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20180109/01.html


7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:22:07

>>6


8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:22:40

>>6
こう言うの本物だとしらけるな
偽物なら一笑いあるけど


13: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:23:33 ID:bwS

アカデミー賞のオスカー像 1ドル 2011/03/01

アカデミー賞はオスカー像の売買を防ぐため、本来の持ち主と違う人物が持っていた場合1ドルで買い取るという取り決めをしている。
このオスカー像はまさしく本物で、それゆえ1ドルという評価がついてしまった。多分ドルという単位が用いられた唯一の事例。
鑑定団に持ち込んで全国ネットに広めたおかげで恐らくもうとっくにアカデミー賞に回収されているだろう。
ちなみに依頼人はこれを300万円で買った。
3

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20110301/06.html


14: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:23:59

>>13
依頼人さん…w


16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:24:17

>>13
えぇ・・・本物やったんか
依頼人が憐れやな


17: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:24:21 ID:bwS

柿右衛門様式の壺 5億円 2005/09/27

ドイツのすげえ金持ちが所有している壺。
5億という値は歴代最高額でこれは今まで更新されていない。
6

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/ranking.html


18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:25:00

本人や近親者が持ってくるのは、もうただの見せびらかしやろ


19: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:25:14

>>18
それな


24: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:25:37

>>18
王道を往く借金のカタで本物が出てこそやね


22: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:25:23 ID:bwS

隕石 100円 2014/12/30

ただの石。
これだけなら鉱物関係の鑑定ではよくあることだが、依頼人のインパクトがすごかった。
隕石が飛来したというテレビニュースを見て、50年前に自分も同じものを見たとか言い出し、記憶だけを頼りに現場で2時間も探し求めて見つけた品だという。
本来なら価値がないけど、その努力に免じてがんばったで賞の100円がついた。よかったね。
余談だが、これ2014年最後の放送の最後の品。
一年の締めくくりがただの石という悲劇だった。
7

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20141230/06.html


26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:26:00

>>22


27: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:26:23

>>22
ガイジやんけ・・・


28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:26:35 ID:bwS

菊20銭偽造切手 3000円 2015/03/10

そのまんま菊20銭切手の偽造作品という触れ込み。
3000円という鑑定結果の理由は、偽造品じゃない正規品だったから。
「本物だから安い。偽物だったらもっと高い」という逆転現象が起きている。
リンク先のサイトで、「残念ながら本物」というパワーワードが拝める。
8

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20150310/03.html


30: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:27:00

>>28
はえー面白いな


35: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:27:43

>>28
ギャラリーフェイクみたいな話やな


33: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:27:37 ID:bwS

有孔鍔付土器 300円 2013/01/22

真っ赤な偽物。
特有の模様を鉄パイプかなにかでつけているレベルの稚拙っぷりに、珍しく中島誠之助がキレていた。
これを持ち込んだ依頼人は「日本屈指の土器コレクター」を自称しており、5000点もの土器を所有しているという。
その中で一番いいものだと自信満々で持ってきてこの始末なので、中島に「才能無いからやめろ」と遠回しに言われてしまった。
9

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20130122/03.html


37: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:28:34

>>33
さすがナチュラル畜生の中島誠之助


44: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:29:42

>>33
中島先生は杜撰な偽物には厳しいからなぁ


38: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:28:37 ID:bwS

エラー10円玉 0円 2012/08/07

エラーコインはその希少価値ゆえ高値で取引される。
この品は両面とも平等院鳳凰堂が描かれた10円玉で、本来なら珍品。
だけど、これは二枚の十円玉を横に切って貼り付けただけの偽物だった。
貼り付けた痕をごまかすためかギザ十が使われていたが、そのギザギザにズレがあったことから手口がバレるという間抜けなオチ。
ちなみに硬貨の加工は犯罪であり、スタジオの空気は一気に冷え込んだ。
11

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20120807/06.html


41: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:29:14

依頼品が偽者だった時
今田が「でもお父さんお気に入りの品だそうだから偽者でも大事になさって」ってフォローするもへこむじいさんに
「やっぱり偽者と分かると急にしょうもなく見えるでしょ」って追い討ちかけてて草生えた


42: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:29:25 ID:bwS

古代中国の青銅器 2億 2010/12/14

大珍品なうえ、見つけた経緯がすごい。
依頼人はアメリカで将棋を教えていた棋士。その際に親しくなった、生け花が趣味のおばさんが持っていたもの。
そのおばさんはこの品をどうしていたかというと、なんと花を生けるのに使っていたという。
当のおばさんは価値を知らなかったようで、依頼人の持っていたカメラと交換する形で譲り渡している。
これを売れば高い一眼レフカメラが余裕で100個買えるというのに。
12

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20101214/03.html


53: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:33:21 ID:bwS

最後、なんでも鑑定団やないが似たようなネタ

『平成』と書かれた書 鑑定不能

「うたばん」の企画でなんでも鑑定団のパロディとして、芸能人のお宝を鑑定するということをやっていた。
その際のゲストは、竹下総理の孫DAIGO。
「なんかうちの蔵にあったんスけど」と持ってこられた品を見た鑑定人、ガクブル。
それもそのはずで、これは元号が変わる瞬間にテレビで放送されるあの書だったのだから。流れ流れて竹下総理の手に渡ったらしい。
DAIGOの象徴的エピソードの一つである。


66: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:38:09

>>53
そのクリアファイルが国立公文書館で売られてて草
クッソ欲しい


56: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:34:12 ID:bwS

弾切れやで
他になんか面白いのあったら教えてクレメンス


59: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:34:49

おもろかったで!
サンキューイッチ


61: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:35:12

例のなんとか茶碗のやつは、けもフレみたいな騒動やったな


62: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:36:39

昔の出張鑑定団で「鑑定はスタジオで」と盛り上げてから偽物判定は畜生杉内?


64: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:37:52

>>62
東京まで出向いてそれやから依頼者とトラブルになって
それ以降「鑑定はスタジオで」はやめたとか何とか


63: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:36:42

依頼人「古美術店巡りが趣味で~」
ワイ「ふむふむ」
依頼人「ある店で一目惚れしたのを売り物じゃないと言う店主に無理を言って買って~」
ワイ「はあはあ」
依頼人「あとで美術館にそっくりなものがあったので~」
ワイ「ほ~ん」
依頼人「横山大観の掛け軸です!」
ワイ「」


68: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:40:27

>>63
大体売り物じゃないと言う店主すここ
全部知ってる上で値段釣り上げるために言ってるんやろなって


70: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:41:46

なんでも鑑定団の初期の本で
スタッフが一番印象に残ったのは村山槐多の絵ということで気になったのだが、
自分は見る機会がなくて、紹介し直してほしかった
ちなみに、3,000万円だったという(「オークションでのスタート金額」としての評価額)


75: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)16:56:11

石坂浩二とかいういくら喋っても全部カットされるおじさん


78: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)17:32:30

>>75
元米軍人が番組に持ってきた長門の軍旗買い取って大和ミュージアムに寄贈したのはすごいと思うわ


79: 名無しさん@おーぷん 2018/04/20(金)17:37:42

>>78
たしか1000万円だかポケットマネーで出したんだよな


80: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)10:10:30

なべやかんがもっていたマイケルジャクソンのデスマスクが好き
スリラーの撮影の特殊メーキャップのため作ったらしいが
いまならいくらになるかな
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

♯68234
面白かった。好きで張り付いてる奴いると思ってたけど。柿右衛門とかやっぱすごい。都内に隕石5億とかで売ってる店あるけど、あれ出したいな。鑑定。
かうんたっく

買って得したスレをまとめてチェック!
買って、得したな~と思うもの まとめ
最近の記事
ここ一ヶ月でアクセスの多かった記事
はてブで見るてんこもり。 (新)
はてブで見るてんこもり。
カテゴリー
検索フォーム
年度別おすすめ記事
アクセス解析

なかのひと

ブログパーツ
プロフィール

 かずな

Author: かずな
メールはtenkomoあっとgmail.comまで
ヘッドラインはメールとか逆アクセスで
当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています

元管理人 もら太
更新情報はこちら!↓

携帯からもてんこもり!
QR
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
スポンサーリンク